m3.com トップ>記事検索結果

「がん治療薬」の検索結果

  • 未来の外科医に求められる研究【第120回日本外科学会学術集会】

    カテゴリー:医療維新 7月24日

    可能で、それを解決する手法として基礎研究に携わることができる。  岡山大学消化器外科では、新規がん治療薬として腫瘍融解アデノウイルス製剤(Telomelysin)を作成し、岡山大学発バイオベンチャー企
  • アーリーダ錠に重大副作用など追記、転帰死亡例も

    カテゴリー:臨床ニュース 5月22日

     厚生労働省は5月19日、前立腺がん治療薬「アパルタミド」(販売名:アーリーダ錠60mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の重度皮膚障害の項に「中毒性表皮壊死融解症(TEN)」の追記などを求める改訂
  • 第16回 Onco-Nephrology―腎臓とがんの深い関わり

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年12月18日

    者に生じたがんの診療」という2つの大きな柱が存在します。前者では、がん患者に生じた急性腎障害やがん治療薬の腎毒性などに焦点が当てられており、後者では、腎代替療法(透析や腎移植)中の患者に発生する悪性腫
  • 前立腺がん治療薬の注目リスクを公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年11月1日

    医薬品医療機器総合機構(PMDA)は10月29日、添付文書の改訂につながりうる医薬品の評価中リスク情報を公表した。前立腺がんの治療に用いるアパルタミドとエンザルタミドで、それぞれ間質性肺炎が評価中とな...
  • EMA承認の抗がん剤にバイアスリスク

    カテゴリー:海外ジャーナル 2019年10月18日

     欧州医薬品庁(EMA)が承認したがん治療薬のピボタル無作為化比較試験54件(承認新薬32種類)を横断解析で検討し、試験デザインの特性、バイアスリスクおよび報告の妥当性を解析した。  対象とした試験5
  • 「令和」の医療、勤務医の4割「良くなる」

    カテゴリー:医療維新 2019年5月1日

    ・AIを用いた診断技術の進歩、外科的技術・デバイスのさらなる進歩による侵襲の少ない手術方法、がん治療薬の開発による治療の進歩。(勤務医) ・診断にAIが大きく関与し始める。医療内容にもAI が深く関
  • 1
  • 2