m3.com トップ>記事検索結果

「亀田総合病院」の検索結果

  • 「ずっとloserだった」 - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 10月29日

    1955年生まれ。1983年日本大学医学部卒業後、関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)で研修。亀田総合病院、新東京病院、2001年昭和大学横浜市北部病院循環器センター長・教授を経て、2002年7月から順天堂大教授。2016年4月から現職。
  • 1位聖路加、2位武蔵野日赤、3位亀田、2017年度中間マッチング

    カテゴリー:医療維新 9月23日

    位、東京)、3位は亀田総合病院(同11位、千葉県)で、いずれも2016年度から躍進した。「1位希望人数」も、武蔵野赤十字病院(2016年度42人→2017年度52人)、亀田総合病院(同38人→48人)といずれも2割以上増加。
  • 「強力な医師偏在対策を」、四病協神野氏が要望

    カテゴリー:医療維新 1月27日

    バケツ」(多数の医師)が必要であると主張した。  総合診療に従事する医師の必要性を訴えたのが、亀田総合病院(千葉県鴨川市)総合内科部長の八重樫牧人氏。医療のニーズは、「日本で1000人が1カ月生活して
  • 小松医師、厚労省・千葉県の職員2人を提訴

    カテゴリー:医療維新 2016年9月23日

     元亀田総合病院(千葉県鴨川市)副院長で、『医療崩壊』(朝日新聞社、2006年に上梓)の著者として知られる小松秀樹氏は9月23日、厚生労働省の幹部職員と千葉県の医系技官の2人に対し、不法行為に関する2
  • 若手医師ら12人、塩崎厚労相に新専門医制度で直訴

    カテゴリー:医療維新 2016年6月2日

    明、山本佳奈(南相馬市立総合病院)、遠藤希之、宮坂政紀、藤井梨絵(仙台厚生病院)、今井恵理哉(亀田総合病院)、津田健司(帝京大学ちば総合医療センター)、森田知宏(相馬中央病院)。  新専門医制度をめぐ
  • 「死ぬことがファンタジー」、死生観の教育必要◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    なことをしなくていいし、本人もこれらの書類を作る際に家族と明確に話し合うことができる。 森田 亀田総合病院でも、DNRを確認しています。 杉原 死の教育が大切ですね。 【参加者プロフィール】(※所属は2015年11月末現在)
  • 「20年後のドクター像を描く」、座談会◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年2月2日

    相馬中央病院の森田知宏氏。2012年卒。 森田知宏氏 僕は医師になって4年目です。大阪出身で、大学は東大で(2012年卒)、亀田総合病院で初期研修をやり、今は福島の相馬中央病院で勤務しています。医局は入っていません。  学生時代は
  • 1位はあの大学の問題、2015年の10大ニュース◆Vol.4-2

    カテゴリー:医療維新 2015年12月27日

    71 53 15 国家戦略特区(千葉県成田市)の医学部新設に向けた動き(通年) 52 64 16 亀田総合病院、『医療崩壊』小松氏を懲戒解雇(9月) 40 54 17 12月からストレスチェック制度開始、変わる産業医(11月)
  • 小松氏“亀田事件”に見る医師のプロフェッショナリズム

    カテゴリー:医療維新 2015年12月16日

    第一人者であり、2006年に上梓された『医療崩壊』の著者、小松秀樹氏に対し、役所の意向を受けた亀田総合病院の執行部から、副院長職からの懲戒解雇処分が下されたのです(『小松氏に懲戒解雇処分、「到底納得できず」』を参照)。
  • 千葉県職員を告訴、亀田総合病院の元副院長・小松氏

    カテゴリー:医療維新 2015年11月30日

    千葉県職員を告訴・告発した小松秀樹氏  医療法人鉄蕉会亀田総合病院(千葉県鴨川市)の元副院長、小松秀樹氏はこのほど、千葉県の職員2人を、公務員職権濫用容疑などで、千葉地検に告訴・告発したことを明らかに
  • チーム医療モデルは亀田総合、アメリカ◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2015年11月14日

     具体的な名前が挙がったのは24病院(1人で複数名挙げた例も含む)。挙げた人数でランキングにすると、1位が亀田総合病院(千葉県)で4人、2位が佐久総合病院(長野県)で3人、3位は東京女子医科大学病院、静岡県立がん
  • 「小松医師の懲戒解雇、撤回を」、13人の医師・弁護士

    カテゴリー:医療維新 2015年10月30日

     「現場の医療を守る会」有志の13人の医師・弁護士は10月30日、「現場の医療を崩壊し得る重大事項を内在する」との考えから、亀田総合病院(千葉県鴨川市)の副院長を務めていた小松秀樹氏が、同病院を経営する医療法人鉄蕉会から受けた懲戒
  • 小松秀樹医師に対する懲戒解雇の撤回を求める

    カテゴリー:医療維新 2015年10月26日

     亀田総合病院(千葉県鴨川市)の副院長を務めていた小松秀樹氏が、同病院を経営する医療法人鉄蕉会から懲戒解雇処分を受けた問題で(『小松氏に懲戒解雇処分、「到底納得できず」を参照)、小松氏の出身大学である
  • エボラ出血熱の行政手引き作成へ検討開始、厚労省

    カテゴリー:医療維新 2015年10月21日

    策についても洗い出していく必要がある」と話した。 患者1人に医師4人必要  参考人とし参加した亀田総合病院集中治療科部長の林淑朗氏は「集中治療の現場では、NIH(米国立衛生研究所)の試算ではエボラ出血
  • 1位亀田総合、2位横浜市立市民

    カテゴリー:医療維新 2015年10月7日

    ち、「1位希望人数」が最も多かったのは、亀田総合病院(千葉県鴨川市)で46人だった。定員が前年度から2人増の24人で、「1位希望人数」も6人増えた。亀田総合病院をめぐっては副院長の懲戒解雇処分騒動など
  • 「公的言論の自由は守らなければいけない」

    カテゴリー:医療維新 2015年9月27日

     一般社団法人日本産婦人科協会事務局長を務める池下久弥氏(池下レディースチャイルドクリニック院長)は9月27日、亀田総合病院(千葉県鴨川市)副院長の小松秀樹氏が懲戒解雇処分を受けた問題を受け、「公的言論の自由は守らなければいけない」との声明を公表した。
  • 小松氏に懲戒解雇処分、「到底納得できず」

    カテゴリー:医療維新 2015年9月25日

     亀田総合病院(千葉県鴨川市)副院長の小松秀樹氏は9月25日、同病院を経営する医療法人鉄蕉会から、就業規則に違反するとして、懲戒解雇処分を言い渡された。発効は同日付。  小松氏は、千葉県における補助金
  • 小松氏、亀田総合病院と徹底抗戦の意向

    カテゴリー:医療維新 2015年9月25日

     懲戒処分の問題で揺れる亀田総合病院(千葉県鴨川市)副院長の小松秀樹氏が9月24日に、都内で記者会見を開いた。小松氏は、厚生労働省や千葉県、亀田総合病院を運営する医療法人鉄蕉会理事長で、同法人懲戒委員
  • 亀田総合病院、『医療崩壊』小松氏の言論抑制

    カテゴリー:医療維新 2015年9月19日

    comの取材に答える小松秀樹氏。  亀田総合病院(千葉県鴨川市)副院長の小松秀樹氏のもとに、9月14日、こんな一文が記載された「弁明の機会の付与通知書」が届いた。送り主は、亀田総合病院を運営する医療法人鉄蕉会理
  • 医療の国際化、機が熟した - Mark R. Chassin ・Joint Commission CEOに聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年8月18日

    をどう考えますか。早いですか、遅いですか。  中間ではないかと思います。ただ、(千葉県鴨川市の亀田総合病院が初めて取得した)6年前に比べると、スピードが速くなっていると思います。日本病院学会総会のイベ
  • “大学依存”では医師のキャリア拓けず

    カテゴリー:医療維新 2015年8月8日

    森田 麻里子(もりた まりこ)氏 2012年3月に東京大学医学部医学科を卒業後、千葉県鴨川市にある亀田総合病院での初期研修を経て、現在は仙台厚生病院麻酔科に勤務。
  • 除染作業員の健康懸念、基礎疾患の未治療多数

    カテゴリー:医療維新 2015年5月27日

    神奈川県横浜市出身。2014年3月千葉大学医学部卒業後、福島県の南相馬市立総合病院で初期研修開始。現在は半年間、亀田総合病院(千葉県鴨川市)に出向中。将来の志望科は外科。
  • 初期研修、診療の幅と専門性のバランス必要

    カテゴリー:医療維新 2015年5月16日

     初期研修医が内科の基本を学ぶことは重要だが、そのために必ずしも全ての科をローテーションする必要はない。例えば、私が初期研修を行った亀田総合病院(千葉県鴨川市)では、内科系は総合診療科2カ月の他に、6カ月の選択期間が与えられていた。2カ月
  • 群馬大学腹腔鏡事件の報告書は小学生レベル

    カテゴリー:医療維新 2015年3月24日

    038 院内事故調査委員会報告書の危険性 ~医療システムの内部に司法を持ち込むことのリスク~  亀田総合病院 小松秀樹
  • 「医師の責任追及、目的にあらず」、橋本政務官

    カテゴリー:医療維新 2015年2月23日

    せる方法はない」。 セミナーでは、弁護士の井上清成氏、札幌道都病院の理事・副院長の矢嶋知己氏、亀田総合病院副院長の小松秀樹氏も講演。  「警察への通知なし」、大綱案との相違を強調  橋本政務官は講演の
  • 病診連携で「手遅れ」を防ぐ【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年2月5日

    天野篤(あまの・あつし)氏 1983年日本大学医学部卒後、関東逓信病院(現NTT東日本病院)、亀田総合病院心臓血管外科での研修を経て、新東京病院心臓血管外科部長、昭和大学横浜市北部病院循環器センター長
  • 「過労死水準」改善、分娩集約化が不可欠

    カテゴリー:医療維新 2015年1月26日

    たい存在であると説明。今後もこの関係が続くことで、産婦人科の土台の安定化につながるとした。  亀田総合病院(千葉県鴨川市)産科部長の鈴木真氏も、「我々も家庭医と一緒に診療をしている」と説明。約30km
  • 新しい医療事故調査制度の施行に備えて

    カテゴリー:医療維新 2014年12月26日

    故調査制度に備える~」と題するセミナーが開催される。演者は、橋本岳厚生労働大臣政務官、小松秀樹亀田総合病院副院長らであり、そこでは上述の改正医療法に基づく新事故調の性格などが解説されよう。  小松氏は
  • 医療崩壊を耐え忍んだ10年間◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2014年10月20日

    取れる事件をめぐる報道もあった。「立ち去り型サボタージュ」という言葉を生んだ小松秀樹氏(現在:亀田総合病院副院長)の『医療崩壊』が出版されたのは2006年。  日本の景気の停滞感は払しょくできないまま
  • 横浜市大附属市民総合医療センターが1位

    カテゴリー:医療維新 2014年10月2日

    0%となった。トップの2つの医療機関は、横浜市内に立地し、人気を集めたとみられる。  3位は、亀田総合病院(千葉県鴨川市)、4位は国保旭中央病院(千葉県旭市)で、人口約600万人の千葉県の医療を支える
  • 国立医療研究センター、4位に後退

    カテゴリー:医療維新 2014年9月30日

    470.0% 8(↓) 3 横浜市立市民病院 神奈川 18 45 250.0% 9(↑) 10 亀田総合病院 千葉 22 40 181.8% 10(↓) 7 沖縄県立中部病院 沖縄 28 37 132.1%
  • 医学教育の自由度向上が必要◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年9月5日

     医師になって3年目、自身のキャリアについてはまだ具体的なイメージが描けていない。地域に貢献する亀田総合病院や福島。いつも「社会」を意識して進んでいるように見えるが、「何かを決めつけて進む必要はない」とする。
  • 後期研修先、「福島」と「専門性」で悩む◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年9月4日

     初期研修に選んだ亀田総合病院。ある程度の自由な時間があることに加え、モチベーションの高い同期が魅力だった。  亀田では10から12の診療科を2カ月ずつくらい回りました。モチベーションの高い同期がいて
  • 亀田選んだ理由は「チャレンジ精神」◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年9月2日

    、後期研修医として勤務する森田知宏氏。  東京大学医学部を卒業後に、初期研修は、千葉県鴨川市の亀田総合病院に勤務。学生時代には、医学生がキャリアについての考え方を発信する団体の立ち上げなども経験した森
  • 患者への花は断るべきでない

    カテゴリー:医療維新 2014年8月22日

    け活用すべきである。自分たちのほうではなく、患者の方を向いているべきである。  常に患者目線の亀田総合病院では花を容認するどころか、施設内にフラワーショップをもっている。さすが、院内レストランで患者が
  • 「東大のリーダーよ、責任を果たす覚悟はあるのか」

    カテゴリー:医療維新 2014年7月19日

     東京大学医学部医学科の有志は7月18日、特別講演「社会に真摯に向き合うために必要なもの」を企画し、同大を1974年に卒業、現在は亀田総合病院副院長を務める小松秀樹氏が演者として招いた。『医療崩壊』などの著書で知られる小松氏は、「東大の
  • 南相馬での経験を癌治療につなげたい - 坪倉正治・東大医科学研究所研究員に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年3月10日

    て聞いた。 ――東日本大震災発生時は、どこで働かれていたのですか。  東京大学医学部を卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)で研修して、帝京大学血液内科を経て、震災発生当初は都立駒込病院で働いていました
  • “天野篤”の実像を伝えたい - 天野篤・順天堂大学心臓血管外科教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年3月5日

    天野篤(あまの あつし)氏 1955年生まれ。1983年日本大学医学部卒業後、関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)で研修。亀田総合病院、新東京病院、2001年昭和大学横浜市北部病院循環器センター長・教授を経て、2002年7月から現職。
  • 医学部新設は医師過剰時代の始まり◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2014年1月9日

    それは正しい方向だろう。 ・クロスライセンスによる優良医の海外転出。 ・TPP参加が決まれば、亀田総合病院方式の病院が増えるだろう。下手をすればアメリカ式の弱者切り捨てになるだろう。 ・行政によるジェ
  • 2013年の医療界の顔は?◆Vol.3-2

    カテゴリー:医療維新 2013年12月17日

    松原謙二氏 (日本医師会副会長) 小松秀樹氏 (亀田総合病院副院長) 大島理森氏 (東北地方の医学部の新設を推進する議員連盟会長、衆院議員) 小松秀樹氏 (亀田総合病院副院長) 金子順一氏 (前厚労省事務次官)
  • 国際医療研究センターのトップ続く(2013/10/2訂正)

    カテゴリー:医療維新 2013年10月1日

    10(↑) 13 神戸市立医療センター中央市民病院 兵庫 16 38 237.5% 10(↓) 7 亀田総合病院 千葉 22 38 172.7% 12(↑) 18 名古屋第一赤十字病院 愛知 21 35 166
  • 医学生が医療の10年後を変える【医療学生ラウンジ】

    カテゴリー:医療維新 2013年8月12日

    とともに、優秀なものは協賛企業や病院などが買い取り、実用化する可能性もある。  彼らは翌日に、亀田総合病院でのフィールドリサーチを控えていた。3-4人の班に分かれ、医師や看護師、事務員など希望する医療
  • カルテ活用、最大の課題はマイナンバー◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2013年8月9日

    メディカルセンター病院を核に「T-PAN」構築 Vol.7◆「1国民、1カルテ」が改革の「1丁目1番地」 亀田総合病院、AoLaniプロジェクト始動 Vol.8◆820万人分の患者DB構築、徳洲会 抽出データから全数分析の時代に
  • レセデータで人工透析を減らせ!呉市◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2013年8月8日

    メディカルセンター病院を核に「T-PAN」構築 Vol.7◆「1国民、1カルテ」が改革の「1丁目1番地」 亀田総合病院、AoLaniプロジェクト始動 Vol.8◆820万人分の患者DB構築、徳洲会 抽出データから全数分析の時代に
  • 820万人分の患者DB構築、徳洲会◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2013年8月7日

    メディカルセンター病院を核に「T-PAN」構築 Vol.7◆「1国民、1カルテ」が改革の「1丁目1番地」 亀田総合病院、AoLaniプロジェクト始動 Vol.8◆820万人分の患者DB構築、徳洲会 抽出データから全数分析の時代に
  • 「1国民、1カルテ」が改革の「1丁目1番地」◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2013年8月6日

    Vol.10◆最大の課題はマイナンバー 特集ページはこちら 〉〉  AoLaniプロジェクト――。亀田総合病院(千葉県鴨川市)などを運営する医療法人鉄蕉会が今年度から進めている、医療をはじめ社会保障関連の
  • スマホでアレルギー疾患管理、筑波◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2013年8月5日

    メディカルセンター病院を核に「T-PAN」構築 Vol.7◆「1国民、1カルテ」が改革の「1丁目1番地」 亀田総合病院、AoLaniプロジェクト始動 Vol.8◆820万人分の患者DB構築、徳洲会 抽出データから全数分析の時代に
  • 「命のMICカード」独自開発、習志野・宮川氏◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2013年8月2日

    メディカルセンター病院を核に「T-PAN」構築 Vol.7◆「1国民、1カルテ」が改革の「1丁目1番地」 亀田総合病院、AoLaniプロジェクト始動 Vol.8◆820万人分の患者DB構築、徳洲会 抽出データから全数分析の時代に
  • 進化し続ける、長崎「あじさいネット」◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2013年8月1日

    メディカルセンター病院を核に「T-PAN」構築 Vol.7◆「1国民、1カルテ」が改革の「1丁目1番地」 亀田総合病院、AoLaniプロジェクト始動 Vol.8◆820万人分の患者DB構築、徳洲会 抽出データから全数分析の時代に