m3.com トップ>記事検索結果

「アナフィラキシー」の検索結果

  • バロキサビルなどの注目リスク公開

    カテゴリー:臨床ニュース 5月17日

    品の評価中リスク情報を公表した。抗インフルエンザ治療薬のバロキサビルマルボキシルでショック、アナフィラキシー、抗PD-1抗体のニボルマブ(遺伝子組換え)とペムブロリズマブ(同)で結核、抗PD-L1抗体
  • ステロイド、「使い方が分からない」からの卒業【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月22日

    れるホルモンで、グルココルチコイド作用とミネラルコルチコイド作用が1:1となっています。  アナフィラキシー出現時にコルチゾールを投与すると、ミネラルコルチコイド作用により低カリウム血症や高ナトリウム血症が惹起されることになります。
  • 周術期アナフィラキシーの診断用アルゴリズム特定

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月18日

     臨床的にアナフィラキシーを示唆する周術期過敏反応を経験した成人患者102例を対象に、血清トリプターゼ値測定アルゴリズム4種のアナフィラキシー診断能を後ろ向き研究で検討した。  その結果、最も有効なア
  • 小児アナフィラキシー発症率、世界で大きなばらつき

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月15日

     世界の小児アナフィラキシーの発症率および有病率を既発表論文59報のシステマティックレビューで検討した。  その結果、10万人当たり発生件数は全アナフィラキシーで1-761、食物誘発性アナフィラキシーで1-
  • アナフィラキシーには「オッサン筋注」か?エピペンか?

    カテゴリー:医療維新 4月7日

     2015年に大阪府高石市の病院で当直を務めていた非常勤医師がアナフィラキシーの治療で適正量の2倍を超えるアドレナリンを点滴静注で投与した結果、患者さんが亡くなってしまったという報道が今月初旬にありま
  • 発症リスク、どこまで避けられるか【時流◆アナフィラキシー】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月28日

    要がある」。相模原病院臨床研究センターアレルギー性疾患研究部長の海老澤元宏氏は、医療従事者がアナフィラキシーに備える上でのポイントを、こう説明する。万が一発生した場合にはとっさの対応力が求められるが、
  • 「避けられない」で求められる対応力【時流◆アナフィラキシー】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月26日

     m3.com意識調査で症例の軽重を問わずにアナフィラキシーの症例経験があるかどうか医師会員2491人に尋ねたところ約7割が「ある」と回答した(『アナフィラキシー症例の最多原因は医薬品』を参照)。医療従事
  • アナフィラキシー「医師人生で確実に出合う」

    カテゴリー:臨床ニュース 3月21日

     m3.com意識調査で、アナフィラキシーについて医師会員2491人に意見を求めたところ、医療機関の対応や患者側の理解などに関するさまざまなコメントが寄せられた。特に医療機関としては「医師人生でほぼ確
  • 豚骨ラーメン食べて走ってアナフィラキシー

    カテゴリー:臨床ニュース 3月19日

     m3.com意識調査「アナフィラキシーの経験を教えてください」では、医師が経験した症例の多くが医薬品に起因するものであったが、それ以外にも自由回答には「学校を抜けて豚骨ラーメンを食べた高校生が走って
  • テストで問題なかったアミノフェンで術中アナフィラキシー

    カテゴリー:臨床ニュース 3月14日

     アナフィラキシーの症例経験に関するm3.com意識調査では、原因となった医薬品の種類では造影剤や抗菌薬が目立ったが、処方の多い非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を含む解熱鎮痛薬も11.9%と2桁
  • 外した骨の感染予防対策でアナフィラキシー

    カテゴリー:臨床ニュース 3月12日

     m3.com意識調査で、経験したアナフィラキシーショックの原因を医薬品と答えた医師1106人に種類を尋ねたところ、造影剤が53.1%と最多で、次に多かったのは処方頻度の多い抗菌薬の36.9%だった。
  • 指導表活用で食物アレルギー有病率は増える? 減る?【時流◆新学期前の食物アレルギー対応】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月11日

    用し、かかりつけ医と専門医の連携をもっと図っていくことが重要です。 「除去品目が多過ぎる」「アナフィラキシー既往」は専門施設へ ――先生自身が食物アレルギー診療全般で感じる問題はありますか。  そうで
  • 「既往なし」信じ造影剤投与したら呼吸停止

    カテゴリー:臨床ニュース 3月7日

     m3.com意識調査で、アナフィラキシーショックの症例を経験した医師1754人に原因を尋ねたところ、最多は医薬品で、その中でも造影剤は50%を超えることが分かった。具体的な事例を求めると、患者は造影
  • アレルギー指導表「保育所の独自書式」がなぜ問題?【時流◆新学期前の食物アレルギー対応】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月6日

     学校でのアレルギー指導表の普及が進んだのは、2012年に東京都調布市の小学校で起きた給食によるアナフィラキシー疑いの死亡事故がきっかけです。学校でのアレルギー疾患GLとアレルギー指導表は2008年に完成
  • アナフィラキシー症例の最多原因は医薬品

    カテゴリー:臨床ニュース 3月5日

    ぶりに改訂される見通しだが、アレルギー反応で最も気を付けたいのがアナフィラキシーショックである。m3.com意識調査で、アナフィラキシー症例の経験があると答えた医師1754人にその原因を尋ねたところ、「医薬品」が最多の63
  • 血小板製剤使用指針改訂案を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2月21日

    出血治療(治療的血小板輸血)。血小板製剤は副反応をきたす恐れがあり、発熱や蕁麻疹だけでなく、アナフィラキシーや輸血関連急性肺障害、輸血関連循環負荷など重篤な合併症も生じる可能性があることから、必要に応
  • 医師による保育所向けアレルギー指導表、普及進まず

    カテゴリー:臨床ニュース 2月18日

    2%)にとどまっているのが不思議。何か問題があるのだろうか」と質したのは藤澤氏。 図. 食物アレルギー・アナフィラキシーの生活管理指導表 (厚生労働省「保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表」) >クリックして拡大
  • 保育所のアレルギー指針、8年ぶり改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2月13日

    ギー疾患の各論を扱う「実践編」において、保育の現場での対応が問題となっている食物アレルギーやアナフィラキシーに関する項目が、2011年版の4番目から改訂版では1番目に解説されるなど、内容の再構成が図ら
  • 「食物アレルギーの対策が未熟だったと痛感」【平成の医療史30年◆アレルギー疾患編】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月6日

    く企画。第2回では、アレルギー診療にまつわる2つの事件が臨床現場にもたらした変化を振り返る。アナフィラキシーショックに対する学校の体制は一気に変化した。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・宮内諭/2018年12月17日取材、全3回連載)
  • エピペン0.3mgも出荷制限解除

    カテゴリー:臨床ニュース 1月10日

     日本アレルギー学会はこのほど、アナフィラキシー補助治療剤の「アドレナリン注射液」(商品名:エピペン注射液)について、既に供給回復していた「エピペン注射液0.15mg」と同様に「同0.3mg」の供給制
  • 第6回 論文見ても悩む、抗PD-1抗体薬使用中のワクチン

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月7日

    うと、ワクチン接種後の副反応(アナフィラキシー、発熱、注射部位の発赤、びらんなど)が悪化するおそれがあります。そのため、少なくともワクチン接種後30分間はアナフィラキシー反応の有無について十分に注意し
  • ジオン注に重大副作用など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年11月29日

    ン酸」(商品名:ジオン注生食液付、同注無痛化剤付)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「アナフィラキシー」の追記などを求める改訂指示を出した。国内症例の集積などを受けた措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。
  • カルシトリオール注射剤に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年11月29日

    品名:ロカルトロール注0.5、同注1他)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「ショック、アナフィラキシー」の追記を求める改訂指示を出した。国内症例の集積などを受けた措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。
  • HPVワクチン、副反応疑い報告の傾向に変化なし

    カテゴリー:医療維新 2018年11月26日

    、「(症状の発生が)期間外の報告も含め、全体の傾向としてはこれまでの報告の内容と大差はない。アナフィラキシーも1例もない」と総括した上で、「今回の副反応疑い報告によって、その安全性においては新たなシグ
  • カルシトリオールなどの注目リスク公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年11月7日

    活性型ビタミンD3製剤のカルシトリオールでショックやアナフィラキシー、内痔核治療薬の硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸配合でアナフィラキシー、乾燥弱毒生水痘ワクチンで無菌性髄膜炎が報告されてお
  • オマリズマブ使用可能施設の条件改定

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年10月12日

    およびアナフィラキシーに対応できる医療施設で使用すること」としていた。今回の声明では、「アレルギー専門医または皮膚科専門医が、当該施設で、あるいは近隣医療機関と連携して、喘息、アナフィラキシー等の有害
  • 輸血有害事象対応指針案を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年9月14日

    GL)は、臨床の現場で有用と思われる輸血有害事象への予防・治療を概説したもの。溶血性副作用、アナフィラキシー、TRALI、TACO、CMVについて、クリニカルクエスチョン(CQ)を設定している。意見募
  • スギ花粉のアレルゲン免疫療法手引き公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月23日

    基本事項▽スギ花粉症の対症療法:薬物療法の概要▽スギ花粉症におけるアレルゲン免疫療法の実際▽アナフィラキシーへの対処、の5章立て。  スギ花粉舌下錠やSLITの小児への適用拡大に関しては、「スギ花粉症
  • もしもノーベル賞の大村先生と接点があったら……◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 2018年8月12日

    セルカ症そのものには効くものの、患者さんはアナフィラキシーショックを起こしてしまうからです。つまり効きすぎる。  しかし、イベルメクチンは、アナフィラキシーショックを起さずに、オンコセルカ症に効く。大
  • ムカデやエイの傷にお湯が効くのは本当か?

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月9日

    れの幼児が来院。慌てました【内科開業医】 救急では、医師不足で1次救急に来ることも多いので、アナフィラキシーショックの対応と、ヘビなどの処置の対応はきちんと勉強するか、知らなければ分かる人に確認してほしい【内科開業医】
  • ヘビ咬傷の妊婦が意識不明で帝王切開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月2日

    リードマンが必要と常に考えています。 「その他陸の動物」の回答 同僚が実験用マウスにかまれてアナフィラキシーを起こした【小児科勤務医】 野生のタヌキ。患者さんの要望により狂犬病ワクチンの手配に追われた。3日後に手に入りました【内科開業医】
  • 「入浴剤負け」と診断のつつが虫病

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年7月31日

    に関しては小児科に依頼した。僻地勤務がある医師は知っておくべきである。また先輩の話であるが、アナフィラキシーが改善せず静岡(血清のメガセンターがあるそうです)に血清を依頼し、取り寄せ一命を取り留めたこ
  • メポリズマブ適正使用指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年7月19日

    敏症では、アナフィラキシー(血圧低下、蕁麻疹、血管浮腫、呼吸困難等)等の重篤な過敏症があらわれることがあり、蕁麻疹などの皮膚症状、消化器症状、呼吸困難などの呼吸器症状などのアナフィラキシー反応の前駆症
  • エピペンの出荷制限が一部解除

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月14日

     日本アレルギー学会はこのほど、供給不足が発生しているアナフィラキシー補助治療剤の「アドレナリン注射液」(商品名:エピペン注射液)について、「0.15mg」のみ、特約店に対する出荷制限を解除したことを
  • オルプロリクス静注用に重大副作用新設

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月12日

    アルファ(遺伝子組換え)」(商品名:オルプロリクス静注用)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項を新設して「ショック、アナフィラキシー」の追記を求める改訂指示を出した。国内外の症例が集積したための措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。
  • 抗精神病薬とアドレナリン「併用注意」で周知

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月1日

     日本精神神経学会はこのほど、アナフィラキシーの救急治療への「アドレナリン」の使用に関する厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長通知を学会ホームページに掲載した。主に抗精神病薬について、アナフィラキシーの救急治療にア
  • アミオダロンなどに注目リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年5月16日

    酸塩で無顆粒球症や白血球減少、血液製剤のエフトレノナコグアルファ(遺伝子組換え)でショックやアナフィラキシーが報告されている。  このほか、抗菌薬のメトロニダゾール(経口剤、注射剤)、ランソプラゾール
  • デュピルマブ最適使用推進指針で周知

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年4月25日

    下投与し、その後は1回300mgを2週間隔で皮下投与としている。留意すべき点では、ショック、アナフィラキシーが見られた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うことを求めている。 関連リンク デュピ
  • 重症アナフィラキシーの予測因子を特定

    カテゴリー:海外ジャーナル 2018年4月19日

     欧州11カ国122施設が参加するアナフィラキシー患者の登録データを用いて、重症アナフィラキシーの予測因子を探索した。  その結果、肥満細胞症の高齢者が重症アナフィラキシーのリスク上昇の最も重要な予測因子だった(オッズ比3
  • ユニタルクに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月22日

    名:ユニタルク胸膜腔内注入用懸濁剤4g)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「ショック、アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を出した。国内症例が集積したことなどを踏まえた措置で、医薬品医療機器
  • エピペン供給不足の恐れで注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月7日

     日本アレルギー学会はこのほど、アナフィラキシー補助治療薬「アドレナリン注射液」(商品名:エピペン注射液0.15mg/0.3mg)の供給が一時的に滞る恐れがあるとする製造販売元のマイランEPD合同会社
  • 皮膚バリア低下で食物アレルギーが悪化

    カテゴリー:海外ジャーナル 2018年3月6日

     卵白アルブミンの初回経口投与後、下痢、体温低下、血清マウスマスト細胞プロテアーゼ-1(mmcp1)値の上昇を認め、アナフィラキシーの誘発が確認された。MC903塗布またはテープストリッピングにより皮膚バリア機能を破壊したと
  • DPP-4阻害薬4成分などに注目リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月1日

     このほか、利尿薬のトルバプタンで急性肝不全、悪性胸水治療薬の滅菌調整タルクではショック、アナフィラキシーが評価中となっている。 関連リンク 使用上の注意の改訂等に繋がりうる注目しているリスク情報
  • 副反応報告の医学情報に質問相次ぐ

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年2月21日

    G、日本脳炎、B型肝炎、ロタウイルスの各ワクチンの副反応(有害事象)報告の評価が行われた。 アナフィラキシーと診断も「情報不足で評価不能」  2017年7月1日から10月31日において定期接種の実施に