m3.com トップ>記事検索結果

「セミナー」の検索結果

  • 多職種との会合、日常的に「ある」は半数弱◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 7月21日

    施、急変時における対応等について、分科会等を含めて、延べ年間10回程度開催している。 ・地域連携セミナーの実施。救急隊との症例検討会。 ・地域医療連携推進法人および連携推進法人の評議会など。 ・行政主
  • ワークライフバランスの実現に向けて。医療従事者の声

    カテゴリー:医療維新 7月9日

    行う人員を雇う」という意見が多く、「フレックスタイム制の導入を検討してほしい」、「休日に長時間のセミナーを開かないようにしてもらいたい」という意見も散見された。一方で、「急患対応をしている以上、ワーク
  • 医療従事者のワークライフバランス、理想と現実の乖離◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 6月30日

    】 ・子供の教育費に出費がかさむ。稼がなければならず、休んでもいられない。【勤務医】 ・講演会やセミナーに半強制的に出席するので時間が取られること、当直が多いこと、土日に回診があること。【勤務医】 ・
  • “暴風雨”、危機は改革のチャンス - 相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 6月16日

    る」という認識を関係者に持ってもらうことが必要。さまざまな情報発信をしたり、会員病院の職員向けにセミナー、研修会などを開催したり、地域に出向き、説明の場を設けるなど、さまざまな取り組みをしなければいけないと考えています。
  • ジム通い、ゴルフ、音楽鑑賞、ストレス発散方法

    カテゴリー:医療維新 6月10日

    や恋人とゆっくり家で過ごす」、「趣味に没頭する」など、インドア派の意見も多く見られた。一方で、「セミナーや勉強会に参加して自己研鑽を図る」という意見も散見された。 Q7ご自身が「職場外」でストレスを発散する方法があればお書きください。
  • 日病新会長に相澤孝夫副会長、社員総会・理事会で決定

    カテゴリー:医療維新 5月29日

    みたい」と述べ、組織医療を支える人材の重要性についても指摘。経営管理士の講座や、病院長・幹部職員セミナーなど、病医院の運営に当たる人材の育成支援を充実させていきたいとの考えを示した。
  • 職場でのストレス要因「仕事ができない部下、話が通じない上司や同僚」

    カテゴリー:医療維新 5月28日

    出席できないような無言のプレッシャー。地方会ですら出席点もらいに行く時間が作れる程度。土曜の学会セミナーも参加不許可。時間外労働は平日だと朝7時~8時半、夕17時~20時、土曜日も朝7時~8時半、昼1
  • オプジーボ頭頚部癌追加で新選択肢に

    カテゴリー:臨床ニュース 5月10日

     国立がん研究センター東病院頭頸部内科の田原信科長が、小野薬品工業株式会社とブリストル・マイヤーズスクイブ社共催のプレスセミナーで講演。頭頸部がんの適応追加を受けたオプジーボ(一般名:ニボルマブ)について、プラチナ製剤抵抗性
  • 漢方の情報源「古典」「自分で試す」の声も

    カテゴリー:臨床ニュース 4月27日

    】 「製薬企業のサイトやセミナー、資料」の回答理由 漢方の教育を受けていなかったので、企業の勉強会に参加しながら勉強した【外科系勤務医】 有名講師などを招いて行われるセミナーがとても有用だと思いましたので【外科系勤務医】
  • きっかけは上司や同僚、漢方薬調査

    カテゴリー:臨床ニュース 4月24日

    )で10%を超えていた。また、漢方薬を処方する際に活用している主な情報源は、「製薬企業のサイトやセミナー、資料」が29.7%で最も多いことが分かった。(小数点第2以下は四捨五入) Q. 漢方薬を処方す
  • 勤務医の半数以上、過去1年で学会発表の経験あり

    カテゴリー:医療維新 4月16日

    ・専門医維持の規定に学会参加が重視されている体制を、学会に参加できない会員のことも考慮し、Webセミナーでの講習で代替するなどの配慮が必要と考えられる。【勤務医】 ・今の病院は僻地というほどではないで
  • LDL-C、目標値定めて薬物治療を

    カテゴリー:臨床ニュース 4月10日

    て同社は4月3日、「LDLコレステロール低下療法と心血管イベント抑制の最新研究」と題してメディアセミナーを開催。帝京大学臨床研究センターの寺本民生センター長と日本大学医学部内科学系循環器内科学分野の平山篤志主任教授が講演した。
  • ACS患者の前向き研究データを発表

    カテゴリー:臨床ニュース 4月7日

    委員長である、東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科教授の中村正人氏は、同日開催されたメディアセミナーで「脂質管理および目標レベルは、高リスク患者およびCHDの既往歴のある患者では最適ではない可能性
  • ポンペ病、筋ジスと誤診の可能性

    カテゴリー:臨床ニュース 4月5日

     4月15日の「国際ポンペ病の日」を前に、サノフィ株式会社はメディアセミナーを開催。「治療可能になった遺伝性筋疾患~糖原病II型(ポンぺ病)~」と題して国立精神・神経医療研究センター病院の埜中征哉名誉院長が講演した。
  • 二次性副甲状腺機能亢進症に注射剤登場

    カテゴリー:臨床ニュース 3月21日

    (R)」(一般名:エテルカルセチド塩酸塩)を発売した。これを受けて同社は3月14日、都内でプレスセミナーを開催。昭和大学医学部内科学講座 腎臓内科学部門の秋澤忠男客員教授が「透析患者の予後向上を目指し
  • 「出口を見据えた不眠治療」とは

    カテゴリー:臨床ニュース 3月17日

     3月17日の世界睡眠デー(日本では3月18日)を前に、武田薬品工業株式会社は3月9日、都内でメディアセミナーを開催。日本大学医学部精神医学系の内山真主任教授と、愛媛大学医学部附属病院睡眠医療センターの岡靖哲センター長が講演した。
  • 「立ち去り型サボタージュ」回避の方策を - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 3月13日

    す。大阪府の場合、周産期、救急、リハビリテーションという医師不足の3診療科の医師を増やすために、セミナー開催費用を支援したり、新生児の入院を受け入れた病院に補助を出すなどの形で使われています。補助金が
  • 結節性硬化症、新世代小児医療の使命

    カテゴリー:臨床ニュース 3月9日

     ノバルティスファーマ株式会社が希少・難治性疾患をテーマに開催している3回シリーズのメディアセミナー。最終回となる第3回が3月2日に都内で行われ、慶應義塾大学医学部小児科学教室の高橋孝雄主任教授が「新
  • 糖質制限とカロリー制限の誤解【時流◆糖質制限】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月7日

    摂取量を1食30g程度に抑えた群(ロカボ食群)で食後1時間の血糖値を比較しながら食品企業の社員にセミナーをするということを何回も実施してきました。  すると、ロカボ食群の食後血糖の平均値は120-13
  • SNS利用率、受容度に大きな世代格差

    カテゴリー:医療維新 3月3日

    情報に誤りがあると思った場合には私見を述べることもあるが、さほどは発信していない。自分が関係するセミナー・講演会、動画などは広報している。【50-64歳・歯科医師】 ・最近は、チラシ広告は作らず、SN
  • 「周期性発熱症候群」に治療薬登場

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

    の治療薬として適応追加となったことを受け、ノバルティスファーマ株式会社は2月20日、都内でプレスセミナーを開催。「発熱・炎症発作を繰り返す難病『周期性発熱症候群』を知る~発作の予防・コントロールが期待
  • HPV接種報道前に「海外学会行って」

    カテゴリー:臨床ニュース 2月2日

    明を出してきましたが、今後も日本産婦人科医会と共同で、医師向けに企業の後援なしでのHPVに関するセミナーを開催していく予定です。 ――HPVワクチンは、2013年から厚生労働省が「定期接種は可能だが、
  • 全医師粛清の地で医療支援に臨む

    カテゴリー:臨床ニュース 1月26日

     学術集会は既に10数回開催しているのですが、これまでは企業が運営費用を全て賄っており、演題は全てスポンサードセミナー。日本と違い、その内容も文字通り企業製品そのものの話がほとんどです。今回の国際支援で、初めて学会
  • 「肝性脳症」に新規治療薬登場

    カテゴリー:臨床ニュース 1月25日

    すか製薬株式会社は2017年1月18日、「知られざる『肝性脳症』の病態と最新治療」と題してプレスセミナーを開催。大阪市立大学大学院 医学研究科 肝胆膵病態内科学 教授の河田則文氏が講演した。  肝性脳
  • 緑内障治療に配合点眼液が与える影響

    カテゴリー:臨床ニュース 1月19日

    、ラタノプロスト)が1月11日に発売されたことを受け、大塚製薬株式会社が1月13日、都内でプレスセミナーを開催。「視野を失わないための緑内障治療の最前線」と題して、岐阜大学医学部眼科学教室教授の山本哲也氏が講演した。
  • プレゼン成功の早道は「後から調整」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月2日

    会の共催。司会・構成は同科准教授の福田洋氏が務める。ゼミは米ミシガン大学公衆衛生大学院の夏季疫学セミナーがモデル。http://sanpokai.umin.jp/clinicalepidemiology
  • 聞いてもらえるプレゼンの極意【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

     順天堂大学総合診療科の医師らが主催するセミナー「臨床疫学ゼミ」で、時折開催される「プレゼン塾」は、ひときわ高いプレゼン力を誇るゼミ生が獲得した極意を共有する場だ。プレゼンテーション直前対策シリーズ第
  • LDL起因心疾患の生産性損失額は1人47.5万円/年

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月28日

    246人を対象にウェブアンケートおよび文献検索による調査を実施。その結果を、11月21日に都内で開かれたメディアセミナーで発表した。  回答者の内訳は、健常人264人(健常者群)、心疾患を発症したことがない高コレステ
  • 中和剤で止血後の治療再開いつから

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月28日

    37例の内訳は消化管出血(62例)と頭蓋内出血(43例)が大多数を占めている(11月15日プレスセミナー配布の承認時評価資料)。 止血後の抗凝固療法はどうする?  「中和剤投与により止血を達成した後は
  • ネット購入ED薬、4割偽造

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

    検出されるもの、正規品には含まれない物質が含まれるものもあった。  11月24日に開かれたプレスセミナーで結果を解説した昭和大学藤が丘病院副院長の佐々木春明氏(泌尿器科教授)は、ネット購入したED治療
  • DOAC中和剤が初登場、どんな薬?

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

     世界初となるダビガトランの特異的中和剤イダルシズマブが国内で11月18日発売された。同15日に開催の同薬セミナーでの国立病院機構九州医療センター脳血管・神経内科科長の矢坂正弘氏による解説と追加取材、関連文献か
  • 「r<0.2の有意な相関」をどう伝える【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月22日

    会の共催。司会・構成は同科准教授の福田洋氏が務める。ゼミは米ミシガン大学公衆衛生大学院の夏季疫学セミナーがモデル。http://sanpokai.umin.jp/clinicalepidemiology
  • プレゼンで最も避けたい準備の仇【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月21日

     順天堂大学総合診療科の医師らが主宰する公開セミナー「臨床疫学ゼミ」からお送りするプレゼンテーション直前対策シリーズ第2弾は、同科大学院生の高橋雄一氏が第12回日本病院総合診療医学会で発表した内容のピ
  • 文献レビュー、効率よくまとめるコツ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月18日

    会の共催。司会・構成は同科准教授の福田洋氏が務める。ゼミは米ミシガン大学公衆衛生大学院の夏季疫学セミナーがモデル。http://sanpokai.umin.jp/clinicalepidemiology
  • プレゼン直前、押さえるべき「3の法則」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月16日

     m3.com「研修最前線」では、順天堂大学医学部総合診療科の医師らが主催する公開セミナー「臨床疫学ゼミ」をリポートする不定期連載を開始する。  最初にお送りするのはプレゼンテーション直前対策シリーズ
  • 糖尿病網膜症リスク、患者で知識不足

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月9日

     11月14日の世界糖尿病デーを前に、バイエル薬品株式会社はプレスセミナーを開催。山形大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座准教授の川崎良氏による講演が行われ、バイエルファーマAGが支援した国際調査結果
  • 尋常性乾癬で患者と医師の意識差大

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月26日

    し、「驚きを禁じ得ない」と監修した東京医科大学皮膚科教授の大久保ゆかり氏は、都内で行われたプレスセミナーで語った。「よりプライマリに近かったり、生物学的製剤承認施設が近くにない地域のコミュニケーション
  • 慢性腰痛患者3人に1人が退職願望

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月24日

    間で合意した治療目標を設定することの重要性が浮き彫りになった。  前日、両社主催で行われたプレスセミナーで講演した浜松医科大学整形外科教授の松山幸弘氏は「治療のゴールは患者個々人によって違う。慢性腰痛
  • NSCLC薬2剤のP2b直接比較結果が公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月4日

     ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社は9月26日、都内でメディアセミナーを開催。和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科 教授の山本信之氏と横浜市立大学 医学部 臨床統計学教室 教授の山中竹
  • VART撤回の経緯を説明、日本高血圧学会

    カテゴリー:医療維新 2016年9月25日

     日本高血圧学会は9月23日に開催したプレスセミナーで、同学会誌「Hypertension Research」に2010年に掲載された千葉大学のディオバン研究「VART Study」の主論文が撤回された経緯を説明した。
  • インスリン治療で医師と患者に認識差

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

    した横浜市立大学大学院医学研究科 分子内分泌・糖尿病内科学教授の寺内康夫氏を招き、都内でメディアセミナーを開催した。  患者の糖尿病に対する気持ちについて、「糖尿病による合併症は怖い」72.5%、「低血糖は起こしたくない」48
  • 救急医がクイズで伝える救急の醍醐味

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月28日

     初期研修医や医学生に救急医学の魅力を伝えるセミナーが7月16日、日本救急医学会の主催で開かれた。関東と近畿地方の2会場の同時開催で、北海道から九州、海外からも救急医学に関心を持つ若手が参加。「救急医 ドクターE
  • 進む保険者による予防・健康づくり、「日本健康会議2016」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月26日

     協会けんぽの取り組みは、(1)差額通知サービス、(2)後発医薬品希望シールの配布、(3)都道府県などと連携した後発医薬品に関するセミナーの開催、(4)都道府県が設置する後発医薬品安心使用促進協議会での意見発信――が柱。(1)の差額通
  • 「患者死亡」、教訓を生かす取り組み活発化

    カテゴリー:医療維新 2016年7月24日

     7月23日に都内で開催されたセミナー、「医療事故調査制度の手直し強化措置への対策 さらなる医療安全管理の向上を目指して」で、4施設の医療機関の取り組みが紹介され、2015年10月の医療事故調査制度の
  • CRPC薬「ゾーフィゴ」がもたらす変化

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月22日

    前立腺がんの骨転移治療におけるパラダイムシフト~新規治療薬がもたらす変化と期待~」と題したプレスセミナーを7月13日に開催。横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器・腎移植科 部長・教授の上村博司氏、近畿大学医学部放射線医学教室
  • “事故調”、報告や院内調査のバラツキ問題視

    カテゴリー:医療維新 2016年7月21日

    なかった。  (3)については、2015年度に続き、2016年度も複数のセミナーを予定している。うち一つが「支援団体統括セミナー」。各都道府県における医療事故調査を統括する指導者の養成が狙いで、都道府
  • 「日本の臨床研究は明治時代」、永井自治医大学長

    カテゴリー:医療維新 2016年7月18日

     臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)が7月16日に開催した夏季セミナーで、自治医科大学学長の永井良三氏は「日本の医薬品開発と臨床研究の課題」として講演。日本循環器学会代表理事を務めていた時期に対応に当たったKHS(Kyoto
  • LAL欠損症、新薬に高まる期待(2016/7/20訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月14日

    (LAL-D:Lysosomal Acid Lipase Deficiency)についてのプレスセミナーが開催された。  LAL-Dは、国内患者数数十人とされている超希少疾患。遺伝子変異によってライソ
  • ジカ小頭症「妊婦の不安に寄り添って」

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月10日

    ことが必要」とし、どの医療機関でも適切な対応と情報提供を行えるよう促している。  同医会のプレスセミナーで国立病院機構横浜医療センター病院長の平原史樹氏(同医会常務理事)が解説した内容によると、ジカウ