m3.com トップ>記事検索結果

「分割調剤」の検索結果

  • 多剤・重複投薬の適正化、薬剤師から医師への「処方提案」で

    カテゴリー:医療維新 11月2日

    薬剤師から医師に処方提案を行い、患者の服用薬剤が減少した場合を評価したり、処方せん様式を見直し、分割調剤や残薬調整をしやすくすることを提案した(資料は、厚労省のホームページ)。 (2017年11月1日の中医協総会資料)
  • 後発品加算の算定要件、「80%」に上限引き上げか

    カテゴリー:医療維新 11月1日

    ばいい」とも提言。この日の中医協総会は、多剤・重複投薬も議題であり、幸野氏は、その対策としての「分割調剤」「残薬確認をした場合の対応」についての処方せん様式も見直すべきだと指摘した。  計3点の処方せ
  • 一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査

    カテゴリー:医療維新 2月22日

    名処方をすることなども求めた。薬剤師に対しても、「後発医薬品に切り替える担い手は薬剤師」として、分割調剤の仕組みを利用し、一部を「お試し」で後発医薬品を使用するなどの取り組みも考えられるとした。  こ
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年10月5日

    い知見が得られたのではないかと思います。 3) アウトカム 薬局サービス(第5、6、7回参照) 分割調剤(Staged supply)サービスにより、薬物依存症患者や精神疾患患者による薬の過量服用を防いでいる
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年5月11日

    きながら、今後の日本の保険薬局のあり方について考察していただく本連載。第5回は、「薬局サービス(分割調剤・一包化・臨床介入など)」についてお話しいただきます。 Staged supplyサービス  オ
  • 長期投薬、「ルール変更でなく考え方の整理」- 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2016年4月12日

    に月1回受診するように促したり、それが難しいのであれば、地域の医師に紹介して診てもらう。あるいは分割調剤が可能な処方せんを発行して、薬局で管理してもらう」ことを、通知に整理しました。  それとは別に、
  • 「医師と薬剤師」間の情報提供、疑義照会増加

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    点)より高い点数で、処方医への情報提供が要件になっている。  「30日超」の長期投薬の場合には、分割調剤などの指示が必要になるほか、残薬の管理では、処方せん様式が変更になるなど、医薬品の適正使用に向け
  • 「診療報酬の遍在是正」がキーワード - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    により、患者が服薬を忘れたり、中断したために、病状が改善しなかった」などの問題が生じています(『分割調剤や残薬調整、診療側と支払側で意見対立』を参照)。大病院から逆紹介で診療所に戻ってきても、患者さん
  • 「かかりつけ薬剤師」の有無で点数に大差

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    10点――だが、改定後は、(2)を廃止し、(1)を30点に変更。 ・ブラウンバックの活用の評価、分割調剤の導入  「外来服薬支援料」185点の施設基準を見直し、あらかじめ保険薬局への服用中の薬剤等を持
  • 「内服薬2種類以上、減少」で250点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    。長期投薬については、「30日」を超える場合には、病状が変化した際の対応方法を患者に周知したり、分割調剤を検討するなどの対応が必要になる。 【2016年度診療報酬改定◆医薬品の適正化の主要改定項目】
  • 「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    薬局の分割調剤、医師の指示で可能に  長期投薬への対応に当たって、医師が「分割指示処方せん」を交付する場合は、処方せんの備考欄に、「分割日数と分割回数」を記載することが必要となる。分割調剤は、長期投
  • 「薬局改革の元年」、2016年度改定

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    情報提供――のいずれかの対応を、処方せんの記載指示に基づき行う。そのほか、長期投薬などの場合に、分割調剤する仕組みも導入する。  薬剤師による一連の服薬管理を推進するため、「保険薬局及び保険薬剤師療養
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年1月22日

    。 ◆第五地域薬局協定「分割調剤の導入と臨時処方サービスなどの導入」(5CPA /2010年7月~2015年6月)  5CPAではさらに薬剤師の職域が拡大していきます。分割調剤の導入、スタチン系薬と経
  • 分割調剤、「やむを得ない事情」で認める

    カテゴリー:医療維新 2016年1月13日

    得ない事情」の場合に分割調剤を認める方針を確認した(資料は、厚生労働省のホームページ)。同日まとめた「議論の整理」に盛り込んでおり、今後、具体的な要件などを検討する。  分割調剤とは、保険薬局において
  • 初再診料の引き上げを要求、診療側

    カテゴリー:医療維新 2015年12月26日

    度、医療・看護必要度」「平均在院日数」「在宅復帰率」の3点全ての見直しと入院・外来医療の包括化、分割調剤の実施などを要求。  診療側は初・再診料の引き上げや、在宅医療におけるかかりつけ医の評価、「同一
  • 「2回連続のマイナス」、2016年度改定率決定

    カテゴリー:医療維新 2015年12月21日

    けの集合住宅への訪問診療は締め付けが強化されそうだ(『「湿布薬、1回70枚」に制限する案も』、『分割調剤や残薬調整、診療側と支払側で意見対立』などを参照)。大型門前薬局についても、メスを入れる(『門前
  • 「長期投薬の削減」結論出ず、社保審

    カテゴリー:医療維新 2015年12月2日

    題が生じている。中医協ではかかりつけ医やかかりつけ薬剤師らが連携して残薬の問題に取り組むことや、分割調剤の話も出ている」(厚労省保険局医療課長の宮嵜雅則氏)とした。  白川氏は、「支払側としては、患者
  • 分割調剤や残薬調整、診療側と支払側で意見対立

    カテゴリー:医療維新 2015年11月7日

    投与や残薬の問題への取り組みとして、残薬調整についての医師の指示欄を処方せん様式に設置することや分割調剤の導入などを提案した。多剤投与を減らすための対応も提案され、高齢者に対するきめ細かい処方が求めら
  • リフィル反対は8割弱、開業医◆Vol.11

    カテゴリー:医療維新 2015年8月7日

    あった。 Q.11 分割調剤の拡大の可否  同時に、現在、長期保存が困難な薬剤や、後発医薬品を初めて使用する場合に限って認められている分割調剤の拡大の是非について聞いた。分割調剤の拡大も現在、中医協において検討課題となっている。
  • 医薬分業、見直すべきか

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    ――中医協ではリフィル処方せん、分割調剤について議論しています。  「日医がリフィル処方容認」という一部報道があったが、そのようなことは全く思っていない。分割調剤やリフィルが遡上に上がるのは行き過ぎ
  • 日医、リフィル処方せん反対明言

    カテゴリー:医療維新 2015年7月23日

    治学研究科教授)が7月22日に開かれ、残薬問題にからんで、6月末に閣議決定で検討を求められている分割調剤やリフィル処方せんについて話し合った(資料は、厚生労働省のホームページに掲載)。  日本医師会副
  • 長期処方の対応が焦点に―2016年調剤報酬改定への議論

    カテゴリー:医療維新 2015年7月9日

    分割調剤拡大かリフィル処方箋制度導入か  中央社会保険医療協議会(中医協)において、2016年度診療報酬改定に向けた議論が動き出しました。今後は、16年度予算の概算要求が出揃う15年8~9月に、議会が
  • 新薬の14日処方制限の見直し答申 、規制改革会議

    カテゴリー:医療維新 2015年6月17日

    ったかが、翁氏は「湿布も含めて市販品類似薬全体で議論していく」と説明した。  リフィル処方せんや分割調剤についても見直しの検討を加速させ、リフィル処方せんについては2015年度中に検討・結論を出すよう求めた。
  • 2014年度改定「議論の整理」了承、パブコメへ

    カテゴリー:医療維新 2014年1月15日

    懸念が幾つか上がった。特定機能病院と500床以上の地域医療支援病院での試行的導入が検討されていた分割調剤は、診療側から「議論を尽くしておらず、了承していない」(日本医師会社会保険診療報酬検討委員会委員
  • 「高すぎる調剤報酬」、日医委員から批判相次ぐ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月4日

    4日、調剤報酬について議論、厚生労働省は、保険薬局における後発医薬品の使用促進、長期投薬に対する分割調剤、残薬管理などを評価する方針を打ち出したが、日本医師会代表の委員からは、病医院でも同等の加算がな
  • 日本在宅薬学会で薬剤師教育も実施 -狭間研至・ ファルメディコ(株)代表取締役社長に聞く◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2012年9月20日

    抗がん剤のプロトコールでいつが一番しんどいかが分かるはずなので、その時に電話をするとか。あるいは分割調剤を行えば、薬を渡すついでに、様子を見に行くこともできる。こうした仕組みを通じて街の薬局をハブにし
  • 後発医薬品の使用促進-Vol.12◆

    カテゴリー:医療維新 2008年4月1日

     場合は、患者の選択に基づいて、後発医薬品に変更できる。  2.薬局での銘柄変更調剤・後発医薬品の分割調剤  ⇒後発医薬品の銘柄を指定した処方が多いと薬局が多数の在庫を抱える負担が生  じるため、変更不