m3.com トップ>記事検索結果

「内科専門医」の検索結果

  • 僻地勤務、義務にするなら「後期研修」「30代」が最多

    カテゴリー:医療維新 1月2日

    に差がある。年配以上になってくると専門科以外の診療がまともにできる医師はほぼいない。形ばかりの内科専門医制度で教科書でしか疾患を知らない医師ではヤブ医者以外のなにものでもない。現状は誤診され、投薬されている患者も多い。
  • 60.6%が専門医 取得、総合内科専門医が急増

    カテゴリー:医療維新 2017年12月15日

    6%に達し、前回調査(2014年)の56.9%から約10ポイント上昇したことが明らかになった。特に総合内科専門医が6858人増と大幅に増加した(資料は厚労省のホームページ)。  調査は医師法6条に基づき、厚労
  • UBTでHp5‰未満、観察か再除菌か

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月11日

    科勤務医】 良く分からないから【内科開業医】 セカンドオピニオンを取る【外科系勤務医】 消化器内科専門医に任せる【外科系勤務医】 「その他」の回答理由 患者希望による【内分泌・血液科開業医】 除菌判定
  • 総合診療専門研修プログラム「1次審査基準」、都市集中回避が狙い - 松原謙二・日本専門医機構副理事長に聞く

    カテゴリー:医療維新 2017年9月28日

    J-OSLER」(専攻医登録評価システム)が使えるので、総合診療専門医のほか、内科専門医も目指すことができます。内科専門医では、連動プログラムも持っているので、サブスペシャルティ専門医資格の取得も容易になるでしょう。
  • 専門医試験でのUpToDate利用は有利か

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年9月22日

     米国の内科専門医認定(IM-MOC)試験合格者825人を対象に、電子資料を持ち込んでUpToDateを利用することの試験成績への影響を無作為化比較試験で検討。被験者は修正版IM-MOC試験を受けた。
  • 新専門医に関する過去記事まとめ

    カテゴリー:医療維新 2017年8月30日

    厚労省検討会、永井委員長“私案”が出るもまとまらず、混迷深まる 新専門医、「議論の順番が違う」と異論 (2016.4.6) 内科専門医、「研修施設ゼロ」の2次医療圏は1カ所 (2016.4.17) 外科専門医、取得しても意味ない?高い?
  • 内科専門医試験、問題の7割は「臨床を反映」

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年7月28日

     2010-13年の米国内科専門医認定機構資格維持プログラム(IM-MOC)試験のデータを基に、試験問題の内容に一般診療で内科医が扱う疾患が反映されているかを検証。外来での一次診断1万3832件および
  • 「便通異常外来」は予約でいっぱい【時流◆便秘症】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年8月16日

    therapy”として、ごく限定的な頓用が推奨されている成分だ。  一方、尾高氏が数年前に行った消化器内科専門医資格を持つ医師への調査では、約9割が「刺激性下剤をよく使う」と回答していたそう。木下氏、中島氏、
  • 新専門医制「2018年度開始に向け全力を傾注」、羽鳥常任理事

    カテゴリー:医療維新 2017年6月26日

    くことが求められる、8つの基本領域の学会の対応状況についてヒアリングを行ったことを紹介した(『内科専門医、基幹施設8割以上は市中病院』、『「基幹施設は大学のみ」残る課題、7学会にヒアリング』を参照)。
  • 米の専門医制、「質」重視、研修医数もコントロール

    カテゴリー:医療維新 2017年6月23日

     島田氏は、現在34歳。2007年、東京大学医学部医学科卒業。2008年から米国に留学後、内科と循環器内科専門医の資格を取得。2015年から、マサチューセッツ総合病院で循環器内科指導医として勤務する。ジョンズ
  • 「基幹施設は大学のみ」残る課題、7学会にヒアリング

    カテゴリー:医療維新 2017年6月13日

    へのヒアリングは、第2回会議で実施(『新整備指針の「4つの対応方針」、厚労省検討会が了承』、『内科専門医、基幹施設8割以上は市中病院』を参照)。  第3回会議では、残る7つの基本領域について、日本救急
  • 「見て見ぬふりは医療のプロ失格」【時流◆医療の価値】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年6月9日

    米国では75団体が490項目の「リスト」を発表  「Choosing Wiselyキャンペーン」は、米国内科専門医機構(ABIM)財団などが主導して始めた「(1)エビデンスに裏付けられた、(2)既に受けた検査や
  • 新整備指針は4点改訂、総合診療専門医の基準も了承

    カテゴリー:医療維新 2017年6月2日

    柔軟に対応――といった点だ。 理事会後に記者会見する、日本専門医機構幹部。  総合診療専門医と内科専門医、「オーバーラップ」  総合診療専門医の研修プログラム整備基準は、5月の理事会でほぼ固まっていた
  • 内科専門医、基幹施設8割以上は市中病院

    カテゴリー:医療維新 2017年5月26日

    療に関する検討会」(座長:遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)の第2回会議で、「新しい内科専門医制度 制度移行に向けた特徴的なポイント」と題して、地域医療への配慮と専攻医のキャリア形成への配慮
  • 新整備指針の「4つの対応方針」、厚労省検討会が了承

    カテゴリー:医療維新 2017年5月25日

    育児等で研修を中断し、再開した場合でも研修実績が引き継ぐことができるメリットがある。そのほか、内科専門医では、初期の臨床研修、あるいはサブスペシャルティとの連動研修も可能とするなど、多様な研修プログラムを用意する方針。
  • 「専門医取得、義務ではない」、新整備指針に明記へ

    カテゴリー:医療維新 2017年5月12日

    かいところについては、まだ議論が残っている。調整をしつつ、最終的に決めていきたい。内科専門医に匹敵するが、内科専門医と対立するのではなく、互いが補完し合う総合診療専門医としたい。ダブルボードで両方とも
  • 漢方「食わず嫌いの医師あまりに多い」

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年5月1日

    作用があることは確かと思うが、ほかの西洋医学と併用してそもそもいいものかどうか、不明確【内科勤務医】 無用。内科専門医の毎年出される自習問題集に漢方が一問必ず出題されるが、基礎的臨床的エビデンスがないのに不可解である【内科勤務医】
  • DOAC使用中の内視鏡、専門医の考え【時流◆抗血栓療法】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年4月25日

     「最近では出血高リスクの患者に対し、ワルファリンに比べ、出血性合併症全体を減らすDOACを使用する循環器・神経内科専門医が増えているようだ」と藤城氏。4種のDOACおよびワルファリンを対照群とした臨床試験(8万454
  • 新専門医制度「出産時期と重なり困難」「非常勤でも道を」◆Vol.6-2

    カテゴリー:医療維新 2017年4月1日

    難しい。 ・女医は、出産、子育てというブランクがあり、専門医取得ですら、容易ではない。更新時に内科専門医の資格が必要となると、困難と思われる。子育て、仕事、家事、試験の全てをこなせるだけの能力は少なくとも自分にはない。
  • 新専門医制、8月から専攻医の募集開始を予定

    カテゴリー:医療維新 2017年3月18日

    ログラム制と研修カリキュラム制のいずれも選択可とする。例えば、内科専門医を取得後、救急科専門医を取得したり、総合診療専門医から内科専門医を取得するなど、経験症例等が重複し得る場合に、専門医を取得しやすくなることが想定される。
  • 「大学主導に回帰」「偏在対策は別」「混沌」

    カテゴリー:医療維新 2017年1月30日

    ・勤務する施設によっては専門医の維持ができなくなるため、現時点では、制度自体に反対。【勤務医、50代】 ・内科専門医に関して述べるなら、新専門医制度に反対。今からでも辞めれば良いと思う。【勤務医、50代】 ・患者
  • 溶接時のMn曝露でパーキンソニズム【米国神経学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年1月18日

    船所2カ所、重機工場1カ所で働く労働者886人が参加した。試験開始時に運動障害を専門とする神経内科専門医による検査を実施。全例中398人が10年にわたりパーキンソン様症状の有無を評価された。労働者のマ
  • ワトソン乳癌治療、最大9割一致【米国癌学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年1月16日

     今回、研究グループは自施設に導入されたWFOの妥当性検証を実施。同施設で週に1回開催されている12-15人の腫瘍内科専門医からなる診療科横断的キャンサーボードにおける乳癌患者638例の検討結果との一致率を検討した。検討
  • 「非常に困難な崖」に直面した2016年

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年1月4日

    に走り過ぎた。  結果として、2016年春頃に出そろった各基本領域の専門研修プログラムの数は、内科専門医に次いで、総合診療専門医のものが多くなってしまった。この段階で、私は「これはもう急峻な崖だな」と
  • レジデント評価にマイルストーン法

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年12月28日

    ーン法はRAES評価と相関し、研修年数による差が大きく出た。医学知識については両評価法とも米国内科専門医認定試験スコアと相関し、マイルストーン法は医師ならではの問題をよりよく検出する可能性が示された。
  • 課題は研究支援、コーディネーター活用も- 伊木雅之・近大医学部長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年12月27日

    進めました。特に変わったのが、内科専門医の研修です。それまでは各診療科に任せきりで、大学として何の関与もしてなかったのです。  しかし、新専門医制度は、例えば内科専門医の場合、複数の診療科が集まり、検
  • 研修医、非専門医の急性心筋梗塞見落としの責任は?

    カテゴリー:医療維新 2016年10月23日

    医師の専門性である。大病院であれ、開業医であれ、循環器内科を専門としない医師にとっては、循環器内科専門医に比較すれば、循環器疾患についての知識・経験が少ないことに変わりはなく、本件のような典型的所見を
  • 神経内科専門医の課題検討委が発足

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月5日

     日本神経学会はこのほど、「神経内科専門医課題検討委員会」を発足させ、9月9日に第1回委員会を開催したと学会ホームページで公表した。新専門医制度の本格的な実施に向けて、想定される学会への影響や学会が対
  • 「専門医制度は本当に必要なのか?」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月2日

    で脳卒中を3年間学んだ。新専門医制度により、ナショナルセンターによる早期の専門医養成が壊れる。内科専門医は不要ではないか。卒前教育、臨床研修に加え、さらに3年目から5年目になっても、「内科をなぜまたグ
  • 内科と外科のサブスペシャルティ取得、「短縮」も

    カテゴリー:医療維新 2016年9月8日

    間有効の認定で1万円を想定。  7日の理事会では、サブスペシャルティについても、一部決定した。内科専門医は13のサブスペシャルティ、外科専門医は4のサブスペシャルティとそれぞれ専門研修プログラムの連動
  • 「上が決め、下の世代が割を食う」「中途半端な期間長くなるだけ」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年8月20日

    、研修医の時からの内科ローテも考慮してほしい。内科専門医を取得するまでの時間が長い。おそらく女医はマイナー科の入局は増えることになると思う。 ・内科専門医の取得すべき症例が希少な疾患が多く、そのために
  • 6割が反対、「専門研修へのマッチング導入」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年8月20日

    3%で、約3人に1人が選択した。「内科を選択する際、さらに3年のローテをするのであれば、研修医の時からの内科ローテも考慮してほしい。内科専門医を取得するまでの時間が長い。おそらく女医はマイナー科の入局は増えることになると思う」(卒後2年目
  • 「延期ではなく完全かつ不可逆的に廃止すべき」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月16日

    省が定める標榜診療科全て」とすればよい。それが一番公平である。その場合でも、一番要らないのは「内科専門医」「外科専門医」である。どちらも、いったい何が専門なのか。入り口には「総合診療科」があるし、専門
  • 「大学主導に逆戻り、医師の偏在に拍車」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月15日

    いるが、内科や外科の専門医という専門性に関しては疑問が消えない。総合診療専門医というのは、本来内科専門医に相当する医師があるべき姿であり、内科(外科)のサブスペシャルティ部分が専門医という考え方に相当
  • 新専門医制、サブスペシャルティへの影響大 - 小室一成・日循代表理事に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年8月9日

    の後にサブスペシャルティの研修に入る仕組みでしたが、今検討されている新専門医制度に移行すれば、内科専門医の研修は3年でサブスペシャルティの研修開始が遅くなります。基本診療領域とサブスペシャルティの専門医はどうあるべきだとお考えでしょうか。
  • 日本内科学会、2017年度は現行の専門医制度

    カテゴリー:医療維新 2016年7月30日

    と総合内科専門医の試験をそれぞれ、少なくとも2020年度まで実施する(資料は、同学会のホームページ)。2017年度からの新専門医制度のスタートを機に、認定内科医試験は2018年度、総合内科専門医試験2
  • 「1年延期」の判断を尊重、全国医学部長病院長会議

    カテゴリー:医療維新 2016年7月21日

    庭医、病院総合診療医など、いろいろな概念が包含されている。総合診療専門医の位置付けを明確して、内科専門医やサブスペシャルティとの関係を十分に整理してもらいたい」(新井会長)。  会見には、全国医学部長
  • 総合診療専門医、「合意あれば開始可能」-吉村博邦・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年7月9日

    ょうか。  今回はそれはないと思います。ただ、サブスペシャルティについてはまだ決めていません。内科専門医や外科専門医のサブスペシャルティと、例えば最近登場している疾患別の専門医とはやはり位置付けが異な
  • 内科学会、「新専門医は7月末を目途に判断」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月21日

    判断に注目が集まっている。  「指導医の大病院集中や引き剝がしに配慮」  20日の見解では、新内科専門医について、「複数の疾患を有する場合の多い高齢者にも質の高い医療を提供できるジェネラルな素養を持つ
  • 総合診療専門医への「期待」と「懸念」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月12日

    研修では、入院での経験を重視し、「主担当医として最低20症例」を目安としていると説明。  また内科専門医では、「OSLER」というWeb版研修手帳(専攻医のための登録評価システム)を活用するため、総合
  • 若手医師ら12人、塩崎厚労相に新専門医制度で直訴

    カテゴリー:医療維新 2016年6月2日

    大学病院一つのみという県もあるとし、「大学医局の復活」につながる点も問題だとした。  さらに、内科専門医については、内科全般の研修が義務付けられるため、専門医療のトレーニング開始が遅れることから、「専
  • 「延期でかえって大混乱」、池田専門医機構理事長

    カテゴリー:医療維新 2016年4月25日

    している」ことなどを挙げた。既に19の基本領域では、研修プログラムの申請が締め切られている(『内科専門医、「研修施設ゼロ」の2次医療圏は1カ所』を参照)。池田氏は、「社保審医療部会の意見を尊重する。全
  • 内科専門医、「研修施設ゼロ」の2次医療圏は1カ所

    カテゴリー:医療維新 2016年4月17日

     4月16日に東京都で開催された第113回日本内科学会講演会の新・内科専門医制度説明会「~内科専門医研修プログラムのことを中心に~」で、2017年度開始予定の内科専門医の研修プログラムの参加施設は、現行よりも大幅に増加
  • 「患者診るより症例集め」「開業医に道閉ざされた」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年4月2日

    更新の際に、論文や学会発表が点数化されるなど、地方2次病院や開業医ではなかなかクリアできない条件が多い。【勤務医】 総合内科専門医が指導医と新専門医に移行するが、臨床医は基幹研修施設でのプログラムに参加し、学会発表が必要など、
  • 「学会は消滅?」「医局復権に利用された」◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年4月2日

    配に戻すだけのものに見えます。【勤務医】 【医師のキャリアパスと専門】 小生内科専門医ですが、若い先生がいきなり内科専門医を取ることに反対です。内科認定医を取ってから、専門医受験することでいいと思いま
  • 新専門医制度、「調整の労は取る」と厚労省

    カテゴリー:医療維新 2016年3月26日

    したのは、日医常任理事の羽鳥裕氏。「内科専門医を選ぶのは、循環器や呼吸器などの専門に行きたいため。ただし、少し簡単な総合診療専門医からも行けるのであれば、内科専門医を選ばず、総合診療専門医を選ぶ医師も
  • 東北大医師2人が語る「TCF」参加のわけ【宮城編◆Vol.6】

    カテゴリー:医療維新 2016年3月5日

    カル・メガバンク機構助教) 木村智哉氏  木村氏は、2003年3月福島県立医科大学卒業の消化器内科専門医。初期研修後、東北大で学位を取得、岩手県立胆沢病院に4年間勤務し、消化器を中心に内科全般を診ていた。
  • 2015年、診療室の波乱万丈エピソード◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2015年12月29日

    ・受診を控えたり、投薬日数を増やせように申し出る方の激増。【開業医】 ・重症患者が在宅において増えた。【勤務医】 ・神経内科専門医で勤務医ですが、見当違いの紹介患者が増えていること。【勤務医】 ・年々ネット情報が氾濫し、患者さ
  • 高まる専門医志向、「広告可能な専門医」は56.9%

    カテゴリー:医療維新 2015年12月18日

    た。  専門医取得のうち、最も多いのは外科専門医で6.9%、以下、消化器病専門医5.5%、総合内科専門医5.3%、小児科専門医4.2%、消化器内視鏡専門医4.0%、循環器専門医3.8%などと続く(複数
  • 1
  • 2