m3.com トップ>記事検索結果

「かかりつけ薬局」の検索結果

  • 診療報酬「マイナス2%台半ば以上」に、財政審

    カテゴリー:医療維新 10月25日

    ・調剤報酬(技術料)については、予算執行調査の結果も踏まえ、物的業務の適正化により、真に地域のかかりつけ薬局としての機能を果たしている薬局への適切な評価を行いつつ、調剤報酬全体として、水準を十分に引き下げる
  • 後発品シェア80%、「2020年9月」と明言、塩崎厚労相

    カテゴリー:医療維新 5月24日

    for Health Technology Evaluation)に相当する組織としている。  かかりつけ薬局の普及については、「患者本位の調剤へ:処方せん依存から服薬管理へ」「非保険サービスによる健康増
  • 院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き

    カテゴリー:医療維新 3月29日

     2016年度診療報酬改定では、大型門前薬局の点数は引き下げになったほか、「かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局」が評価され、単なる調剤業務がメーンの薬局には厳しい改定となった。2018年度改定でも、「対物
  • つるつるの「ドラッグストアでトリアージ」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月27日

    い。点数がつくから「かかりつけ薬剤師」になるのではなく、本当に地域の人々に必要とされる「真のかかりつけ薬局の在り方・薬剤師の姿」を創造していきましょう。  ※本記事は、エムスリーグループが運営する薬剤
  • 「診療報酬の遍在是正」がキーワード - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    合計は139億円、内部留保の増加額は120億円、配当は約26億円に達します(『門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る』を参照)。これは大きな問題です。その実態を明らかにするため、有価証券報告
  • 認知症患者、小児のかかりつけ医、評価を新設

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    などして緩和し、届出機関の増加を狙う(『かかりつけ医を重点評価、小児も対象に』を参照)。  かかりつけ薬局・薬剤師やかかりつけ歯科医についても、診療報酬上で定義し評価する(『「内服薬2種類以上、減少」で250点』を参照)。
  • 「健康サポート薬局」 薬局経営者に聞く現状と課題

    カテゴリー:医療維新 2016年1月20日

    激しい議論の末にようやく確定した「健康サポート薬局」要件  2016年度の診療報酬改定では「かかりつけ薬局・薬剤師」を評価する一方で、大型門前薬局に対する評価の適正化など、本体から切り離して調剤報酬を引き下げる方針が示されました。
  • ドイツの薬局・薬剤師レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年1月18日

    かかりつけ薬局」の国であるドイツ  最近、日本のマスメディアで「かかりつけ薬局」という言葉を頻繁に見聞きするようになりました。それに伴い、日本ではドイツの薬局業務体制が注目されているようです。当然、
  • 7対1入院基本料、“平均在院日数の短縮”は明記せず

    カテゴリー:医療維新 2016年1月14日

    実施、開局時間、相談時のプライバシーへの配慮といった要件を見直すとしている(『門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る』を参照)。  リハビリテーションでは、回復期リハビリ病棟で、アウトカム評
  • 分割調剤、「やむを得ない事情」で認める

    カテゴリー:医療維新 2016年1月13日

     中川氏は、公的な医療保険において、大手調剤チェーンが多額の内部留保を蓄積している現状を指摘(『門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る』を参照)。医療経済実態調査において、店舗数が多いチェーン薬局ほど利益率が
  • ドイツの薬局・薬剤師レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年1月6日

    タッフの大きな助けになっているのです。 最後に  薬剤師は、法規や学術業務に追われています。かかりつけ薬局として、できる限り来局者への対応に時間を割くためには、多様な仕事ができるPTAは、薬局にとって
  • 「かかりつけ医推進事業」概算要求から大幅減、厚労省予算案

    カテゴリー:医療維新 2015年12月28日

    る医療機関について」の効果検証を行うとしている。2.3億円を要求し、1.8億円にとどまった「かかりつけ薬局を推進する『患者のための薬局ビジョン』」と大きな差が付いた。また、後発医薬品については、政府の
  • 「2回連続のマイナス」、2016年度改定率決定

    カテゴリー:医療維新 2015年12月21日

    療側と支払側で意見対立』などを参照)。大型門前薬局についても、メスを入れる(『門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る』を参照)。  一方、引き上げ項目は、チーム医療の推進、退院支援をはじめ地
  • 今、薬局に求められる地域貢献の在り方

    カテゴリー:医療維新 2015年12月16日

    、今まで以上に他局との差別化が必要となるでしょう。そこで今回は、オリジナリティある取り組みでかかりつけ薬局化を進める「フローラ薬局」に注目。代表取締役の篠原久仁子さんに、地域で愛される薬局づくりについてうかがいました。
  • 「分配比率1:0.3の公平な改定求める」、日薬・森副会長

    カテゴリー:医療維新 2015年12月11日

     その中で、分業に対する評価軸も変わってきた。分業率は今後も上がっていくだろうが、質の向上がより問われていく。また、門前薬局からかかりつけ薬局という流れがある。評価の軸としては、これまでは体制整備、ストラクチャーで評価してきたが、アウト
  • 門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る

    カテゴリー:医療維新 2015年12月5日

     中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は12月4日の会議で、調剤報酬について議論、かかりつけ薬局・薬剤師を評価する一方、門前薬局に規制をかける方針で合意した(資料は、厚生労働省のホームページ)。
  • 薬剤師の役割「治療的健康教育の担い手に」

    カテゴリー:医療維新 2015年11月25日

    行うべき」と訴えた。 薬剤師に求められる治療的健康教育  薬局の在り方については、フランスのかかりつけ薬局制度を紹介。門前薬局はなく、薬歴情報が入ったカードで一元管理しており、薬の説明も英語、スペイン
  • 財務相、社会保障費増「5000億円弱に抑制」と念押し

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    民に還元――などを提言。  調剤報酬については、(1)門前薬局などの調剤報酬の適正化、(2)かかりつけ薬局については、医師との役割分担や健康増進サービスにおいて果たすべき役割の明確化――などを求めた。
  • 「先制医療や副作用発見も仕事に」、薬剤師のあり方議論

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    められる薬剤師・薬局の姿と社会貢献 ―2025 年のわが国の医療需要を見据えて―」の中で、「かかりつけ薬局は、これまでの薬局が当たり前にやってきたことを少し程度を上げたこと」として、積極的な参加を呼び掛けた。
  • 患者の7割超は「かかりつけ医」あり

    カテゴリー:医療維新 2015年11月19日

    割程度(同16.9%、20.2%)。  調査では、保険薬局を利用した患者(n=323)に、「かかりつけ薬局の有無」も聞いており、「ある」との回答は65.0%。「たまに別のところでもらう」が19.8%、「ない」が15
  • 今、薬局に求められる地域貢献の在り方

    カテゴリー:医療維新 2015年11月2日

     現在、厚生労働省では2016年度の調剤報酬改定に向けた審議が行われています。そこでは、前回の改定の流れを受け、「かかりつけ薬局」への移行を促すような調剤報酬の改訂が検討されています。  複数の医療機関の処方箋を受け付けて
  • 「かかりつけ機能」「在院日数」の評価がカギ

    カテゴリー:医療維新 2015年10月22日

     これに異議を唱えたのが、日本薬剤師会常務理事の安部好弘氏。「かかりつけ薬剤師の明確化が理想」であると認めつつ、日薬は、歴史的に「かかりつけ薬局」を推進し、複数の薬剤師が相互監査できる体制を構築してきたことから、当面は「薬剤師・薬局」と併記するよう求めた。
  • 健康サポート薬局が示す「かかりつけ薬剤師」とは

    カテゴリー:医療維新 2015年10月21日

    ート薬局」に決定。年内に策定予定の「患者のための薬局ビジョン」との関係性もありますが、概ね「かかりつけ薬局機能」と「積極的な健康サポート機能」を備えた薬局というイメージで固まりました。 なぜ薬局機能の再構築が必要なのか
  • 次期改定、外来機能分化もテーマに

    カテゴリー:医療維新 2015年9月13日

    めた。 日薬「かかりつけ薬局評価を」  医師以外の各医療団体が重視する項目についても、意見が相次いだ。調剤薬剤費に厳しい目が向けられる中、日本薬剤師会副会長の森昌平氏は、かかりつけ薬局・薬剤師について
  • 薬剤師が関わる社会保障費抑制と医薬品政策

    カテゴリー:医療維新 2015年9月11日

    剤師の教育研修のために「次世代薬局研究会2025」を立ち上げ、代表を務める。 ■主な著書 「かかりつけ薬局50選」 「残る薬剤師 消える薬剤師」 「薬局業界の動向とカラクリがわかる本」
  • 「かかりつけ医」推進に4.5億円、厚労省概算要求

    カテゴリー:医療維新 2015年8月31日

    による自然増。  新規の重点施策では「かかりつけ医」による医療提供体制の構築に4.5億円 、かかりつけ薬局を推進する「患者のための薬局ビジョン」に2.3億円を要求している。研究開発関連では、医療分野の
  • 広がる薬局での自己採血検査

    カテゴリー:医療維新 2015年8月12日

    、地域住民の生活習慣の改善、疾病の予防に資する取組みを行っていること」などが指摘されており、かかりつけ薬局として取るべき対応がかなり明確に示されています。  こうした要件をすべて満たすことが理想でしょ
  • 「医師、薬剤師の『横並び』の立場必要」との意見も

    カテゴリー:医療維新 2015年8月8日

    あり方に関する検討会」(座長:西島正弘・昭和薬科大学学長)の第4回会合が8月7日に開催され、かかりつけ薬局機能について、議論が行われた(資料は、厚労省のホームページ)。前回から、仮称に「健康づくり支援薬局」が使われている。
  • 薬局のあるべき機能とは

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    剤師の教育研修のために「次世代薬局研究会2025」を立ち上げ、代表を務める。 ■主な著書 「かかりつけ薬局50選」・「残る薬剤師 消える薬剤師」・「薬局業界の動向とカラクリがわかる本」
  • 医薬分業、見直すべきか

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    す」と言っているが、院内処方に戻すという意味ではない。 ――塩崎厚生労働大臣は「門前薬局からかかりつけ薬局への移行も促し、病院の前の景色を変える。良質な医療やムダの排除を進めていく」と言っています。
  • 薬剤師国家試験はなぜ「難化した」と言われるのか

    カテゴリー:医療維新 2015年7月29日

     地域包括ケアシステムやかかりつけ薬局の推進によって、薬剤師に求められる役割は着実に増えている。このような状況を受けて、薬学教育はどのように変化しているのか。それは「薬剤師に必要な資質」を反映している
  • 「調剤バブル」、医薬分業への批判相次ぐ

    カテゴリー:医療維新 2015年7月23日

    、「患者のための薬局ビジョン」を今年内に策定する予定であり、同ビジョンでも「門前薬局」から「かかりつけ薬局」への転換が柱になる見通しだ。  厚労省は現状の課題として、(1)患者は門前薬局で薬を受け取っ
  • 2015年薬局業界のトレンド

    カテゴリー:医療維新 2015年7月13日

    方を院内処方に戻す方策が議論されるはずだが、実際の動きはその方向にはない。むしろこれを機に「かかりつけ薬局」の定着にどう結び付けるかという議論が進んでいる。もちろん、現在の厳しい財政事情から調剤報酬全
  • 社会保障費1.5兆円減、受診時定額負担に反対

    カテゴリー:医療維新 2015年7月12日

    ルフメディケーションの推進、自己採血検査を医療機関以外に認める「検体測定室」の増加を睨んだ「かかりつけ薬局」との連結など、給付範囲見直し・縮小に止まらず、疾病リスクに応じた保険商品と同様の民間保険原理
  • 長期処方の対応が焦点に―2016年調剤報酬改定への議論

    カテゴリー:医療維新 2015年7月9日

    余日数分については、患者の服薬状況や残薬を確認したうえで、特定機能病院の主治医と連携を取り、かかりつけ薬局で必要量の薬を調剤する仕組みを導入する」と、特定機能病院と500床以上の地域医療支援病院から交
  • 仮称を「健康づくり支援薬局」に変更

    カテゴリー:医療維新 2015年7月3日

     6月18日の第2回会合で日本医師会常任理事の羽鳥裕氏が「拠点ではなく窓口ぐらいが良いのでは」と指摘したことなどを受け(『かかりつけ薬局に優れた健康サポート機能を』を参照)、厚労省医薬食品局総務課は「積極的に健康サポート機能を発揮
  • 「かかりつけ医の本来の仕事まで浸食」

    カテゴリー:医療維新 2015年7月1日

    メディケーションでなく)セルフケア」との認識を示し、医師の診断プロセスの重要性を強調した。 かかりつけ薬局「健康への貢献に疑問」  日本再興戦略においては、セルフメディケーションの推進を掲げていて、薬
  • 「行きすぎた医薬分業、押し戻す」中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2015年6月28日

    中で、服薬管理はかかりつけ医の業務であり、院内処方を原則とすることが明確にされた」と述べ、「かかりつけ薬局」推進の議論もある中、服薬管理は医師が担うべき役割であることを強調した。  中央社会保険医療協
  • かかりつけ薬局に優れた健康サポート機能を

    カテゴリー:医療維新 2015年6月19日

    ることがあり得る。 健康情報拠点薬局(仮称)の定義(案) 健康情報拠点薬局(仮称)とは、 ・かかりつけ薬局の基本的な機能を備えた上で、 ・要指導医薬品、一般用医薬品等の適正な使用に関する助言を行う ほか、
  • 特定機能病院の承認取消、知事の意向不履行で

    カテゴリー:医療維新 2015年6月11日

     (7)費用対効果評価について、2016年度めどの試行導入に加え、できるだけ早く本格導入  (8)かかりつけ薬局の増加、門前薬局からの移行推進  社会保障費抑制圧力が続く中、厚労省が経済財政諮問会議の民間議
  • 薬局の構造規制緩和に反対決議、日薬

    カテゴリー:医療維新 2015年6月5日

    できない」と主張した。  5月26日の経済財政諮問会議で「5万7000の薬局全てを患者本位のかかりつけ薬局とする」という方針が示されたことについては、「日薬が主張してきたことが理解された。地域密着型の
  • 必要なのは「かかりつけ薬局」にあらず

    カテゴリー:医療維新 2015年5月29日

     厚生労働大臣の塩崎恭久氏が5月26日の経済財政諮問会議で、「全ての薬局を『かかりつけ薬局』として再編する」とした新たな社会保障政策の方針に関して、日本医師会副会長の中川俊男氏は、中央社会保険医療協議
  • 塩崎大臣、薬局減少容認の考え、経済財政諮問会議

    カテゴリー:医療維新 2015年5月27日

    の前倒し実施  (1)については、医薬分業の原則に伴い、「5万7000の薬局全てを患者本位のかかりつけ薬局」とする方針を示し、「24時間対応」「服薬指導、処方提案」「残約解消、重複投薬防止」などといっ
  • NHKクロ現「残薬リスク」を見て

    カテゴリー:医療維新 2015年5月23日

    んので余っていたら必ず伝えてくださいね」とも。  そして番組は院外薬局の残薬管理という本来のかかりつけ薬局業務の紹介に入ります。最近いいかげんな薬局ばかり紹介されていましたが(規制見直しめぐり議論「医
  • 規制見直しめぐり議論「医薬分業」は誰のため?

    カテゴリー:医療維新 2015年5月2日

     病院との連携(これも難しいですね。カルテも見れませんし、定義の独立とも矛盾しかねません)  ただこの2つが達成されればあるべきかかりつけ薬局となり、患者さんも十分満足だと思います。 しかし一番の問題として、 患者、財政のデメリット  病院と薬局回りの2度手間
  • 面分業の否定意見や「病院内薬局」容認論も

    カテゴリー:医療維新 2015年3月13日

    進めることが国民のためになる」と主張。これに対し、日医の今村氏は「高齢者が複数受診しており、かかりつけ薬局で一元的に薬歴管理をしてもらうことが理想だが、現実的には医療機関に一番近いところに行っている。
  • 日医と日薬、薬局での自己採血検査で合意

    カテゴリー:医療維新 2014年12月17日

    狙い」と述べ、本来業務の重要性を強調。「かかりつけ医を中心とする多職種による医療提供体制に、かかりつけ薬局、あるいはかかりつけ薬剤師として、チームの一員としてかかわっていく。簡易検査にかかわる場合でも
  • 薬剤師の服薬管理、「推進」3割弱◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2014年5月8日

    ・医師業務軽減のため、薬に対するあらゆる権限は持って良いが、報告はしてほしい。 ・薬剤師以外の調剤は、禁止すること。 ・かかりつけ薬局制度はどうでしょう。 ・抗生剤の薬剤選択。 ・個々人の全ての薬管理。 ・お薬手帳を用いた服薬状
  • 24時間対応がかかりつけ医の基本 - 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年4月2日

    によっては、かかりつけ薬局が整備されている」という程度で、全国的に見れば少ないのが現状です。 ――医薬分業の本来の目的を徹底してほしい、という思いも込めている。  そうです。かかりつけ薬局にしっかりし
  • 2014年度改定の基本方針ほぼ了承、医療保険部会

    カテゴリー:医療維新 2013年12月1日

    なども盛り込まれた。  充実評価する分野としては「救急医療、小児医療、周産期医療の推進」や「かかりつけ薬局機能の活用」などが並ぶ。「効率化余地があると思わる領域の適正化」の項目では、「後発医薬品の使用
  • 1
  • 2