m3.com トップ>記事検索結果

「アナフィラキシー」の検索結果

  • 経口免疫療法、6割が「GL不遵守」

    カテゴリー:臨床ニュース 11月20日

    舌下免疫療法、経皮免疫療法などの研究も進んでいる。  一方で、経口免疫療法の実施に当たってはアナフィラキシーのような重篤な症状を含む副反応(誘発症状)がほぼ必発とされるなど、有効性と安全性のバランスに関する検討が続いている。
  • クロルヘキシジン含有機器にも改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 11月7日

    厚生労働省は11月2日、クロルヘキシジングルコン酸塩やクロルヘキシジン塩酸塩を含む医療機器(CHG含有医療機器)の使用上の注意に対し、重大な有害事象の項に「ショック、アナフィラキシー」の追記などを求め...
  • クロルヘキシジンに重大副作用追記、死亡例も

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    ・歯周炎治療に用いるクロルヘキシジン含有製剤2成分の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「アナフィラキシー」の追記などを求める改訂指示を出した。直近3年度に集積した国内副作用症例では、殺菌消毒薬のグ
  • アレルギー反応に新知見

    カテゴリー:臨床ニュース 10月13日

    う、新しいアレルギー反応の調節メカニズムも解明。さらに、PAF-AH2の特異的阻害剤により、アナフィラキシー反応が抑制されたことから、アレルギーの新しい創薬標的として、PAF-AH2が有用であることが示唆されたという。
  • 乳糖含有メチルPSLでEMA勧告

    カテゴリー:臨床ニュース 10月13日

    他の炎症性疾患の治療に使用する。牛乳タンパクアレルギーのある患者が同剤の使用し、気管支痙攣やアナフィラキシーなどの重篤なアレルギー反応が出たという報告を受けて、EMAのファーマコビジランス・リスク・ア
  • 中枢神経合併症を有するIE治療の実際【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月12日

    AによるIEに対してセファゾリンを使用することが多いです。ちなみにAHAガイドラインには、「アナフィラキシーではないが、ペニシリン系抗菌薬にアレルギー反応を示す患者では、セファゾリンのような第一世代セ
  • シダキュアスギ花粉舌下錠で留意事項

    カテゴリー:臨床ニュース 10月6日

    ギ花粉エキス原末錠の使用に当たっての留意事項について」の通知をホームページに掲載した。同剤はアナフィラキシーなど重篤な副作用が発現するリスクがある。このため医師が講習を受講することや薬剤師が調剤前に処
  • アモキシシリンなどに注目リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 9月26日

     この他、レベチラセタムで悪性症候群、殺菌消毒薬のクロルヘキシジングルコンとその含有薬(一般用医薬品、医薬部外品含む)でアナフィラキシーのリスクが評価対象となっている。 関連リンク 使用上の注意の改訂等に繋がりうる注目しているリスク情報
  • オマリズマブが肥満細胞症に効果

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月8日

    部分奏効は3例だった。初回投与時の主観的副作用のため、2例が投与中止となった。オマリズマブはアナフィラキシー予防および皮膚症状に効果が高く、消化器、筋骨格などの症状には効果が低かった。重度の有害事象は報告されなかった。
  • 花粉症・果実アレルギー誘因物質同定

    カテゴリー:臨床ニュース 8月28日

    に共通する抗原分子による交差反応と考えられており、口腔内にかゆみを伴う程度の軽症から、喘息やアナフィラキシーなどの重篤なものまで多くの症状を伴う。シラカンバ花粉症患者のリンゴやモモに対するアレルギー等
  • 食物経口負荷試験で3歳児死亡、学会が周知

    カテゴリー:臨床ニュース 8月24日

     食物経口負荷試験でのアナフィラキシーショックで3歳児が死亡した米国の事故を受け、日本小児アレルギー学会はこのほど、公式サイトに、米国などの関連学会による共同声明と国内関連ガイドラインの抜粋を掲載した
  • ヒアリのアナフィラキシーに注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

    項について」の厚生労働省の通知を学会ホームページに掲載した。同省では、ヒアリに刺された場合にアナフィラキシー症状を引き起こすことがあるとして、アドレナリンを注射するなど適切な救急処置をとる必要があるとして、注意を呼びかけている。
  • ロキソプロフェン外用剤に重大副作用新設

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

    商品名:ロキソニンパップ100mgなど)の使用上の注意に対し、重大な副作用として「ショック、アナフィラキシー」の新設などを求める改訂指示を出した。直近3年度の国内副作用症例が集積したことなどを受けての
  • 「茶のしずく石鹸」関連アレルギーの今

    カテゴリー:臨床ニュース 6月22日

    ーの明らかな既往はなかった。  詳細な症状が確認できた899例の調査結果から、症例の25%がアナフィラキシーショックを経験、43%が呼吸困難を経験していることもわかった。これらは、経皮および/または経
  • ロキソプロフェン外用剤など注目リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 6月12日

    和物(外皮用剤)や鎮咳薬のコデインリン酸塩水和物含有剤で呼吸抑制に関する注意喚起やショック、アナフィラキシーなどが評価対象。PMDAは、患者が評価中の情報を基に自己判断で服薬を中止したり、用量を減らしたりしないよう呼びかけている。
  • トルリシティ皮下注に重大副作用追記(2017/06/01 訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 5月31日

    (商品名:トルリシティ皮下注0.75mgアテオス)の使用上の注意に対し、重大な副作用として「アナフィラキシー、血管浮腫」を追記するよう指示を発出した。国内副作用症例が集積されたことや、企業中核データシ
  • 蕁麻疹へのゾレア投与で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 5月24日

    オマリズマブ(商品名:ゾレア)の使用を当面、皮膚科専門医またはアレルギー専門医が、喘息およびアナフィラキシーに対応できる医療施設で使用するよう呼びかける注意喚起を、学会ホームページに掲載した。今回の注
  • アナフィラキシー症状抑制分子を特定

    カテゴリー:臨床ニュース 5月12日

     東京大学は4月28日、マスト細胞から産生されるプロスタグランジンD2(PGD2)が、血管透過性の急激な上昇を抑えることで、過度なアナフィラキシーを抑える働きを持つことを発見したと発表した。この研究は、同大大学院農学生命科学研究科の村田幸
  • 肺炎球菌ワクチンなどに注目リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 5月1日

    病薬のデュラグルチド(遺伝子組換え)、肺動脈性肺高血圧症薬のトレプロスチニルで注射部位壊死、アナフィラキシーなどが評価対象となっている。PMDAでは、患者が評価中の情報を基に自己判断で服薬を中止したり
  • “事故調”の報告、都道府県で約10倍の差

    カテゴリー:医療維新 4月6日

    死亡」について検討(『中心静脈穿刺、「高リスク危険手技」との認識を』を参照)。肺血栓塞栓症、アナフィラキシー、気管カニューレの脱落・再挿入、腹腔鏡下胆嚢摘出術についても現在、検討を進めている。  アン
  • 「スタッフ教育」は医師のため - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 4月2日

    修を行うこともあります。例えば、ACSの患者さんが受診した場合、あるいは目の前で、患者さんがアナフィラキシー・ショックに陥った場合などの緊急対応についてケーススタディを実施したり、地震で電気や水道など
  • エピネフリン即時使用を呼びかけ【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月7日

    Allergy and Anaphylaxis Emergency Plan(アレルギーおよびアナフィラキシー救急計画書記載のためのガイダンス)”を紹介した。全文はPediatrics誌で閲覧できる。
  • 紹介前の「念のため」ステロイドはNG【時流◆SJS/TEN】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月3日

    療を併用、あるいは切り替えることが予後改善には重要と強調する。  IVIG療法は同製剤によるアナフィラキシー例には禁忌である他、IgA欠損症や腎機能悪化例、血栓塞栓症高リスク例には慎重投与となっている
  • 乳幼児の薬剤アナフィラキシー5倍増【米国アレルギー・喘息免疫学会議】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月17日

     2005年から2014年にかけて米国ではアナフィラキシーによる救急部門の受診率が101%増加。これに伴い、全年齢で医薬品に関連したアナフィラキシーによる救急受診が全年齢で増加しており、特に0-4歳児
  • 多剤過敏症例の医療処置は高難度!!

    カテゴリー:臨床ニュース 2月8日

     薬剤によるアナフィラキシーや薬疹などのアレルギーに対する解決法の情報に接する機会は比較的多い。一方、薬物アレルギーを呈した人に対して医療現場で試行錯誤の上、どのような対処が行われているのかは専門医以
  • 脱感作、減感作、負荷試験の違いは?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月6日

    物アレルギーが疑われる場合は、必要に応じ皮膚テストを実施するが「偽陰性となるのを避けるため、アナフィラキシー発症から28日以上は間隔を開ける方がよい」そうだ。 脱感作の適応と禁忌  欧州アレルギー・免
  • 検査なく「局麻アレルギー」で診療に支障

    カテゴリー:臨床ニュース 2月1日

    皮膚テストが推奨される場面として(1)抗菌薬のアレルギー既往患者への類似系統薬投与前、(2)アナフィラキシー患者の診断および原因特定―を挙げた。日本化学療法学会のガイドラインにおいて抗菌薬に対するショ
  • 抗菌薬過敏症、キノロン系も多い日本

    カテゴリー:臨床ニュース 1月30日

    る。全4回(取材・まとめ:m3.com編集部 坂口 恵)。 アナフィラキシーショックの死因、医薬品が首位に  日本におけるアナフィラキシーショックによる死亡は年間50-80例ほどで、原因はハチ刺傷が最
  • 小児輸血の指針でパブコメ募集

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月12日

    出血治療を目的として使用される血小板製剤は、有効性が高い半面、血小板製剤による副反応として、アナフィラキシーや輸血関連急性肺障害など重篤な合併症を起こす恐れもあり、必要に応じて適切に使用すると同時に、
  • ファムビルに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

    ビル」(商品名:ファムビル錠250mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「ショック、アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例として3例が報告されたこと受けて
  • ホルマリン含有製剤に重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

    た。禁忌では「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者」を、重大な副作用の項には「ショック、アナフィラキシー」を追記する。直近3年度に国内副作用症例が2例報告されており、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。
  • 再発防止策は年明け、年報は3月頃 - 木村壯介・日本医療安全調査機構常務理事に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年11月23日

     再発防止策のテーマとしては、中心静脈穿刺の事故や、肺血栓塞栓症が死因となった事故を選び、検討を進めています。アナフィラキシーショックについても検討予定です。  その以外の事故も今後取り上げる予定ですが、例えば5年後に
  • アナフィラキシー後自己注処方は9%

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年11月4日

     ベルギーにてアナフィラキシーで救急診療部(ED)を受診した成人100例を対象に、EAACIガイドライン(GL)に沿った治療がされたかを調査。発症から受診までに30分超を要していた患者が64%を占めた
  • DPP4阻害薬などの注目リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月1日

    ンク、高尿酸血症治療薬のアロプリノール、ビスホスホネート薬のゾレドロン酸水和物で、銅欠乏症やアナフィラキシー、類天疱瘡などが報告されている。PMDAでは、患者が評価中の情報を基に自己判断で服薬を中止し
  • ヒトCRH静注用に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月15日

    CRH 静注用 100μg「タナベ」)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「ショック、アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例が集積されたための措置で、医薬品
  • G-CSF製剤に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月14日

     厚生労働省は9月13日、顆粒球コロニー形成刺激因子製剤(G-CSF 製剤)4成分の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「アナフィラキシー」の追記などを求める改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例が集積されたことなどを受けた
  • G-CSF製剤などの注目リスクを公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

    下部・下垂体・副腎皮質系ホルモン分泌機能検査薬、非小細胞肺癌(NSCLC)治療薬でショックやアナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症などが報告されている。PMDAでは、評価中の情報を元に患者が自己判断で
  • ピーナッツアレルギー、免疫療法で8割寛解

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月18日

     研究費を助成した米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)によると、より高年齢児を対象にした先行試験では、ピーナッツ曝露によるアナフィラキシー反応に対しては、ピーナッツ経口免疫療法がある程度の抑制効果を持つことが確認されている。  米
  • LAL欠損症、新薬に高まる期待(2016/7/20訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月14日

     なお、臨床試験で認められた主な副作用は、腹痛、下痢、じんましん、発熱など。臨床試験で3%の患者に発現がみられた重篤な有害事象はアナフィラキシー様症状であり、投与の約1年後までみられる場合があったとしている。  天野氏は、「LAL-D患
  • オキシトシンに重大副作用を追加

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月7日

    トニン-O注1単位、同注5単位など)の使用上の注意に対し、重大な副作用としてショックの項に「アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を発した。直近3年度の副作用症例が集積したための措置で、医薬品医療機
  • 帝王切開で死亡、遺族の請求認めた「高裁の判断」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    師らに過失があったと主張。医師らは、本件ショックは母体内に羊水成分が流入して発生した全身性のアナフィラキシーショックであり、手術の時点で妊婦を救命することは不可能だったと主張し、結果回避不可能性が無か
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    と共同で開発され、厳格にデザインされた研究計画書に基づいて実施されました。QPIPに参加する薬剤師は、アナフィラキシーショック、応急処置および心肺機能蘇生法についての知識の習得のほか、予防接種の実技を行い、オーストラリア薬剤師会
  • ジクロフェナクなどの注目リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月14日

    ルでは皮膚症状に関する注意喚起が評価対象。NOACのアピキサバンは肝機能障害、オキシトシンはアナフィラキシー、C型肝炎の抗ウイルス薬のうち、オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビルは急性
  • 覚えておくべき遅発性の食物アレルギー【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月3日

    「食物アレルギーを引き起こす意外なアレルゲン」 Vol.1 女性のみ発症、意外な食物アレルゲン Vol.2 食後複数回のアナフィラキシー、原因は Vol.3 覚えておくべき遅発性の食物アレルギー 注目される納豆アレルギー はらだ
  • 食後複数回のアナフィラキシー、原因は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月31日

    食後複数回アナフィラキシーを繰り返す20代女性。プリックテストでもすべて陰性で診断が困難だったこの症例の以外な食物アレルゲンとは。自験例を提示しながら、はらだ皮膚科クリニック(兵庫県西宮市)の原田晋氏が解説する。
  • 女性のみ発症、意外な食物アレルゲン【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月27日

    ています。このため、全例が化粧する世代の女性に起こっており、アナフィラキシー等の症状を呈します。 フランス製赤色マカロンでアナフィラキシーを発症  自経例の49歳女性です。問診中に後から思い返されたの
  • ラピアクタに重大副作用で改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月25日

    アクタ)の使用上の注意に対し、重大な副作用のショックの項に「アナフィラキシー」を追記するよう改訂指示を発出した。直近3年度にアナフィラキシー関連症例が集積したための措置で、因果関係の否定できない死亡が