m3.com トップ>記事検索結果

「保険薬局」の検索結果

  • 「医師の働き方改革」、2018年度改定の基本方針に

    カテゴリー:医療維新 9月6日

    に最近、医療機関の敷地内に調剤薬局(いわゆる門内薬局)を作る動きが出ていることを踏まえ、「通常の保険薬局とは明らかに異なり、かかりつけ薬剤師の機能を発揮できない。それに見合った評価をすべき」と訴えた。
  • 併用禁忌薬投与で注意喚起 - イムランとフェブリクなど

    カテゴリー:臨床ニュース 8月18日

    処方するためにはコメントの入力が必要なことから、医師はコメントに「継続」と入力して処方した。  保険薬局からの疑義照会はなく、患者は「イムラン錠」と「フェブリク錠」の内服を開始したところ、2カ月後に患
  • 2016年度改定検証、5つの調査票案を承認

    カテゴリー:医療維新 6月29日

    況調査 ・保険薬局調査:かかりつけ薬剤師指導料の届出を行っている保険薬局の中から無作為抽出した1000施設、かかりつけ薬剤師指導料の届出を行っていない保険薬局の中から無作為抽出した保険薬局1000施設。
  • 「みんなで選ぶ薬局アワード」開催

    カテゴリー:臨床ニュース 4月14日

    全国の創意工夫している薬局を表彰する第1回「みんなで選ぶ薬局アワード(主催:一般社団法人薬局支援協会)」が9日、都内で開催され、最優秀賞に東京都板橋区のヒルマ薬局小豆沢店、特別審査員賞に三重県津市の健...
  • 一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査

    カテゴリー:医療維新 2月22日

     厚生労働省が実施した2016年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査で、保険薬局が受け取る院外処方せんにおいて、一般名処方された医薬品の割合は全体の31.1%に上り、2015年度調査の24.8%よりも6
  • 「割線模様」の錠剤で調剤現場混乱も

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月7日

     医師の指示に基づき錠剤に刻まれた割線で2分割(半割)して薬剤師が調剤するケースは日常的に保険薬局などで行われている。これは一部条件が伴うものの、調剤報酬の自家製剤加算を取得することができる。割線につ
  • 「不正請求が横行」、柔道整復療養費を問題視

    カテゴリー:医療維新 2016年10月12日

     白川氏は、「今までの厚生労働省の療養費についての基本的な考え方が、違っていたのではないか」と指摘。保険医療機関や保険薬局については、診療報酬や調剤報酬の厳格に施設基準や算定基準が設定され、レセプト審査も行われている。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年10月5日

    ら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。最終回となる第9回は総括として、これまでに解説してきたオーストラリアの薬局サービスを質の観点から考察し、日本の保険薬局が学ぶポイントを整理します。
  • ワーファリンなどの取り違えに警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月30日

    し、薬剤を取り違えてペルジピンを誤投与したことが判明した。  別の事例では、外来を受診した患者が保険薬局で内服薬を受け取って帰宅。受診後から食欲不振や倦怠感が強く、歩行困難となり、2日経っても症状が改
  • 後発薬の促進策検証、インターネット患者調査を導入

    カテゴリー:医療維新 2016年9月28日

     後発医薬品の患者調査は、従来は保険薬局(約1500施設)で調剤を受けた患者(1施設2人、全体で約3000人)を対象としていた。それに加えて、直近1カ月以内に保険薬局で処方せんを持って来局した約100
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月24日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第8回は、「薬局業界の規制緩和」についてお話しいただきます。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第7回は、「インフルエンザ予防接種率向上に向けた薬局の取り組み(The
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月9日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第6回は「在宅医療への参画(Home Medicines
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年6月2日

    速今回も仮想シナリオから始めて、エビデンスに触れてみましょう。 仮想シナリオ  あなたは、とある保険薬局で在宅医療にも関わっている薬剤師です。以前より連携して仕事をしている介護支援専門員からCさん(8
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年5月11日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第5回は、「薬局サービス(分割調剤・一包化・臨床介入など)」についてお話しいただきます。
  • 後発薬普及に向け「薬剤費削減効果の推計を」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月27日

    した。  「後発医薬品の使用促進策の影響及び実施状況調査」は、全国の施設の中から無作為に抽出した保険薬局1500 施設、診療所2000 施設、病院1500 施設などを対象に、2015年7月に実施。その
  • 残薬、82%が「重要な課題」と認識◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年3月21日

     さらに、処方せんに新設される残薬対応の欄について、想定される使用方法を医師に質問した(任意)。改定後は、処方せんに「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄が新設され、(1)後で情報提供してもらい。次回の診察時に
  • 「医師と薬剤師」間の情報提供、疑義照会増加

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    関と薬局との間の疑義照会、情報提供の機会が今後、増えそうだ。 【医薬分業の場合における医療機関と保険薬局との情報提供等】  2016年度改定で新設・変更された主なものを抜粋。 ・かかりつけ薬剤師指導料(調剤)
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第4回は、「調剤実務(医薬品分類・調剤業務の流れ・箱出し
  • 「かかりつけ薬剤師」の有無で点数に大差

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

     2016年度診療報酬改定で、大きな影響を受けるのが、保険薬局だ(資料は、厚生労働省のホームページ)。かかりつけ薬剤師・薬局の評価が目玉であり、大型の門前薬局に対しては従来以上に締め付けを強化する。薬
  • 「内服薬2種類以上、減少」で250点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

     ※「調剤報酬」の記載がない場合は、全て医科診療報酬。 ◆残薬の是正 ・処方せん様式の見直し  処方せんの欄に新たに、「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄を設け、(1)医療機関へ疑義照会した上で調剤、(2)医療
  • 「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    を、それぞれ新設する。  医薬品の残薬管理に向け、処方せん様式も見直す。処方せんの欄に新たに、「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄を設け、(1)医療機関へ疑義照会した上で調剤、(2)医療
  • 「薬局改革の元年」、2016年度改定

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    評したのは、健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏だ。幸野氏の指摘通り、2016年度診療報酬改定で、保険薬局は大きな変革を迫られる(資料は、厚生労働省のホームページ)。医薬分業が普及した今、「二度手間」「
  • 診療情報提供書、「ネット送受信」可能に

    カテゴリー:医療維新 2016年1月27日

    信を認める。  IT化の関連では、電子版の手帳(電子版お薬手帳)も認める。(1)提供した保険薬局以外の保険薬局や保険医療機関、患者等が容易に手帳の内容を閲覧し、手帳へ記入し、その内容を紙媒体へ出力でき
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年1月22日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第3回は、「薬局の役割と実現に向けた取り組み」についてお話しいただきます。
  • 7対1入院基本料、“平均在院日数の短縮”は明記せず

    カテゴリー:医療維新 2016年1月14日

    ・加算の対象患者には、かかりつけ薬剤師の調剤料、薬学管理料を包括的に評価することも検討する。また保険薬局の基準調剤加算について、在宅訪問の実施、開局時間、相談時のプライバシーへの配慮といった要件を見直
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年1月14日

    ょうか。今回は以下のような仮想症例シナリオで考えてみましょう。 仮想シナリオ  あなたは、とある保険薬局で在宅医療にも関わっている薬剤師です。今回、担当している患者さんのご家族より相談を受けました。そ
  • 分割調剤、「やむを得ない事情」で認める

    カテゴリー:医療維新 2016年1月13日

    同日まとめた「議論の整理」に盛り込んでおり、今後、具体的な要件などを検討する。  分割調剤とは、保険薬局において、1枚の処方せんに記載された全処方日数ではなく、一部の日数分のみを調剤し、後日、改めて残りを調剤するやり方。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2015年12月30日

    取得を目指す藤田健二先生に、オーストラリアの医療制度および薬局実務を読み解きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第2回は、「医療制度および薬局を取り巻く背景」についてお話しいただきます。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2015年12月9日

    医薬分業のあり方に対する国民からの批判も少なからず存在することも事実であり、健康情報拠点としての保険薬局(以後、薬局)が果たすべき機能についての議論は、今もなお各地で行われています。  こうした議論を
  • 門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る

    カテゴリー:医療維新 2015年12月5日

    師を評価する一方、門前薬局に規制をかける方針で合意した(資料は、厚生労働省のホームページ)。  保険薬局の調剤報酬は従来、「対物業務」、つまり備蓄品目などの体制が評価されてきたが、今後は服薬情報の一元
  • 消費税補填、「診療報酬では限界」

    カテゴリー:医療維新 2015年11月30日

    36%)、一般診療所(105.72%)、歯科診療所(100.68%)で補填率は100%を上回った一方、保険薬局の補填率は86.03%と100%を下回り、病院でも特定機能病院や一般病棟病棟では、補填率は100
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2015年11月30日

     今回は在宅にエビデンスを適用する前に、まずは自分に適用させよう、というお話です。 仮想症例  あなたは、とある保険薬局に勤める薬剤師です。この薬局では、数年前から施設在宅(介護付き有料老人ホーム)の処方箋を受けるよ
  • 患者の7割超は「かかりつけ医」あり

    カテゴリー:医療維新 2015年11月19日

    のかかりつけ医から全ての治療を受けている」は2割程度(同16.9%、20.2%)。  調査では、保険薬局を利用した患者(n=323)に、「かかりつけ薬局の有無」も聞いており、「ある」との回答は65.0%。「たまに別のところでもらう」が19
  • 「自己負担ない患者にも、明細書発行を」支払側

    カテゴリー:医療維新 2015年11月18日

     明細書の無料発行は、レセプトの電子請求を行っている医療機関を対象に、順次義務化されている。400床以上の病院と保険薬局では既に対象となり、400床未満の病院、一般診療所、歯科診療所についても、レセコンが対応していな
  • 病院は1.4ポイント赤字増、診療所は黒字維持

    カテゴリー:医療維新 2015年10月30日

    637施設、52.6%)、歯科診療所は全体の50分の1(1130施設、585施設、51.8%)、保険薬局は全体の25分の1(1763施設、911施設、51.7%)。  2014年4月実施の診療報酬改定
  • 個別項目の消費税“見える化”は困難

    カテゴリー:医療維新 2015年10月16日

    費税問題に関する検討会」が実施したもので、医科・歯科・保険薬局で課税費用と売上の関係などを診療報酬項目ごとに調べた。その結果、医療機関や保険薬局によって課税経費率のバラツキが大きく、診療報酬項目別に消
  • 今こそ伝えたい薬剤師のためのリーダー論

    カテゴリー:医療維新 2015年10月16日

    リーダー像として「変化への対応」と「組織改革」の2つのキーワードが挙げられるでしょう。  現在、保険薬局事業または医薬分業は成熟期を迎えています。成熟期にはブレイクスルーを起こせる変革リーダーが求められます。
  • 保険証の提示が不要に、2017年以降

    カテゴリー:医療維新 2015年10月5日

    ーとは別の番号で管理することが検討されている。  医療保険のオンライン資格確認は、保険医療機関や保険薬局の窓口で、医療保険の被保険者証の代わりに「個人番号カード」を提示し、専用回線を通じて資格確認サー
  • 「医薬分業から第2のステップへ」、薬局の役割

    カテゴリー:医療維新 2015年9月15日

    「何をサポートするのか分かりづらい。健康づくり支援薬局のままでいいのでは」と反論し、三好氏や日本保険薬局協会常任理事の二塚安子氏も、「健康づくり支援薬局(仮)」にすべきとした。二塚氏は、羽鳥氏の意見に
  • 「調剤医療費の伸び、異常に高い」

    カテゴリー:医療維新 2015年9月9日

    調剤技術料の増加。日医は、調剤関連技術料を、医科院内と、保険薬局に分けて独自に分析。その結果、2005年から2014年までの10年間で、保険薬局の技術料(調剤基本料、調剤料、薬学管理料など)は累計66
  • 人権侵害の指導・監査、現場から改善を!

    カテゴリー:医療維新 2015年9月1日

    く見直しに向け、動き始めたが、さらに改革の波を作っていかなければいけない」とコメント。最近では、保険薬局などへの指導も厳しくなっており、関係者が協力して指導・監査の改善に向け、取り組むことが必要だとした。
  • 「薬局適正化0.1兆円、在院日数適正化1.5兆円」の試算も

    カテゴリー:医療維新 2015年8月10日

    革工程表策定に向けて、今後議論を進める。社会保障WGの委員からは、社会保障費の適正化に向けて、「保険薬局の適正化で0.1兆円」「ジェネリック化の促進で1.5兆円」「地域別の適正在院日数を算出で1.4兆円から1
  • 薬局のあるべき機能とは

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    休日・夜間、在宅医療、OTC薬対応等  まず、薬局が備えるべき基本的な体制として望ましいのは、保険薬局の指定以外にも、各種公費医療制度(自立支援、生活保護等)による指定、麻薬小売業者の免許、高度管理
  • 「後発品、問題なし」は1割未満◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2015年7月17日

    た。  他に3人に1人以上が回答したのは、「薬剤名が分かりにくい、間違えやすい」が37.9%、「保険薬局における調剤品目が不明」で35.7%となった。先発医薬品名で処方し、後発医薬品への変更を可能とし
  • 仮称を「健康づくり支援薬局」に変更

    カテゴリー:医療維新 2015年7月3日

    「事務局の努力を多とする。拠点から健康づくり支援に変わって、イメージしやすくなった」と賛同。日本保険薬局協会常務理事の二塚安子氏は名称にこだわらないとしつつ、「健康づくりに必要な『情報』がキーワードに
  • 「行きすぎた医薬分業、押し戻す」中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2015年6月28日

    業を進めた結果、過去10年間で、医科の院内処方の調剤料および処方料は約1000億円減少した一方、保険薬局の調剤技術料は約5500億円増加したというデータを提示。「処方せんが院内から院外に移転した分以上
  • 薬歴未記載81万件「保険制度への影響大きい」

    カテゴリー:医療維新 2015年6月27日

    とが報告された。大手ドラッグストアの調剤薬局で薬歴未記載が相次いだ問題を受け、日本薬剤師会、日本保険薬局協会、日本チェーンドラッグストア協会の3団体が厚生労働省の要請を受け自主点検した。厚労省は各薬局
  • 医療、適正化も「成長の新エンジン」期待、骨太の方針

    カテゴリー:医療維新 2015年6月23日

     その他、骨太の方針に盛り込まれた医療関連の主な事項は、以下の通り。 ・2016年度改定における保険薬局の収益状況も踏まえた調剤技術料・薬学管理料の妥当性の検証 ・高齢者医療確保法第14条の診療報酬特例(都道府県別診療報酬)の在り方検討
  • かかりつけ薬局に優れた健康サポート機能を

    カテゴリー:医療維新 2015年6月19日

    覚悟を持ってほしい。そのような気持ちがないと商売優先になってしまい残念である」と語った。  日本保険薬局協会常務理事の二塚安子氏は、「羽鳥氏の言うことはもっともだが、薬歴管理をする中で薬局の機能が果た