m3.com トップ>記事検索結果

「ヒヤリハット」の検索結果

  • 国立国際医療研究センター、誤投与事故「10の疑問に回答」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年10月24日

    に記載、退院時サマリを医療安全管理室に提出する体制に変更した。 6.インシデント報告の推進  ヒヤリハットの事例報告は、月に400~500件。件数は、従来とは変わっていないが、医師からの報告が、以前は
  • 医療事故の原因究明できない日本

    カテゴリー:医療維新 2015年5月4日

     責任追及型にすれば、「悪いやつを懲らしめる」カタルシスは得られるが、問題そのものが隠蔽されて「なかったこと」にされたり(とくにヒヤリハット)、表面的な当事者だけが糾弾される蜥蜴の尻尾切りになる。けれども、一番大切な原因究明は曖昧なま
  • 「お任せします」の結果、医療訴訟◆Vol.9-2

    カテゴリー:医療維新 2014年11月12日

    できる看護師を、長期に雇用するのに苦労するし、経費も高くなる。患者の訴訟や問題は今までないが、ヒヤリハットは良くある。 ・外科医不在のトップ会談で、手術実施が決まり、手遅れの手術をやらされ、術後24時
  • 薬剤師の服薬管理、「推進」3割弱◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2014年5月8日

    ・もう少し、分かりやすい資料や、作用機序まで説明した情報提供が必要と思う。 ・薬剤に関わる医師の負担軽減、ヒヤリハット事例の軽減、医薬連携による治療効果の向上に寄与する施策を今後進めるべき。
  • 医師と他職種「業務拡大」の認識に差◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2013年4月30日

    指摘された」といった患者情報に関する意見もあった。  薬剤師と看護師に共通する意見としては、「ヒヤリハット事例の解析」「マニュアル作成に積極的に参加してくれた」等の意見があり、「お互いカバーし合っている存在」とした声もあった。
  • 消費者庁、現状では医療事故も調査

    カテゴリー:医療維新 2012年12月15日

    ム構築や運用には医療機関側に相応の負担がかかるため、その点は加味する必要があるとした。さらに、ヒヤリハットの再発防止には、全例報告システムは必要なく、一定数の事例が集まれば、そのパターンがおよそ分かってくるとした。
  • “モンスター機構”を許すな - 加納繁照・日本医療法人協会副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2012年11月30日

    ――安全管理については、日本医療機能評価機構が、医療事故やヒヤリハット事例の収集や分析を実施しています。  安全管理の面では、ヒヤリハット事例などの分析は大事だと考えています。これは日本医療機能評価
  • 看護師の特定行為、具体化に向けて検討開始◆Vol.28

    カテゴリー:医療維新 2012年1月25日

    が)患者への実害はなかった」ケースとしている。星氏は、「レベル1が、実害がなかった場合ならば、ヒヤリハットはレベルゼロということか。インシデントは発生しなかったが、安全な行為ではなかったという報告を期
  • 患者のクレーム対応、専門職種の配置を評価

    カテゴリー:医療維新 2011年12月8日

    (2)院内感染対策は入院基本料に含まれているが、感染防止対策チームの取り組み等は医療安全対策(ヒヤリハット対策)の一つとして加算として評価。 今後の方向性:(1)感染防止対策チームの取り組みの評価は医
  • 臨時国会への法案提出に向け「大綱案」作成 - 厚労省医療安全推進室長・佐原康之氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2008年6月17日

     今、評価機構が実施している事業は引き続き必要なのだと思います。評価機構では、死亡事故に限らず、後遺障害が残った事例、ヒヤリハット事例なども集めています。しかし、個々の事例について第三者が出向き、詳細に調査をすることはしませ