m3.com トップ>記事検索結果

「アナフィラキシー」の検索結果

  • 乳幼児の薬剤アナフィラキシー5倍増【米国アレルギー・喘息免疫学会議】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月17日

     2005年から2014年にかけて米国ではアナフィラキシーによる救急部門の受診率が101%増加。これに伴い、全年齢で医薬品に関連したアナフィラキシーによる救急受診が全年齢で増加しており、特に0-4歳児
  • 多剤過敏症例の医療処置は高難度!!

    カテゴリー:臨床ニュース 2月8日

     薬剤によるアナフィラキシーや薬疹などのアレルギーに対する解決法の情報に接する機会は比較的多い。一方、薬物アレルギーを呈した人に対して医療現場で試行錯誤の上、どのような対処が行われているのかは専門医以
  • 脱感作、減感作、負荷試験の違いは?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月6日

    物アレルギーが疑われる場合は、必要に応じ皮膚テストを実施するが「偽陰性となるのを避けるため、アナフィラキシー発症から28日以上は間隔を開ける方がよい」そうだ。 脱感作の適応と禁忌  欧州アレルギー・免
  • 検査なく「局麻アレルギー」で診療に支障

    カテゴリー:臨床ニュース 2月1日

    皮膚テストが推奨される場面として(1)抗菌薬のアレルギー既往患者への類似系統薬投与前、(2)アナフィラキシー患者の診断および原因特定―を挙げた。日本化学療法学会のガイドラインにおいて抗菌薬に対するショ
  • 抗菌薬過敏症、キノロン系も多い日本

    カテゴリー:臨床ニュース 1月30日

    る。全4回(取材・まとめ:m3.com編集部 坂口 恵)。 アナフィラキシーショックの死因、医薬品が首位に  日本におけるアナフィラキシーショックによる死亡は年間50-80例ほどで、原因はハチ刺傷が最
  • 小児輸血の指針でパブコメ募集

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月12日

    出血治療を目的として使用される血小板製剤は、有効性が高い半面、血小板製剤による副反応として、アナフィラキシーや輸血関連急性肺障害など重篤な合併症を起こす恐れもあり、必要に応じて適切に使用すると同時に、
  • ファムビルに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

    ビル」(商品名:ファムビル錠250mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「ショック、アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例として3例が報告されたこと受けて
  • ホルマリン含有製剤に重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

    た。禁忌では「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者」を、重大な副作用の項には「ショック、アナフィラキシー」を追記する。直近3年度に国内副作用症例が2例報告されており、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。
  • 再発防止策は年明け、年報は3月頃 - 木村壯介・日本医療安全調査機構常務理事に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年11月23日

     再発防止策のテーマとしては、中心静脈穿刺の事故や、肺血栓塞栓症が死因となった事故を選び、検討を進めています。アナフィラキシーショックについても検討予定です。  その以外の事故も今後取り上げる予定ですが、例えば5年後に
  • アナフィラキシー後自己注処方は9%

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年11月4日

     ベルギーにてアナフィラキシーで救急診療部(ED)を受診した成人100例を対象に、EAACIガイドライン(GL)に沿った治療がされたかを調査。発症から受診までに30分超を要していた患者が64%を占めた
  • DPP4阻害薬などの注目リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月1日

    ンク、高尿酸血症治療薬のアロプリノール、ビスホスホネート薬のゾレドロン酸水和物で、銅欠乏症やアナフィラキシー、類天疱瘡などが報告されている。PMDAでは、患者が評価中の情報を基に自己判断で服薬を中止し
  • ヒトCRH静注用に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月15日

    CRH 静注用 100μg「タナベ」)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「ショック、アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例が集積されたための措置で、医薬品
  • G-CSF製剤に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月14日

     厚生労働省は9月13日、顆粒球コロニー形成刺激因子製剤(G-CSF 製剤)4成分の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「アナフィラキシー」の追記などを求める改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例が集積されたことなどを受けた
  • G-CSF製剤などの注目リスクを公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

    下部・下垂体・副腎皮質系ホルモン分泌機能検査薬、非小細胞肺癌(NSCLC)治療薬でショックやアナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症などが報告されている。PMDAでは、評価中の情報を元に患者が自己判断で
  • ピーナッツアレルギー、免疫療法で8割寛解

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月18日

     研究費を助成した米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)によると、より高年齢児を対象にした先行試験では、ピーナッツ曝露によるアナフィラキシー反応に対しては、ピーナッツ経口免疫療法がある程度の抑制効果を持つことが確認されている。  米
  • LAL欠損症、新薬に高まる期待(2016/7/20訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月14日

     なお、臨床試験で認められた主な副作用は、腹痛、下痢、じんましん、発熱など。臨床試験で3%の患者に発現がみられた重篤な有害事象はアナフィラキシー様症状であり、投与の約1年後までみられる場合があったとしている。  天野氏は、「LAL-D患
  • オキシトシンに重大副作用を追加

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月7日

    トニン-O注1単位、同注5単位など)の使用上の注意に対し、重大な副作用としてショックの項に「アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を発した。直近3年度の副作用症例が集積したための措置で、医薬品医療機
  • 帝王切開で死亡、遺族の請求認めた「高裁の判断」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    師らに過失があったと主張。医師らは、本件ショックは母体内に羊水成分が流入して発生した全身性のアナフィラキシーショックであり、手術の時点で妊婦を救命することは不可能だったと主張し、結果回避不可能性が無か
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    と共同で開発され、厳格にデザインされた研究計画書に基づいて実施されました。QPIPに参加する薬剤師は、アナフィラキシーショック、応急処置および心肺機能蘇生法についての知識の習得のほか、予防接種の実技を行い、オーストラリア薬剤師会
  • ジクロフェナクなどの注目リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月14日

    ルでは皮膚症状に関する注意喚起が評価対象。NOACのアピキサバンは肝機能障害、オキシトシンはアナフィラキシー、C型肝炎の抗ウイルス薬のうち、オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビルは急性
  • 覚えておくべき遅発性の食物アレルギー【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月3日

    「食物アレルギーを引き起こす意外なアレルゲン」 Vol.1 女性のみ発症、意外な食物アレルゲン Vol.2 食後複数回のアナフィラキシー、原因は Vol.3 覚えておくべき遅発性の食物アレルギー 注目される納豆アレルギー はらだ
  • 食後複数回のアナフィラキシー、原因は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月31日

    食後複数回アナフィラキシーを繰り返す20代女性。プリックテストでもすべて陰性で診断が困難だったこの症例の以外な食物アレルゲンとは。自験例を提示しながら、はらだ皮膚科クリニック(兵庫県西宮市)の原田晋氏が解説する。
  • 女性のみ発症、意外な食物アレルゲン【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月27日

    ています。このため、全例が化粧する世代の女性に起こっており、アナフィラキシー等の症状を呈します。 フランス製赤色マカロンでアナフィラキシーを発症  自経例の49歳女性です。問診中に後から思い返されたの
  • ラピアクタに重大副作用で改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月25日

    アクタ)の使用上の注意に対し、重大な副作用のショックの項に「アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を発出した。直近3年度にアナフィラキシー関連症例が集積したための措置で、因果関係の否定できない死亡が
  • ガバペンチンに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月22日

    「ガバペンチンエナカルビル(同レグナイト錠300mg)」の使用上の注意で、重大な副作用としてアナフィラキシーの追記指示が出たと発表した。海外症例の集積を受けての改訂。直近3年度の国内副作用症例はない。
  • 造影アレルギー患者にSMA解離疑い、対応は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月14日

    上腸間脈動脈(SMA)解離疑いの患者に造影剤のアナフィラキシーの既往があった。腹部エコーで撮影するも、確認できない。どう対応すべきか。 山形大学医学部放射線診断科助教の豊口 裕樹氏が、実症例を基に腹部
  • レボドパなどの注目リスクを公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月5日

    チン(錠剤、シロップ)、ガバペンチン エナカルビルと抗インフルエンザ薬のペラミビル水和物は、アナフィラキシーが報告されている。  また、抗インフルエンザ薬のオセルタミビルリン酸塩(カプセル、ドライシロ
  • リスパダール注、ゼプリオンに重大副作用(2016/4/6 追記)

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月25日

    重大な副作用」にアナフィラキシーを追記するよう指示を出した。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が情報を伝えた。  直近3年度に報告された国内副作用症例の集積状況では、アナフィラキシー関連症例はリスペリ
  • 北米現地レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年3月16日

    注射剤の投薬  麻薬や向精神薬を除く注射剤(皮下注射、皮内注射、筋肉内注射)の取り扱いは、「疾患の予防やアナフィラキシー、その他の過敏症の治療のため」に限定されています。現在、前述の目的以外でも注射剤の使用を可能
  • ロキソプロフェンなど注目リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月1日

    B)薬、加齢黄斑変性(AMD)薬、抗精神病薬、麻酔導入薬で、小腸・大腸の狭窄・閉塞や高血圧、アナフィラキシーなどのリスクが確認されている。同機構は、評価中情報であることから、患者が自己判断で服薬中止などをしないよう適切な指導を求めている。
  • ホメピゾールに重大副作用新設

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月26日

    ゾール点滴静注 1.5g「タケダ」)の使用上の注意で、厚生労働省が重大な副作用の項を新設し、アナフィラキシーの追記を求める指示を出したと発表した。直近3年度の国内副作用症例はないが、海外症例が集積され
  • 甲状腺癌薬などに改訂リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月4日

    マの抗体医薬、エチレングリコール・メタノール中毒薬、抗HIV-1薬で、腫瘍出血や1型糖尿病、アナフィラキシーなどが報告されているという。同機構では、あくまで評価中の情報であり、患者が服薬を自己判断で中止などしないよう注意を求めている。
  • 国立国際医療研究センター、誤投与事故「10の疑問に回答」◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年10月17日

     ICUに患者が入室した時点では、患者は呼吸停止状態。「ウログラフインの誤投与」とは、この時点では誰も考えておらず、造影剤によるアナフィラキシーなども疑っていた。救命救急処置を行い、最善は尽くしたが、20時3分、患者の死亡が確認された。
  • 舌下用ダニ抽出エキス製剤に適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年10月8日

    でのアレルギー性鼻炎(AR)に対する減感作療法を効能、効果としており、厚労省はショックを含むアナフィラキシーなど重篤な副作用が発現するリスクがあることから、適正使用の遵守を求めている。  ミティキュア
  • 総蛋白量の増加、安全性への影響は?【時流◆インフル4価】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年10月2日

    は評価できなかったという。 3価同様の注意は4価でも必要  4価ワクチンの安全性については、アナフィラキシーショックなどの重篤な有害事象の発生のほか、接種部位の発赤、発熱などの軽微な副反応についても評
  • “事故調”、疑問は「予期」と「紛争・訴訟」

    カテゴリー:医療維新 2015年8月31日

    質問:例えば、ヨード造影剤でCT造影検査を行う場合、「アナフィラキシーが起き、死亡する可能性は何%」などと説明する。この場合、一般的な死亡の説明になるのか、あるいはアナフィラキシーによる死亡なので、併発症による死亡に当
  • アレルギー児向け災害食の備蓄を提案

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年8月19日

     4年前の東日本大震災では、ミルクアレルギーの乳児に飲ませるアレルギー用ミルクが入手できない、あるいは食物アレルギー患者がアナフィラキシーへの懸念から避難所の食事を食べられないといった状況があったことから、アレルギー患者も避難所で
  • イナビル、リレンザに改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年8月6日

    乳糖水和物を使用している。直近3年度の国内データで、乳製品へのアレルギーがある患者への投与でアナフィラキシーが発現した症例がイナビルで5例(うち因果関係が否定できない症例が4例)、リレンザで1例(同1
  • 肥満細胞症が多様な病態を呈する訳【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年7月21日

    (クロモグリク酸)などで予後良好のようです。あとはプロトンポンプインヒビターやエピネフリン。アナフィラキシーのような状態なので、血圧下がった瞬間はもちろんエピネフリンを打つのが大事で、ステロイドを使用
  • ショック様症状に潜む疾患は?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年7月14日

    研修医1 ヒスタミンの中毒。 研修医2 腸管出血による出血性ショック? 研修医3 やっぱりアナフィラキシーかと思います。 研修医4 12年前からといったのでなんで25歳から始まっているので、遺伝的なものがあるのかなと。
  • ダニアレルギー免疫療法の手引き公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年6月19日

    ニアレルギーに対する「診療の基本事項」「対症療法(薬物療法)」「アレルゲン免疫療法の実際」「アナフィラキシーへの対処」と5つの大項目で構成している。施行医の条件は「アレルギー科領域の専門的知識と経験を
  • クリアボーンに重大な副作用新設

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年6月3日

    して、使用上の注意で重大な副作用を新設し、ショックとアナフィラキシーを追加するよう指示したと発表した。いずれも直近3年間にショック、アナフィラキシー関連の症例が報告されたため。  改訂指示を受けたのは
  • 食物アレルギー診療の手引きを公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年4月14日

    レルギー」「食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎」「即時型症状」「食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA:Food-Dependent Exercise-Induced Anaphyl
  • 妊産褥婦の回収自己血輸血QA公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年3月25日

     禁忌は吸引部位に感染が認められる手術で、回収血に羊水が混入する恐れのある帝王切開は禁忌ではないもののまれに羊水塞栓症やアナフィラキシーショックを来して呼吸困難になるケースがあるとして、羊水混入が生じないよう注意が必要と解説している。
  • アレルギー疾患の学校対応指針公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年3月10日

     文部科学省はこのほど、校内でのアレルギー疾患対策に必要な取り組みをまとめたガイドラインなどの資料を公表した。児童生徒がアナフィラキシーショックを引き起こした場合の対処法や、給食は医師の診断による学校生活管理指導票に基づいて対応
  • アナフィラキシーの指針発刊

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年11月13日

     日本アレルギー学会はこのほど、アナフィラキシーガイドラインを発刊した。小児から成人までのアナフィラキシー患者に対する診断、治療レベルの向上を目的に世界アレルギー機構(WAO)の指針などを参考にしてい
  • 皮膚疾患「デジタル診断」の勧め【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年2月12日

     具体的には、発疹に、血圧と発熱だけで重症疾患を見分ける方法です。例えば、「発疹+血圧低下」であれば、考えられるのはアナフィラキシーショックですから、緊急性が高い。これは専門医への紹介以前に、まずご自身の判断でショックの治療が必要になります。
  • スギ花粉の免疫療法指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年1月23日

     SCITとSLITのいずれを選択すべきかについては、効果の差を示したエビデンスが少ないものの、一般にSLITはアナフィラキシーショックが少ないが、自宅治療が主体となるため、患者の深い理解が求められる。症例の背景因子などを考慮し、選択すべきとしている。
  • エピペン適応に皮膚症状ない理由

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年1月21日

     日本小児アレルギー学会のアナフィラキシー対応ワーキンググループ(委員長:海老澤元宏氏)は1月9日、「アドレナリン自己注射薬(エピペン)の適応」(2013年7月発表)作成の経緯を説明する文章をホームペ
  • 「全カルテが見える」連携に疑義 -木村通男・浜松医大医療情報部教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2013年11月22日

     あるいは、「アレルギー歴は、紹介元の病院で言いました」という患者さんが、紹介先でそれを知らずにアナフィラキシーショックを起こしたら、どうするのか。誰が責任を負うのか。こうした疑念はたくさん聞きます。  
  • 1
  • 2