m3.com トップ>記事検索結果

「せん妄」の検索結果

  • 看護師「クレームがきっかけで退職を促された」

    カテゴリー:医療維新 10月21日

    Q6:患者あるいはその家族との間に起きたトラブルに関するエピソードがあればお書きください。 【看護師】 ・術後せん妄の患者さんによる暴力は日常的にありました。殴られたり、爪で引っかかれたり、強くつかまれたり。ミミズ
  • 連携の好事例「脳卒中連携パス」「フリーの退院支援ナース配置」◆Vol.13

    カテゴリー:医療維新 9月5日

    ・地域の介護施設に通所中の高齢夫妻のケース。介護施設の嘱託医(内科)が見たところ、高齢の妻の食欲がなくなり、せん妄を呈したり、話も通じないように衰弱していたため、うつ病の治療を行ったがうまく改善せず、認知症の治療
  • 当直中の閲覧注意!「本当にあった怖い話」

    カテゴリー:医療維新 8月28日

    の話。佐藤さんの入院するベッドは私の病棟ではいわゆる「出る」ベッドだった。  その日、佐藤さんはせん妄状態で、いまいち何言ってるかが分からない。耳を傾けると「窓の外、窓の外…。」と訴えていた。「え、窓
  • スボレキサントに「せん妄」予防効果

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

     順天堂大学は8月18日、オレキシン受容体拮抗作用による新規不眠症治療薬であるスボレキサントに、せん妄の予防効果があることが判明したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科精神・行動科学の八田耕太
  • 外科入院中のせん妄、75歳以上でリスク13倍

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月7日

     外科病棟に5日以上入院した患者2168例を対象に、せん妄のリスク因子を後ろ向きコホート研究で検証。多変量解析の結果、年齢、身体拘束、脳血管疾患の既往、悪性腫瘍、集中治療室入室、疼痛、血中尿素窒素高値がせん妄発症の有意なリスク因子
  • ケタミン、術後高齢者のせん妄予防せず

    カテゴリー:海外ジャーナル 7月5日

     大手術を受けた高齢患者672例を対象に、ケタミンによる術後せん妄の予防効果を検討(PODCAST試験)。ケタミン0.5mg/kg投与群227例、ケタミン1.0mg/kg投与群223例、プラセボ投与群
  • 臨床研修、必須29症候、25疾病を提案

    カテゴリー:医療維新 6月27日

    便秘)、熱傷・外傷、腰・背部痛、関節痛、運動麻痺・筋力低下、排尿障害(尿失禁・排尿困難)、興奮・せん妄、抑うつ、妊娠・出産、成長・発達の障害、終末期の症候(29症候) 【経験疾病】 下記の疾病を有する患者の診療に当たる。
  • 7対1入院基本料、98.0%は「変更せず」

    カテゴリー:医療維新 6月14日

    重症度、医療・看護必要度の見直し (1)手術(2)救命等に係る内科的治療(3)救急搬送(4)認知症・せん妄の症状―等についての評価を拡充 7対1入院基本料の基準の見直し 「重症度、医療・看護必要度」の基準
  • 超高齢へのラパロ下胃切除は安全で有効

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月15日

    。65歳以下群との比較において、無再発生存率に有意差は見られなかった。術後合併症の有意差は肺炎とせん妄でのみで認められたことなどから、著者らは、「LADGは高齢患者であっても安全で有効であると思われ、
  • 長期戦のECMO、チーム医療の集大成【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月3日

    外科医、循環器内科医、呼吸器外科医、感染症専門医、放射線科医など様々な医師に協力をお願いします。せん妄対応などで精神科の先生に介入してもらう場合もあります。  臨床工学技士もそれをサポートしながら、E
  • 鎮静剤は回路への吸着を考慮する【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月28日

    れに、患者の状態を見て決定・実行して頂くのがベストになります。  Awake ECMO中の患者がせん妄を来たしそうな場合は、まず患者の手を握り、ゆっくりと状況を説明することが必要です。ここで重要な役割
  • 究極の対症療法、ECMOの鎮静を学ぶ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月24日

    ています。鎮静剤のデメリットも忘れてなりません。「ICU症候群」という言葉がありますが、鎮静剤はせん妄などを来す主要な原因になります。覚醒を試みるときは、鎮静剤を少しずつ減らし、ゆっくり覚醒させます。
  • 「専門医 必死に維持して せん妄医」◆Vol.10-2

    カテゴリー:医療維新 2月3日

    Q 医師によくあることを表現した医師ならではの川柳が思いつきましたら教えてください。 【診療の現場2】 専門医 必死に維持して せん妄医 疲弊する 生活保護の ふてぶてしさ よい医師は 一人また一人 去ってゆく 眠すぎて 何やってたか
  • 敗血症新定義を発表、臓器障害重視に舵【JAAM 2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月2日

    に初版が作成されており、今回は第2版。計19のカバー領域のうち、感染源コントロールや鎮痛・鎮静・せん妄、体温管理など8領域は今回新設の項目となった。特に小児はSepsis-3にもない項目だ。  ガイド
  • 柳原病院事件、電車の“わいせつ事件”と同列に扱うな!

    カテゴリー:医療維新 2016年11月28日

    ら、PACU(麻酔後ケアユニット)における麻酔覚醒時せん妄に関する論文を引用し、手術部位によって相違があり、「乳癌手術」と「腹部手術」では、せん妄リスクが高まる研究があると紹介した。  シンポジウムは
  • 認知症疾患診療GL2017で再パブコメ

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

     構成は2010年版に準拠し、総論的な事項として、定義、疫学、症候、評価尺度、診断、検査、非薬物・薬物治療、せん妄・合併症への対応、危険因子、予防、軽度認知障害、重症度と重症度別対応、介護、社会資源、地域連携、倫
  • 「医療崩壊を誘発、不当な勾留」、準強制わいせつ罪・起訴医師

    カテゴリー:医療維新 2016年10月14日

    者からの供述、柳原病院の医師や看護師ら病院関係者の期日前証人尋問を経て、自慰行為の存在は麻酔後のせん妄・錯視による誤解だと判断されて落とされたものと推測される」(嘆願書)。また(2)について、嘆願書で
  • ICU患者の睡眠不足、対策施設3割

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年9月12日

    5%、「睡眠不足が回復過程に影響する」の回答は88%に及んだ。多くの回答者がICUでの睡眠不足はせん妄発症や入院期間延長などの転帰不良と関連すると考えていた。睡眠促進プロトコール保有率は32%だった。
  • 敗血症新GL「推奨なし」もある理由

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月1日

    DVT/VTE☆ 輸血用血液製剤☆ 栄養管理 血糖コントロール AKI☆、急性血液浄化療法 鎮痛・鎮静・せん妄☆ PICS☆、ICU-AW☆ 体温管理☆ 小児☆ ☆は新設 関連リンク 「日本版敗血症診療ガイド
  • デクスメデトミジンで高齢術後せん妄減

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年8月31日

    象に、せん妄予防への低用量デクスメデトミジン(0.1 μg/kg/h)のの有用性と安全性を無作為化二重盲検プラセボ対照比較試験で検証。デクスメデトミジン群ではプラセボ群に比べ、術後7日間のせん妄発生率が有意に低かった(9%
  • グレースビットに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月5日

    ビット錠50mg、同細粒10%)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「血小板減少」と「錯乱、せん妄、幻覚等の精神症状」を追記するよう改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例が集積したための措置
  • ICU成人患者のPAD管理指針公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月8日

    ・不穏・せん妄管理のための臨床ガイドライン」をオンラインで無料公開した。日本集中治療医学会J-PADガイドライン作成委員会がまとめたもので、痛み(Pain)、不安(Agitation)、せん妄(Del
  • 抗生剤によるせん妄、想定外の頻度【米国神経学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月1日

    りも、せん妄やその他の脳疾患に関連する可能性が高いことを示唆する研究を紹介した。本研究は、AAN会誌のNeurology 誌 (オンライン版)に2月17日付けで掲載された。  薬剤によりせん妄が引き起
  • ICUの重症度変更、認知症等受け入れ評価

    カテゴリー:医療維新 2016年2月12日

    度」の基準を満たさない計算にする。一方で、B項目に「食事摂取」や「危険行為」などの項目を追加し、せん妄や認知症の患者などを評価。重症度の基準の厳格化する一方で、基準を満たす患者の割合は引き下げた。  
  • せん妄治療、専門医の第一選択薬判明

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月8日

     せん妄治療の専門医が用いる第一選択薬の実態が、このほど明らかとなった。医療経済研究機構主任研究員の奥村泰之氏が、日本総合病院精神医学会の専門医を対象に行った調査によると、糖尿病と腎機能障害を併存しな
  • 支払側意見、「暴言に近い」と日医中川副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    き上がり」「座位保持」を削除した上で、「危険行動」「診療・療養上の指示が通る」を追加し、認知症やせん妄の患者を評価できるようにした。さらに手術後の状況や、内科的治療を評価するM項目を新設し、「救命等に
  • 手術・麻酔、地域包括ケア病棟入院料の包括外へ

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    評価するように設定、B項目については、「起き上がり」と「座位保持」の項目を削除した上で、認知症やせん妄の患者への対応として、「診療・療養上の指示が通じる」「危険行動」などの項目を追加する。  総合入院
  • 高齢者薬物治療で気を付けるべき薬-秋下雅弘・ガイドライン研究代表者に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月22日

    コメントに伴ってこの案を示した後に、何人かの医師から高齢者にH2ブロッカーを使用していたところ、せん妄や認知機能の低下を認め、中止したら改善したという声を聞きました。  DPP4阻害薬を除く糖尿病薬を
  • 高齢者の股関節骨折治療で学会提言【米国整形外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月4日

    股関節骨折の術後リハビリに関する適切使用基準」では、(1)学際的な深部静脈血栓症予防、(2)術後せん妄の予防と管理、(3)多様な周術期疼痛管理、(4)リハビリ施設や高度看護施設における学際的な回復の管
  • 7対1厳格化に「やり過ぎ」の声も

    カテゴリー:医療維新 2015年12月10日

    、急性期入院医療の必要性が高いとして、手術直後や救急搬送後の患者、無菌治療室にいる患者、認知症やせん妄の患者を評価できるように項目を変更。A 項目とB項目に新基準を設けたほか、手術直後の患者を含めるM項目が新設された。
  • 身体疾患の認知症患者ケア、チーム医療評価

    カテゴリー:医療維新 2015年11月25日

    内研修を評価する方針。その根拠として、同省は、認知症専門家を含むチームが、手術前に介入して術後のせん妄を最小限に防いだり、老人看護や認知症看護に精通した看護師を含むチームの介入により、身体疾患を持つ認
  • 認知症診断の誤診!NHKあさイチ いい番組でした!

    カテゴリー:医療維新 2015年11月6日

    (NHKは認知症の特集のHPも作っています。本当に認知症?医療現場で何が)  内容は2例の誤診例をあげたのち、せん妄、加齢、うつ病との鑑別がとてもむづかしいことを挙げていきます。そして順天堂大学教授の新井先生の解説。HPから引用し一部改変しています。
  • 介護福祉士や栄養士、チーム医療として評価

    カテゴリー:医療維新 2015年10月27日

    基本料の見直しをめぐり、算定要件となる「重症、医療・看護必要度」項目について、新たに無菌治療室、せん妄や認知症の患者を評価に入れることや類似項目の集約化、チーム医療の推進を評価する案を示した。診療側、
  • ICU患者のせん妄、死亡リスク倍増

    カテゴリー:海外ジャーナル 2015年6月17日

     集中治療室(ICU)に入院した重症患者に関する研究42件を対象に、せん妄の有無と転帰との関連をシステマティックレビューとメタ解析で検討。31.8%の患者でせん妄が発症していた。非せん妄患者に比べ、せん妄患者では入院中の死亡率が有意に高く(リスク比2
  • 高齢者骨折の約半数で周術期せん妄

    カテゴリー:海外ジャーナル 2015年6月1日

     股関節の脆弱性骨折手術を受けた65歳以上の患者242人のデータを基に、周術期せん妄の入院期間および医療費への影響を調査。入院中に116人(48%)が周術期せん妄を発症した。せん妄なしに比べ、せん妄の発症は全入院期間7.4日延長、術後入院期間7
  • 周術期のせん妄、医療費1.5倍に【米国整形外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年4月7日

     米国整形外科学会(AAOS)は3月24日、65歳以上の股関節骨折患者の約半数が周術期にせん妄や急性錯乱状態となり、入院期間が大幅に長引くことで医療費も高騰するとする最新の研究を紹介した。同研究はAAOS定例会議で発表された。
  • 高齢者の薬物療法案 とてもいい提言です!

    カテゴリー:医療維新 2015年4月6日

    薬ドネペジルを変更等することが根本的に必要なのでしょうが。  また入院すると環境の変化で高齢者はせん妄状況になることが多いです。本当にここでも短期的には使用しないと逆に患者の安全が担保できないでしょう。
  • 「総合診療医を育てることが重要」

    カテゴリー:医療維新 2015年3月20日

    け糖尿病の専門医にアシストしてもらいながら、全体は総合医が診る。  そうすることで、高齢者に多いせん妄やほかの病気を起こすのを防ぐことができ、精神的なサポートもできるようになる。  優秀な総合診療医は
  • DLBの根底には視覚情報処理の異常か

    カテゴリー:医療維新 2015年2月20日

    ているが、一度そう感じるとなかなかその知覚から逃れられない。熱性疾患の時にしばしば体験されるが、せん妄状態の時や薬物名提示にも出現する。  DLBで認められる幻視とパレイドリアの間には明らかな減少額的
  • 抗コリン薬3年超服用で認知症1.5倍

    カテゴリー:医療維新 2015年1月30日

    状を出すであろうことは、当然想定されるところです。実際に高齢者に抗コリン剤を使用することにより、せん妄状態や、記憶障害や注意力の障害など、認知症様の症状が急性に見られることは、良く知られた事実です。通
  • ICUのせん妄、死亡と関連は?

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年12月8日

     集中治療室の重症患者1112人を対象に、せん妄と死亡率の関連を前向きコホート研究で検討。多変量解析ではせん妄は死亡と有意に関連していた(オッズ比1.77)。しかし、せん妄発生までの重症度推移を考慮した周辺構造モデル(marginal
  • せん妄の3分診断法、高精度

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年10月29日

     75歳以上の内科入院患者201人を対象に、せん妄診断基準の混乱評価法(CAM)の項目を簡略化した新たな3分診断法(3D-CAM)の妥当性を横断研究で検証。医師の評価結果に基づく専門家の診断(参照基準
  • ACL損傷など3新指針を発表 【米国整形外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年9月22日

    いるのが術後せん妄だ。複数の研究において、せん妄患者は損傷前の機能レベルに戻る可能性が低く、介護施設への入所が増え、死亡率も高いことが示されており、新CPGでは股関節骨折患者の術後せん妄の現象を一つの大きな目標と設定した。
  • 高齢者の術後せん妄予測因子確認

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年6月11日

     術前に日常生活動作、認知などの高齢者機能評価(GA)を受けた75歳以上の癌手術患者416人を対象に、術後せん妄の予測因子を後ろ向きに検証。19%にせん妄が見られた。単変量解析で、Charlson併存疾患指数スコア、転倒歴、手段的
  • 新せん妄評価法、臨床転帰と関連強

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年4月25日

     70歳以上の手術予定患者300人と内科患者919人の2つのコホートを対象に、新たに開発したせん妄重症度評価法(CAM-S)の妥当性を検証。重症度評価結果に伴い、調整平均入院期間は4項目版で6.5から12
  • ICU患者の痛みや不穏に新指針案

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年4月3日

    不穏・せん妄管理のための臨床ガイドライン」(J-PADガイドライン)の案を公表し、パブリックコメントの募集を開始した。  本指針は、重症患者管理に携わる全ての医療者が、患者の痛み、不穏、せん妄を総合的
  • 救急医療管理加算、不適切事例の排除へ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月6日

    目の削除を検討することに慎重な対応を求めた。日本精神科病院協会副会長の長瀬輝誼氏は、精神科領域でせん妄などの症状は重篤に当たるとして新たな項目を追加する方向性を提案。  厚労省保険局医療課長の宇都宮啓
  • ICUのせん妄遷延、認知障害リスク

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年10月7日

     集中治療室(ICU)で呼吸不全またはショック状態の成人患者821人を対象に、認知障害の発症状況を検討。入院中に患者の74%がせん妄を発症した。せん妄の遷延は、3カ月時と12カ月時の全般的認知機能スコアの悪化(P=0.001、P=0.04)および実行機能スコアの悪化(P=0
  • あなたの不眠診療、大丈夫? 【実名・臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年9月13日

    瘍科医員。2009年より同病院臨床開発センター精神腫瘍学開発部に所属し、現在に至る。患者の不眠やせん妄、うつ症状の緩和に取り組んでいる。著書には「内科医のための不眠診療はじめの一歩」や「精神腫瘍学クリニカルエッセンス」などがある。
  • 認知症のチームケア、症状改善

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年7月5日

     救急科で「せん妄」と診断され救急入院した認知障害の高齢患者600人を対象に、医療および精神保健専門家によるチームケアの効果を無作為化比較試験で評価(NIHR TEAM試験)。入院90日での患者の自宅
  • 1
  • 2