m3.com トップ>記事検索結果

「トルバプタン」の検索結果

  • 低Na血症が神経症状生じる機序解明

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年10月14日

    LTP発現を抑制している可能性が示された。  一方、低Na血症をバソプレシンV2受容体阻害薬のトルバプタンで補正すると、歩行や記憶が正常マウスと同等になったことから、藤沢氏らは「ヒトでの慢性低Na血症
  • サムスカに適正使用の注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年5月18日

     日本腎臓学会はこのほど、利尿薬「トルバプタン(商品名サムスカ錠7.5mg、15mg)」の効能効果追加を受け、製造販売元の大塚製薬による適正使用の注意喚起を発した。いずれの剤形も2014年3月に一定条
  • 新薬14成分、22品目の薬価を了承

    カテゴリー:医療維新 2014年5月14日

    制限ルールの対象外となった。いずれも既収載医薬品の配合薬であるからだ。  今回承認された中で、トルバプタン(販売名サムスカ錠)の薬価を高すぎると批判したのは、日本医師会常任理事の鈴木邦彦氏。同薬の効能
  • ADPKDにサムスカ適応で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年4月1日

     日本腎臓学会は3月26日、トルバプタン(商品名サムスカ)が常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)の進行抑制に対して適応を得たことを受け、学会員に向け注意喚起を行った。厚生労働省や販売元の大塚製薬が作
  • サムスカ使用に学会緊急声明

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年10月23日

     日本循環器学会の学術委員会は10月21日、バソプレシンV2受容体拮抗薬のトルバプタン(商品名サムスカ)の適正使用を求める緊急声明を発表した。トルバプタンは利尿薬の第一選択とはせず、他の利尿薬で効果が不十分な場合や
  • ADPKDの新薬、費用対効果低い

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年9月19日

    )患者へのトルバプタンの長期転帰と費用対効果を決定分析モデルで検討。トルバプタン投与患者は非投与患者に比べ、末期腎疾患発症年齢中央値が6.5歳高く、平均余命が2.6年延長した。トルバプタンは標準治療に
  • サムスカ、肝障害で学会注意

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年7月29日

     日本腎臓学会は7月26日、バソプレシンV2受容体拮抗薬トルバプタン(商品名サムスカ錠)で重篤な肝機能障害を起こした患者が複数報告されたことを受け、投与後2週間は頻回に肝機能検査を行うよう求める声明を発表した。
  • 「IFNでアフタ性胃炎」に潰瘍薬 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月13日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • HCV-HBV併用療法で癌2割減 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月13日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • 「オカルトHBV」C型肝炎癌増 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月12日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • HBsAg定量測定の時代に 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月11日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • 慢性肝不全、急性増悪特徴あり 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月10日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • HBV癌化、血小板が鍵 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月10日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • 肝浮腫のトルバプタンに注目 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月7日

     肝性浮腫の治療薬として、水利尿薬であるトルバプタンの効果に対して、国際的な期待が集まっている。トルバプタンの「肝硬変における体液貯留」の適応症としての申請を行ったのは2012年7月に行った日本が初めて。Nature
  • 肝生検の代替にMRI、日本発 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月7日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月5日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • HCV治療「IFNフリーへ」 【時流◆肝炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年6月5日

    「HCVで脂肪肝」に手掛かり HCV治療「IFNフリーへ」 肝生検の代替にMRI、日本発 肝浮腫のトルバプタンに注目 「HCVで脂肪肝」に手掛かり 慢性肝不全、急性増悪特徴あり HBV癌化、血小板が鍵 HBsAg定量測定の時代に
  • トルバプタン副作用で注意発表

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年5月23日

     医薬品医療機器総合機構(PMDA)は5月23日、心不全患者の体液貯留を改善するために用いられる利尿薬トルバプタン(商品名サムスカ錠)に関する副作用情報を発表した。国内市販後に重篤な肝機能障害が26人で起きて
  • ADPKDのトルバプタン、腎障害抑制

    カテゴリー:海外ジャーナル 2012年11月8日

     常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)の患者1445人を対象に、トルバプタンの有効性をプラセボ対照第3相試験で検討(TEMPO3:4試験)。主要評価項目の3年間での総腎容積年間変化量はトルバプタン群で2.8%、プラセボ群で5.5%