m3.com トップ>記事検索結果

「入院時食事療養費」の検索結果

  • 療養病棟入院基本料の一本化を提案

    カテゴリー:医療維新 11月17日

    の質が低下することになってはいけない。 入院時食事療養費等に関する論点(案) 2016度診療報酬改定において、主として市販流動食を提供した場合の入院時食事療養費を引き下げたが、改定後の食事療養に係る医
  • 湿布薬は70枚まで、超過には理由必要

    カテゴリー:医療維新 2016年2月14日

    養用製品のみで栄誉管理している場合、「医薬品」として薬価収載されている価格と、「食品」扱いで入院時食事療養費として給付される価格が異なることから、給付を揃える。  国費ベースで、湿布薬の枚数制限等で約
  • CTは64列以上、MRIは3テスラ以上を高評価

    カテゴリー:医療維新 2015年12月12日

    薬剤として給付され、後者は入院時食事療養費に含まれる。いずれを選択するかは医療機関の判断。両者の給付額の均衡を図るため、(1)経腸栄養用製品のみ使用する場合の入院時食事療養費の額を見直し、(2)食品で
  • 食事療養費、精神病床は一部据置き

    カテゴリー:医療維新 2015年12月3日

    長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)で、2016年4月から段階的に引き上げが予定されている入院時食事療養費について、同4月1日の時点で1年以上入院している患者の負担額は据置きとする経過措置案を提示し
  • 横倉日医会長「残念」、介護マイナス改定

    カテゴリー:医療維新 2015年1月15日

    予算3%増の29兆9000億円、2015年度』を参照)。介護報酬の2.27%のマイナス改定や入院時食事療養費の患者負担の引き上げなどについては「残念」としたが、消費増税先送りによる財源確保の難しさに一
  • 「紹介なし大病院の受診」、法で抑制

    カテゴリー:医療維新 2015年1月9日

     そのほか、医療費適正化計画も見直し、都道府県ごとの「医療費の水準」の目標を定めるほか、予防・健康づくりの促進、入院時食事療養費の患者負担の見直しなども行う。さらに、患者申出療養(仮称)を新設し、現在の保険外併用療養の評
  • 後期高齢者の保険料軽減特例、廃止提案

    カテゴリー:医療維新 2014年10月17日

    己負担、保険料徴収の際の標準報酬月額、国保保険料の賦課限度額、被用者保険の保険料率の上下限、入院時食事療養費など、幅広い。  後期高齢者の負担増の第一が、保険料の軽減特例の見直し。2008年の制度開始
  • 医薬品の参照価格制度「無理」、日医

    カテゴリー:医療維新 2014年10月16日

    や医療者の教育コストを踏まえて、「両者は不可分」と、改めて反対の意を示した。  その他にも、入院時食事療養費について「入院医療と在宅医療の公平を図る観点から、見直すことが必要」として、一般病床などで給
  • 「紹介なし自己負担」に3案、医療保険部会

    カテゴリー:医療維新 2014年7月8日

    事業主負担、日医と健保、異見  入院時食事療養費、生活療養費についても議論があった。厚労省は、一般病床の入院者や療養病床に入院する65歳未満の患者から取る「入院時食事療養費」について、現状では食材費相当
  • 大病院の外来負担、見直しに向け検討開始

    カテゴリー:医療維新 2014年4月21日

    り進めるために、上乗せの負担を義務化するか否かが論点。  「入院に関する給付の見直し」では、入院時食事療養費・生活療養費に対する給付の在り方が検討課題だ。  今後の検討スケジュールは了承されたが、委員
  • 「参照価格制の検討」を提言、厚労省仕分け

    カテゴリー:医療維新 2012年7月6日

    ていかなければ、後発医薬品の使用は進まないと指摘。埼玉医科大学医学部特任教授の宮山徳司氏も、入院時食事療養費などの負担のあり方も制度改正してきたことを踏まえ、「これ(参照価格制)だけを別の問題として考えるのはどうか」とコメント。
  • 病棟配置のコメディカルにも診療報酬の評価必要◆Vol.11

    カテゴリー:医療維新 2010年11月19日

    者が約76%であり、高齢患者が増えてくるとNSTが必要」(近森氏)。  NSTの実施により、入院時食事療養費の収入は増加、一方で輸液使用量や抗菌剤の使用は減少するなど、病院全体で見れば費用対効果が期待