m3.com トップ>記事検索結果

「低血糖」の検索結果

  • GLP1RAとSGLT2の2剤「死亡減」で勧告【米国糖尿病学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月10日

    分かるようにした   症状の有無にかかわらず、臨床的に重要な重症低血糖の基準を54mg/dLと定義。臨床試験や実地臨床で報告すべき低血糖のレベルとした 関連リンク American Diabetes Association®
  • インスリン+GLP-1受容体作動薬の併用療法で血糖変動が最小

    カテゴリー:臨床ニュース 1月10日

     2型糖尿病患者では、基礎インスリン+GLP-1受容体作動薬の併用療法を行っている場合に血糖変動が最も小さく、低血糖が最も少ないことが、「Diabetes Care」オンライン版に12月2日掲載の論文で報告された。
  • T1DM患児入園拒否の調査結果公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月28日

    て、幼稚園・保育施設の職員の見守りと補助をお願いします。 1 型糖尿病幼児の低血糖への配慮(気づき)をお願いします。 低血糖に対処するため、幼稚園・保育施設内にグルコース製剤などの保管をお願いし ます。
  • インクレチン関連薬が低血糖を起こしにくい機序を解明

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月22日

    いことを、低血糖クランプ法を用いて明らかにした。  日本人の患者を対象に、インクレチン関連薬が低血糖を起こしにくい機序を明らかにしたのはこの研究が初めて。また、インクレチン関連薬は、低血糖時に活性化さ
  • SSI予防に術直前血糖値110-150を勧告【米国外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月14日

    も指摘されるようになっている、(3)手術中の高血糖がSSIリスクを上昇させること、極度の低血糖が有害事象や低血糖エピソードを増大させるがSSIのリスクを低下させるわけではないことも報告されている―などの知見が考慮された模様。
  • 報告必要な低血糖基準示す【米国糖尿病学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月8日

     米国糖尿病学会(ADA)と欧州糖尿病学会(EASD)は11月22日、と共同で、臨床試験で報告すべき重度低血糖症の基準を含む声明を発表した。声明全文はADAのDiabetes Care誌、ならびにEASDのD
  • 入院中低血糖で死亡率約3割【米国内分泌学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月2日

     入院中に低血糖を来した患者の死亡率は約3割に上るとの調査結果が発表された。米国内分泌学会(ENDO)が11月17日、Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism誌の掲載論文を紹介した。
  • ネット購入ED薬、4割偽造

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

    木春明氏(泌尿器科教授)は、ネット購入したED治療薬に血糖降下成分が含まれており、服用した男性が低血糖で倒れたり、意識混濁で搬送されてきた男性のポケットから偽造品のED薬が見つかったりといった、命に関わる事例も発生していると指摘。
  • 「糖質制限で1年12kg減」「減量目的はNG」

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月22日

    カロリーの大半は糖質であるので、カロリー制限であれば糖質が制限の中心になる。【循環器科勤務医】 低血糖やタンパク異化亢進しない程度の少量の摂取は必要だという前提だが、1日の摂取カロリーを制限しながら必
  • SGLT2i「理想的な利尿薬」の可能性【JSH 2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月25日

    利尿薬との併用は原則禁忌とすべき  SGLT-2阻害薬の利尿薬としての可能性を考える上で問題になるのは、脱水、尿路・性器感染、低血糖、そして脳卒中の副作用だ。EMPA-REGでもやはりSGLT-2阻害薬の投与群で脳卒中が増加傾向にあった。
  • 先天性高インスリン血症診療GLを公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月13日

    載した。  先天性高インスリン血症とは、新生児・乳児期の持続性低血糖症のうち最も多い疾患で、先天性のインスリン分泌過多による持続性低血糖を来す。後天性に発症するインスリノーマや医原性の高インスリン血症
  • 2006年以降、米で血糖降下薬の処方傾向に変化

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月13日

    尿病患者166万人の診療報酬請求データを用いて、血糖降下薬の使用や血糖コントロールの状況、重篤な低血糖の発生率について調べた。それぞれの割合は、年齢と併存疾患の数で層別化して検討した。  その結果、2
  • 世界初の携帯可能な「人工膵臓」、FDAが承認

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月11日

     今回の承認は、1型糖尿病患者123人を対象に行った臨床試験のデータに基づくもので、対象患者がこのデバイスを装着した3カ月の間、重篤な低血糖イベントや糖尿病性ケトアシドーシスなどの有害事象は認められなかったという。  米JDRF(旧青少年糖尿病研究財団)のAaron
  • センサー型測定器で低血糖時間短縮

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年9月27日

    ングに比べ低血糖曝露時間を減らせるかを無作為化試験で検討。ベースライン時と6カ月後を比較すると、低血糖曝露時間はセンサー群で1.39時間、従来群で0.14時間減少していた。センサー群の低血糖曝露時間減少率は38%だった。
  • A1cがToujeo投与6カ月で0.64%低下

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月26日

    A1c値においても、夜間および24時間の血糖値70mg/dL(3.9mmol/L)以下または重症低血糖の発現率の低下が認められたことを発表した。  この発表は、2型糖尿病患者を対象とした第3相臨床試験
  • 糖尿病患者の認知症予防には「血糖変動」の抑制が鍵

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月2日

     高齢2型糖尿病患者では、血糖変動は、低血糖を伴わなくとも認知機能低下と密接に関連することが、川崎医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科学の木下智絵氏と金藤秀明氏らの研究グループの検討でわかった。診療現場で
  • 糖尿病疑い、急性を見逃すな【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月2日

    あるかもしれませんが、血糖自己測定(SMBG)くらいならば全例に行っても良いのかなとは思います。低血糖や高血糖は嘔気の鑑別にも必ず出てくるので。 菅原 それも良いですが、検尿が現実的な方法じゃないかな
  • インスリン治療で医師と患者に認識差

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

    ーを開催した。  患者の糖尿病に対する気持ちについて、「糖尿病による合併症は怖い」72.5%、「低血糖は起こしたくない」48.9%、「血糖値の変動が気になる」43.0%と続き、血糖コントロール状況に関
  • SGLT2阻害薬の追加投与で1型糖尿病の血糖値が改善

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

    ら1.9±0.54kg減少した(対プラセボ群、P<0.05)。また、ダパグリフロジン群では新たな低血糖の発症増加は認められなかった(対プラセボ群、P=0.52)。  ダパグリフロジン群では、グルカゴン
  • 血糖値でアディポネクチン食欲作用変化

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月18日

    (POMC)ニューロンを活性化した。これに対応し、空腹/低血糖時にアディポネクチンを脳室内へ投与すると摂食量が減少した。この作用は、空腹/低血糖時の過剰な食欲を弱める働きがあると推定されるとしている。
  • 1型糖尿病では重症低血糖の既往と全死亡およびCVDリスク上昇が関連

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月9日

     1型糖尿病患者では、重症低血糖が全死亡および心血管疾患(CVD)のリスク上昇と関連することが、「Diabetes Care」オンライン版に7月6日掲載の論文で報告された。  国立成功大学(National
  • 重度腎障害へのSU薬、低血糖リスク5倍

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年8月3日

     インスリンを除く糖尿病治療薬の新規服用者約12万人を対象に、スルホニル尿素(SU)薬と低血糖症リスクの関連を集団ベースのコホート研究で検討。SU薬のみ服用する患者の低血糖症リスクは、メトホルミンのみ服用する患者と比べ有意に高く(調整ハザード比2
  • 熱傷後の血糖管理にはメトホルミン

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年7月21日

     重症熱傷患者44例を対象に、メトホルミンにより低血糖リスクを回避しつつインスリン並みの血糖コントロールが得られるかを第2相無作為化比較試験で検証。メトホルミンの血糖降下作用はインスリンと同等だった(P>0.05)。低血糖の発生率はイン
  • BMI27.5からDM「手術」を考慮、日本への影響―笠間和典・四谷メディカルキューブ減量・糖尿病外科センター長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月21日

    ――DSS-IIによると、現時点で心血管疾患リスクを一次評価項目としたメタボリック手術のRCTはないようですが、術後の合併症の改善や低血糖イベントについてはどのように評価されていますか。  既に多くの非ランダム化試験で、減量・メタボリッ
  • 小児の1型糖尿病では夜間低血糖の頻度が高い

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月7日

     小児の1型糖尿病では夜間低血糖の頻度が高いが、その多くは無症候性であることが、「Diabetes Care」オンライン版に5月13日掲載されたResearch Letterで報告された。  夜間低血糖は見過ごされ
  • グルカゴンポンプで夜間低血糖9割減【米国糖尿病学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月30日

     1型糖尿病患者に対する血糖モニター付きのグルカゴン自動注入装置の使用で特に夜間低血糖の防止が期待できることが分かった。インスリン使用中の1型糖尿病患者22例を対象とした二重盲検プラセボ対照クロスオー
  • 無自覚性低血糖と運転、どう考える?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月28日

    の関連が指摘される低血糖。無自覚性低血糖では運転免許証の取得・更新など、どう考えるべきか頭を悩ませる医師も少なくない。 倉敷中央病院糖尿病内科の松岡 孝氏が、自身の経験も交え、低血糖に関連する問題について話す。
  • 低血糖の処置後、即帰宅はNGの訳【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月24日

    救急受診の低血糖患者。処置後、すぐに帰宅させると再度、低血糖を起こすことがある。 倉敷中央病院糖尿病内科の松岡 孝氏が、低血糖時の対処やインスリン自己免疫症候群について、注意すべきポイントや対策を紹介する。
  • 人工膵臓、日常生活下でも血糖管理良【米国糖尿病学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月23日

    ンスリンポンプに比べ、全自動システムの人工膵臓は患者の負担を大幅に軽減するだけでなく、血糖管理や低血糖も同時に改善することが期待できると述べている。 関連リンク Home Use of a Dual Hormone
  • 無自覚性低血糖が繰り返される訳【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月21日

    夜間に起こると命に危険を及ぼすこともある無自覚性低血糖。1型糖尿病や進行した2型糖尿病で容易に再発を繰り返しやすい注意したい低血糖状態だ。なぜ再発しやすいのだろうか。 倉敷中央病院糖尿病内科の松岡 孝氏が、そのメカニズムや対策を語る。
  • SU剤、高齢者ではこう使う【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月17日

    21(土)、京都市開催)の教育講演、「低血糖の病態と対策」を紹介する。 講師の倉敷中央病院糖尿病内科の松岡 孝氏が、臨床で注意すべきポイントを交えながら、低血糖の疫学から原因、病態、治療、対策まで、全4回で解説する。
  • 「携帯型の人工膵臓」、1型糖尿病患児に適用可能

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月25日

    pump:SAP)を装着し、保護者が管理した3日間の血糖管理状況を比較した。  その結果、夜間に低血糖が発現する時間は、SAP使用時に比べて、人工膵臓使用時に有意に減少した(P=0.002)。夜間の目
  • 高齢糖尿病「8.5%未満」目標も許容

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月25日

    齢、認知機能、身体機能(基本的ADLや手段的ADL)、併発疾患、重症低血糖のリスク、余命などを考慮して個別に設定する ・重症低血糖が危惧される場合は、目標下限値を設定し、より安全な治療を行う ・高齢者
  • SU+DPP4iで低血糖リスク1.5倍

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年5月20日

    ラセボ対照無作為化試験10件(6546人)から低血糖リスクをシステマティックレビューとメタ解析で評価。SU+プラセボに対するSU+DPP4阻害薬の低血糖発生リスク比は1.52(95% CI, 1.29
  • 転送3回、26歳女性の診断つかない頭痛【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月19日

    森田 そうだね。違法ドラッグを使用しているからね。 研修医1 電解質異常。 研修医2 低血糖。 森田 確かに低血糖も意識障害を伴うね。ただし、7週間の持続する経過からは低血糖の可能性は低いかもしれませんね。 研修医3 ビタミンB1不足はどうですか?
  • SGLT2i適正使用で推奨改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月17日

    病薬として2014年4月に登場したが、発売後、予想された副作用である尿路・性器感染症に加え、重症低血糖やケトアシドーシス、脳梗塞、全身性皮疹などの発症が報告され、大きな懸念が寄せられた。日本糖尿病学会
  • 3剤併用の低血糖リスク、2剤併用と変わらず

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年4月19日

    60)と関連した。メトホルミン+スルホニル尿素薬(SU)+グリプチン系、あるいはメトホルミン+SU+TZDの3剤併用では低血糖リスクが上昇したが(順に5.07、6.32)、メトホルミン+SUの2剤併用によるリスク上昇(6.03)と変わらなかった。
  • 糖尿病治療薬の安全性と効果に薬剤間で差

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月13日

    間など複数の因子により調整したうえで、糖尿病の5つの転帰(失明、下肢切断、重篤な腎不全、高血糖、低血糖)に焦点を当てて解析した。  「BMJ」オンライン版に3月30日掲載された今回の研究によると、メト
  • 1型糖尿病ではてんかんリスクが高まる

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月12日

    性を指摘している。  同氏らによると、高血糖や低血糖により、高齢者のてんかん発作が誘発されるという。また、若年時に1型糖尿病を発症した患者が重篤な低血糖を呈す場合、脳に重大な異常を抱えている可能性が高
  • 経鼻グルカゴン、小児低血糖でも有望【米国救急医学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月6日

     米国救急医学会(ACEP)は3月24日、若年1型糖尿病における低血糖の救急対応に、グルカゴンの経鼻投与が筋肉内注射の代替療法として有望だとする研究を紹介した。本研究は米国糖尿病学会誌Diabetes
  • 周術期血糖管理、インスリンフリーも【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月31日

    ったっては、1型と2型で対応は異なりますが、持効型インスリンは継続です。しかし同量の単位を使うと低血糖を起こす方がいますので、若干10-20%減じるほうがよいでしょう。インスリンポンプ療法(CSII)
  • 周術期の目標血糖値が覆された訳【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月28日

    今後、無作為試験を多施設、多数例で行うことは難しいので、結論はこれでいいのかなと感じていますし、低血糖の死亡リスクについては確実に立証されています。 周術期血糖管理の目標血糖値は?  NICE-SUGAR
  • A1c高値の糖尿病患者、手術可否は?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月24日

    ではインスリンや輸液、栄養の不適切な投与などで、低血糖を来すこともあります。その他にも全身麻酔や抗生剤の投与で、術前にはなかった腎機能の変化など、低血糖を来す要因があり、それに対する個体の反応特性、さ
  • 2016年版ADA糖尿病診療指針、「個別化アプローチ」を推奨

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月18日

    づき推奨内容が改訂された。  指針では、プライマリケア医に重要とされる領域(診断、血糖管理目標、低血糖、医療管理、心血管リスク因子の管理、細小血管合併症のスクリーニング・管理、入院患者の管理)別に推奨
  • 大阪医大・花房教授「医師の道歩む覚悟を」

    カテゴリー:医療維新 2016年3月16日

    に妊娠を許可できる状態になり、妊娠。しかしそれでめでたしとはならず、食前血糖35mg/dLなどの低血糖が頻発するようになった。胎児の成長にも影響が出てきたため、入院管理してようやく出産。その方の赤ちゃ
  • 初診DM患者の理解を深めるコツ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月10日

    he New England Journal of Medicine に報告されましたが、頻回の低血糖で糖尿病による認知症を併発するという成績もあります。悪性腫瘍、特に肝臓癌、膵癌が約2倍発症率が高い
  • 初診DM、これが専門医の薬剤選択【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月7日

    超即効型インスリンを4-6-6単位で確実に血糖を下げていく。この量ですと高血糖も改善できますし、低血糖も回避できます。 糖尿病症状のある場合の薬剤選択  2型糖尿病患者のインスリン分泌のシェーマに薬剤
  • DPP-4阻害薬に動脈硬化抑制作用

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月12日

    005、左の最大IMT:-0.065mm対0.022mm、P=0.021)。なお、シタグリプチン併用群では、対照群に比べて低血糖や体重変化をもたらすことなく良好な血糖コントロールが得られていた。  三田氏はHealthDayの
  • 小児の5%超に眩暈とバランス障害

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月5日

    には、神経学的問題や耳の感染、頭部あるいは頸部外傷あるいは打撲、発達性運動協調障害、遺伝的素因、低血糖などの代謝障害、薬剤性障害、重篤な頭痛あるいは片頭痛、耳の奇形、視覚障害があった。 関連リンク More
  • 重症低血糖時に著しい血圧上昇を伴うと腎機能が低下する

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月5日

     重症低血糖時に著しい血圧上昇を伴う2型糖尿病患者では、重症低血糖後に腎機能が有意に低下することが、国立国際医療研究センター糖尿病内分泌代謝科の辻本哲郎氏らの検討でわかった。重症低血糖時に急激な血圧上