m3.com トップ>記事検索結果

「がん治療薬」の検索結果

  • 癌遺伝子変異の高速評価可能なハイスループット機能解析法を開発

    カテゴリー:臨床ニュース 11月21日

    833V、A839T、V851I、A871T、G873Eなどが、ゲフィチニブやエルロチニブ等のがん治療薬への耐性を生じさせるのに関係する重要な変異であるということが明らかになったとしている。  また、
  • 漢方薬、経済性関連エビデンス発信を

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

     そのうえで医療費の増加に関しては、高齢化のみが理由ではなく、近年の免疫チェックポイント阻害薬・オプジーボのようにがん治療薬を中心に高額な新薬が次々と登場していることも大きくかかわっていると分析した。実例として厚生労働省
  • 広大の核酸医薬開発研究がAMEDに採択

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

    胸膜中皮腫の治療に大きな期待が持てるとし、抗がん剤耐性がん細胞にも効果を示すことから、再発時のがん治療薬としても期待されると、研究グループは述べている。広島大学とスリー・ディー・マトリックスは、共同特
  • メラノーマ増殖選択的阻害化合物発見

    カテゴリー:臨床ニュース 5月15日

    胞に対して特に強力に効果を発揮するという。今後、がん細胞を標的として副作用を少なくする、新たながん治療薬の開発につながることも期待される。  研究グループは、今後、ACA-28の臨床応用へ向けて、同化
  • 膵癌転移・浸潤にオートファジー関与

    カテゴリー:臨床ニュース 5月12日

    より、膵がんの浸潤、転移が抑制される可能性を示唆しており、今後、オートファジー抑制剤が新たな膵がん治療薬開発の鍵となる可能性が考えられるという。  既存の薬剤の中には、オートファジー抑制効果が認められ
  • アベルマブ、尿路上皮癌で米優先指定

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    膚障害がみられ、免疫性の副作用も報告されている。FDAは2016年11月に、転移性メルケル細胞がん治療薬としてアベルマブのBLAを受理し、優先審査品目に指定して現在審査中である。  尿路上皮がんの治療
  • 癌組織の温度に応答し薬剤分子集積

    カテゴリー:臨床ニュース 3月13日

    可能であることが示された。今後同研究グループは、開発した温度応答性ナノ微粒子内にMRI造影剤やがん治療薬を包接させることにより、短時間、低投与量でのがん診察や、副作用のないがん治療への展開を目指すとしている。
  • 癌細胞効率よく排除、抗SIRPα抗体で

    カテゴリー:臨床ニュース 1月18日

    抗体との併用が、それぞれの単独使用よりも強い抗腫瘍効果をもたらすと考えられる。研究成果が今後、がん治療薬としての抗SIRPα抗体の開発につながることが期待されると、研究グループは述べている。 提供:QLifePro
  • 腫瘍溶解性ウイルスHF10の独占契約

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月20日

     大塚製薬株式会社は12月15日、タカラバイオ株式会社と、同社ががん治療薬として開発を進めている腫瘍溶解性ウイルスHF10の日本国内における開発および販売に関する独占的ライセンス契約を締結した。  こ
  • 悪性脳腫瘍の新治療法を開発

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月9日

    えることができる薬剤)”を作製し、がん幹細胞を移植したマウスを用いて、がん治療薬としての有効性について解析した。有効ながん治療薬を開発するためには、薬剤をがん部のみに送り届ける必要がある。そこで同研究
  • ついにマスコミも調剤薬局にロックオン

    カテゴリー:医療維新 2015年2月17日

    であった。浜松地区でも、薬剤師が「薬ー薬連携」といって、病院薬剤師と調剤薬局薬剤師との連携で、がん治療薬を適切に処方使用という努力がさんざん行われたが、私は、この活動を横でみていて、「電子カルテを共有
  • がん患者の立場に立った治験情報サイト必要

    カテゴリー:医療維新 2014年11月15日

    あった。しかし、実施病院の立場から考えて治験を公表することによる不利益は全く考えられず、有効ながん治療薬のない現状では、各病院がむしろこぞって参加したい治験である。勘ぐって見れば、実施病院を公表するこ
  • 医学部新設は医師過剰時代の始まり◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2014年1月9日

    来るのを期待。 ・羊水生前診断により、子供を選別するという考えが始まったこと。 ・本当に役立つがん治療薬は出るかどうか。永遠の課題。 【その他】 ・全医師参加の団体結成。日本医師会に医師を代表する資格なし。
  • 「Total Patient Care」の実現を目指す - 日本癌治療学会理事長・前原喜彦氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2011年1月14日

    「すべての診療科が緩和ケアを知らなければならない」と語る前原喜彦氏。 ――がんの領域で臨床的なトピックスを教えてください。  がん治療薬としての分子標的薬剤が最も大きな話題だと思います。分子標的薬剤を含めた新規抗がん剤の導入やその治