m3.com トップ>記事検索結果

「リネゾリド」の検索結果

  • リネゾリド後発品に適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 6月9日

     日本化学療法学会は6月5日、抗菌薬リネゾリド(LZD)の後発品発売会社に新規参入があったことを受け、同薬後発品の適正使用に関する依頼文を学会ホームページに掲載した。先発品はメチシリン耐性黄色ブドウ球
  • 人工関節MRSA感染にリファンピシン併用が有効

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月2日

    デルで、経口または静注の各種抗菌薬単剤療法と、経口リファンピシンとの併用療法の効果を検討。経口リネゾリド、および検討した全ての静注抗菌薬において、経口リファンピシンとの併用療法はMRSAを消退させ、P
  • 劇症型GAS、免疫グロブリンは有効か【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月18日

    うstreptococcal pyrogenic exotoxins(SPE)が低下しており、リネゾリドにもanti-toxin効果があると言われています。 劇症型A群溶連菌感染症でもクリンダマイシンで生存増加
  • 帝切2日後の下痢と血圧低下、診断は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月27日

    ニダゾール経口剤も併用したのですが、あまり改善は見られませんでした。最終的にはケースレポートでリネゾリドが効いたという報告から、LZDを使用したところ、経過としては改善していきました。  合計治療期間
  • リネゾリド製剤に適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月22日

     日本感染症学会と日本化学療法学会、日本臨床微生物学会合同リネゾリド適正使用推進委員会はこのほど、オキサゾリジノン系合成抗菌薬「リネゾリド(LZD)」の適正使用依頼を発出した。2015年にバンコマイシ
  • リネゾリド後発品に適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年7月30日

     日本感染症学会など3学会は7月27日、2015年6月に発売されたバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症治療薬の後発品「リネゾリド注射液(商品名リネゾリド点滴静注液600mg「明治」)について、適正使用を呼びかけるリーフレットを公表した。
  • 新規抗菌薬、皮膚感染症に週1で効果

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年6月11日

    1/2試験)。主要評価項目の初期臨床反応はdalbavancin群79.7%、バンコマイシン静注-経口リネゾリド群79.8%に見られ、dalbavancinの非劣性が示された。
  • MRSA皮膚新薬に注目 【米国救急医学会ACEP】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年2月21日

    感染症を含む皮膚および皮膚組織の急性合併感染症の治療に関し、テジゾリド(Tedizolid)のリネゾリド(商品名ザイボックス)に対する非劣性が明らかになったことを紹介した。JAMAの2月13日号に掲載された結果だ。
  • 皮膚感染の新薬、リネゾリドと同等

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年2月15日

    。早期(投与48-72時間)の治療有効率はtedizolid phosphate群79.5%、リネゾリド群79.4%だった。
  • 薬剤耐性結核の対応や診療体制を提言

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年6月15日

    日本結核病学会は、同学会の治療委員会、社会保険委員会、抗酸菌検査法検討委員会による「薬剤耐性結核の医療に関する提言」(学会誌「結核」2011年5月号掲載論文)をホームページで公開している。薬剤耐性結核...