m3.com トップ>記事検索結果

「不明熱」の検索結果

  • セカンドオピニオンに至る患者の理由◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 11月20日

    ・症状をよく見るわけでもなく、アトピーと決め付けてステロイドを簡単に処方され、説明が足りなかった。【アトピー】 ・不明熱で入院し、検査の結果ウイルス性で時間経過で自然治癒するとの診断を受け、退院させられたが、その後、数
  • 感染症疑いにCRP検査、私の考え

    カテゴリー:臨床ニュース 1月19日

    だが、1歳過ぎの全身状態良好の発熱には不要なことも多い。肺炎だったとしても全例必要とは思わない。不明熱や想定外の症状がみられたときなどのときには必要。【小児科勤務医】 炎症の程度を測るのに幾つかの項目
  • 骨肥厚と骨化から疑ったSAPHO症候群【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月31日

    のようにも思えて、大事な症例検討だったとあらためて思い知らされました。 新木 今回の経験からは、不明熱の診断では骨関節病変も丁寧に見る必要があると思いました。 症例002 全身倦怠感を訴える発熱した慢性湿疹の77歳男性
  • 慢性湿疹との診断で30年通院【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月24日

    疾患にたどりつくケースは珍しくない。館林厚生病院内科副部長の新木義弘氏は、「倦怠感と抗生剤抵抗の不明熱が続く77歳男性」の症例を報告した。慢性湿疹との診断で約30年も皮膚科に通院していたという患者が抱える問題の解決に挑む。全2回
  • 2カ月後に出たウシ型結核菌、原因は……【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月17日

    答えられています。  結果的に、この方は10日間入院され、外来でのフォローとなりました。いわゆる不明熱に対する精査のためPETを行っても、肺野にびまん性の取り込みがある以外のことははっきりしませんでし
  • 「なぜその検査か」考えさせる難しさ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月8日

    これだけ医学が発展した現代においても、不明熱の原因の4分の1は不明のままだ。 原因を突き止めるために必要な検査も、何でも行えば良いわけではない。 第337回順天堂医学会学術集会「プライマリケア外来にお
  • 髄膜炎に複数梗塞、行うべき検査は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月24日

    かくっついているのが分かりますか。これは弁に付着する疣贅ですね。そう感染性心内膜炎(IE)です。不明熱の診断として鑑別に必ず上がってくるIE。弁に細菌の塊がくっついていて、そこが感染巣になってしまって
  • 鑑別診断なしの検査に待った【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年2月19日

    えます!」「誰も教えてくれなかった診断学―患者の言葉から診断仮説をどう作るか」「この1冊で極める不明熱の診断学」など多数。 ――検査結果を上手く診断に結び付けられない理由をどう見ていますか。  よくあ
  • その「風邪」の病名に待った【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年12月11日

    100人に出していた抗菌薬が50人くらいには減るのではないでしょうか。 安易な抗菌薬は自作自演の不明熱の原因に  この本を上梓してから、「やはり抗菌薬は出しては駄目ですか」とよく聞かれます。ウイルスと
  • 高齢者のめまいは、まず運動!◆Vol.3【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月25日

    害」 Vol.3◆高齢者のめまいは、まず運動! 薬は減量し、必要最低限に <過去の臨床道場> ◆不明熱の「不明率」を下げるには:横江正道氏(名古屋第二赤十字病院総合内科副部長) ◆マイコにキノロン投与
  • めまいが主訴でない「めまい患者」◆Vol.2【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月24日

    害」 Vol.3◆高齢者のめまいは、まず運動! 薬は減量し、必要最低限に <過去の臨床道場> ◆不明熱の「不明率」を下げるには:横江正道氏(名古屋第二赤十字病院総合内科副部長) ◆マイコにキノロン投与
  • 「ならば精神科」、めまいの呪縛◆Vol.1【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月22日

    害」 Vol.3◆高齢者のめまいは、まず運動! 薬は減量し、必要最低限に <過去の臨床道場> ◆不明熱の「不明率」を下げるには:横江正道氏(名古屋第二赤十字病院総合内科副部長) ◆マイコにキノロン投与
  • 不明熱の「不明率」を下げるには【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月8日

    2012年に不明熱のガイドブックを上梓した横江正道氏が臨床道場に登場。 不明熱の「不明率」は半減させられると言う。真の「原因不明」はわずか。 日常診療で陥りやすい罠や、診断のコツ、問題点などを聞いた。
  • 大学病院は総合医養成には適さず◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2012年6月12日

    が、なかなか協力を得にくい理由だと思います。 福井 都市部における総合医の役割はまず、外来診療や不明熱など病気がまだ「仕分け」されていない入院患者のマネジメントがあります。各科にコンサルテーションしな