m3.com トップ>記事検索結果

「プロポフォール」の検索結果

  • “技量ない”看護師の穿刺でCRPS発症か - 静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 5月23日

    はない。 エ 過失4(本件手術を中止しなかった過失)について 【女性の主張】  麻酔薬であるプロポフォールには神経毒性があり、血管外に漏出した場合に局所疼痛、腫脹、血腫および組織壊死が報告されているこ
  • 鎮静剤は回路への吸着を考慮する【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月28日

    。あくまでも案ですが、ECMO導入時にはオピオイドであるモルヒネとミタゾラムを併用し、そこにプロポフォールをプラスするかどうかを考えていきます。ECMO導入後は、早期に気管切開を行うことで、ミダゾラム
  • 術後管理を問題視、麻酔科医ら4人を提訴

    カテゴリー:医療維新 2月14日

     小児の人工呼吸器管理時の鎮静には禁忌のプロポフォール投与後、2014年2月に2歳10カ月の男児が死亡した「東京女子医大事件」で、男児の両親は2月14日、女子医大病院の中央集中治療部に当時所属していた
  • 元女子医大医師2人を提訴、1億5000万円請求 - 貞友義典・遺族代理人弁護士に聞く

    カテゴリー:医療維新 1月14日

     小児の人工呼吸器管理時の鎮静には禁忌のプロポフォール投与後、2014年2月に2歳10カ月の男児が死亡した「東京女子医大事件」。同大学病院は、医療安全管理体制などが問題視され、2015年6月から特定機
  • 予定帝切前の補水に「不利益なし」【JSA2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月7日

    ロール群:78例)との後ろ向き比較を行った。麻酔は硬膜外併用脊髄くも膜下麻酔とし、児娩出後はプロポフォールによる鎮静を全例に行った。使用輸液はヘスパンダー(コントロール群)およびボルベン(介入群)に限
  • 卵巣腫瘍が起こす脳炎、分からない理由【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月26日

    痰培養に有意な所見はなし。入院14日目に脳MRIを撮影するも異常なし。鎮静のためロラゼパムとプロポフォールが投与された。入院21日目までに、培養を行っていた6セット中4セットからコアグラーゼ陰性スタフ
  • 薬が効かない髄膜炎、どう対応【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月24日

    痰培養に有意な所見はなし。入院14日目に脳MRIを撮影するも異常なし。鎮静のためロラゼパムとプロポフォールが投与された。入院21日目までに、培養を行っていた6セット中4セットからコアグラーゼ陰性スタフ
  • 転送3回、26歳女性の診断つかない頭痛【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月19日

    痰培養に有意な所見はなし。入院14日目に脳MRIを撮影するも異常なし。鎮静のためロラゼパムとプロポフォールが投与された。入院21日目までに、培養を行っていた6セット中4セットからコアグラーゼ陰性スタフ
  • 麻酔指針の小児プロポフォール項目改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月22日

     日本麻酔科学会はこのほど、「麻酔薬および麻酔関連薬使用ガイドライン第3版」の小児麻酔薬の章でプロポフォールに関する記載を改訂し、学会ホームページで公開した。副作用に関するプロポフォール注入症候群(PRIS)など、注意点や薬理作用、適応、使
  • 「全部載せラーメン」の残念な結末【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月25日

    が少数認められた。  治療ではメチルプレドニゾロン、メロペネム、フェンタニル、バソプレシン、プロポフォールが継続されたが、イミペネムは中止された。痰グラム染色では多核白血球が少量認められたが、細菌は特
  • 使った薬が効かない感染症を挙げよ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月23日

    が少数認められた。  治療ではメチルプレドニゾロン、メロペネム、フェンタニル、バソプレシン、プロポフォールが継続されたが、イミペネムは中止された。痰グラム染色では多核白血球が少量認められたが、細菌は特
  • 抗菌薬の「全部載せラーメン」に学ぶ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月18日

    が少数認められた。  治療ではメチルプレドニゾロン、メロペネム、フェンタニル、バソプレシン、プロポフォールが継続されたが、イミペネムは中止された。痰グラム染色では多核白血球が少量認められたが、細菌は特
  • 1位はあの大学の問題、2015年の10大ニュース◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2015年12月27日

    研究姿勢や、美術や科学技術振興への積極的な支援も注目された。  4位は東京女子医科大学病院のプロポフォール投与事件。4月に外部調査委員会による事故調査報告書が公表された(『「死因は禁忌薬の使用」、女子
  • “事故調”、「非識別化」に要注意

    カテゴリー:医療維新 2015年8月24日

    。  「真実解明の名の下に行われる自白の強要・拷問は許されない」とし、東京女子医科大学病院のプロポフォール投与事故(『「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委』を参照)など、最近の医療事故調査では、こ
  • 「事故の報告対象」「報告書」に質問集中

    カテゴリー:医療維新 2015年7月19日

    とはなっていない。当事者の黙秘の下で行われる調査が、成立するのかということだ。  例えば、(プロポフォール投与事故の)東京女子医科大学の調査に関わったが、確かにヒアリングの過程で、「それは覚えていない
  • 「新たな被害者を作るな」、事故調査に警鐘

    カテゴリー:医療維新 2015年5月18日

     しかしながら、国立国際医療研究センター病院のほか、群馬大学の腹腔鏡事故、東京女子医科大学のプロポフォール投与事故など、昨今発生した事例を挙げながら、事故対応は依然として個人の責任追及型から変わっていないと問題視した。
  • 「女子医大の特定機能病院の承認取消、通過点にすぎず」

    カテゴリー:医療維新 2015年5月1日

    ことを世の中に知ってもらいたい。これは通過点で、いったい何が行われていたのか、なぜ異常な量のプロポフォールが投与されたのかは、全く明らかになっていない。この点をどうしても解明したいが、まだ時間がかかるだろう」(男児の父親)
  • 女子医大と群馬大、「取消相当という厳しい判断」

    カテゴリー:医療維新 2015年4月30日

    真摯に受け止め、信頼回復に努めたい」と話した。  女子医大病院の承認取消は、2014年2月のプロポフォール投与事故で、2歳10カ月の男児が死亡したのがきっかけ(『「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者
  • 東京女子医大プロポフォール投与事件

    カテゴリー:医療維新 2015年4月29日

     4月27日、東京女子医科大学病院が、いわゆる「プロポフォール投与事件」の外部調査委員会による事故調査報告書を、同病院のホームページ上で公表した(『「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委 』を参照)。
  • 「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委

    カテゴリー:医療維新 2015年4月27日

     東京女子医科大学病院は4月27日、2014年2月のプロポフォール投与事故について、「プロポフォール注入症候群が直接死因とするのが妥当」とする、第三者委員会による調査報告書を公表した(資料は、同病院の
  • 「刑事事件は激減する」、根拠なし

    カテゴリー:医療維新 2015年3月9日

    、引き続き議論していくことを求めている。  緊急声明は、2014年2月に起きた東京女子医大のプロポフォール投与事故で、医療事故調査報告書を捜査機関に提出したという、今年2月の報道を受けたもの。同声明で
  • 東京女子医大幹部から安全管理体制聴取

    カテゴリー:医療維新 2015年2月24日

    後の進め方などの方針を決める予定。  女子医大病院は、2014年2月、小児の鎮静用には禁忌のプロポフォール投与の大量投与で男児が死亡するなど、医療安全管理体制が問題視されており、2月19日には遺族が東
  • 女子医大の医師ら5人、遺族が傷害致死罪で告訴

    カテゴリー:医療維新 2015年2月19日

     東京女子医科大学病院の昨年2月のプロポフォール投与事故で、2歳10カ月の男児を亡くした遺族は2月19日、厚生労働省内で記者会見を開き、同大学の麻酔科医ら5人を傷害致死罪で、刑事告訴したことを明らかに
  • 「法は不可能を強いてはいけない」◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2015年2月11日

    その受けた精神的なダメージは大きかった。だから全然変わっていないのです。 ――東京女子医大のプロポフォール投与事件も、(2014年の)春から警察が入っています(『禁忌薬の投与事故、女子医大が謝罪会見』を参照)。
  • 女子医大と群馬大、特定機能病院取消を審議

    カテゴリー:医療維新 2015年2月4日

    年間に、15歳未満の63例に鎮静剤「プロポフォール」を投与し、うち11例は、ICU内もしくはICU退室後30日以内に死亡した。2014年12月には、プロポフォール注入症候群(PRIS)が直接関与した死
  • 女子医大被害者連絡会、「特定機能病院の承認取消を」

    カテゴリー:医療維新 2015年1月29日

    院の特定機能病院の承認取り消し処分を求める要望書を提出した。その理由として、2014年2月のプロポフォール投与事故で明るみになった、医療安全管理体制と診療録記載の不備などを挙げており、要望書では、「女
  • ノバ社やSTAP研究不正抑えた今年の1番のニュース◆Vol.5-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月24日

    世界初のiPS細胞の移植手術実施、理研の高橋政代氏ら(9月) 医師ら10人の被害届提出、女子医大プロポフォール事故(5月) 20 ノバ社、SIGN研究など5件でMRの不適切関与(5月) 世界初のiPS細胞
  • 「禁忌の認識、欠如」、女子医大の鎮静剤事故

    カテゴリー:医療維新 2014年12月18日

    き、小児の人工呼吸中の鎮静用には禁忌のプロポフォール投与後に死亡した事例に関する、外部評価委員会の検証結果報告書を公表した。投与後の死亡例のうち、プロポフォール注入症候群(PRIS)が直接関与した死亡
  • 「女性教授、2020年までに3割」、東京女子医大

    カテゴリー:医療維新 2014年12月14日

    の推進についても、「再生に向けた行動計画」を盛り込んでいる。  女子医大は、2014年2月のプロポフォール投与事故を機に学内の内紛が顕在化、前学長の笠貫宏氏や、前医学部長の高桑雄一氏が解任されるなどの
  • ESDのオーバーチューブ、吸引数減

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年12月11日

    8人のデータを基に、オーバーチューブの術中使用の有無による各種転帰への影響を評価。手術時間、プロポフォール用量、完全切除率などに群間差はなかったが、切除標本サイズや剥離速度などに群間差が見られた。使用
  • 院長交代も、医学部長解任の裁判開始、女子医大

    カテゴリー:医療維新 2014年12月9日

    、大学側は請求棄却を求め、次回以降に具体的な反論をする予定だという。  女子医大は今年2月のプロポフォール投与事故を機に、学内の内紛が顕在化した(『女子医大の理事長ら、全幹部の退陣を要求』などを参照)
  • 謝罪要求、遺族が女子医大麻酔科教授に

    カテゴリー:医療維新 2014年10月30日

     東京女子医科大学病院のプロポフォール投与事故で死亡した男児の遺族は10月30日、同大の麻酔科主任教授の尾崎眞氏宛てに、「謝罪要求」を提出した。集中治療部を担う麻酔科全体として責任を負うのは当然として
  • 「女子医大、重大な危機にある」

    カテゴリー:医療維新 2014年9月18日

    。  今回、第三者評価委員会を設置したのは、大学のガバナンスを問題視する声が内部から起こり、プロポフォール投与事故を機に顕在化、学長の笠貫宏氏、医学部長の高桑雄一氏が解任される事態に至ったのがきっかけ
  • 医学部長の解任、納得できず - 高桑雄一・女子医大教授に聞く

    カテゴリー:医療維新 2014年9月9日

    し、学校法人と医学部の混乱を招いたことです。その1カ月前の6月5日、私は2人の教授とともに、プロポフォール投与事故に関連して、厚生労働省で記者会見しています。この事故で亡くなった男の子とご遺族の個人情
  • 試験デザインへのレビューの影響少

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年9月3日

     メタ解析の無駄な研究(redundant research)の抑制効果を、プロポフォール注射の疼痛緩和に関する無作為化試験のシステマティックレビューとメタ解析の結果から検討。72.8%でシステマティ
  • 女子医大、学長に続き医学部長も解任

    カテゴリー:医療維新 2014年8月25日

     笠貫氏と高桑氏の解任に発展したのは、今年2月のプロポフォール投与事故を機に、女子医大の内紛が顕在化したことがきっかけ。  高桑氏は6月5日、プロポフォール投与事故の担当科である耳鼻咽喉科教授の吉原俊雄
  • 女子医大、秘密漏示罪で刑事告発

    カテゴリー:医療維新 2014年8月20日

     東京女子医科大学は8月19日、同大で今年2月に起きたプロポフォール投与事故で、被疑者不詳のまま、刑法第134条に定める秘密漏示罪で牛込警察署に刑事告発した(資料は、女子医大のホームページに掲載)。遺
  • 「禁忌」の定義、厚労省とPMDAで違うのか

    カテゴリー:医療維新 2014年8月1日

     東京女子医科大学病院のプロポフォール投与事故の遺族は8月1日、厚生労働省に対し、小児の集中治療における人工呼吸中の鎮静目的でのプロポフォール使用に関する質問書を提出した。同様の内容で質問するのは、7月15日に続き二度目だ。
  • 厚労省、プロポフォールで見解

    カテゴリー:医療維新 2014年7月31日

     厚生労働省は、東京女子医科大学病院のプロポフォール投与事故の遺族に対し、小児の集中治療における人工呼吸中の鎮静目的でのプロポフォール使用に関する見解を示した。  「禁忌であるため、投与すべきではない
  • 「女子医大、特定機能病院の承認取消を」

    カテゴリー:医療維新 2014年7月19日

    、今年2月の同病院における麻酔薬プロポフォールの投与事故で死亡した2歳10カ月の男児の両親も入っている。  要望書では、同事故で、小児の鎮静用には禁忌のプロポフォールが投与されたこと自体のほか、容態悪
  • 厚労大臣の見解、「到底理解し難い」

    カテゴリー:医療維新 2014年7月16日

     東京女子医科大学病院のプロポフォール投与事故で7月15日、遺族は田村憲久厚生労働大臣と同省の医薬食品局長宛てに、質問状を提出した。  同日付の大臣会見について、「女子医大病院と日本集中治療医学会の違
  • 小児鎮静時のプロポフォール、約2割で使用

    カテゴリー:医療維新 2014年7月14日

     日本集中治療医学会は7月14日、小児の人工呼吸中の鎮静におけるプロポフォール投与の実態調査結果を公表、同学会の専門医研修認定施設の約2割で使用している現状が明らかになった。PICU(小児集中治療室)
  • 遺族が再び撤回要求、女子医大の2回目中間報告

    カテゴリー:医療維新 2014年7月12日

     東京女子医科大学病院で、小児の鎮静用には禁忌とされるプロポフォール投与後に、2歳10カ月の男児が死亡した事故で7月11日、遺族は6月30日付の中間報告書の撤回を要求する文書を同病院に提出した。男児の
  • 女子医大学長の解任、理事会で決議

    カテゴリー:医療維新 2014年7月7日

    決議した。大学のガバナンスや正常な運営を阻害する無責任な言動を繰り返したことのほか、小児へのプロポフォール投与事故で、高桑医学部長が社会に公開することを容認、自らも患者個人情報を不適切に使用したことな
  • 「パンドラの箱を開けた」、女子医大学長

    カテゴリー:医療維新 2014年7月5日

     笠貫学長は否定するものの、内部紛争と言える形で一連の問題が顕在化したのは、今年2月の小児へのプロポフォール投与事故がきっかけだ。4日の会見で、笠貫学長は、一般論としての医療事故対応の在り方を述べたり、
  • 女子医大の学長解任、臨時理事会で決議か

    カテゴリー:医療維新 2014年7月3日

    事長ら、退陣せず、臨時理事会で決議』を参照)。  麻酔薬投与事故とは、小児の鎮静用には禁忌のプロポフォール投与後、今年2月に2歳10カ月の男児が死亡した医療事故。大学は、男児の両親にメディアから連絡が
  • 女子医大、医療事故の患者情報漏えいで調査

    カテゴリー:医療維新 2014年6月24日

    した。理事で永井厚志統括病院長が中心となり、進める。  本医療事故は、小児の鎮静用には禁忌のプロポフォールが投与され、2歳10カ月の男児が死亡した事故(『禁忌薬の投与事故、女子医大が謝罪会見』を参照)
  • 女子医大理事長ら、退陣せず、臨時理事会で決議

    カテゴリー:医療維新 2014年6月16日

    ら、今後の対応を検討していくという。  禁忌薬投与事件とは、今年2月、小児の鎮静用には禁忌のプロポフォール投与後、男児が死亡した事故。笠貫学長の記者会見と同じ6月12日に、吉岡理事長や病院長らが経過説
  • 1
  • 2