m3.com トップ>記事検索結果

「ゾシン」の検索結果

  • 感染症を疑うサイン、これだけは【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月12日

    。特に病棟で意識する必要があるのは緑膿菌ですね。これに応じた抗菌薬、βラクタマーゼ阻害薬配合剤のゾシンや第4世代セフェム系のマキシピームは研修医でも使う場面があると思います。  一方、市中感染が疑われ
  • 腹部救急疾患、これからの抗菌薬療法【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月7日

    しても嫌気性菌を狙わなくてはいけないとなると、安心して使える薬はメトロニダゾールになります。  ゾシン(TAZ/PIPC)は嫌気性菌にも非常に強い抗菌力を持っており、胆汁移行も非常にいい薬ですので、例
  • 消化管穿孔で使う抗菌薬、必要な要件【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月5日

    考えています。  それから急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライ2013から取ったものですが、重症にはゾシンやカルバペネムを推奨しています。中等症の詳細は表で確認していただければと思いますが、このままでだいたいよろしいのではないかと思います。
  • 抗菌薬療法は指針を遵守すべきか【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月31日

    PM(ドリペネム:商品名 フィニバックス)、TAZ/PIPC(タゾバクタム・ピペラシリン:商品 ゾシン)などの薬を使っていいと思います。  下部消化管穿孔ではカルバペネム、PAPM/BP、胆管炎も同様
  • ゾシンなどに重大副作用を追加

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月12日

     医薬品医療機器総合機構(PMDA)は1月12日、注射用の「タゾバクタム・ピペラシリン水和物」(商品名:ゾシンなど)の使用上の注意で、厚生労働省が重大な副作用に薬剤性過敏症症候群などの追記指示を出したと発表し