m3.com トップ>記事検索結果

「一般名処方加算」の検索結果

  • 「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も

    カテゴリー:医療維新 2月16日

    題もある。患者の理解も得て、是正していく必要があるのではないか」と指摘。  院外処方の際の「一般名処方加算」の算定診療所は、「加算1」と「加算2」で計69.8%に上り、一般名処方が普及している実態が分
  • 「後発品70%以上」、処方料3点加算

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    基準。 ◆院外の処方の後発医薬品使用を促進 ・「一般名処方加算」の高ランクを新設  現在は、処方せんに1品目でも一般名処方が含まれれば、「一般名処方加算」2点を算定できる。改定後は、「後発医薬品が存在
  • 後発薬、診療所の「院内処方」を評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    後発医薬品の数量割合の要件は今後決定)。 3.「一般名処方加算」の高ランクを新設  現行は、処方せんに1品目でも一般名処方が含まれれば、「一般名処方加算」(2点)を算定できる。改定後は、「後発医薬品が
  • 後発品の「変更不可」、理由も記載?

    カテゴリー:医療維新 2015年11月6日

    の使用促進に向けて議論した(資料は、厚生労働省のホームページ)。  厚労省は、論点として、「一般名処方加算の見直し」「後発医薬品を銘柄指定し、変更不可の場合には、その理由を処方せんに記載」「院内処方に
  • 一般名処方、後発医薬品選択は6割強

    カテゴリー:医療維新 2013年10月9日

    調査報告を取りまとめた(資料は、厚労省のホームページに掲載)。後発医薬品の使用促進を目指した一般名処方加算などで、後発医薬品の使用が進んでいる実態が明らかになった。  調査に回答した404の薬局で取り
  • 一般名処方、診療所医師の56.5%が経験

    カテゴリー:医療維新 2013年2月28日

    4%が「2012年4月以降、一般名処方による処方せん発行の経験あり」と回答、2012年度診療報酬改定で「一般名処方加算」(処方せん交付1回に付き2点加算)が新設され、一般名処方が普及している実態が明らかになった(資料は、厚労省のホームページに掲載)。
  • 一般名処方導入の影響、次回検討を

    カテゴリー:医療維新 2012年9月20日

    度診療報酬改定で後発医薬品の利用促進を目的に導入された「一般名処方加算」の影響を検証すべきとの意見が、一部の委員から上がった。  一般名処方加算は、医師が一般名による記載を含む処方せんを交付した場合に
  • 院外処方診療所、6割が「一般名処方加算」

    カテゴリー:医療維新 2012年8月1日

     日本医師会が実施した2012年度診療報酬改定に関する調査結果によると、今改定で新設された「一般名処方加算」(2点)を算定しているのは、院外処方の診療所の61.0%に上ることが明らかになった。院内処方の診療所を含めた全体では34
  • 先発品と後発品、同一価格では薬剤費下がらず

    カテゴリー:医療維新 2012年7月22日

    薬価専門部会の前に行われた中医協総会時の診療側委員。計7人のうち、4人が薬価専門部会の委員。  今改定の一般名処方加算が奏功か  これらの説明に疑義を呈したのが、京都府医師会副会長の安達秀樹氏。まず日本とOECD
  • 「地域のエゴを出していいのか」、原中日医会長

    カテゴリー:医療維新 2012年3月10日

    療所は7点アップする」(原中氏)。地域医療貢献加算のうち、24時間対応の「加算1」の5点と、一般名処方加算の2点で計7点という論理だ。  そのほか、東日本大震災でのJMATの活動、医療機関への事業税導
  • 一般名処方で2点加算が可能に

    カテゴリー:医療維新 2012年2月10日

    容の問題点を指摘した。 【後発医薬品の使用促進関係の主な改定内容】 ◆ 一般名処方の推進 ・一般名処方加算:2点(医師が処方せんを交付する際、後発医薬品のある医薬品について一般名処方をした場合) ※新設