m3.com トップ>記事検索結果

「保険薬局」の検索結果

  • 院内調剤、医師の半数以上が「再評価すべき」◆Vol.3-1

    カテゴリー:医療維新 8月5日

    は、院内処方の方が安心できる。【大学病院】 【どちらとも言えない】 ・病院勤務の薬剤師の給与は、保険薬局の薬剤師に比較して低いのが一般的です。院内調剤の役割を再評価していただき、保険点数を付けていただ
  • 「薬局の最低限の役割の明確化、機能分化を」との意見も

    カテゴリー:医療維新 7月25日

     「保険薬局が最低限、行うべき業務を整理し、機能分化を進めるという考え方もある」――。  厚生労働省の厚生科学審議会の医薬品医療機器制度部会(部会長:森田朗・津田塾大学総合政策学部教授)は7月25日、
  • 中川日医副会長「厚労省の二重、三重の不手際」、消費税補てん率調査にミス

    カテゴリー:医療維新 7月25日

    消費増税対応に向けた議論のたたき台の資料作成が目的。厚労省は今後、病院、一般診療所、歯科診療所、保険薬局などの医療機関の種別ごとに補てん率のバラツキの要因分析を進めるとともに、バラツキを是正するための
  • 医療機関には購入先卸も調査、2018年度薬価調査

    カテゴリー:医療維新 6月20日

    :2018年度中の1カ月間の取引分を対象 ・ 調査の対象および客体数 (1)販売サイド調査 保険医療機関および保険薬局に医薬品を販売する営業所等の全数を対象:約6300客体 (2)購入サイド調査 ① 病院の全数から
  • 専門医とかかりつけ医&患者を結ぶオンライン診療でも活用

    カテゴリー:医療維新 5月26日

    展開する予定を紹介。「NSIPS」は、同意が得られた患者についての保険薬局での処方情報を一元管理できるシステム。五島市では全保険薬局(21薬局)が参加している(処方箋持参患者の約50%の情報を共有)。
  • 医師・薬剤師の減薬指針活用率4-5%

    カテゴリー:臨床ニュース 5月10日

     今回の調査は、構成員の溝神文博氏(国立長寿医療研究センター薬剤部)らが2017年8月、愛知県内の一般開業医1500人と保険薬局薬剤師1000人を対象に実施した。回答の回収率は医師23.2%、薬剤師38.2%。ポリファーマシ
  • 2018年度診療報酬改定のポイントは?◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 4月8日

     これらは点数がプラスになった項目ですが、一方で、点数が引き下げになった項目も少なくありません。その代表例が、保険薬局の調剤基本料です。医薬分業には「二度手間」といった批判が絶えず、大手調剤チェーンや門前薬局の点数
  • 診療報酬の仕組みは?

    カテゴリー:医療維新 4月4日

    Q:「医師の人件費などの診療報酬」とメディアで表現されていますが、そもそも診療報酬とは、何でしょうか。  保険医療機関と保険薬局が、医療に対する対価として保険者から受け取る報酬です。大きく分けて、技術やサービスに対する「本体
  • 消費税分科会、2年ぶりに開催、薬価・材料調査の実施了承

    カテゴリー:医療維新 3月30日

    益・税制・会計有識者4人、医薬品・材料関係団体2人が参加。  補てん率は平均102.07%だが、保険薬局で低く  厚労省保険局医療課保険医療企画調査室長の矢田貝泰之氏は、診療報酬上での対応について、(
  • 「地域支援体制加算」は35点、8項目の「実績要件」

    カテゴリー:医療維新 2月10日

    務」へのシフトの一環と言える。  調剤報酬では、かかりつけ薬剤師の届出もハードルが上がり、「当該保険薬局に6月以上在籍」という要件が「12月以上在籍」に上がった。そのほか、大型門前薬局や「敷地内薬局」
  • 「敷地内薬局」の調剤基本料は10点、厳しい評価

    カテゴリー:医療維新 2月8日

    の医療機関の処方箋の集中率が高い薬局については減額する体系になっている。大型門前薬局でも、「当該保険薬局に勤務している保険薬剤師の5割以上が、かかりつけ薬剤師指導料の施設基準に適合している薬剤師である
  • 新設の調剤報酬で「医師と薬剤師、相互理解を 」

    カテゴリー:医療維新 2月8日

    い」との認識を示した上で、「規模もいろいろあるだろうが、評価(を通常の保険薬局と分けるの)は当然で、薬局の絵姿も(通常の保険薬局とは異なる)。(運営も)非常に効率的でもあろうと思う」と述べ、専用点数を
  • 後発品「85%以上」、入院、外来、調剤とも高評価

    カテゴリー:医療維新 2月7日

    ◆調剤基本料の減額(調剤薬局):2点減算(新設) 【施設基準】  次のいずれかに該当する保険薬局であること。 (1) 当該保険薬局において調剤した後発医薬品のある先発医薬品および後発医薬品を合算した規格単位数量
  • 初再診料の「未妥結減算」、対象を拡大

    カテゴリー:医療維新 1月10日

    診料や保険薬局の調剤基本料を減算することを提案、診療側と支払側ともに了承した(資料は、厚労省のホームページ)。 (2018年1月10日の中医協総会資料)  許可病床200床以上の病院と保険薬局を対象と
  • 日薬、医科と調剤の改定率配分維持に感謝

    カテゴリー:医療維新 2017年12月19日

    、「大型門前薬局に対する評価の適正化」として国費ベースで60億円程度のマイナスが打ち出されたことについては、「保険薬局の経営に厳しい内容であると言わざるを得ない」と指摘。ただ、チェーン薬局で処方せんの集中率を下げる
  • クロザピンHbA1c検査に保険適用要望

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月13日

    よび耐糖能異常の発現、またはその予兆の早期発見や発現時の早期対処などを目的とするもの。医療機関、保険薬局、医療従事者、患者を登録し、血液・血糖検査の確実な実施と処方の判断を支援する。  CPMSでは、
  • 大型チェーン、門前・門内薬局に再びメス

    カテゴリー:医療維新 2017年12月9日

    目が向けられたが、“特例”があった。2018年度改定ではこの“特例”をなくすことなどを検討。  保険薬局については、11月の行政事業レビューでも、院内処方と院外処方の技術料の差が問題視された(『「院外
  • 薬価調査結果、平均乖離率9.1%、前回調査より0.3ポイント拡大

    カテゴリー:医療維新 2017年12月6日

    計結果。特定保険医療材料等調査は、2017年5~9月取引分(ダイアライザー、フィルム、歯科材料、保険薬局調査分については、9月取引分のみ)について、販売サイドから11月6日までに報告があったものの集計結果。
  • 「医師による抗菌薬の説明」、診療報酬で評価を検討

    カテゴリー:医療維新 2017年12月2日

    医療機関。  ただし、地域包括診療料・加算などを算定し、継続的な医学管理を行っている患者のほか、保険薬局での薬剤服用歴管理指導料の算定患者については、「抗菌薬の適切な使用に関する説明や取り組みを明確化
  • 地域包括診療料・加算、同意手続き簡略化の方向など提案

    カテゴリー:医療維新 2017年12月1日

    連携する保険薬局を活用可能であることを明確化してはどうか。 患者が受診している他の医療機関や処方薬を一元的に把握することを求めているが、担当医の負担軽減のため、医師以外の職種や連携する保険薬局を活用可能であることを明確化してはどうか。
  • 処方せん、医薬品の「変更不可」は16.5%に減少

    カテゴリー:医療維新 2017年11月11日

    『後発品加算の算定要件、「80%」に上限引き上げか』を参照、資料は、厚労省のホームページ)。  保険薬局への調査の結果、処方せんの「変更不可」の状況は、先発医薬品処方の場合は、2016年度調査の19.6%から、2017年度調査では16
  • 「残薬の相談経験あり」、患者の14.2%

    カテゴリー:医療維新 2017年11月10日

     一方、「あてはまらない」「どちらかというとあてはまらない」の回答割合が高かったのは、「保険薬局からの処方提案が増えた」(診療所62.3%、病院71.0%)、「連携する保険薬局数が増えた」(診療所59.6%、病院70.4%)など。
  • 年収は3126万円、医療法人病院長がトップ

    カテゴリー:医療維新 2017年11月8日

    2%)、一般診療所3220施設(同1744施設、同54.2%)、歯科診療所1143施設(同654施設、同57.2%)、保険薬局1835施設(同1090施設、同59.4%)。 (2017年11月8日の中医協総会資料。その他の
  • 一般病院の損益マイナス4.2%、過去3番目の悪さ、2016年度改定後に悪化

    カテゴリー:医療維新 2017年11月8日

     歯科診療所の損益差額率は、医療法人5.9%(2015年度比1.1ポイント増)、個人立28.9%(同0.5ポイント増)。  保険薬局の損益差額率は、法人7.7%(2015年度比0.6ポイント減)、個人立10.2%(同0.4ポイント増)。両者を合わせた全体では7
  • 一般名の類似薬剤取り違えに注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月28日

    ランド名を記載することを防止対策として提案している。  今回の医療安全情報に掲載された事例では、保険薬局が、一硝酸イソソルビド錠20mgの処方せんを受付けた際、アイトロール錠を調剤すべきところ、硝酸イ
  • 「医師の働き方改革」、2018年度改定の基本方針に

    カテゴリー:医療維新 2017年9月6日

    に最近、医療機関の敷地内に調剤薬局(いわゆる門内薬局)を作る動きが出ていることを踏まえ、「通常の保険薬局とは明らかに異なり、かかりつけ薬剤師の機能を発揮できない。それに見合った評価をすべき」と訴えた。
  • 併用禁忌薬投与で注意喚起 - イムランとフェブリクなど

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年8月18日

    処方するためにはコメントの入力が必要なことから、医師はコメントに「継続」と入力して処方した。  保険薬局からの疑義照会はなく、患者は「イムラン錠」と「フェブリク錠」の内服を開始したところ、2カ月後に患
  • 2016年度改定検証、5つの調査票案を承認

    カテゴリー:医療維新 2017年6月29日

    況調査 ・保険薬局調査:かかりつけ薬剤師指導料の届出を行っている保険薬局の中から無作為抽出した1000施設、かかりつけ薬剤師指導料の届出を行っていない保険薬局の中から無作為抽出した保険薬局1000施設。
  • 「みんなで選ぶ薬局アワード」開催

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年4月14日

    全国の創意工夫している薬局を表彰する第1回「みんなで選ぶ薬局アワード(主催:一般社団法人薬局支援協会)」が9日、都内で開催され、最優秀賞に東京都板橋区のヒルマ薬局小豆沢店、特別審査員賞に三重県津市の健...
  • 一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査

    カテゴリー:医療維新 2017年2月22日

     厚生労働省が実施した2016年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査で、保険薬局が受け取る院外処方せんにおいて、一般名処方された医薬品の割合は全体の31.1%に上り、2015年度調査の24.8%よりも6
  • 「割線模様」の錠剤で調剤現場混乱も

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月7日

     医師の指示に基づき錠剤に刻まれた割線で2分割(半割)して薬剤師が調剤するケースは日常的に保険薬局などで行われている。これは一部条件が伴うものの、調剤報酬の自家製剤加算を取得することができる。割線につ
  • 「不正請求が横行」、柔道整復療養費を問題視

    カテゴリー:医療維新 2016年10月12日

     白川氏は、「今までの厚生労働省の療養費についての基本的な考え方が、違っていたのではないか」と指摘。保険医療機関や保険薬局については、診療報酬や調剤報酬の厳格に施設基準や算定基準が設定され、レセプト審査も行われている。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年10月5日

    ら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。最終回となる第9回は総括として、これまでに解説してきたオーストラリアの薬局サービスを質の観点から考察し、日本の保険薬局が学ぶポイントを整理します。
  • ワーファリンなどの取り違えに警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月30日

    し、薬剤を取り違えてペルジピンを誤投与したことが判明した。  別の事例では、外来を受診した患者が保険薬局で内服薬を受け取って帰宅。受診後から食欲不振や倦怠感が強く、歩行困難となり、2日経っても症状が改
  • 後発薬の促進策検証、インターネット患者調査を導入

    カテゴリー:医療維新 2016年9月28日

     後発医薬品の患者調査は、従来は保険薬局(約1500施設)で調剤を受けた患者(1施設2人、全体で約3000人)を対象としていた。それに加えて、直近1カ月以内に保険薬局で処方せんを持って来局した約100
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月24日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第8回は、「薬局業界の規制緩和」についてお話しいただきます。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第7回は、「インフルエンザ予防接種率向上に向けた薬局の取り組み(The
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月9日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第6回は「在宅医療への参画(Home Medicines
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年6月2日

    速今回も仮想シナリオから始めて、エビデンスに触れてみましょう。 仮想シナリオ  あなたは、とある保険薬局で在宅医療にも関わっている薬剤師です。以前より連携して仕事をしている介護支援専門員からCさん(8
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年5月11日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第5回は、「薬局サービス(分割調剤・一包化・臨床介入など)」についてお話しいただきます。
  • 後発薬普及に向け「薬剤費削減効果の推計を」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月27日

    した。  「後発医薬品の使用促進策の影響及び実施状況調査」は、全国の施設の中から無作為に抽出した保険薬局1500 施設、診療所2000 施設、病院1500 施設などを対象に、2015年7月に実施。その
  • 残薬、82%が「重要な課題」と認識◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年3月21日

     さらに、処方せんに新設される残薬対応の欄について、想定される使用方法を医師に質問した(任意)。改定後は、処方せんに「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄が新設され、(1)後で情報提供してもらい。次回の診察時に
  • 「医師と薬剤師」間の情報提供、疑義照会増加

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    関と薬局との間の疑義照会、情報提供の機会が今後、増えそうだ。 【医薬分業の場合における医療機関と保険薬局との情報提供等】  2016年度改定で新設・変更された主なものを抜粋。 ・かかりつけ薬剤師指導料(調剤)
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第4回は、「調剤実務(医薬品分類・調剤業務の流れ・箱出し
  • 「かかりつけ薬剤師」の有無で点数に大差

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

     2016年度診療報酬改定で、大きな影響を受けるのが、保険薬局だ(資料は、厚生労働省のホームページ)。かかりつけ薬剤師・薬局の評価が目玉であり、大型の門前薬局に対しては従来以上に締め付けを強化する。薬
  • 「内服薬2種類以上、減少」で250点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

     ※「調剤報酬」の記載がない場合は、全て医科診療報酬。 ◆残薬の是正 ・処方せん様式の見直し  処方せんの欄に新たに、「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄を設け、(1)医療機関へ疑義照会した上で調剤、(2)医療
  • 「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    を、それぞれ新設する。  医薬品の残薬管理に向け、処方せん様式も見直す。処方せんの欄に新たに、「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄を設け、(1)医療機関へ疑義照会した上で調剤、(2)医療
  • 「薬局改革の元年」、2016年度改定

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    評したのは、健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏だ。幸野氏の指摘通り、2016年度診療報酬改定で、保険薬局は大きな変革を迫られる(資料は、厚生労働省のホームページ)。医薬分業が普及した今、「二度手間」「
  • 診療情報提供書、「ネット送受信」可能に

    カテゴリー:医療維新 2016年1月27日

    信を認める。  IT化の関連では、電子版の手帳(電子版お薬手帳)も認める。(1)提供した保険薬局以外の保険薬局や保険医療機関、患者等が容易に手帳の内容を閲覧し、手帳へ記入し、その内容を紙媒体へ出力でき
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年1月22日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第3回は、「薬局の役割と実現に向けた取り組み」についてお話しいただきます。