m3.com トップ>記事検索結果

「ガイドライン」の検索結果

  • 「調整会議」の運営指針、年内にも取りまとめ

    カテゴリー:医療維新 11月20日

     日赤、済生会などの公的病院等、国立病院機構や労働者健康安全機構、特定機能病院、地域医療支援病院については、「新公立病院改革ガイドライン」(2015年3月)に基づき策定される「新公立病院改革プラン」に倣って、「公的医療機関等202
  • 経口免疫療法、6割が「GL不遵守」

    カテゴリー:臨床ニュース 11月20日

    ことを、われわれは重く受け止めなければならない」と述べた。海老澤氏らが最近行った別の調査では、ガイドラインの推奨に反し、入院では11%、外来では62.5%が臨床研究の手続きを経ずに行われている実態も明らかになっている。(取材・まとめ:m3
  • 療養病棟入院基本料の一本化を提案

    カテゴリー:医療維新 11月17日

    や家族の希望に沿った看取りの取り組みについて「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」の普及が求められていること等を踏まえ、救急・在宅等支援療養病床初期加算を見直してはどうか。 【支払側】
  • 世界の減感作療法GL、多くは低評価

    カテゴリー:海外ジャーナル 11月17日

     1980-2016年に発表された31のアレルゲン免疫療法(減感作療法)ガイドラインを、カナダ・マクマスター大学が開発したガイドライン評価ツールAGREE-IIで評価した結果、2010年以前のガイドラインは7段階評価で1.6-4.6点(23-67%)、2011年以降では2
  • 新薬12成分、25品目の薬価を了承

    カテゴリー:医療維新 11月15日

    療の責任者の要件、投与に際して留意すべき事項などを定めた「最適使用推進ガイドライン」が策定される。留意事項通知は、同ガイドラインを踏まえ、レセプトに医療施設や治療の責任者の要件を満たすことなどの明記を求める内容。
  • 「組織としてのCOI管理」など重視

    カテゴリー:医療維新 11月14日

     全国医学部長病院長会議は11月13日の記者会見で、「医系大学・研究機関・病院のCOI(利益相反)管理ガイドライン(改定案2017)」を公表した。2014年2月以来の改定となり、「COI申告の開示基準」と「機
  • 「複数医療機関による訪問診療」、診療報酬で評価

    カテゴリー:医療維新 11月13日

    応えていないというのは、現状はないと思う。 患者や家族の希望に応じた看取りを推進する観点から、ガイドラインを参考に行われる医療等の提供方針の決定プロセスについて、診療報酬上の位置づけを検討してはどうか。
  • 全日病、10年以上の医師対象に「総合医プログラム」開始

    カテゴリー:医療維新 11月13日

    「ゴールは『現場で一歩踏み出せること』。当直の時に、全科を断らずに対応できる。数の多い典型例をガイドライン通りに診ることができるイメージ」と説明する。  ノンテクニカルコースでは「コンフリクトマネジメ
  • 認知症例に抗凝固薬、使うべきか【時流◆認知症と抗凝固療法】

    カテゴリー:臨床ニュース 11月13日

     さまざまな治療の選択肢が登場し、心房細動(AF)ガイドラインが国際的にも整備されつつある。一方、実臨床では「高齢者への抗凝固薬の選択基準やガイドラインに沿った治療をどう導入すべきか、はっきりしていない
  • 「当事者が罰を受ける仕組み」、瞬間的に察知 -有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 11月11日

    、出版したのが『有害事象の報告・学習システムのためのWHOドラフトガイドライン』(へるす出版、2011年10月)です。同ガイドラインでは、「学習を目的とした報告制度」と、「説明責任を目的とした報告制度
  • 四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15%

    カテゴリー:医療維新 11月11日

    るが、例えばフィジシャン・アシスタントで言えば、各病院で独自に雇えるが、制度的な裏付けがない。ガイドラインなどもなく、病院の責任でやらなければならないなどがネックになっている。 ◆東北大学環境・安全推
  • 費用対効果評価、企業と第3者の分析に開き

    カテゴリー:医療維新 11月11日

    【条件】以下の両方の条件を満たす品目 ・両分析の結果が異なっている品目 ・両分析ともに「中医協における費用対効果評価の分析ガイドライン」に沿って行われている品目 評価結果で両分析の結果が併記された品目については、引き続き、より妥
  • 動脈硬化の進行度、エンドセリン受容体遺伝子の配列の違いが関係

    カテゴリー:臨床ニュース 11月10日

    の遺伝子多型の影響についても、心血管系疾患発症予防のための効果的なスクリーニング法や、身体活動ガイドラインの確立を目指す、と研究グループは述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 病気腎移植の先進医療適応に要望書

    カテゴリー:臨床ニュース 11月10日

    同意説明文書、非親族間生体移植に関する日本移植学会倫理指針について留意の上、「生体腎移植ドナーガイドライン」および「日本移植学会倫理指針」を遵守し、修復腎移植特有の不利益やリスクについてもドナーとレシ
  • 「プラス改定、必要性は明白」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 11月8日

    な税金が投入されている状況が続いている。現在、地域医療構想の中で、各構想区域で、新公立病院改革ガイドラインに基づき、公立病院がどんな立ち居振る舞いをするかが検討されている。仮に、民間と公立の病院が競合
  • 濾胞性病変の凍結切片評価は有用性低い

    カテゴリー:海外ジャーナル 11月8日

    のiFS利用率は21%で、iFSに基づく治療変更例は2例のみだった。2015年の米国甲状腺学会ガイドライン改訂後は、改訂前に比べ、高リスク判定に基づく甲状腺全または残葉切除術適応率が有意に低下した(20
  • PPI抵抗のGERD咳嗽「次の一手」とは【時流◆慢性咳嗽】

    カテゴリー:臨床ニュース 11月7日

    寝直後、会話、体重増、飲酒といった咳症状の悪化要因やタイミングを聴き取る」ことが重要と新実氏。ガイドラインではFSSG(Frequency Scale for the Symptoms of GERD
  • 健保連幸野氏、ARBの使用実態を問題視

    カテゴリー:医療維新 11月3日

    ・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、健保連の提言として、国が主導して費用対効果を踏まえたガイドラインの作成や、医療機関等における標準的な薬剤選択の使用方針に基づく採用医薬品リストに当たる「フォー
  • 約6割「トラブル対応マニュアル必要だが、ない」

    カテゴリー:医療維新 11月3日

    合は患者じゃなくて、客かもしれないが、美容じゃない皮膚科では客はいない。(60代男性) ・治療ガイドラインなど国が公示・広報してほしい。 (60代男性) ・最初から全て説明と同意書を取っておくこと。そ
  • 特定健診勧奨など、生活習慣病重症化予防で評価提案

    カテゴリー:医療維新 11月1日

    す観点から、 (1)療養計画の内容(検査値の目標、特定健診・特定保健指導の受診勧奨等) (2)ガイドラインやデータに基づく診療支援 等といった視点から、生活習慣病管理料の見直しを検討してはどうか。 糖
  • 処方見直しで減った薬と増えた薬【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 11月1日

    登録、実施しています。登録基準は65歳以上で、6剤以上を併用しており、「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」の「特に慎重な投与を要する薬剤のリスト」に該当する薬剤を使用している、あるいは同種同
  • 「とりあえず風邪で様子見」はもう古い【時流◆慢性咳嗽】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月31日

    初期診療では「喘鳴」の有無を念頭に  咳に対する診療の主な流れはどのようなものか。日本を含む各国のガイドラインの基本方針を集約すると、(1)ACE阻害薬などの薬歴や重篤な疾患の“red flag symp
  • オプジーボの薬価引き下げ検討、「用法用量変化再算定」適用で

    カテゴリー:医療維新 10月27日

    25 年以上経過し、かつ成分全体および銘柄の乖離率が全ての 既収載品の平均乖離率以下 ・一般的なガイドラインに記載され、広く医療機関で使用されている 等、汎用性のあるもの ・過去の不採算品再算定品目、並
  • 前立腺癌検診GL2018の草案公開

    カテゴリー:臨床ニュース 10月27日

     日本泌尿器科学会は10月23日、「前立腺がん検診ガイドライン2018年版」の草案を学会ホームページで公開した。同草案では、43のクリニカルクエスチョン(CQ)を設定。前立腺癌検診のアルゴリズムでは、
  • 病床機能報告の基準に「在院期間」、中川日医副会長が反対

    カテゴリー:医療維新 10月26日

    に関する調査研究会」の報告書骨子も紹介された。公立病院は「新公立病院改革ガイドライン」を策定、改革を進めているが、同ガイドラインの策定および実行に当たっては、「地域医療構想を踏まえた役割の明確化」が求
  • 薬剤性腎障害診療GL2016掲載

    カテゴリー:臨床ニュース 10月26日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、「薬剤性腎障害診療ガイドライン2016」を公式サイトに掲載した。同ガイドラインは4つの総論と3つの各論で構成。現時点で臨床的に重要と思われる7つのクリニカル
  • NICU入院中児の痛みケアGL掲載

    カテゴリー:臨床ニュース 10月26日

    の痛みのケアガイドライン(完全版)」を公式サイトに掲載した。同ガイドラインは、NICU(新生児集中治療室)入院児の疼痛コントロールのため、「新生児の痛みの軽減を目指したケア」ガイドライン作成委員会が作
  • 「エビデンスある薬」どう減らす?【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月25日

     多剤併用で、薬物有害事象や転倒の発生頻度が有意に上昇することが知られている。「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」では、多剤併用例の減薬について「ただの数合わせで処方薬を減らすことは論外」と言及。(1)予防
  • 中枢性鎮咳薬「問題点」を押さえる【時流◆慢性咳嗽】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月24日

    ある乾性咳嗽にとどめる」ことを挙げた。  感染後咳嗽に対しては、日本呼吸器学会の「咳嗽に関するガイドライン第2版」において持続期間が短いこと、咳喘息との鑑別に当たって吸入ステロイド(ICS)が無効であ
  • 「在宅医療診療GL」をけん制、鈴木日医常任理事

    カテゴリー:医療維新 10月20日

    ンググループ(座長:新田國夫・全国在宅療養支援診療所連絡会会長)は10月20日、「在宅医療診療ガイドライン」作成の進捗状況が報告されたが、日本医師会常任理事の鈴木邦彦氏は、「在宅医療ありきという内容に
  • 飲酒量低減薬ナルメフェンを承認申請

    カテゴリー:臨床ニュース 10月20日

    存性や離脱症状は認められていないとしている。  なお、最新のアルコール依存症に対する診断・治療ガイドラインでは、飲酒量低減治療が、断酒に導くための中間的ステップあるいは治療目標のひとつとして位置づけられている。
  • 医師不足対策や地域医療体制整備など―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 10月19日

    医療・介護における「死」という考え方の見直しを図る  現在の心肺停止を死とする考え方を改める。高齢者に対する疾患のガイドラインも見直されているように、「死」そのものに対して、一定の年齢以上に関しては、自己の意思を尊重した尊厳的な「死」を認める方向で検討。
  • 皮膚リンパ腫診療GL第2版を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 10月19日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、「科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン(第2版)第2部 皮膚リンパ腫診療ガイドライン第2版」を公式サイトで公開した。同ガイドラインは、日本皮膚科学会と日本皮膚悪性腫瘍学会が作成。
  • 皮膚悪性腫瘍診療GL第2版公開

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、「科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン(第2版)第1部 皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン第2版」を公式サイトで公開した。同ガイドラインは、日本皮膚科学会と日本皮膚悪性腫瘍学会が作成。
  • 「多剤併用削減チーム」始動で当たった壁【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    えてください。  (同センターの)荒井秀典副病院長と私が作成に参加した「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」では、薬剤師の役割に関する項目が新たに追加されました。「過量・過少投与や薬物相互作用
  • 「9歳以上1回接種」する、しない理由

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    医】 親を説得できるかどうか【消化器科開業医】 小児は家族が2回を希望する【消化器科開業医】 ガイドラインが統一されていない【循環器科開業医】 「今までも9歳以上には1回接種していた」 免疫的に十分だ
  • ピロリ除菌、安易な「失敗」判定は禁物【時流◆胃癌リスク】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月13日

    .com編集部・森圭吾) 微妙な値は再判定も考慮を ――「H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版」では、除菌判定に尿素呼気試験(UBT)と便中抗原測定法が有用としています。  
  • 重症患者栄養管理指針の病態別公表

    カテゴリー:臨床ニュース 10月12日

     日本集中治療医学会は10月5日、「日本版重症患者の栄養管理ガイドライン:病態別栄養療法」を学会ホームページで公表した。今回公表されたものは、既刊の「日本版重症患者の栄養療法ガイドライン」(総論)の各論版。「呼吸不全」「急性
35