m3.com トップ>記事検索結果

「がん治療薬」の検索結果

  • 前立腺がん治療薬の注目リスクを公開

    カテゴリー:臨床ニュース 11月1日

    医薬品医療機器総合機構(PMDA)は10月29日、添付文書の改訂につながりうる医薬品の評価中リスク情報を公表した。前立腺がんの治療に用いるアパルタミドとエンザルタミドで、それぞれ間質性肺炎が評価中とな...
  • EMA承認の抗がん剤にバイアスリスク

    カテゴリー:海外ジャーナル 10月18日

     欧州医薬品庁(EMA)が承認したがん治療薬のピボタル無作為化比較試験54件(承認新薬32種類)を横断解析で検討し、試験デザインの特性、バイアスリスクおよび報告の妥当性を解析した。  対象とした試験5
  • 「令和」の医療、勤務医の4割「良くなる」

    カテゴリー:医療維新 5月1日

    ・AIを用いた診断技術の進歩、外科的技術・デバイスのさらなる進歩による侵襲の少ない手術方法、がん治療薬の開発による治療の進歩。(勤務医) ・診断にAIが大きく関与し始める。医療内容にもAI が深く関
  • ついにマスコミも調剤薬局にロックオン

    カテゴリー:医療維新 2015年2月17日

    であった。浜松地区でも、薬剤師が「薬ー薬連携」といって、病院薬剤師と調剤薬局薬剤師との連携で、がん治療薬を適切に処方使用という努力がさんざん行われたが、私は、この活動を横でみていて、「電子カルテを共有
  • がん患者の立場に立った治験情報サイト必要

    カテゴリー:医療維新 2014年11月15日

    あった。しかし、実施病院の立場から考えて治験を公表することによる不利益は全く考えられず、有効ながん治療薬のない現状では、各病院がむしろこぞって参加したい治験である。勘ぐって見れば、実施病院を公表するこ
  • 医学部新設は医師過剰時代の始まり◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2014年1月9日

    来るのを期待。 ・羊水生前診断により、子供を選別するという考えが始まったこと。 ・本当に役立つがん治療薬は出るかどうか。永遠の課題。 【その他】 ・全医師参加の団体結成。日本医師会に医師を代表する資格なし。
  • 「Total Patient Care」の実現を目指す - 日本癌治療学会理事長・前原喜彦氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2011年1月14日

    「すべての診療科が緩和ケアを知らなければならない」と語る前原喜彦氏。 ――がんの領域で臨床的なトピックスを教えてください。  がん治療薬としての分子標的薬剤が最も大きな話題だと思います。分子標的薬剤を含めた新規抗がん剤の導入やその治