m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • 小児花粉症「軽度鼻閉」の処方傾向

    カテゴリー:臨床ニュース 2月24日

    有効性、安全性が高く、副作用が少ない。経済的で高齢者でも飲みやすい。他剤との併用も問題ない【循環器科開業医】 迅速な効果が期待できるから【内科勤務医】 最も使い慣れていて、副作用も少ないと思うからです【小児科勤務医】
  • 疣贅には凍結療法より免疫療法がよい

    カテゴリー:臨床ニュース 2月23日

    17±0.65)が、群間での統計的有意差はみられなかった(P=0.051)。免疫療法は、最も多い副作用として注射時の疼痛が認められた以外には、忍容性は良好であった。  「病巣内免疫療法は疣贅に有効な治
  • 一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査

    カテゴリー:医療維新 2月22日

    位は「後発医薬品の品質に疑問があるから」であり、患者が後発医薬品を希望しない理由として「効き目や副作用に不安があるから」がトップであるなど、いまだ後発医薬品の品質への不安が根強いことも示されている。特
  • 成人花粉症の軽度くしゃみ・鼻漏、処方は?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月22日

    いる【耳鼻咽喉科開業医】 のどの痒みなどにも効くから【耳鼻咽喉科開業医】 有効性、安全性が高く、副作用が少ない。経済的で高齢者でも飲みやすい。他剤との併用も問題ない。【循環器科開業医】 最も実績を積んでいるから【内科勤務医】
  • 成人喘息、3割は再評価で否定

    カテゴリー:臨床ニュース 2月22日

    管支軟化症が含まれた。  寛解した喘息への過剰治療、あるいは誤診に基づく喘息治療は、患者に不要な副作用リスクを与え、治療コストを強いることになる。著者らは「『現在の喘息なし』とされた患者の35%は喘息
  • 抗うつ薬3剤の添付文書改訂に込められた「目標」

    カテゴリー:臨床ニュース 2月21日

    日本精神神経学会理事長の武田雅俊氏 ◇Vol.3「認知診断激増!? 道交法施行へ学会準備着々」はこちら◇ 副作用の羅列では実臨床の役に立たない ――同じ自動車運転に関するトピックになりますが、2016年11月末
  • 成人花粉症の軽度鼻閉、何処方する?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月20日

    使い慣れているから【脳・神経科開業医】 軽症のため、鼻閉は屯用の点鼻剤を使用できるから【内科開業医】 使用経験が多く、副作用を知っている【内科開業医】 このレベルでは最も使い勝手が良いから【内科勤務医】 経口薬を希望する患
  • ヒドロキシジンに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

     厚生労働省は2月14日、抗アレルギー性緩和精神安定剤「ヒドロキシジン」の使用上の注意に対し、重大な副作用として「急性汎発性発疹性膿疱症」の追記を求める改訂指示を発した。国内外の症例集積と、海外で添付文書
  • ゼルボラフ錠に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    品名:ゼルボラフ錠240mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「急性腎障害」の追記などを求める改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例として急性腎障害関連症例が2例報告されたことなどを受け
  • ベーチェット病の遺伝要因など解明

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    感受性遺伝子や発症メカニズムが解明されただけでなく、将来的には個人の遺伝情報に基づいた、効果的で副作用の少ない新たな治療薬の開発が期待されると、研究グループは述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 神経突起の伸長機序を解明

    カテゴリー:臨床ニュース 2月14日

    善することが知られているが、移植したドパミン神経細胞の軸索と線条体神経細胞の相互作用が不十分だと副作用を示す。研究グループは今回、中脳ドパミン神経細胞の軸索が線条体神経細胞と相互作用し伸展する仕組みに
  • 未破裂の脳動脈瘤、治療法開発へ

    カテゴリー:臨床ニュース 2月13日

    報告されていることから、EP2阻害薬の開発により、それらの疾患に対する新規治療薬としての応用や、副作用の少ない治療薬候補としても期待できる。同研究グループは今後、他疾患への応用も念頭に置きつつ、脳動脈
  • ガイドライン作成業務が増え続ける訳

    カテゴリー:臨床ニュース 2月9日

     特に増加が著しいのは、新しい治療法、あるいは薬が出たときの適正使用や運用に関するGLです。高い効果が期待されるけれど副作用も強い薬剤には、適正使用の道筋を示すGLの作成が社会的に要求されますし、われわれも眼科診療のquality
  • 多剤過敏症例の医療処置は高難度!!

    カテゴリー:臨床ニュース 2月8日

    は専門医以外の人が知る機会は少ない。最終回は複数の抗菌薬や局所麻酔薬によるアナフィラキシーなどの副作用の既往があるために、適切な医療処置を受けられなくなってしまった、帝京大学内科学講座呼吸器・アレルギ
  • 脱感作、減感作、負荷試験の違いは?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月6日

    「脱感作」、数週間、数カ月かけて免疫寛容を誘導するのが「減感作」。山口氏によると、即時型ではない副作用を生じる原因薬の脱感作を行う場合は1日ではなく、もっとゆっくり数日をかけることが普通で、「脱感作の
  • 乾癬へのMTX、5年継続は15%【Br J Dermatol】

    カテゴリー:海外ジャーナル 2月6日

    1%、5年時15.1%で経時的に低下していた。治療中止理由は副作用(34.5%)が最も多く、次いで無効(25.5%)、副作用+無効(12.7%)だった。副作用としては消化管症状の報告頻度が最も高かった。
  • 医療情報は“宝の山”、有効活用するカギは?

    カテゴリー:医療維新 1月30日

    ではないのか。一定のフォーマットに基づき、患者の臨床データを時系列的に取得すれば、薬の効果判定や副作用のデータを効率的に収集でき、有効な患者集団の特定につながるはず」。  「アウトカム」と「観察項目」で所見記載
  • パニック障害が抗うつ薬副作用を増大

    カテゴリー:臨床ニュース 1月27日

     慢性うつ病患者にパニック障害が併存している場合、治療中に抗うつ薬による副作用の生じる可能性が高まることが「Journal of Clinical Psychiatry」オンライン版で1月3日報告された。
  • 薬剤誘発性致死性不整脈を予測へ

    カテゴリー:臨床ニュース 1月26日

    and Toxicological Methods」に掲載予定。  医薬品にとって心毒性は重大な副作用のひとつ。なかでも、薬物がQT間隔を延長させ、致死性不整脈のtorsade de pointes(
  • キイトルーダ「最適使用推進ガイドライン」案

    カテゴリー:医療維新 1月25日

    ずれかを満たした上で、5年以上のがん治療の臨床研修を行っている医師等を配置、医薬品情報管理体制や副作用への対応体制の整備等が求められる。またオプジーボと異なり、キイトルーダは、ファーストラインから使用
  • キイトルーダNSCLC追加で適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 1月26日

    文を学会ホームページに掲載した。同依頼文はMSDと大鵬薬品工業がまとめたもので、適切な患者選択や副作用への対応方法について記載し、適正使用への協力を求めている。  依頼文では、同剤が化学療法未治療患者
  • 「肝性脳症」に新規治療薬登場

    カテゴリー:臨床ニュース 1月25日

    な患者の場合は、まずリフキシマを使うケースも出てくるだろう」(河田氏)。さらに、問題となるような副作用が出てこなければ、認知症との鑑別が難しい例に対して、治療的鑑別診断として同剤を投与し、反応を見なが
  • 患者の診察で困ったこと、私の場合

    カテゴリー:臨床ニュース 1月24日

    「検査」をしてもらうように「言われてきた」という時。【小児科開業医】 代替療法に、はまり込んでいる家族。【小児科勤務医】 副作用の説明をすると 投薬を拒否された。【眼科開業医】 Q. 患者の服薬や生活指導のコンプライアンスにつ
  • 「患者で困る」のは問診、説明、それとも指導?

    カテゴリー:臨床ニュース 1月23日

    、説明しても(機能異常や神経痛の可能性を)納得してくれない。「具合の悪いのは、処方されている薬の副作用のせい」だ、と主張して譲らない患者はほとほと困ります。【消化器科勤務医】 あらかじめ院内規定に同意
  • 緑内障治療に配合点眼液が与える影響

    カテゴリー:臨床ニュース 1月19日

    ろん、副作用や利便性も考慮する。治療は原則として単剤で開始されるが、眼圧が十分に下降しない場合は複数の点眼液を使用することもあるといい、その場合でも点眼薬の数や点眼回数が少なく、充血などの副作用ができ
  • 試験管内で「ミニ腸」作製に成功

    カテゴリー:臨床ニュース 1月18日

    薬開発へ応用可能。また、ミニ腸は創薬開発において腸での吸収・代謝の評価や、生体腸管に対する薬剤の副作用の評価にも応用が期待される。今回の立体臓器ミニ腸の成果は、多能性幹細胞から複雑な生体組織を試験管内
  • 「薬価の毎年改定、対象薬は限定を」、畑中製薬協会長

    カテゴリー:医療維新 1月17日

     レセプト等のデータを活用した「データヘルス計画」については、医薬品については安全性データが重要であり、副作用情報の収集での利活用が想定されるとした。「将来的には創薬においても価値あるデータベースになっていくと思う」(畑中会長)。
  • レナリドミドに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 1月11日

    本的注意」の項にB型肝炎ウイルスの再活性化に関する注意喚起を追記するよう、指示を出した。「重大な副作用」の感染症の項にも、同ウイルスの再活性化が現れることがある旨を追記する。  医薬品医療機器総合機構
  • インターフェロンβ-1bに改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 1月11日

    (遺伝子組み換え)」(商品名:ベタフェロン皮下注用960万国際単位)について、添付文書の「重大な副作用」の項に血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)と溶血性尿毒症症候群(HUS)を追記するよう求める指示を出した。
  • イグラチモドに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 1月11日

    「イグラチモド」(商品名:ケアラム錠25mg、コルベット錠25mg)について、添付文書の「重大な副作用」の「汎血球減少症、白血球減少」の項に、無顆粒球症を追記するよう求める指示を出した。  医薬品医療
  • 頭皮冷却装置RCTで半数が頭髪維持【米国癌学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月10日

     術後補助化学療法の進展により乳癌の再発リスクが減少しつつある一方、治療に伴う脱毛などの副作用への対応が重視されるようになっている。その1つに頭髪の脱毛予防に使用される頭皮冷却装置がある。既に欧米では
  • CML寛解後TKI中止の安全性試験【米国血液学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月29日

     TKIの登場により慢性骨髄性白血病(CML)患者の予後は大きく改善した。一方、同クラス薬による副作用やコストのために寛解後のTKI中止を考慮するのが適切かどうかを判断すべき場面も出てきている。一方、
  • デュロキセチンOA疼痛追加で留意事項

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月28日

    が同会ホームページで伝えた。  同剤は、自殺念慮、自殺企図、敵意、攻撃性などの精神神経系の重篤な副作用が発現するリスクがあることで知られている。2016年3月の「慢性腰痛症に伴う疼痛」にかかわる効能で
  • 生活習慣病、GL推奨薬の処方率低く

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月28日

    ること、(3)腎障害合併高血圧症の場合は推奨されているレニン系薬剤が腎機能悪化や高カリウム血症の副作用に注意が必要であることなどの理由から、推奨薬剤の処方が回避された可能性があることも指摘した。 提供:QLifePro
  • 保険医療制度、“焼野原”にするな

    カテゴリー:医療維新 2016年12月24日

    野原にせずに、いかに引き継いでいくかにある」と述べ、高額薬剤の登場が相次ぐ時代にあって、「効果と副作用が同等なら、安い方の薬を使う」など、費用対効果を念頭に置いた処方行動の重要性を訴えた。  オプジー
  • ミカトリオ配合錠の適正使用GL公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月14日

    量が固定されていることから、初期投与で過剰に血圧を低下させる恐れがあるほか、投薬の調整が難しい、副作用が生じた際に原因薬剤の特定が困難などの懸念点もあるという。  同ガイドラインでは、配合剤は第一選択
  • クローン病にウステキヌマブが有効

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年12月14日

     TNF阻害薬無効または重大副作用発現歴のあるクローン病への寛解導入および維持療法としてのウステキヌマブの効果を、導入試験2件(UNITI-1および2、対象計1369例)と維持試験1件(IM-UNIT
  • GERD診療指針の改訂第2版公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月9日

    4月に改訂第2版として刊行したもののオンライン版。  改訂にあたっては、国内の疫学データや薬剤の副作用、Barrett食道に関する情報など、初版刊行後のGERD研究の進歩をガイドラインに取り入れること
17