m3.com トップ>記事検索結果

「ネキシウム」の検索結果

  • 中外の抗PD-L1抗体テセントリクなど7製品が即日発売

    カテゴリー:臨床ニュース 4月20日

    、再発卵巣がんの治療薬として承認取得した国内初のPARP阻害剤リムパーザ錠、小児用量を設定したネキシウム懸濁用顆粒分包(販売は第一三共)、気管支喘息に用いる抗体製剤ファンセラ皮下注の3製品が発売された。
  • 新薬15製品が薬価収載へ

    カテゴリー:臨床ニュース 4月13日

    を2成分組み合わせた配合剤となる。MSDとバイエル薬品は同剤の共同販売契約を締結している。 ▽ネキシウム懸濁用顆粒分包10mg、同懸濁用顆粒分包20mg(エソメプラゾールマグネシウム水和物、アストラゼネカ)
  • 新薬15成分22品目、薬価基準を承認

    カテゴリー:医療維新 4月11日

    ということになる。次回に向けての検討課題だ」と問題提起した。  日本医師会副会長の今村聡氏は、ネキシウム懸濁用顆粒分包(一般名エソメプラゾールマグネシウム水和物)について、市場規模予測8.6万人のうち
  • 「完全にぐったり」真武湯が適する患者像【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月30日

    に長時間の胸痛があり、救急搬送されたが、異常所見はなく帰宅となった。この時、エソメプラゾール(ネキシウム)が処方されたが、嘔気嘔吐のため自己中断。中止後、嘔気嘔吐は改善した。2週間後に東医研を受診した。
  • 真武湯が奏効する患者像とは【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月27日

    に長時間の胸痛があり、救急搬送されたが、異常所見はなく帰宅となった。この時、エソメプラゾール(ネキシウム)が処方されたが、嘔気嘔吐のため自己中断。中止後、嘔気嘔吐は改善した。2週間後に東医研を受診した。
  • 症状の劇的改善をもたらした漢方薬を選べ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月23日

    に長時間の胸痛があり、救急搬送されたが、異常所見はなく帰宅となった。この時、エソメプラゾール(ネキシウム)が処方されたが、嘔気嘔吐のため自己中断。中止後、嘔気嘔吐は改善した。2週間後に東医研を受診した。
  • 「横になっていたい」47歳女性、何を処方?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月20日

    に長時間の胸痛があり、救急搬送されたが、異常所見はなく帰宅となった。この時、エソメプラゾール(ネキシウム)が処方されたが、嘔気嘔吐のため自己中断。中止後、嘔気嘔吐は改善した。2週間後に東医研を受診した。
  • PPIのネキシウムに重大副作用

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月16日

     医薬品医療機器総合機構(PMDA)は2月16日、プロトンポンプ阻害薬(PPI)「エソメプラゾールマグネシウム水和物」(商品名:ネキシウム)の使用上の注意に対し、厚生労働省が重大な副作用の項に「横紋筋融解症」を追記するよう指示したと発
  • 長引く原因は治療か指導か【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年1月14日

    を行い、軽度の逆流性食道炎でプロトンポンプ阻害薬(PPI)が処方されたものの症状が改善されず、ネキシウムに変更されたけれども症状が持続するので、当院を受診されたとのことでした。よくよく患者さんの話に耳