m3.com トップ>記事検索結果

「一般名処方」の検索結果

  • 後発薬処方で「適応外」、その責任は?

    カテゴリー:医療維新 2016年10月30日

    いる医師が多いことも事実ではあるが、患者のカルテを見ずに判断するほど、薬剤師の力量はない。 【一般名処方】 ◆勤務医 ・医師が薬剤を名指しできない制度は、医師は患者の治療に対し責任を負う義務があるにも
  • 「保険医の定数設定」なども可能に、国・県の権限強化を

    カテゴリー:医療維新 2016年10月28日

    護受給者)と医療機関の双方に、モラルハザードが生じやすい」と指摘。  後発医薬品については、「一般名処方が行われた医薬品で、後発医薬品を調剤しなかった理由」として、「患者の意向」が67.2%を占め、最
  • 中川日医副会長、「医師の処方権と薬剤師の調剤権、全く違う」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月19日

    中川氏)。  幸野氏は、(1)処方せんに、「後発医薬品への変更不可欄」があるのは問題で、医師は一般名処方をし、薬の選択は薬剤師が行うべき、(2)残薬を確認した場合には、医師に疑義照会せずに、薬剤師自ら
  • 後発薬普及に向け「薬剤費削減効果の推計を」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月27日

    求める意見が出たものの、厚労省からは具体的な回答は得られなかった。後発医薬品の使用促進に向け、一般名処方を進めるべきとの提案も出た。  健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、後発医薬品を使用しない理由
  • 「後発品70%以上」、処方料3点加算

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    」が4点、60%以上の「加算2」が3点だ。院外処方の場合には、一般名処方促進に向け、「後発医薬品が存在する全ての医薬品について一般名処方」した場合を高評価とする。 【2016年度診療報酬改定◆後発医薬品の使用促進の主要改定項目】
  • 後発薬、診療所の「院内処方」を評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    でも後発医薬品の使用率に応じて加算を設けるほか、院外処方の場合に後発医薬品がある全ての医薬品を一般名処方した場合の加算を手厚くする方針を了承した(厚生労働省のホームページ)。そのほか、入院料の加算であ
  • 後発品の「変更不可」、理由も記載?

    カテゴリー:医療維新 2015年11月6日

    品の使用促進に向けて議論した(資料は、厚生労働省のホームページ)。  厚労省は、論点として、「一般名処方加算の見直し」「後発医薬品を銘柄指定し、変更不可の場合には、その理由を処方せんに記載」「院内処方
  • ジェネリック医薬品「義務化すべき」「もっと情報提供を」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月22日

    られる。 ・安定供給を切に願います。 ・もっと品質を抜き打ちで調査するなど厳しくすべきだ。 ・一般名処方をしているが、調剤薬局で薬価差益が大きい高額なジェネリック変えられてしまう。 ・品質を保証する制度がなんらかの形で必要と思います。
  • 後発品の銘柄指定が4割強、「異常事態」か?

    カテゴリー:医療維新 2015年10月7日

    になる」と「変更不可」の処方せんの多さを問題視。その上で、「一般名処方を推奨したいと思うが、残念ながらまだ18%くらい。中医協で一般名処方をどのように促進していくべきかという観点から議論していくべきではないか」と提案した。
  • 「後発品メーカー、多すぎる」、流通効率化必要

    カテゴリー:医療維新 2015年9月30日

     後発医薬品の使用促進については、日本医薬品卸売業連合会は、流通・在庫管理の効率化の観点から、「一般名処方の推進」を求めたのに対し、診療側は、医師は後発医薬品であっても銘柄を考え、処方している現実がある
  • 後発品の医療費削減効果は不明、羽鳥常任理事

    カテゴリー:医療維新 2015年4月1日

    6%までに増え、数量ベースでは51.2%となっている点に言及。2014年度の中医協の調査では、一般名処方の医薬品のうち、後発医薬品が選択されたのは、数量ベースで前年度59.6%から、70.8%に増加していることを紹介した。
  • 「生活改善で現金給付」、保険者も支持せず

    カテゴリー:医療維新 2014年10月16日

    医薬品の銘柄を記載し、それが変更不可になっている処方せんがあることから、「対応に苦慮するので、一般名処方を普及してもらいたい」と求めた。  「平均在院日数の削減、医療者も努力」  医療費適正化計画につ
  • 後発薬、品質保証なくして普及なし

    カテゴリー:医療維新 2014年6月25日

    」となっている先発医薬品の処方せんは、前回調査よりも8.3ポイント増の34.5%に上った。また一般名処方の場合でも、後発医薬品を調剤する割合は約6割にとどまるほか、積極的に後発医薬品の調剤に取り組まない保険薬局も見られた。
  • 「基本は一般名処方せず」が半数◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2014年4月30日

    Q.11 外来診療における一般名処方の方針は、どれですか?  Q11では、医療費抑制策の一環として、一般名処方が推進されているのを受けて、「外来診療における一般名処方の方針」を聞いた。最も多かったのは、「基本的に一般名処方はしない」が48
  • 医薬分業「患者負担増」懸念が7割超◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年4月17日

    る人、実施していない人、ともに変わらなかった。  「後発医薬品の利用率」は38.5%。厚労省は一般名処方で、後発医薬品の利用率を引き上げる方針だが、医薬分業による推進に肯定的に捉える医師は多くはなかった。「メリットはない」は13
  • 患者の服薬情報、レセデータから一元化

    カテゴリー:医療維新 2014年4月16日

    「地域包括診療料」の要件の一つである、主治医による服薬管理が容易になる。また、医薬分業では、「一般名処方」や「後発医薬品への変更可」の処方せんが一般的になっている。調剤薬局で実際にどんな後発医薬品を処
  • 「若干でもプラス改定になったのは残念」

    カテゴリー:医療維新 2014年1月25日

    」が認識されたとし、お薬手帳の重要性のほか、病棟薬剤師業務の評価、後発医薬品の使用促進に向けた一般名処方の推進などを求める意見が出た。 壇上には、公益委員を中心に、会場から見て左側に診療側委員、右側に支払側委員が着席。
  • 生活保護受給者の薬が危うい

    カテゴリー:医療維新 2014年1月9日

     そして、平成25年5月末、さらなる後発医薬品使用促進を企図した保護課長通知が出された。そこで示された運用は、処方医が一般名処方の場合、先発医薬品処方であっても後発医薬品への変更不可としていない場合は、原則として、後発医薬品
  • 「高すぎる調剤報酬」、日医委員から批判相次ぐ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月4日

    理」と問題視。  入院では、後発医薬品使用体制加算が2012年度改定で新設されたが、外来では、一般名処方をした場合の処方せん料の加算(2点)があるのみ。「医薬分業などを進めるために、インセンティブ的に
  • 一般名処方、後発医薬品選択は6割強

    カテゴリー:医療維新 2013年10月9日

    別調査報告を取りまとめた(資料は、厚労省のホームページに掲載)。後発医薬品の使用促進を目指した一般名処方加算などで、後発医薬品の使用が進んでいる実態が明らかになった。  調査に回答した404の薬局で取
  • 『ハリー・ポッター』に見る日英の社会保障格差

    カテゴリー:医療維新 2013年9月9日

    窓口で申請受付を拒む水際作戦が問題であり、再提出に当協会は反対する。すでに、保護費削減のために一般名処方を行っている場合などでは「後発医薬品を原則として使用することとする」通知を出すなどの動きも強められている。
  • 一般名処方、診療所医師の56.5%が経験

    カテゴリー:医療維新 2013年2月28日

    4%が「2012年4月以降、一般名処方による処方せん発行の経験あり」と回答、2012年度診療報酬改定で「一般名処方加算」(処方せん交付1回に付き2点加算)が新設され、一般名処方が普及している実態が明らか
  • 初再診料、「外来」の機能の整理必要 - 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2012年10月24日

    。後発医薬品についても、推進はしていますが、目標の使用率30%にはまだ達していません。今改定で一般名処方などの手を打ってきており、それによりどう変化しているかを見ながら検討していきます。後発医薬品につ
  • 一般名処方導入の影響、次回検討を

    カテゴリー:医療維新 2012年9月20日

    に導入された「一般名処方加算」の影響を検証すべきとの意見が、一部の委員から上がった。  一般名処方加算は、医師が一般名による記載を含む処方せんを交付した場合に適用される点数。一般名処方に基づき、患者と
  • 院外処方診療所、6割が「一般名処方加算」

    カテゴリー:医療維新 2012年8月1日

     日本医師会が実施した2012年度診療報酬改定に関する調査結果によると、今改定で新設された「一般名処方加算」(2点)を算定しているのは、院外処方の診療所の61.0%に上ることが明らかになった。院内処方の診療所を含めた全体では34
  • 先発品と後発品、同一価格では薬剤費下がらず

    カテゴリー:医療維新 2012年7月22日

    薬価専門部会の前に行われた中医協総会時の診療側委員。計7人のうち、4人が薬価専門部会の委員。  今改定の一般名処方加算が奏功か  これらの説明に疑義を呈したのが、京都府医師会副会長の安達秀樹氏。まず日本とOEC
  • 「後発品への不安払拭」「安定供給」が課題

    カテゴリー:医療維新 2012年6月30日

     診療報酬上では、医療機関や薬局に、後発医薬品の使用や一般名処方へのインセンティブが設けられている。この点について、「インセンティブを設けた際に、どのくらい効果があるのか、試算はしているのか。また一般名処方の割合は何%か」と質問し
  • 「費用対効果評価専門部会」、6月メドに議論開始

    カテゴリー:医療維新 2012年4月25日

     白川氏は、「調査以外にも、レセプトで診療報酬改定の効果を検証する方法がある。明細書発行状況や一般名処方の動向など知りたいことがあるが、他の手段で何が検証できるのか、そのリストを出してもらいたい」と求
  • 「地域のエゴを出していいのか」、原中日医会長

    カテゴリー:医療維新 2012年3月10日

    診療所は7点アップする」(原中氏)。地域医療貢献加算のうち、24時間対応の「加算1」の5点と、一般名処方加算の2点で計7点という論理だ。  そのほか、東日本大震災でのJMATの活動、医療機関への事業税
  • 非常に堅実、かつ実態に合わせた改定 - 中医協委員・安達秀樹氏に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2012年3月6日

     もう一つは、後発医薬品の使用促進のための、一般名処方の加算の2点とは切り離した点。 2008年度改定前までは、処方薬の中に、後発医薬品が一つでもあったら2点を加算できた。処方せん料が42点と40点と差があった。だから、「一般名処方をする
  • 一般名処方で2点加算が可能に

    カテゴリー:医療維新 2012年2月10日

     2012年度診療報酬改定では後発医薬品の使用促進策が打ち出され、医療機関が一般名処方をした場合の加算が新設され、処方せん交付1回につき2点が算定できることになった(資料は、厚労省のホームページに掲載
  • 18項目から成る答申書の附帯意見を決定

    カテゴリー:医療維新 2012年2月3日

    が少ない地域に配慮した評価の影響、(8)その他(在宅医療、在宅歯科医療、慢性期精神入院医療等、一般名処方・後発医薬品の普及状況、診療報酬における消費税、褥瘡の発生等)、など。  さらに、附帯意見をまと
  • 「後発品のある薬の一般名処方」で加算

    カテゴリー:医療維新 2012年1月30日

    政治学研究科教授)が1月30日開催され、院外処方せんを発行する場合、後発品のある医薬品について一般名処方した場合、加算を新設することが決定した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。  後発医薬品の使
  • 後発薬への「変更不可」、個別にチェック

    カテゴリー:医療維新 2011年12月14日

    厚労省のホームページに掲載)。  医療機関に対しては、処方せん様式の変更、院外処方せんにおける一般名処方の推進、入院基本料の後発医薬品使用体制加算の見直しが柱。保険薬局に対しては、後発医薬品調剤体制加
  • 複数科受診、「2科」なら再診料算定が可能に

    カテゴリー:医療維新 2011年11月30日

    を得ないと考えられる場合には、入院基本料の減額幅を縮小してはどうか」と同省は提案している。  一般名処方時の「205円ルール」の扱いも提示  30日の総会では、11月9日の総会に続き、後発医薬品の使用
  • 先発品の薬価、後発品並みへの引き下げ提言

    カテゴリー:医療維新 2011年11月22日

    氏は、「2024年度改定のポイントは、三つある」と整理した。(1)処方および処方せんのあり方(一般名処方の推進、処方せんの「後発医薬品への変更不可」の欄の様式変更など)、(2)保険薬局側の対応(一定の
  • 「後発品促進、加算よりも品質保証が重要」、安達委員

    カテゴリー:医療維新 2011年11月9日

    大学院法学政治学研究科教授)で、後発医薬品の使用促進策について議論。同省は、医療機関に対しては一般名処方にインセンティブを付けるほか、入院基本料の「後発医薬品使用体制加算」や処方せん様式の見直しなどを
  • 「医師の処方した薬の変更に抵抗あり」、患者回答

    カテゴリー:医療維新 2011年10月21日

    として、「後発医薬品への変更が可能」な場合、「後発医薬品の価格のバラツキや品目数の整理統合」「一般名処方の普及」などが、後発医薬品への変更を進める条件として上がった。医師に対して望むことは、「後発医薬
  • 後発品の使用「促進される」が約7割◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2010年4月21日

    を生む契機となることを畏れる。 ・ 患者が安いものを求めるのであれば、それで良いと思う。 ・ 一般名処方にしなければ後発品使用は進まない。 ・ 医師の裁量権を奪うものである。 ・ 後発品推進は、薬剤開
  • 医療機関への調剤変更連絡、半数弱が「1回ごと」◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2010年4月19日

    %、薬剤師70% 「患者が混乱」「飲みやすい剤形を選べる」 Vol.3◆「銘柄処方」約9割、「一般名処方」は5%にすぎず 患者の後発品選択促進のために「対応している」は医師の4分の1 Vol.4◆「後
  • 薬局での後発品変更は「2割以下」が半数以上◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2010年4月16日

    %、薬剤師70% 「患者が混乱」「飲みやすい剤形を選べる」 Vol.3◆「銘柄処方」約9割、「一般名処方」は5%にすぎず 患者の後発品選択促進のために「対応している」は医師の4分の1 Vol.4◆「後
  • 「後発品への変更不可」署名、「ゼロ」の医師が4割◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2010年4月12日

    %、薬剤師70% 「患者が混乱」「飲みやすい剤形を選べる」 Vol.3◆「銘柄処方」約9割、「一般名処方」は5%にすぎず 患者の後発品選択促進のために「対応している」は医師の4分の1 Vol.4◆「後
  • 「銘柄処方」約9割、「一般名処方」は5%にすぎず◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2010年4月9日

    【医師のみ】現在、処方せんの発行は銘柄処方、一般名処方のどちらの方法で行っていますか。  勤務医の90.2%、開業医の82.9%が銘柄処方を行っており、一般名処方をしていると解答した医師はわずか5%程度、銘柄処方・一般名処方の両方の方
  • 「剤形の異なる後発品変更」支持、医師24%、薬剤師70%◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2010年4月7日

    %、薬剤師70% 「患者が混乱」「飲みやすい剤形を選べる」 Vol.3◆「銘柄処方」約9割、「一般名処方」は5%にすぎず 患者の後発品選択促進のために「対応している」は医師の4分の1 Vol.4◆「後
  • 「規格の異なる後発品変更」支持、医師・薬剤師で倍以上の差◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2010年4月6日

    %、薬剤師70% 「患者が混乱」「飲みやすい剤形を選べる」 Vol.3◆「銘柄処方」約9割、「一般名処方」は5%にすぎず 患者の後発品選択促進のために「対応している」は医師の4分の1 Vol.4◆「後
  • 事業仕分け「評価している」は3割弱◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2009年12月28日

    外とするなど【結果:見直しを行う】  先発品薬価の見直し(保険適用の範囲を後発品の価格に絞る、一般名処方による後発品のシェア拡大促進など)、医療材料の内外価格差の解消、薬価の調整幅(2%)の縮小、市販
  • 医療主要6分野、「予算削減」「要求見送り」「見直し」へ◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2009年11月13日

     ア:先発品薬価を後発品薬価を目指して見直し:13 人(保険適用の範囲を後発品の価格に絞るべ    き、一般名処方を行い後発品のシェア拡大を目指すべきといった意見あり)  イ:医療材料の内外価格差の解消:12人