m3.com トップ>記事検索結果

「セミナー」の検索結果

  • プレゼン成功の早道は「後から調整」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月2日

    会の共催。司会・構成は同科准教授の福田洋氏が務める。ゼミは米ミシガン大学公衆衛生大学院の夏季疫学セミナーがモデル。http://sanpokai.umin.jp/clinicalepidemiology
  • 聞いてもらえるプレゼンの極意【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

     順天堂大学総合診療科の医師らが主催するセミナー「臨床疫学ゼミ」で、時折開催される「プレゼン塾」は、ひときわ高いプレゼン力を誇るゼミ生が獲得した極意を共有する場だ。プレゼンテーション直前対策シリーズ第
  • LDL起因心疾患の生産性損失額は1人47.5万円/年

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月28日

    246人を対象にウェブアンケートおよび文献検索による調査を実施。その結果を、11月21日に都内で開かれたメディアセミナーで発表した。  回答者の内訳は、健常人264人(健常者群)、心疾患を発症したことがない高コレステ
  • 中和剤で止血後の治療再開いつから

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月28日

    37例の内訳は消化管出血(62例)と頭蓋内出血(43例)が大多数を占めている(11月15日プレスセミナー配布の承認時評価資料)。 止血後の抗凝固療法はどうする?  「中和剤投与により止血を達成した後は
  • ネット購入ED薬、4割偽造

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

    検出されるもの、正規品には含まれない物質が含まれるものもあった。  11月24日に開かれたプレスセミナーで結果を解説した昭和大学藤が丘病院副院長の佐々木春明氏(泌尿器科教授)は、ネット購入したED治療
  • DOAC中和剤が初登場、どんな薬?

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

     世界初となるダビガトランの特異的中和剤イダルシズマブが国内で11月18日発売された。同15日に開催の同薬セミナーでの国立病院機構九州医療センター脳血管・神経内科科長の矢坂正弘氏による解説と追加取材、関連文献か
  • 「r<0.2の有意な相関」をどう伝える【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月22日

    会の共催。司会・構成は同科准教授の福田洋氏が務める。ゼミは米ミシガン大学公衆衛生大学院の夏季疫学セミナーがモデル。http://sanpokai.umin.jp/clinicalepidemiology
  • プレゼンで最も避けたい準備の仇【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月21日

     順天堂大学総合診療科の医師らが主宰する公開セミナー「臨床疫学ゼミ」からお送りするプレゼンテーション直前対策シリーズ第2弾は、同科大学院生の高橋雄一氏が第12回日本病院総合診療医学会で発表した内容のピ
  • 文献レビュー、効率よくまとめるコツ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月18日

    会の共催。司会・構成は同科准教授の福田洋氏が務める。ゼミは米ミシガン大学公衆衛生大学院の夏季疫学セミナーがモデル。http://sanpokai.umin.jp/clinicalepidemiology
  • プレゼン直前、押さえるべき「3の法則」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月16日

     m3.com「研修最前線」では、順天堂大学医学部総合診療科の医師らが主催する公開セミナー「臨床疫学ゼミ」をリポートする不定期連載を開始する。  最初にお送りするのはプレゼンテーション直前対策シリーズ
  • 糖尿病網膜症リスク、患者で知識不足

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月9日

     11月14日の世界糖尿病デーを前に、バイエル薬品株式会社はプレスセミナーを開催。山形大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座准教授の川崎良氏による講演が行われ、バイエルファーマAGが支援した国際調査結果
  • 尋常性乾癬で患者と医師の意識差大

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月26日

    し、「驚きを禁じ得ない」と監修した東京医科大学皮膚科教授の大久保ゆかり氏は、都内で行われたプレスセミナーで語った。「よりプライマリに近かったり、生物学的製剤承認施設が近くにない地域のコミュニケーション
  • 慢性腰痛患者3人に1人が退職願望

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月24日

    間で合意した治療目標を設定することの重要性が浮き彫りになった。  前日、両社主催で行われたプレスセミナーで講演した浜松医科大学整形外科教授の松山幸弘氏は「治療のゴールは患者個々人によって違う。慢性腰痛
  • NSCLC薬2剤のP2b直接比較結果が公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月4日

     ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社は9月26日、都内でメディアセミナーを開催。和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科 教授の山本信之氏と横浜市立大学 医学部 臨床統計学教室 教授の山中竹
  • VART撤回の経緯を説明、日本高血圧学会

    カテゴリー:医療維新 2016年9月25日

     日本高血圧学会は9月23日に開催したプレスセミナーで、同学会誌「Hypertension Research」に2010年に掲載された千葉大学のディオバン研究「VART Study」の主論文が撤回された経緯を説明した。
  • インスリン治療で医師と患者に認識差

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

    した横浜市立大学大学院医学研究科 分子内分泌・糖尿病内科学教授の寺内康夫氏を招き、都内でメディアセミナーを開催した。  患者の糖尿病に対する気持ちについて、「糖尿病による合併症は怖い」72.5%、「低血糖は起こしたくない」48
  • 救急医がクイズで伝える救急の醍醐味

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月28日

     初期研修医や医学生に救急医学の魅力を伝えるセミナーが7月16日、日本救急医学会の主催で開かれた。関東と近畿地方の2会場の同時開催で、北海道から九州、海外からも救急医学に関心を持つ若手が参加。「救急医 ドクターE
  • 進む保険者による予防・健康づくり、「日本健康会議2016」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月26日

     協会けんぽの取り組みは、(1)差額通知サービス、(2)後発医薬品希望シールの配布、(3)都道府県などと連携した後発医薬品に関するセミナーの開催、(4)都道府県が設置する後発医薬品安心使用促進協議会での意見発信――が柱。(1)の差額通
  • 「患者死亡」、教訓を生かす取り組み活発化

    カテゴリー:医療維新 2016年7月24日

     7月23日に都内で開催されたセミナー、「医療事故調査制度の手直し強化措置への対策 さらなる医療安全管理の向上を目指して」で、4施設の医療機関の取り組みが紹介され、2015年10月の医療事故調査制度の
  • CRPC薬「ゾーフィゴ」がもたらす変化

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月22日

    前立腺がんの骨転移治療におけるパラダイムシフト~新規治療薬がもたらす変化と期待~」と題したプレスセミナーを7月13日に開催。横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器・腎移植科 部長・教授の上村博司氏、近畿大学医学部放射線医学教室
  • “事故調”、報告や院内調査のバラツキ問題視

    カテゴリー:医療維新 2016年7月21日

    なかった。  (3)については、2015年度に続き、2016年度も複数のセミナーを予定している。うち一つが「支援団体統括セミナー」。各都道府県における医療事故調査を統括する指導者の養成が狙いで、都道府
  • 「日本の臨床研究は明治時代」、永井自治医大学長

    カテゴリー:医療維新 2016年7月18日

     臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)が7月16日に開催した夏季セミナーで、自治医科大学学長の永井良三氏は「日本の医薬品開発と臨床研究の課題」として講演。日本循環器学会代表理事を務めていた時期に対応に当たったKHS(Kyoto
  • LAL欠損症、新薬に高まる期待(2016/7/20訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月14日

    (LAL-D:Lysosomal Acid Lipase Deficiency)についてのプレスセミナーが開催された。  LAL-Dは、国内患者数数十人とされている超希少疾患。遺伝子変異によってライソ
  • ジカ小頭症「妊婦の不安に寄り添って」

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月10日

    ことが必要」とし、どの医療機関でも適切な対応と情報提供を行えるよう促している。  同医会のプレスセミナーで国立病院機構横浜医療センター病院長の平原史樹氏(同医会常務理事)が解説した内容によると、ジカウ
  • 卵巣腫瘍が起こす脳炎、分からない理由【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月26日

    26歳女性の頭痛と意識変容の原因は、卵巣にできた腫瘍による抗NMDA受容体抗体脳炎だった。順天堂大学医学部総合診療科の鈴木彰人氏が提示した症例を元に、若い女性に見られる傍腫瘍性の辺縁系脳炎について、研...
  • 薬が効かない髄膜炎、どう対応【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月24日

    髄液穿刺の結果、頭痛と意識変容を訴える26歳女性には髄膜炎の所見が認められた。しかし薬物治療では症状の改善が得られない。頭部CTやMRIを撮影しても症状を説明できるような所見はない。他に考えられる原因...
  • 転送3回、26歳女性の診断つかない頭痛【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月19日

    特に既往のない26歳女性が、7週前から持続する頭痛と意識変容を訴え出した。救急を繰り返し受診したのち、精神科を皮切りに3度の転送が行われるが診断がつかず、対応は困難を極める。順天堂大学医学部総合診療科...
  • 2カ月後に出たウシ型結核菌、原因は……【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月17日

    診断も治療も困難を極めた76歳男性の5週間続く発熱は、膀胱癌に対して日本でも汎用されるあの治療法が原因の播種性ウシ型結核菌(Mycobacteriumbovis)感染症だった。症例提示した順天堂大学医...
  • 「VART」主論文の「訂正」扱い、判断は8月に

    カテゴリー:医療維新 2016年5月15日

    られない」という意見もあったようだ。  5月14日に開催された第5回臨床高血圧フォーラムのプレスセミナーで、梅村敏理事長は「8月の理事会で判断することになる」と説明したまた、小室氏は、日本循環器学会の
  • 「比較的徐脈」ヒントの程度【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月12日

    76歳男性の5週間続く発熱は、あらゆる検査を行っても手掛かりが得られていない。比較的徐脈をヒントに感染症を鑑別に挙げてみるが、どこまで決め手となるヒントかについても考慮が必要だ。順天堂大学医学部総合診...
  • 5週続く発熱患者「QFT陰性だから」はNG【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月10日

    熱が5週間以上下がらない76歳男性が、入院後2度喀血した。何らかの呼吸器疾患が疑われるが、あらゆる検査を行っても決め手となる情報が得られない。順天堂大学医学部総合診療科の村井謙治氏が提示した症例を基に...
  • 男性化「画像で一発診断」できる場合【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月26日

    57歳女性の男性化は、鑑別の末、画像検査で一発診断がついた。研修医が多嚢胞性の卵巣症候群を鑑別の片隅に挙げた理由は何だったのか。順天堂大学医学部総合診療科の海渡翔氏が提示した症例を基に、研修医同士で知...
  • 北海道医療大学の学長、2016年4月に就任◆Vol.26

    カテゴリー:医療維新 2016年4月26日

     以前より知り合いであった北洋銀行の横内龍三頭取(現会長)から、銀行のCSR(社会貢献事業)として医療セミナーを行ってくれないかと依頼されました。会場として銀行の本店の大講堂を使用してよいということでした。
  • 閉経女性の男性化、まさかの原因【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月21日

    閉経後女性でテストステロンの増加を引き起こしている原因は腫瘍なのか、内分泌系の異常なのか。薬剤の影響や性転換といった「まさか」の可能性は隠れていないか。順天堂大学医学部総合診療科助手(大学院生)の海渡...
  • 「避難先での心・血栓疾患予防を」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月19日

    「発災2~3日ごろからイベント増加」  4月18日、東京都で開かれたメディア向けのセミナーに出席した九州大学循環病態制御学部門特任教授の砂川賢二氏と自治医科大学循環器内科学部門主任教授の苅尾七臣氏に、
  • 3年前から出現した男性化症状、原因は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月19日

    3年前から多毛や頭皮の脱毛、声の低下など男性化の症状が出現し、テストステロン高値が明らかになった57歳女性。テストステロン増加と言えば副腎腫瘍が思い浮かぶが、男性化を引き起こす疾患はそれだけだろうか。...
  • 熊本から患者111人受け入れ、「地域包括ケア」の発想

    カテゴリー:医療維新 2016年4月18日

    たのだ。姫野氏は承諾したが、状況が分からず、2、3日後のことだと思ったため、予定していた東京でのセミナー出席のため、福岡空港から羽田空港行きの飛行機に乗った。ところが羽田空港に到着した途端、永田氏から
  • 性生活、患者の話が真実と限らない【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月14日

    57歳HIV感染の男性の左鼠径部に生じた多数のリンパ節腫大の原因は梅毒だった。順天堂大学医学部総合診療科の鈴木清澄氏が提示した症例を基に、複雑な既往と疑問の多い生活歴を持つ患者への注意点を学ぶ。まとめ...
  • 小児性愛障害のRCTに資金募集

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月12日

    は今年から2018年にかけて行われる見通し。提供者には、額に応じて研究の進捗を報告するオンラインセミナーの視聴や担当研究者との質疑応答が可能になったり、ストックホルムでのディナーへの招待やオフィシャル
  • 生検「後の祭り」を避けるポイント【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月12日

    57歳HIV感染の男性が痛みを訴えた鼠径部には、CTで多数のリンパ節腫大が確認された。表在性病変ならば「次の一手」は生検となるが、その際に研修医が犯しやすい間違いは何か。順天堂大学医学部総合診療科の鈴...
  • 鼠径部に腫大を起こす外傷以外の原因【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月7日

    左鼠径部痛を訴えて救急受診したHIV感染の男性。消化器症状はなく、局在的なリンパ節の腫れを引き起こす疾患は何か。順天堂大学医学部総合診療科の鈴木清澄氏が提示した症例を基に、鑑別法「VINDICATE」...
  • “事故調”、「報告」と「予期」を生かせ - 長谷川剛・上尾中央総合病院院長補佐に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年4月6日

    を新たに定義したということになります。  その上、報告すべき医療事故の解釈が、各種ガイドラインやセミナーでの説明が異なることもあり、医療機関や支援団体などによって、同じ事例であっても「それは報告しなく
  • 患者が語る生活歴に残る疑問【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月5日

    10年前から鼠径ヘルニアのあるHIV患者が、左鼠径部の痛みを訴えて救急受診した。造影CTでは数珠状に連なった壊死性のリンパ節腫大が認められる。鼠径部に急な腫大を来たした原因は何なのか。順天堂大学医学部...
  • プログラムを相互乗り入れ、県全体で研修医を支援【福島編◆Vol.2】

    カテゴリー:医療維新 2016年3月27日

     他にも2015年度は、全国の有名医師を呼んだ温泉合宿を5回開催したり、症例検討会や腹部エコーや心エコーのスキルアップセミナーを開いたりするなど、全県的に研修医が学ぶ機会を提供している。指導医向けの講習会も年2回開催するな
  • こだわりの強い患者にどう対応するか【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月22日

    37歳男性の長引く血性下痢の原因は、潰瘍性大腸炎の増悪とサイトメガロウイルス腸炎の合併だった。順天堂大学総合診療科の森田芙路子氏が提示した症例から、サイトメガロウイルス腸炎合併の確定に必要な手順と、こ...
  • 診断に難渋すること多い血性下痢【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月17日

    潰瘍性大腸炎に対し、自ら家庭内糞便移植を行っていた37歳男性。長引く血性下痢の原因は既往疾患の増悪なのか、それとも他の原因があるのか。家庭内糞便移植は関係するのか。順天堂大学総合診療科の森田芙路子氏が...
  • 医師も知っておきたい鍼治療‐高山真・東北大学病院漢方内科准教授に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月16日

    、私が留学したドイツでは、約38万人の医師のうち約2万人が鍼治療の学会に参加し、200時間以上のセミナーや講習会、実習により知識と技術を得て学会認定を受け、日常診療に取り入れていました。 鍼治療は本当に効くのか
  • 家庭内糞便移植を告白したUC患者【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月15日

    潰瘍性大腸炎(UC)の既往があり、1カ月以上続く下痢と血便で入院してきた37歳男性。服薬や内視鏡は拒否され、対応に難渋していた最中、告白されたのは「家庭内糞便移植」を行っていた事実だった。順天堂大学総...
  • 「医療過誤か否かで、報告の要否判断」との誤解も

    カテゴリー:医療維新 2016年3月9日

    事故が起きたことは分かるが、深いところが書いていない」と、報告書内容の不十分さを指摘した。  「セミナーにより解釈が異なる」との指摘も  報告件数について、委員から幾つかの意見が上がった。  山口氏は
  • 「全部載せラーメン」の残念な結末【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月25日

    57歳男性で重症化した肺炎の原因はブラストマイコーシスだった。時すでに遅しで、治療の甲斐なく男性は死亡。順天堂大学医学部総合診療科の松田直人氏が解説したこの結末から、初期診療の適否にも議論が及ぶ。まと...