m3.com トップ>記事検索結果

「全国医師連盟」の検索結果

  • 群馬大学腹腔鏡事件の報告書は小学生レベル

    カテゴリー:医療維新 2015年3月24日

    り、個人の責任ではない。 3.事故調査には専門的なトレーニングが必要  勤務医中心の団体である全国医師連盟は3月8日に緊急声明を出し(4)、医療従事者は、医療機関設置者・管理者・運営者および院内・院外
  • 「刑事事件は激減する」、根拠なし

    カテゴリー:医療維新 2015年3月9日

    全医連代表理事の中島恒夫氏。  全国の勤務医で組織する全国医師連盟(代表理事:中島恒夫氏)は、3月8日に第4回「医療事故調シンポジウム」を都内で開催し、「医療事故調査と刑事捜査に対する緊急声明」を公表
  • 勤務医は備品にあらず!全医連集会

    カテゴリー:医療維新 2014年6月9日

     第7回全国医師連盟集会が6月8日、「勤務医の労働環境は改善しているのか?」をテーマに都内で開催され、代表理事の中島恒夫氏は、「全国都道府県立病院労務実態調査」の結果を公表した。回答があった40都道府
  • “医療事故調”メーリングリスト、発起人に40人超参加

    カテゴリー:医療維新 2014年3月11日

    、医師で弁護士の田邉昇氏、衆議院議員の橋本岳氏、参議院議員の足立信也氏、勤務医中心の団体である全国医師連盟代表の中島恒夫医師、諫早医師会副会長の満岡渉氏、東京大学医科学研究所特任教授の上昌広氏など、幅
  • 法案提出目前も、問題多々の“事故調”案

    カテゴリー:医療維新 2014年2月10日

     全国医師連盟が2月9日に開催した「第3回医療事故調シンポジウム」で、シンポジストは異口同音に、いまだ厚生労働省の“医療事故調”案には問題点が多いことを指摘した。厚生労働省の“医療事故調”法案は、既に
  • 自民は「実質無回答」、全医連アンケート

    カテゴリー:医療維新 2013年7月17日

     全国医師連盟は、7月21日の参院選を控え、各政党に対して医療の今後の方向性についてアンケートを実施、このほど公表した(資料は、全医連のホームページに掲載)。7月8日の締切までに回答したのは、日本共産
  • 真の「日本の医師会」の創設が理想- 安達秀樹・京都府医師会副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2012年5月7日

    (『全医師の日医加入を求め、質問が集中』を参照)。  これは私の個人的見解ですが、勤務医による全国医師連盟ができた時に、実は相当期待をしていたのです。勤務医は被用者の立場。一方、日医は基本的には経営者
  • 2011年、医療界のキーパーソンは誰?◆Vol.2-2

    カテゴリー:医療維新 2011年12月22日

    中川俊男氏(日本医師会副会長) 28 森山寛氏(全国医学部長病院長会議会長) 28 中島恒夫氏(全国医師連盟代表) 30 羽生田俊氏(日本医師会副会長) 31 有賀徹氏(昭和大学病院長) 32 堺常雄氏(日本病院会会長)
  • 臨床メーンの医師の裁量労働制は認めず、厚労省

    カテゴリー:医療維新 2011年10月6日

     全国医師ユニオンと全国医師連盟が10月6日に行った厚生労働省への要請行動で、同省は、臨床を主たる業務とする医師の裁量労働制は認めないという見解を示した。そのほか、2009年度に労働基準監督署が立ち入
  • 医師ら「1000人デモ」企画、震災復興・医療再生を要請

    カテゴリー:医療維新 2011年6月27日

    住江憲勇(全国保険医団体連合会会長) 遠山義浩(小樽脳・循環器病院理事長) 中澤堅次(NPO法人医療制度研究会理事長) 中島恒夫(全国医師連盟代表) 日野秀逸(東北大学名誉教授) 藤末衛(全日本民医連会長) 邉見公雄(赤穂市民病院名誉院長)
  • 全医連が体制刷新、法人化、代表も交代

    カテゴリー:医療維新 2011年6月13日

    二代目の代表に就任した、中島恒夫氏(長野市の東口病院副院長)。  全国医師連盟は6月12日、記者会見を開き、組織強化のため、一般社団法人化を目指すことを明らかにした。現在は法人格を持たない。今月中に手
  • 2010年、医療界のキーパーソンは誰?◆Vol.2-2

    カテゴリー:医療維新 2010年12月24日

    遠藤久夫氏(学習院大学経済学部教授、中医協会長) 14 岡本充功氏(厚生労働大臣政務官) 15 黒川衛氏(全国医師連盟代表) 15 本田宏氏(済生会栗橋病院副院長) 17 山口徹氏(虎の門病院院長) 18 有賀徹氏(昭和大学教授、日本救急医学会理事)
  • 保険請求用の診断書、大手生保が簡略化へ

    カテゴリー:医療維新 2010年12月20日

     全国医師連盟は12月20日、同連盟の申し入れを受け、大手生命保険会社が1社がこの11月から、医療保険・疾病保険の支払い請求に必要な入院証明書(診断書)記載の簡略化に対応したことを明らかにした。同連盟
  • 医師1000人のデモ、2011年秋の実施へ、全国医師ユニオン

    カテゴリー:医療維新 2010年11月29日

    れるので、医師以外の団体とも一緒に活動することも想定される」(植山氏)。  植山氏は、黒川衛・全国医師連盟代表、本田宏・済生会栗橋病院副院長らとともに、今年9月、「医療再生フォーラム21」を発足させて
  • 「医療崩壊の第二の原因は医療者自身」、医師の自覚と協力呼びかけ

    カテゴリー:医療維新 2010年9月21日

     本田宏・済生会栗橋病院副院長、黒川衛・全国医師連盟代表、植山直人・全国医師ユニオン代表の3人の医師が発起人となり、11人の呼びかけ人である医師らで組織する「医療再生フォーラム21」が発足、9月19日
  • 「36協定の締結状況、公表できず」、厚労省が回答

    カテゴリー:医療維新 2010年5月17日

     全国医師連盟と全国医師ユニオンは5月17日、「勤務医に対する労働基準法違反の処遇に関する厚生労働省への要望書」を基に、厚労省との交渉を行った。要望書は、全国の公的医療機関における医師職に関する36協
  • 原中執行部の誕生は、従来路線を是としない会員の意思

    カテゴリー:医療維新 2010年4月2日

     全国医師連盟代表の個人的なコメントとして、4月1日の日本医師会会長選挙への感想を述べさせていただきます。  これまでの唐澤執行部の下で、日本医師会は与党厚労族と厚労省官僚への依存を強めるばかりで、適
  • 2009年、医療界のキーパーソンは誰?◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2009年12月25日

    っており、来年4月の日医会長選の行方が注目される。  高久史麿氏(日本医学会会長)、黒川衛氏(全国医師連盟代表)、小松秀樹氏(虎の門病院泌尿器科部長)は2008年に引き続き上位10位以内にランクイン。
  • 「過労死ライン」の36協定締結、国公立・公的病院の15%

    カテゴリー:医療維新 2009年11月22日

     全国医師連盟と全国医師ユニオンによる「医療機関における36協定全国調査結果」が11月22日公表された。調査は2008年末から2009年初めに実施、全国の大学病院や公立・公的病院など1549病院を対象
  • 過労自殺、無給・大学院生などの相談が計29件

    カテゴリー:医療維新 2009年9月28日

    系が多かった」(全国医師ユニオン代表の植山直人氏)。  全国医師ユニオンは、昨年6月に発足した全国医師連盟(会員数は825人)の活動の一環としてスタート、今年7月21日に東京都労働委員会において適合決
  • 全国医師連盟の「五つの緊急提言」に5党が回答◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2009年8月17日

     全国医師連盟は8月17日、衆議院議員総選挙に先立ち行った、各政党への公開質問状への回答結果を公表した(表1)。これは同連盟が8月6日にまとめた、医療費増など「五つの緊急提言」(表2、同連盟のホームペ
  • 医師個人加入の労働組合「全国医師ユニオン」設立

    カテゴリー:医療維新 2009年6月7日

     第2回全国医師連盟(全医連)集会が6月7日都内で開催され、同連盟が掲げる活動の3つの柱の一つ、「診療環境改善」の一環として設立された「全国医師ユニオン」(東京都千代田区)についての説明が行われた。
  • 「切磋琢磨の競争」こそが医療に必要◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2009年3月13日

    るのではないでしょうか。私は昨年1月の全国医師連盟の総決起集会(『「全国医師連盟」が総決起集会を開催』を参照)に参加したのですが、奇しくも黒川衛氏(全国医師連盟代表)が、「われわれは医師や看護師、技師
  • 2008年、医療界のキーパーソンは誰?◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2008年12月26日

    4 本田宏氏(済生会栗橋病院副院長) 5 高久史麿氏(日本医学会会長)     6 黒川衛氏(全国医師連盟代表) 7 土屋了介氏(国立がんセンター中央病院院長) 7 丹生裕子氏(「県立柏原病院の小児科を守る会」代表)
  • 国を訴えた「リハビリ裁判」は2つとも却下◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2008年11月10日

    でも、ネットニュースの力は非常に大きいわけです。一番問題意識を持ってほしいのは医療者ですから。全国医師連盟も、募金活動で支援してくれました。    次第に医療界に知られるようになると、何の面識がなくて
  • 「全国医師連盟」発足への期待と不安

    カテゴリー:医療維新 2008年6月9日

         「全国医師連盟」が6月8日、正式発足し、東京都内で設立集会を開催した。冒頭の挨拶で同連盟代表の黒川衛氏は、「従来の学会や医師会などは確かに歴史的役割を果たしてきたが、“医療崩壊”に直面しても
  • 「第四の同業者組織」として“医療再生”に着手 - 「全国医師連盟」黒川衛氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2008年6月4日

     来る6月8日、新たな医師団体、「全国医師連盟」の設立集会が東京で開催される。1月の準備委員会総決起集会から約4カ月半の準備期間を経て、正式発足の運びとなる。1月の総決起集会に対してはどんな反響があっ
  • 「大野病院事件が有罪なら分娩中止も検討」◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2008年4月14日

    。  「患者さんを助けようとしている医師は助けてほしい」  黒川氏は、勤務医などによる新組織「全国医師連盟発足準備委員会」執行部世話役を務める  ◆黒川氏の発言要旨  患者さんを助けようとしている医師
  • 「重症者リハビリ切り捨て」問題で国を再び提訴

    カテゴリー:医療維新 2008年4月11日

    リ関係者にかかわらず、様々な立場の方から支援の声が寄せられている。新たな医師の全国的な組織、「全国医師連盟設立準備委員会」でも、支援活動を開始した(詳細は、ホームページを参照)。  「裁判は時間がかか
  • 「全国医師連盟」が総決起集会を開催

    カテゴリー:医療維新 2008年1月15日

    総決起集会は、東京ビッグサイトの会議室で開催された。  勤務医を中心とした医師の新組織である「全国医師連盟」の準備委員会総決起集会が1月13日、東京で開催された。準備委員会執行部世話役の黒川衛氏(真珠
  • 「全国医師連盟」を来春発足へ - 全国医師連盟設・黒川氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2007年12月17日

    その問題解決に向けて、勤務医を組織化する必要性が指摘されているが、その先陣を切っているのが、「全国医師連盟」だ。来年1月には東京で総決起集会を開き、来春の発足を目指す。同連盟の設立準備委員会の発起人世