m3.com トップ>記事検索結果

「不明熱」の検索結果

  • 総合診療専門医になるのはハードルが高い「地域が連携・一体」必要

    カテゴリー:医療維新 8月15日

    るだけでは、皮膚科、精神科、整形など多岐にわたる疾患の経験を得るのは比較的難しくなります。むしろ不明熱の精査やどこの臓器にも当てはまらない疾患を主に診ることとなります。いわゆる「隙間産業」といったとこ
  • 「コロナ前と違って様子がおかしい」の本態は精神的加重

    カテゴリー:臨床ニュース 1月8日

    人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科に勤務。リウマチ専門医、総合内科専門医の資格を持ち、不明熱をはじめとした「原因のわからない病気の診断と治療」を専門としているが、一般内科医としてどんな症状・病態にも対応することを信条としている。
  • コロナ禍で”あっさり”起きた精神面の変化

    カテゴリー:臨床ニュース 1月5日

    人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科に勤務。リウマチ専門医、総合内科専門医の資格を持ち、不明熱をはじめとした「原因のわからない病気の診断と治療」を専門としているが、一般内科医としてどんな症状・病態にも対応することを信条としている。
  • 私がシャムズを診断すべき概念にしない理由

    カテゴリー:臨床ニュース 2020年12月30日

    人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科に勤務。リウマチ専門医、総合内科専門医の資格を持ち、不明熱をはじめとした「原因のわからない病気の診断と治療」を専門としているが、一般内科医としてどんな症状・病態にも対応することを信条としている。
  • コロナで変わってしまった人はいませんか?

    カテゴリー:臨床ニュース 2020年12月27日

    人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科に勤務。リウマチ専門医、総合内科専門医の資格を持ち、不明熱をはじめとした「原因のわからない病気の診断と治療」を専門としているが、一般内科医としてどんな症状・病態にも対応することを信条としている。
  • その具合の悪さ、みんなコロナのせいにしてみよう。

    カテゴリー:臨床ニュース 2020年12月25日

    人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科に勤務。リウマチ専門医、総合内科専門医の資格を持ち、不明熱をはじめとした「原因のわからない病気の診断と治療」を専門としているが、一般内科医としてどんな症状・病態にも対応することを信条としている。
  • 小説であり医学書『仮病の見抜きかた』の狙い-南多摩病院総合内科・膠原病内科の國松淳和氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2019年11月1日

     僕は総合内科医として、どんな症状・病態にも対応することを信条としていますが、リウマチを専門としていたこともあり、膠原病、不定愁訴、不明熱など「原因の分からない病気の診断と治療を専門」にもしています。例えば「10年間、熱が出ているんです
  • 急性腹症の搬送、注意点とエピソード

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月17日

    部の触診で圧痛を確認することや腹部エコーを実施すれば簡単に診断できることであるが、持続する発熱や不明熱で来院することが多い。発症から3日以上過ぎた症例や完成した急性胆嚢炎では開腹手術になることが多く術
  • セカンドオピニオンに至る患者の理由◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2017年11月20日

    ・症状をよく見るわけでもなく、アトピーと決め付けてステロイドを簡単に処方され、説明が足りなかった。【アトピー】 ・不明熱で入院し、検査の結果ウイルス性で時間経過で自然治癒するとの診断を受け、退院させられたが、その後、数
  • 感染症疑いにCRP検査、私の考え

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年1月19日

    だが、1歳過ぎの全身状態良好の発熱には不要なことも多い。肺炎だったとしても全例必要とは思わない。不明熱や想定外の症状がみられたときなどのときには必要。【小児科勤務医】 炎症の程度を測るのに幾つかの項目
  • 鑑別診断なしの検査に待った【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年2月19日

    えます!」「誰も教えてくれなかった診断学―患者の言葉から診断仮説をどう作るか」「この1冊で極める不明熱の診断学」など多数。 ――検査結果を上手く診断に結び付けられない理由をどう見ていますか。  よくあ
  • その「風邪」の病名に待った【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年12月11日

    100人に出していた抗菌薬が50人くらいには減るのではないでしょうか。 安易な抗菌薬は自作自演の不明熱の原因に  この本を上梓してから、「やはり抗菌薬は出しては駄目ですか」とよく聞かれます。ウイルスと
  • 高齢者のめまいは、まず運動!◆Vol.3【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月25日

    害」 Vol.3◆高齢者のめまいは、まず運動! 薬は減量し、必要最低限に <過去の臨床道場> ◆不明熱の「不明率」を下げるには:横江正道氏(名古屋第二赤十字病院総合内科副部長) ◆マイコにキノロン投与
  • めまいが主訴でない「めまい患者」◆Vol.2【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月24日

    害」 Vol.3◆高齢者のめまいは、まず運動! 薬は減量し、必要最低限に <過去の臨床道場> ◆不明熱の「不明率」を下げるには:横江正道氏(名古屋第二赤十字病院総合内科副部長) ◆マイコにキノロン投与
  • 「ならば精神科」、めまいの呪縛◆Vol.1【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月22日

    害」 Vol.3◆高齢者のめまいは、まず運動! 薬は減量し、必要最低限に <過去の臨床道場> ◆不明熱の「不明率」を下げるには:横江正道氏(名古屋第二赤十字病院総合内科副部長) ◆マイコにキノロン投与
  • 不明熱の「不明率」を下げるには【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月8日

    2012年に不明熱のガイドブックを上梓した横江正道氏が臨床道場に登場。 不明熱の「不明率」は半減させられると言う。真の「原因不明」はわずか。 日常診療で陥りやすい罠や、診断のコツ、問題点などを聞いた。
  • 大学病院は総合医養成には適さず◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2012年6月12日

    が、なかなか協力を得にくい理由だと思います。 福井 都市部における総合医の役割はまず、外来診療や不明熱など病気がまだ「仕分け」されていない入院患者のマネジメントがあります。各科にコンサルテーションしな