m3.com トップ>記事検索結果

「アドバンスケアプランニング」の検索結果

  • 「保険調剤薬局、非営利法人に限定も」横倉会長

    カテゴリー:医療維新 3月28日

    厳ある終末期の在り方をしっかり国民に理解してもらうことが必要」と答弁。「終末期医療 アドバンス・ケア・プランニング(ACP)から考える」とのパンフレットを作成したことを紹介し、「先生方も現場でACPの
  • 横倉日医会長、4選出馬を表明、代議員会

    カテゴリー:医療維新 3月25日

    く」。  そのほか、個人情報保護、AI(人工知能)やIT、予防・健康づくり、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)などの重要性などにも触れ、いずれにおいても、かかりつけ医が果たす役割の重要性を強調した。
  • ACP普及へ、厚労省検討会が報告書で大筋合意

    カテゴリー:医療維新 3月24日

    アについて、本人が家族や医療・ケアチームと事前に繰り返し話し合うプロセスを重視する「アドバンス・ケア・プランニング」(ACP)などを推奨しており、厚労省は報告書を基に、普及・啓発に向けた施策の実施を検討する。
  • 延命治療の“引き算”、“足し算”をめぐりシンポ

    カテゴリー:医療維新 3月19日

    意思決定できない場合を想定し、家族や医療・介護従事者らと前もって話しておくプロセス「アドバンス・ケア・プランニング」(ACP)の重要性を指摘▽最終段階で本人の意思が確認できない場合に備え、本人の意思を
  • 日医、ACPのパンフレットをHPで公開

    カテゴリー:医療維新 3月7日

    意思決定できない場合を想定し、家族や医療・介護従事者らと前もって話しておくプロセス「アドバンス・ケア・プランニング」(ACP)に関する医療従事者向けのパンフレットをホームページ(HP)で公開した。同日
  • 【寄稿】循環器の緩和ケアについて考えてみる時代が来た

    カテゴリー:臨床ニュース 3月2日

    診療する40歳未満の医師の中でも活躍されている西畑庸介先生を中心に、2年前から心不全・アドバンスケアプランニングを行うチームを編成し、毎週月曜日に議論を行っています。今後、どの病院でも手探りながらこの
  • 死直前の医療を決める「ACP」、医師の認知度は22.3%

    カテゴリー:医療維新 2月26日

    終段階における医療に関する意識調査」の結果によると、回答した医師1100人のうち、「アドバンス・ケア・プランニング」(ACP)について「よく知っている」医師は22.3%にとどまることが分かった。「知らない」(41
  • 終末期医療GLの改訂版、3月上旬にも公表へ

    カテゴリー:医療維新 2月23日

    定できない場合を想定し、具体的な医療の内容やケアについて前もって話しておくプロセス「アドバンス・ケア・プランニング」(ACP)の重要性を指摘▽最終段階で本人の意思が確認できない場合に備え、本人の意思を
  • 心不全「生前指示」私のタイミング【時流◆高齢者心不全】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月19日

    くなって持ち直す”経過が長期にわたる」と話す磯部氏。声明の最後にも記載された心不全の「アドバンスケアプランニング」について、話し合うべき時期や方法を聞いた。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)
  • 「優れた日本の医療を世界に」、横倉会長がCMAAO会長に就任

    カテゴリー:医療維新 2017年9月13日

    相は「尊厳を尊重した生き方をどう実現していくかという根源的な問題。厚労省も人材育成、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の普及啓発を進めている。宗教や死生観が異なるみなさんで活発な議論がされること
  • 「人生の最終段階における医療」の議論、厚労省開始

    カテゴリー:医療維新 2017年8月4日

     3日の第1回会合は、構成員の自由意見のほか、神戸大学医学部附属病院緩和支持治療科特命教授の木澤義之氏による「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」についての説明に、1時間弱の時間を割いた。  木澤氏はACPの定義を「今後
  • 認知症患者事故の最高裁判決、「本当によかったのか」

    カテゴリー:医療維新 2016年3月14日

    給付の関係が不明確、(3)政府が医療産業成長を阻害――などの非効率が生じている。 ◆アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の実践  浜松医科大学地域家庭医療学特任教授 井上真智子氏  ACPとは、「
  • 「死ぬことがファンタジー」、死生観の教育必要◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    もしれませんが、死をどのように医療の中で生活に根差して受け止めて、看取るか。 森田 アドバンス・ケア・プランニングなど、元気なうちに50歳超えたら作成しましょう、臓器移植カードのように持っておきましょ