m3.com トップ>記事検索結果

「かかりつけ医制度」の検索結果

  • 「強力な医師偏在対策を」、四病協神野氏が要望

    カテゴリー:医療維新 1月27日

    (かかりつけ医でも、オン・オフがはっきりする)、(3)地域ごとの必要医師数算定と調整、(4)かかりつけ医制度の導入、(5)出来高制ではなく、Pay-for-performance――などを挙げた。  
  • 財政審、薬価の期中改定や高齢者の負担増を求める

    カテゴリー:医療維新 2016年10月5日

    活習慣病治療薬等について処方ルールを設定すべき」と求めた。  吉川氏は委員からの意見として「かかりつけ医制度の定着には質の向上が望まれ、そのためには健全な競争が必要。自由に選択する権利を担保する必要が
  • 勤務医の8割、フリーアクセス制限もやむなし◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年8月6日

    担制度)。これまで、日本の医療ではフリーアクセスが基本になってきましたが、医療費抑制のためにかかりつけ医制度を促進し、フリーアクセスを制限すべきとの意見も聞かれるようになりました。今後、医療へのアクセ
  • 医師の7割以上は「かかりつけ医なし」◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2016年8月5日

     政府は、軽症患者の大病院受診を抑制し、地域の病院や診療所への受診を促すため、「かかりつけ医」制度の普及に取り組んでいる。2016年度改定では、かかりつけ医のほかに、かかりつけ歯科医、かかりつけ薬剤師
  • 強制的に急性期から老人病院へ、仏医療制度報告

    カテゴリー:医療維新 2016年1月8日

    地では『恐怖のARS』、『必要悪』などと呼ばれていた」と話す。  フランスでは2004年からかかりつけ医制度が導入され、16歳以上はかかりつけ医を選択することが義務付けられた。一方で、かかりつけ医を自
  • 「診療報酬の増額、とんでもない議論」財政審

    カテゴリー:医療維新 2015年10月31日

    で「診療報酬引き下げは『モグラ叩き』のようなもので限界がある。本来の医療制度改革のためには、かかりつけ医制度や電子カルテの普及などを進められるべき」との慎重論もあったという。  改定の各論では、(1)
  • 「かかりつけ医、なじまない」が半数弱◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2014年3月10日

    ・もともと医療は村医や町医に受診し、コミュニティ内はそれらの先生が責任を持って診ていた。日本人のコミュニティ好きの特性からは「かかりつけ医」制度は合うのではないかと思う。 【なじまない 勤務医】 ・かかりつけから先の受け入れ体制が不十分。
  • 保険者の診療関与「一定程度必要」、勤務医の55%◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2014年2月21日

    で53.9%だった。日本でも、2014年度の診療報酬改定で「主治医機能」の評価が決まり、「かかりつけ医」制度が推進されている。最近の議論では、紹介なしの大病院受診について、自己負担増額も検討された。ただ、「必要ない」も35
  • 生活保護にメス、「医療機関への指導強化を」

    カテゴリー:医療維新 2011年11月24日

    学院経済学研究科教授の佐藤主光氏。「生活保護受給者は、高齢者が多く、その医療への対応が必要。かかりつけ医制度があった方がいい。かかりつけ医のあっせん、あるいは義務付けを進めるべきではないか」(佐藤氏)。
  • 勤務医の基本給、「昇格以外でアップ」病院は3割

    カテゴリー:医療維新 2011年10月26日

    5%に上った。実施している病院では、「地域連携のための勉強会や病院訪問活動等」「地域の診療所等へのかかりつけ医制度の依頼」などが上位に。  勤務医の負担軽減策として有効だったものは、「医師事務作業補助体制」がトップで47
  • 高齢者医療制度改革会議発足、2013年4月の新制度スタートを目指す

    カテゴリー:医療維新 2009年12月1日

     長妻大臣は、これらの意見を受け、財政安定化基金も理解が得られる部分については取り崩しを行う、かかりつけ医制度・包括点数については検証し、基本的には中医協で審議する、後期高齢者医療制度創設に伴い打ち切ら