m3.com トップ>記事検索結果

「処方せん」の検索結果

  • 「保険医の登録取消処分は違法」、国を提訴へ

    カテゴリー:医療維新 3月9日

    た。  例えば、在宅医療では、訪問日に薬を持っていけるよう、家族や訪問看護師に事前に状態を聞き、処方せんを発行、院外薬局に前日に薬を取りに行き、訪問診療時に患者の状態を町氏自身が確認した上で、薬を渡していた。
  • 新設の調剤報酬で「医師と薬剤師、相互理解を 」

    カテゴリー:医療維新 2月8日

    医師にとって使いやすいかは検証しなければならない」と述べた(同日の中医協総会で示した分割調剤用の処方せんに関する留意事項は厚労省資料の465~466ページを参照)。  特定の医療機関から処方箋が集中す
  • 後発薬「数量シェア80%」達成に向け、外来・入院で加算

    カテゴリー:医療維新 1月26日

    く低い薬局」に対して、調剤基本料を減額する措置も導入する。これは医療機関にはない措置だ。ただし、処方せん枚数が少ない薬局は除く。  この点について、全国健康保険協会理事の吉森俊和氏は、「薬局には、減算
  • オンライン診療料を新設、「初診から6カ月以上」が対象

    カテゴリー:医療維新 1月26日

    オンラインを用いて診察する医師は、対面による診療を行っている医師と同一の医師であること。 ※オンライン診療料を算定する場合の処方せん料の取扱い等については、有効性や安全性等に配慮し、別に定める。 【施設基準】 (1) 厚生労働省
  • かかりつけ薬剤師「患者の同意取得、薬局在籍要件」を強化

    カテゴリー:医療維新 1月24日

    )。  大手門前薬局チェーンに厳しい改定となるのが、調剤基本料の見直し。特定の保険医療機関からの処方せんの集中率が高いと減額されるが、2016年度調剤報酬改定で新設された、かかりつけ薬剤師指導料・かか
  • 初再診料の「未妥結減算」、対象を拡大

    カテゴリー:医療維新 1月10日

    料については、現行では25%減算だが、改定後は50%と厳しい基準を適用。調剤基本料は、処方せん受付回数や処方せん集中率、かかりつけ薬剤師・薬局の有無による減算規定が既にあり、2018年度改定で同一敷地
  • 調剤技術料「全て院内」で1兆7000億円減、日医総研レポート

    カテゴリー:医療維新 1月2日

    柔軟な配分が行われているとは言い難い」と指摘している。  2016年度においては、処方1回または処方せん1枚当たり調剤関連技術料は院外処方(薬局+医科院外)では3029 円、院内処方では789円と3.
  • 「医療費の地域差半減」、外来に加え、入院でも目標に

    カテゴリー:医療維新 2017年12月21日

    8年度予算編成過程で既に決まっており、「いわゆる大型門前薬局・門前薬局・門内薬局の評価の適正化、処方せんの受付や薬剤の調製など対物業務に係る評価の適正化、服薬情報の一元的・継続的管理とそれに基づく薬学
  • 日薬、医科と調剤の改定率配分維持に感謝

    カテゴリー:医療維新 2017年12月19日

    保険薬局の経営に厳しい内容であると言わざるを得ない」と指摘。ただ、チェーン薬局で処方せんの集中率を下げるために、処方せんの「付け替え」が行われる事例が相次いだことを念頭に、「本会会員を含む複数の薬局の
  • 医師からかかりつけ薬剤師への「検査値の提供」、日医委員はNG

    カテゴリー:医療維新 2017年12月15日

    (2017年12月15日の中医協総会資料)  日医医員の意見に対し、日本薬剤師会常務理事の安部好弘氏は、「処方せんを受け取った時に、薬歴などを聞いて、疑義があれば、チェックする。例えば、腎機能が悪い患者に対し、
  • 「調剤料、早急かつ大胆な見直しを」、今村日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2017年12月9日

    の幸野庄司氏は、「薬剤服用歴管理料の制度設計を見直すべきだ。また大手チェーン薬局の調剤基本料は、処方せんの集中率によるハードルを厳しくすべきであり、敷地内薬局については、集中率にかかわらず、『敷地内に
  • 大型チェーン、門前・門内薬局に再びメス

    カテゴリー:医療維新 2017年12月9日

    剤料、早急かつ大胆な見直しを」、今村日医副会長』を参照)。  門前薬局など、特定の医療機関からの処方せんの集中度が高い保険薬局の調剤基本料は低く抑えられている。ただし、“特例”があり、「かかりつけ薬剤
  • 中川日医副会長「調剤財源で院内処方評価を」医療部会

    カテゴリー:医療維新 2017年12月6日

    、地域に根ざした、かかりつけ薬局は大事。ただ、診療所の前にも門前薬局ができている。一軒の診療所の処方せんで、一軒の薬局が食べられるのは変」と問題提起した。  全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏は、「
  • 「オンライン診察」、電話等再診と区別して評価

    カテゴリー:医療維新 2017年12月2日

    れることを踏まえ、算定の上限を月1回までとしてはどうか。 ◆処方せん料については、オンラインによる計画的な診療を行う場合についても、処方せん原本の郵送等に係る現行の取り扱いと同様としてはどうか。 【在
  • 2018年度診療報酬改定の基本方針(骨子案)、ほぼ了承

    カテゴリー:医療維新 2017年11月24日

    を参照)。  これに対し、参考人として出席した、日本薬剤師会副会長の森昌平氏は、日薬の調査では、処方せんの3%に疑義照会が発生し、うち75%では処方変更に至ったなど、医薬分業が医療安全に寄与している実
  • 接遇失敗談「孫かと思ったら息子だった」

    カテゴリー:医療維新 2017年11月18日

    対して説明するように簡単な言葉を用いて説明をした際には失敗したと思った。(40代男性) ・男性の処方せんで、窓口にいらっしゃったのは外見は女性。奥様かと思い込み服薬指導。本人様だった。(40代男性)
  • 「院外処方、なぜ院内の3倍の技術料か」、疑問の声

    カテゴリー:医療維新 2017年11月17日

    話だ。医師の処方を薬剤師の視点でやり直したケースは、3倍の価値というほどあるのか。薬局に行くと、処方せんに書かれた通りに処方していると思う。3倍分、薬剤師の独自性は発揮されているのか」と質した。  こ
  • 処方せん、医薬品の「変更不可」は16.5%に減少

    カテゴリー:医療維新 2017年11月11日

    結果概要が公表され、2017年度の一般名処方の割合は、2016年度調査とほぼ横ばいだったものの、処方せんの医薬品の「変更不可」欄にチェックする割合は減少していることが明らかになった。「変更不可」欄は、
  • 「先生がいたから、最期まで幸せだったと思う」

    カテゴリー:医療維新 2017年11月11日

    。医師の視点での話をして医師の発言に対しご理解いただけた後、1カ月くらい経ってからその方から再び処方せんを持ってきてくれ、「あなたに相談して私は救われた」と言われたこと。(40代女性) ・「いつも、丁寧に
  • 多剤・重複投薬の適正化、薬剤師から医師への「処方提案」で

    カテゴリー:医療維新 2017年11月2日

    等を適正化するために、薬剤師から医師に処方提案を行い、患者の服用薬剤が減少した場合を評価したり、処方せん様式を見直し、分割調剤や残薬調整をしやすくすることを提案した(資料は、厚労省のホームページ)。
  • 後発品加算の算定要件、「80%」に上限引き上げか

    カテゴリー:医療維新 2017年11月1日

     一方、支払側の健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、「算定要件は、当然見直しをすべきだ」と主張。さらに、院外処方せんの「後発医薬品への変更不可」のチェック欄も、「後発医薬品の使用が8割になろうという時代に、この欄
  • 「ずっとloserだった」 - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2017年10月29日

    心臓血管外科教授の天野篤氏。どのように腕を磨いていくべきか、病院のPR戦略、そして外科医不足への処方せんは――。外科医師同士で率直に語っていただきました(2017年10月5日に対談。全4回の連載)。 中山祐次郎氏
  • 診療報酬「マイナス2%台半ば以上」に、財政審

    カテゴリー:医療維新 2017年10月25日

    を拡大し、平均以上の規模の門前薬局・マンツーマン薬局を対象とすべき。その際、規模に応じた収益性や処方せん集中率の差異を踏まえた段階的な報酬設定とすることも考えられる ・平均以下の規模の門前薬局・マンツ
  • 多職種連携、「尊敬の気持ち」がベース、横倉日医会長

    カテゴリー:医療維新 2017年10月9日

    の一元的管理・組織的把握」や在宅医療に取り組んでいく方針を掲げた。さらにそれだけにとどまらず、「処方せんという入場券がなくてもアクセスできる」と形容し、患者に身近な薬局として、健康サポート機能も強化し
  • 一般名の類似薬剤取り違えに注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月28日

    している。  今回の医療安全情報に掲載された事例では、保険薬局が、一硝酸イソソルビド錠20mgの処方せんを受付けた際、アイトロール錠を調剤すべきところ、硝酸イソソルビド錠20mgのフランドル錠と取り違
  • 医師の66.2%が「勤務状況の改善必要」

    カテゴリー:医療維新 2017年5月31日

    せた割合が最も多かったのは、「主治医意見書の記載」の51.3%で、続いて「診断書、診療記録および処方せんの記載」が44.7%、「診察や検査等の予約オーダリングシステム入力や電子カルテ入力」が39.5%
  • 後発品シェア80%、「2020年9月」と明言、塩崎厚労相

    カテゴリー:医療維新 2017年5月24日

    を進め、患者にとって付加価値のある業務の評価へシフト」としており、「リフィル処方(反復使用できる処方せん)による患者本位の医薬分業の実現」をするほか、重複投薬などに取り組む。後発医薬品の目標達成のため
  • 先発品と後発品の「差額」徴収、反対が多数

    カテゴリー:医療維新 2017年5月18日

    ・後発医薬品の新規収載時は、先発医薬品の薬価の0.5 掛け、既収載の後発医薬品は、同一成分等の場合は3価格帯に統一 ・処方せんで、先発医薬品の銘柄指定で「変更不可」とする理由は、「患者からの希望がある」が最多 ・諸外国と比
  • 再発または難治性ALL薬を承認申請

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年5月2日

    性の前駆B細胞性ALL治療薬として承認申請を受理し、優先審査品目に指定したことを発表している。「処方せん薬ユーザーフィー法」(PDUFA)に基づいたFDA承認の目標は2017年8月。欧州でも、現在、上
  • シロリムス注射剤、FDAが申請受理

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年4月28日

    全性評価-第III相無作為化二重盲検多施設国際共同治験-」)のデータに基づくもの。  FDAは、処方せん薬ユーザーフィー法(PDUFA) に基づいて、2017年12月24日の完了を目指してシロリムス注
  • リフィル処方、薬剤師の62.2%が支持

    カテゴリー:医療維新 2017年4月24日

    3%)が「賛成」(35.9%)を上回った。  職種別で意見が分かれたのが、「リフィル処方(医師が長期有効の処方せんを一度出せば、この提示により何度でも同じ薬を薬局で患者が受け取ることができる仕組み)の導入」。医師は「反対」(50
  • 院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き

    カテゴリー:医療維新 2017年3月29日

    議論を求めた。  そのほか幸野氏は残薬問題についても言及。2016年度改定で、医療機関が発行する処方せんに、薬局で残薬を確認した場合、どう対応すべきかを医療機関が指示するチェック欄が新設された(「医療
  • 一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査

    カテゴリー:医療維新 2017年2月22日

     厚生労働省が実施した2016年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査で、保険薬局が受け取る院外処方せんにおいて、一般名処方された医薬品の割合は全体の31.1%に上り、2015年度調査の24.8%よりも6
  • 「人を大切に」で好循環、経営にも寄与 - 自見はなこ・参院議員に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2017年2月22日

    て認めてもらうのに、苦労するケースもあると聞きます。  その点は問題です。日常診療でも、カルテや処方せんなどの保険医の表記や、公式な文書は原則、旧姓使用が認められていないことが多い。結婚あるいは離婚し
  • 急性期病院が手掛ける「在宅」とは◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2017年1月9日

    域ケア科は、計8人の医師(いずれも兼務)が、24時間体制で在宅医療に対応できる体制を取っている。処方せんを発行、次回の訪問診療の予定を入れて、カルテ書きは終了。  最後に、有料老人ホームの80代男性の
  • 「高すぎる薬を適正価格に」「在庫管理が困難」

    カテゴリー:医療維新 2016年12月16日

    価で診療報酬請求をさせていただきたい。【開業医】 ・普通レベルの診療所は、対応が増えるので、院外処方せんが増えるだろうし、レセコン改定費用も手間も増えるだろう。【開業医】 ・院内処方で、値引き以上に薬
  • 精神保健指定医取消、「医師のモラル欠如が原因」 - 松田ひろし・日精協副会長に聞く

    カテゴリー:医療維新 2016年11月7日

    ていない医師を処分することはあり得ません。ケースレポートのほか、カルテ、看護記録、検査オーダーや処方せんなどの関係書類を全て見た上で、審査をし、その上で、不服があるかどうかを各医師に聴聞しています。自
  • 「診察せず処方?」「上下関係でなく立場の相違」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月31日

    より良い医療の実現に向けて世論を醸成して行くことが必要と考える。 ・薬剤師に、残薬調整やリフィル処方せんを認めるのであれば、もっと責任感や知識を持つようにしなければならないと思う。そのための資格、認定があっても良いのではないでしょうか。
  • 「残薬管理、疑義照会が前提」「リフィル処方、責任は?」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月30日

    いう最終目的を唾棄する態度に、強く人格を疑う。リフィル処方せんについても、同様。 ・調剤はあくまでも処方せんに基づいて行われるべきもので、処方せんを超えた判断は許されるべきで無い。多剤服用が問題視され
  • 後発薬処方で「適応外」、その責任は?

    カテゴリー:医療維新 2016年10月30日

    剤料が不当に院外薬局で高いのが納得できない。 ◆開業医 ・当院院内ですが、漢方と滅多に出ない薬は処方せんです。不整脈、降圧剤も先発とジェネリクの違いは明白です。AG(オーソライズド・ジェネリック)を増
  • 制汗剤、こんな場所にも使用可能【米国皮膚科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月28日

    を提示した。 防臭剤ではなく制汗剤を使用する。防臭剤では発汗は抑えられない。制汗剤はOTCまたは処方せん薬として入手が可能 制汗剤は指示書通りに使用する。正しい使用法で最も有効性が期待できる。制汗剤は
  • 中川日医副会長、「医師の処方権と薬剤師の調剤権、全く違う」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月19日

    酬改定の重点課題の一つとして位置付けるなどと発言したことの真意を、中川氏は質した。  幸野氏は、処方せん欄に「後発医薬品への変更不可」欄があること自体が問題であり、残薬管理なども医師に疑義照会するので
  • 眼科医の警鐘無視した場合の怖い結末【米国眼科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月17日

    を引き起こす可能性がある。この疾患は疼痛だけでなく永続的な眼の損傷をもたらすことがある。 感染:処方せんなしのコンタクトレンズ装着で角膜炎のリスクは16倍上昇するとの研究結果がある。抗菌薬やステロイド
  • 「オプジーボ緊急的対応、医療保険堅持が目的」中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年10月7日

    どが考えられるとした。  さらに、薬局と医科の調剤料の比較も提示。ここ数年の動向を見ると、薬局の処方せん1枚当たり調剤料・加算料は上昇しているものの、医科の処方1回当たり調剤料は横ばい。「薬局の調剤料
  • 小児のコデイン処方最多の診療科は【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月6日

    界保健機関)などの団体による懸念の声明を示している。一方、同成分は今も28の州とワシントンDCで処方せんが不要な市販の咳止め薬として入手可能。同学会のレポートでは、扁桃腺やアデノイドの摘除術後の小児へ
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年10月5日

    いえます。加えて、本連載では詳しく解説しませんでしたが、GPへの受診費用や各種検査費用、薬局での処方せん医薬品の支払いに関しては、セーフティネットと呼ばれる仕組みがあり、年間の支払い総額が一定額に達す
  • ソバルディとハーボニー、2015年度の医療費増の主要因

    カテゴリー:医療維新 2016年9月28日

    外もやや高く、結果としてやや高い医療費の増加となった」(山内課長)。  調剤の伸びを分析すると、処方せん1枚当たりの調剤医療費は7.3%増。内訳は技術料1.4%増で過去数年とそれほど変わらないが、薬剤料9
  • 後発薬の促進策検証、インターネット患者調査を導入

    カテゴリー:医療維新 2016年9月28日

    患者(1施設2人、全体で約3000人)を対象としていた。それに加えて、直近1カ月以内に保険薬局で処方せんを持って来局した約1000人(男女別・年齢階級別に客体数を確定)を対象に、インターネット調査を行う。
  • エダラボンのALS適応、FDAが承認

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月2日

    を取得している。  FDAは、エダラボンについてALSの治療薬として承認申請を受理するとともに、処方せん薬ユーザーフィー法(Prescription Drug User Fee Act:PDUFA)に基づく審査終了目標日(PDUFA