m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • 難治性白血病の新治療手法を発見

    カテゴリー:臨床ニュース 5月26日

    -Mʼは明らかな抗腫瘍効果を示した。さらに、正常マウスにChb-Mʼを投与した場合でも、ほとんど副作用が起こらず、24時間以内にほぼ血中より消失することを確認。Chb-Mʼは腫瘍にのみ集積する特徴を持つことも確認できたとしている。
  • 漢方薬の保険診療は維持か否か

    カテゴリー:臨床ニュース 5月26日

    維持してほしいが、勉強してない人まで気軽に処方していて、たたかれても仕方ないから【外科系勤務医】 乱用による副作用や紛い物に注意が必要だから、ジェネリック推奨派ですが保険診療勧めるべきか複雑【呼吸器科勤務医】 作
  • ランタスXR、使用成績調査結果良好

    カテゴリー:臨床ニュース 5月25日

    039例のうち、全観察期間において40例(3.85%)に副作用が認められたが、新たな安全性の懸念は認められなかった。全観察期間における主な副作用は、低血糖(38例、3.66%)であり、重篤な低血糖は3例(0
  • 医療情報の利活用と保護、両立が肝要 - 山本隆一・医療情報システム開発センター理事長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 5月25日

    な分析もあり得る。そうした目的が、情報を集める段階で全て決まっているわけではない。また、ある薬で副作用が出ているらしい、調べてみようという場合。そういう問題が起こるから調べることになるわけで、事前に同
  • 蕁麻疹へのゾレア投与で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 5月24日

    日本皮膚科学会はこのほど、蕁麻疹に対するオマリズマブ(商品名:ゾレア)の使用を当面、皮膚科専門医またはアレルギー専門医が、喘息およびアナフィラキシーに対応できる医療施設で使用するよう呼びかける注意喚起...
  • カイプロリス、2剤併用可能に

    カテゴリー:臨床ニュース 5月23日

    もしくはどの治療法も有効でなくなる難治性の病状に移行する場合も少なくない。また、長期的な治療では副作用や合併症が報告されており、多発性骨髄腫に対する新たな治療薬の開発が期待されている。  カイプロリスは、小野薬品が米Onyx
  • “技量ない”看護師の穿刺でCRPS発症か - 静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 5月23日

    術時に神経損傷が疑われたことはなく、プロポフォール注入時の血管痛は、一般的に発生する可能性がある副作用であり、特別な症状ではない。 オ 過失5(神経性疼痛に対する治療を怠った過失について) 【女性の主張】
  • スパズム治療、新展開へあと一歩【STROKE2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月22日

    に、対象血管周辺に留置するペレットタイプの徐放製剤だ。「薬剤を経口や静注で投与していては全身性の副作用が大きくなる。そうではなく、すでに安全性と有用性の確立された薬剤を対象血管の周囲に有効な濃度で保つ
  • ナルコレプシーの病因治療効果を確認

    カテゴリー:臨床ニュース 5月19日

    ーの病因治療薬として有効であることが示された。さらにこの研究成果は、うつ病症状による過眠症、薬の副作用による過剰な眠気、時差ボケやシフトワークによる眠気など、ナルコレプシー以外の睡眠障害を改善するため
  • 「重篤副作用疾患別対応マニュアル」見直し作業の優先度了承

    カテゴリー:臨床ニュース 5月19日

     厚生労働省は12日、「重篤副作用総合対策検討会」に「重篤副作用疾患別対応マニュアル」の見直し作業案を示し、了承された。マニュアルは、薬剤師などの医療者や患者が初期の副作用を早期に発見し、対応できるよ
  • 漢方薬処方が増えていくと思う訳

    カテゴリー:臨床ニュース 5月18日

    ってきているから【消化器科開業医】 漢方薬自体、肝障害や電解質異常、間質性肺炎という副作用はあるが、相互作用・副作用などが懸念されるがために、西洋薬が処方しづらい時にbetterな選択肢にはなり得る。
  • 先発品と後発品の「差額」徴収、反対が多数

    カテゴリー:医療維新 5月18日

    、さまざまな意見が出たことを踏まえ、「今後、議論を深める上で、気になったのは、後発医薬品の薬効や副作用についての根本的な理解の違いがあり、同じ土俵で議論をしていないこと」と述べ、後発医薬品と先発医薬品
  • OA薬注射剤、開発・販売提携へ

    カテゴリー:臨床ニュース 5月17日

     同剤は、注射剤として関節腔内に直接投与することから、全身血流への移行が少なく、NSAIDの経口剤や貼付剤投与と比較して副作用が軽減されるものと考えられる。  日本では、変形性関節症を対象とした第3相臨床試験を実施中。膝関節
  • 「処置が難化」「処方医が判断丸投げ」?!

    カテゴリー:臨床ニュース 5月16日

    的処置」の実態を聞いた。 「有効性高い」「基本的に継続または休薬後再開」 有効性、安全性が高く、副作用が少ない。経済的で高齢者でも飲みやすい。他剤との併用も問題ない。【循環器科開業医】 個々の病態に応
  • メラノーマ増殖選択的阻害化合物発見

    カテゴリー:臨床ニュース 5月15日

    抗がん剤の長期連用によって、がん細胞の抗がん剤抵抗性獲得や重篤な副作用の出現が問題となっているため、メラノーマに特異的に作用し、副作用の少ない抗がん剤の開発が求められている。  研究グループは、がん細
  • 潰瘍性大腸炎への抗菌薬3剤療法、有効性確立に挑戦【JSGE2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月10日

     同試験では嘔気(17.1%)、発熱(12.4%)、水様性下痢(7.6%)などの副作用が一部患者で認められたが、重篤な副作用の報告はなかった。  ただ、これらの結果を基に薬事承認を得ることはかなわなかっ
  • 予想以上に効いた漢方、内科系編

    カテゴリー:臨床ニュース 5月8日

    どの生薬を使用することで認知症、精神病性の易怒性、不安焦燥に奏効し、西洋薬を大幅に減らせたことで副作用を低減できた【勤務医】 咳や気管支系の疾患に処方する麦門冬湯(バクモンドウトウ)の効果がけっこう即
  • サーティカン錠、肝移植で追加申請

    カテゴリー:臨床ニュース 5月2日

    加させることなくCNIの投与量を減量させる可能性がある。また結果として、CNIに特有の腎障害等の副作用の軽減が期待できる、と同社は述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 漢方「食わず嫌いの医師あまりに多い」

    カテゴリー:臨床ニュース 5月1日

    感謝されますよ【精神科勤務医】 個人的な感想ですが、精神科系の疾患でかなり有効だった気がします。副作用に注意しながら患者さんに飲み心地を聞いてみるのもいいのかなと思います。西洋医学的なエビデンスはMR
  • 漢方の情報源「古典」「自分で試す」の声も

    カテゴリー:臨床ニュース 4月27日

    知り合って教えてくださる諸先輩方はいる【皮膚科勤務医】 患者からの漢方処方のニーズは高いが、その副作用が気になるため、その点も重視してMRと相談しながら検討を行うから【精神科勤務医】 使用経験豊富な先
  • DOAC使用中の内視鏡、専門医の考え【時流◆抗血栓療法】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月25日

     抗血栓薬には消化管出血の副作用がある。日本消化器内視鏡学会は2012年に抗血栓薬使用中の待機的内視鏡検査・治療を対象とした「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」を改訂。抗血栓薬使用例
  • プラリア皮下注に重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 4月21日

    ノスマブ(遺伝子組換え)」(商品名:プラリア皮下注60mgシリンジ)の使用上の注意に対し、重大な副作用に「治療中止後の多発性椎体骨折」の追記などを求める改訂指示を発した。海外臨床試験の追跡調査で、同薬
  • キイトルーダに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 4月21日

    し、重大な副作用の項に「心筋炎」を追記するよう改訂指示を発出した。海外症例が集積したことなどを受けての措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  直近3年度の国内副作用症例が報告
  • カンサイダスに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 4月21日

    塩」(商品名:カンサイダス点滴静注用50mg、同点滴静注用70mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群=SJS
  • HPV接種勧奨に意見百出

    カテゴリー:臨床ニュース 4月20日

    このような事例を大きく表示し、個々の判断に委ねる(自分の家族ならやらせない)。【糖尿病勤務医】 副作用で被害の出た方の支援が不十分だと思う。それらが確立されるまでは慎重であるべき。【皮膚科開業医】 他
  • 私はこれに漢方薬を処方してます

    カテゴリー:臨床ニュース 4月20日

    HCV(C型肝炎ウイルス)治療で、リバビリン使用例の貧血対策に処方しています【消化器科勤務医】 化学療法副作用軽減のため【呼吸器科勤務医】 認知症、慢性硬膜下血腫【脳・神経勤務医】 食欲不振やこむら返り、精神
  • こむら返りには、やはり「芍薬甘草湯」

    カテゴリー:臨床ニュース 4月17日

    芍薬甘草湯が著効するため。患者さんとの信頼関係が得られる【整形外科勤務医】 芍薬甘草湯の効果ははっきりと現れ、問題となる副作用が出現しないため【整形外科開業医】 肝硬変患者に多く、そういった患者をよく見るため。即効性が高い【消化器科勤務医】
  • 「原価計算方式、透明性が非常に低い」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 4月12日

    つつ、次のように述べ、製薬産業の経営環境の特殊性への理解を求めた。「現在販売している医薬品でも、副作用が生じて、急きょ販売停止なるなどのリスクがある。研究開発についても相当投資し、10数年程度はかかる
  • 繰り返される謎の腹痛や下痢、嘔気【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月10日

    研修医B 食物アレルギーなど、アレルギーに関してはどうでしょうか。 廣瀬 アレルギーは特にありません。薬の副作用的なものとしては、ベンプロペリン(鎮咳薬)を服用して聴覚障害が出たと書かれています。 初めて黒色便
  • 漢方薬「時に西洋薬凌駕」「不思議な力」

    カテゴリー:臨床ニュース 4月10日

    漢方薬の優れた効果は、西洋薬と双肩するケースは多く存在する。凌駕する場合もあるので吟味している。【産婦人科開業医】 不定愁訴に対して副作用が少なく、長期投与が可能であり、速効性はないがある程度の上場改善が期待できるから【産婦人科開業医】
  • 骨吸収抑制薬での治療で言いたいこと

    カテゴリー:臨床ニュース 4月5日

    あえて言えば先述のように、数年でやめる前提で第一選択になり得るか?【整形外科勤務医】 くだらない副作用が報告され過ぎ。実際に骨折している人の悲惨さを見れば、どちらが優先かよく分かる【整形外科勤務医】
  • 小児期ADHD薬「インチュニブ錠」承認

    カテゴリー:臨床ニュース 4月4日

    れの症状も有意な改善を示した。また、安全性については承認時における安全性評価対象症例254例中、副作用(臨床検査値異常変動を含む)は190例(74.8%)に確認。主なものは、傾眠146例(57.5%)、血圧低下39例(15
  • 副作用を迅速にチェック、「薬のビックデータ」

    カテゴリー:医療維新 4月3日

     医薬品の副作用の評価をはじめ、市販後の安全性監視やリスク・ベネフィット評価などに活用できる大規模の「医療情報データベース」(MID-NET;Medical Information Database
  • 骨吸収抑制薬内服中に抜歯、休薬する?

    カテゴリー:臨床ニュース 3月31日

     骨吸収抑制薬を投与中患者の抜歯前に、歯科医から休薬依頼を受けた場合、実際に休薬させますか。(単一選択)  骨吸収抑制薬の副作用については顎骨壊死がよく知られ、ビスホスホネート製剤(BP)によるビスホスホネート関連顎骨壊死(B
  • RA生物学的製剤の使用指針3種公開

    カテゴリー:臨床ニュース 3月30日

    日本リウマチ学会はこのほど、関節リウマチ(RA)治療に用いる生物学的製剤に関して、3つの使用ガイドラインの改訂版を同学会ホームページで公開した。生物学的製剤を用いた薬物治療においては、免疫抑制の結果、...
  • 院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き

    カテゴリー:医療維新 3月29日

    ーンに財源が集中し、莫大な内部留保があることを問題視。「薬局の特徴ごとの機能」の資料についても、副作用のフォローアップをはじめ、より適切にできるのは院外処方より院内処方であると指摘。  さらに中川氏は
  • オラパリブ、卵巣癌でOD指定

    カテゴリー:臨床ニュース 3月29日

    ばらくすると再発することが多く、再び化学療法を実施することになる。白金製剤を含む化学療法は、主な副作用として悪心・嘔吐、好中球減少症・血小板減少症・貧血などの骨髄毒性、脱毛、しびれといった神経毒性など
  • 過量服薬で入院の6割にBZD歴

    カテゴリー:臨床ニュース 3月24日

    は、若年層に対しては過量服薬の危険性を注意深く評価すること、高齢層に対しては服薬アドヒアランスや副作用を定期的に確認し、必要に応じて用量調整をすること、また循環器薬が処方されている高齢層へは、血中濃度
  • BZD系薬などに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    (BZD)系薬などの催眠鎮静薬、抗不安薬、抗てんかん薬、精神神経用薬の使用上の注意に対し、重大な副作用の項などに薬物依存に関する記載を追記するよう改訂指示を発した。医薬品医療機器総合機構(PMDA)に
  • ジオン注に重大副作用など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    ン注無痛化剤付、同注生食液付)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「直腸腟瘻」の追記などを求める改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例として直腸腟瘻が2例報告されたことなどを受けた措置で、医
19