m3.com トップ>記事検索結果

「健康サポート薬局」の検索結果

  • オンジ製剤の製品名、厚労省「メーカー戦略予測できず、反省材料」

    カテゴリー:医療維新 11月15日

    39医薬品等、延べ64件』を参照)。  健康サポート薬局、10月末で567件  医薬品医療機器部会ではそのほか、2016年10月からスタートした健康サポート薬局の現状も報告された。届け出数は、2017年10月末現在、全国で567件。
  • 「医学部定員増、精査を」、骨太2017素案

    カテゴリー:医療維新 6月3日

    局の機能分化の在り方を含め検討する。 ・医師の指示に基づくリフィル処方の推進を検討する。 ・健康サポート薬局の取組を促進する。 ・2020年9月までに、後発医薬品の使用割合を80%とする。 ・先発医薬
  • かかりつけ薬剤師、地域包括ケアでの活躍期待

    カテゴリー:医療維新 1月19日

    ル事業への積極参加を期待した。  かかりつけ薬剤師・薬局をめぐっては、2016年10月から「健康サポート薬局」もスタート。その届出数は、2016年12月末までに、31都道府県で113件だ。都道府県等に
  • 在宅医療を「見える化」、臨床評価指標の策定へ

    カテゴリー:医療維新 2016年7月6日

    専門医、訪問看護、ショートステイ、ターミナルケア、看取り(特にへき地、過疎地域)、緩和ケア、健康サポート薬局、在宅療養支援歯科診療所、在宅医療を提供する施設等のデータベースなど多数。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    るべき業務も多くあります。今後、OTC薬を用いたセルフメディケーションの推進や在宅対応など、健康サポート薬局として地域から求められる役割が拡大する中、いかに時間を捻出して薬剤師でなければできない業務に
  • 「健康サポート薬局」 薬局経営者に聞く現状と課題

    カテゴリー:医療維新 2016年1月20日

    激しい議論の末にようやく確定した「健康サポート薬局」要件  2016年度の診療報酬改定では「かかりつけ薬局・薬剤師」を評価する一方で、大型門前薬局に対する評価の適正化など、本体から切り離して調剤報酬を引き下げる方針が示されました。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2015年12月30日

    専門とする薬剤師「コンサルタントファーマシスト」が誕生しており、こうした動きは、日本が目指す健康サポート薬局とは異なる方向に進んでいく可能性があるからです。そのため、海外の薬局事情を日本と比較考察する
  • 「分配比率1:0.3の公平な改定求める」、日薬・森副会長

    カテゴリー:医療維新 2015年12月11日

    だけで全て行うことは難しいので、地域の薬剤師会がいかに機能していくかが問われている。 ――「健康サポート薬局」も制度として固まりました。  そもそも薬局は病気でなくても来られるところ。処方せんの受け取
  • 「先制医療や副作用発見も仕事に」、薬剤師のあり方議論

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    「超高齢社会における薬剤師・薬局の役割、機能の充実に向けて」として、今年9月に概要が固まった「健康サポート薬局」制度や「患者のための薬局ビジョン」などの厚労省の取り組みを紹介。「薬剤師の置かれている状況は厳しいが、期待も大きい」と話した。
  • 患者の7割超は「かかりつけ医」あり

    カテゴリー:医療維新 2015年11月19日

    5%にとどまり、「同じ薬剤師でなくてよい」(59.8%)が上回った。来年度から地域の健康情報拠点として「健康サポート薬局」の整備が始まり(『「健康サポート薬局」に決定、来春から公表』を参照)、2016年度診療報酬改定に向けて「かかり
  • 健康サポート薬局が示す「かかりつけ薬剤師」とは

    カテゴリー:医療維新 2015年10月21日

    会」が、9月24日に発表された報告書をもって幕を閉じました。「健康情報拠点薬局」の正式名は「健康サポート薬局」に決定。年内に策定予定の「患者のための薬局ビジョン」との関係性もありますが、概ね「かかりつ
  • 「健康サポート薬局」に決定、来春から公表

    カテゴリー:医療維新 2015年9月30日

    昭和薬科大学学長)の報告書を公表した。検討会内ではまとまらなかった名称については座長判断で「健康サポート薬局」に、一般用医薬品(OTC)の取り扱いについては具体的な品目数を要件化しなかった。厚労省は2