m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • DMARD不応の乾癬性関節炎へのトファシチニブP3

    カテゴリー:海外ジャーナル 11月20日

    に50%、61%、33%)。また、生物学的製剤アダリムマブ群は52%だった。治療開始12カ月での副作用発生率は、トファシチニブ5mgで66%、同10mgで71%、アダリムマブで72%、プラセボで69%だった。
  • 接遇失敗談「孫かと思ったら息子だった」

    カテゴリー:医療維新 11月18日

    と。(50代女性) ・起こり得るマイナスのことを言い過ぎて心配させてしまった。(60代女性) ・副作用を説明して、過大に心配して、治療を拒否された。(50代男性) 薬剤師 ・お薬が出ている理由がどうし
  • MRによる不適切宣伝、3カ月間で39医薬品等、延べ64件

    カテゴリー:医療維新 11月15日

    1%)などだった(複数回答)。  具体例として厚労省は、以下の4例を挙げた。 ・自社製品に特有な副作用を効能効果としてPRした事例:高リン血症治療薬 ・指定外の初期投与量を推奨、およびデータの比較において強調を行った事例:抗リウマチ薬
  • 減薬後の処方「先祖返り」の訳【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 11月15日

     認知機能に問題がない患者に対しては入院の間に、薬剤師が日本老年医学会と日本老年薬学会などで作成した「高齢者が気をつけたい薬と副作用」というパンフレットを渡し、薬物有害事象について情報提供を行っています。同時に、患者自身の薬に対す
  • 乾癬治療でのオテズラの位置づけとは

    カテゴリー:臨床ニュース 11月13日

    徴も紹介した。  同剤での治療が適する患者として、五十嵐氏は「中等~重症の患者」、「他の内服薬で副作用が出現、または懸念される患者」などを挙げる。患者の体重によって効果に差がないことから「高体重の患者」などにも適していると説明した。
  • DM治療の新膵島移植法を開発

    カテゴリー:臨床ニュース 11月13日

    維芽細胞増殖因子(bFGF)を用いた従来の皮下移植手法よりも移植効率が高く、また出血や炎症などの副作用も全く見受けられなかったという。  さらに、このRCPは人工的に産生したリコンビナント製品であるた
  • 処方せん、医薬品の「変更不可」は16.5%に減少

    カテゴリー:医療維新 11月11日

    おり、「いくら安くなっても使用したくない」と回答したのは12.1%。その理由としては、「効き目や副作用に不安があるから」(61.9%)と「使い慣れたものがいいから」(44.8%)の二つを挙げる回答が多
  • 光照射部位のみで抗菌作用、新技術開発

    カテゴリー:臨床ニュース 11月8日

     この技術は、抗菌作用を発揮して欲しい部位にのみ光照射することで、他の部位には傷害を与えずに、光照射部位でのみ抗菌作用を発揮する、副作用の少ない感染症治療となることが期待される。また、ナノ粒子は細胞内に取り込まれやすい性質をもつため、
  • MS脱髄性視神経症が再ミエリン化で改善

    カテゴリー:海外ジャーナル 11月8日

    0.5 - 2.9;P=0.0048)短縮した。クレマスチン投与による疲労は認められたが、重篤な副作用の報告はなかった。
  • 「とりあえず風邪で様子見」はもう古い【時流◆慢性咳嗽】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月31日

    体拮抗薬などを併用する。ICSと長時間作用性β2刺激薬の配合剤も有用、(3)軽症例でICSが局所副作用やアドヒアランス不良で使用困難な場合には、咳喘息でも抗炎症作用が確認されているロイコトリエン受容体
  • 1回投与の抗インフル薬を承認申請

    カテゴリー:臨床ニュース 10月30日

    染拡大に対しても、一定の抑制効果を示すことが期待される。また、薬剤との関係性が疑われる有害事象(副作用)の発現率がタミフルと比較して有意に低く、従来の治療と同等以上の安全性を示すことが考えられるという。
  • 「仕事帰りに病院が開いていないのは医師の怠慢」患者の非常識な言葉

    カテゴリー:医療維新 10月29日

    ればお答えください。(40歳代以降の中堅・ベテラン医療者編) 【開業医】 ・病気の症状なのに薬の副作用だと言って、先生のせいでこうなったと言われる。(40代男性) ・目が見えているのに、見えていないと
  • 心血管試験で「肺癌死リスク7割減」の意義【時流◆ESC2017ピックアップ】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月26日

    gov(NCT01327846)にも、癌は二次評価項目にも設定されていないなど、癌に関する記述は一切ありません。副作用の項目として検討した悪性腫瘍について予防効果が示唆されたので、動物研究など過去の論文とともに詳細に
  • 中枢性鎮咳薬「問題点」を押さえる【時流◆慢性咳嗽】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月24日

    市立大学呼吸器・免疫アレルギー学教授の新実彰男氏。中枢性鎮咳薬には、便秘や眠気以外の非中枢性の「副作用」とも言える要因があるとのことだ。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵) 心室性期外収縮や外耳道異物でも咳
  • Hp陽性も「すぐ除菌の風潮に疑問」

    カテゴリー:臨床ニュース 10月23日

    否した場合の除菌をした方がよいが、自費になる【内科開業医】 除菌に強力な薬剤を使用するため、その副作用で二次性の胃炎を起こす患者が多く、いかがなものかと思う【内科開業医】 【検査に対する考え】 検査種
  • 胃癌予防でHp検査、この年代が妥当な理由

    カテゴリー:臨床ニュース 10月20日

    一部の行政で中学校から学校検診で抗体価を出し陽性なら除菌をという動きがある。胃内視鏡なくても除菌OKという方針みたいだが、副作用の問題や量の問題はクリアされるかは不明【内科開業医】 「18-19歳」の回答理由 20歳代後半から胃癌が見られるから【消化器科勤務医】
  • 角膜上皮障害の修復メカニズム解明

    カテゴリー:臨床ニュース 10月20日

    テロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)を含む点眼薬は、白内障手術の術後などに頻用されているが、その副作用として角膜上皮びらんや、重症例では角膜穿孔を生ずることが問題となっている。  研究グループは、これ
  • 医師不足対策や地域医療体制整備など―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 10月19日

    があります。具体的には、医師が年齢・病状を踏まえて、総合的に医療適応を判断し、患者に治療の利点、副作用を説明し、患者の同意を得て、医療行為を行う形(パターナリズムとインフォームドコンセントを統合した患
  • パクリタキセル副作用「しびれ」を予防

    カテゴリー:臨床ニュース 10月19日

     京都大学は10月16日、手足を冷却することで抗がん薬パクリタキセルの副作用の末梢神経障害(しびれ)を予防できることを確認したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科学生の華井明子氏、石黒洋特定准
  • 睡眠薬・抗不安薬、薬剤数と処方期間の制限検討

    カテゴリー:医療維新 10月18日

     厚労省保険局医療課長の迫井正深氏は、ベンゾジアゼピン系の向精神薬では、承認用量内でも特に15日以上の投与で依存症の副作用例が見られるほか、海外では処方期間に制限があることなどを挙げ、「ベンゾジアゼピン系は例示であり、向
  • アベロックスに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    、重大な副作用の項に「横紋筋融解症」の記載を求める改訂指示を発した。国内症例が集積したことなどを踏まえた措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  直近3年度の国内副作用症例とし
  • クロルヘキシジンに重大副作用追記、死亡例も

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    キシジン含有製剤2成分の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「アナフィラキシー」の追記などを求める改訂指示を出した。直近3年度に集積した国内副作用症例では、殺菌消毒薬のグルコン酸塩では、因果関係の否
  • トラゼンタに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    、重大な副作用の項に「間質性肺炎」の追記を求める改訂指示を出した。国内症例が集積したことなどを踏まえた措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  直近3年度の国内副作用症例として
  • イーケプラに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

     厚生労働省は10月17日、抗てんかん薬「レベチラセタム」(商品名:イーケプラ)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「悪性症候群」を追記するよう改訂指示を発した。国内症例が集積したことなどを踏まえた措置で、医
  • アモキシシリンに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 10月17日

     厚生労働省は10月17日、合成ペニシリン製剤「アモキシシリン水和物」を含む8成分の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「血小板減少」の追記などを求める改訂指示を出した。国内症例が集積したことなどを踏まえた措置で
  • 緑内障発症の新メカニズム発見

    カテゴリー:臨床ニュース 10月12日

    て眼圧を下げる処置がとられる。すでに複数の眼圧を下げる点眼薬が治療に用いられているが、さまざまな副作用、単一の薬剤では効果が不十分な場合があること、薬剤の効果が徐々に減弱または消失する事がある、などの
  • 放射線防護剤「5CHQ」を開発

    カテゴリー:臨床ニュース 10月11日

    における副作用は、軽微なものも含めると発生率が高く、臨床的に深刻な正常組織障害が発生しない投与線量や投与量として処方するため、根治に至らない状況も生じる。そのため、これらの治療における副作用を軽減させる正常組織防護剤の開発が望まれている。
  • UBTでHp5‰未満、観察か再除菌か

    カテゴリー:臨床ニュース 10月11日

    検するとやはり陽性となることが多い印象である【内科勤務医】 二次除菌までは保険に通っているので、副作用がなければ二次除菌に進む【内科開業医】 内服だけで除菌の手間はあまりないので【外科系勤務医】 「時間を空けて、別の検査を行う」の回答理由
  • シダキュアスギ花粉舌下錠で留意事項

    カテゴリー:臨床ニュース 10月6日

    用に当たっての留意事項について」の通知をホームページに掲載した。同剤はアナフィラキシーなど重篤な副作用が発現するリスクがある。このため医師が講習を受講することや薬剤師が調剤前に処方医が必要な講習を修了
  • C型肝炎薬「マヴィレット配合錠」承認

    カテゴリー:臨床ニュース 10月3日

    療で治癒しなかった患者では、94%(n=31/33)がSVR12を達成した。なお、報告された主な副作用は、そう痒症、頭痛、倦怠感および血中ビリルビン増加(いずれの発現率も5%未満)だったという。  マ
  • 高齢でも「安易な減薬」NGの薬とは【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月28日

    る必要がある。薬剤の血中濃度だけでなくターゲットとなる細菌の発育阻止濃度を達成した上で、耐性菌や副作用の発現を抑制するための治療強度や期間の設定が求められる。  「高齢者への薬物療法を考える上で、抗菌
  • 多剤併用対策「自分だけで悩んでいる」の声も

    カテゴリー:臨床ニュース 9月28日

    の薬説明書を持参させ、直接薬効を説明して不要薬剤中止を指示する」(腎・泌尿器科勤務医)、「薬剤の副作用で入院してくる患者さんが多いため、前医の紹介状を参考にしながらも、全体に減薬から始めています」(精
  • ジカディア、適応拡大の一変承認

    カテゴリー:臨床ニュース 9月27日

    3%(95%CI:10.7,50.2;n=22)であり、脳転移に対する効果も認められた。また、同試験における主な副作用は、下痢、悪心、ALT(GPT)上昇、嘔吐、AST(GOT)上昇、γ-GTP上昇などで、安全性のプ
  • パリエットの用法・用量追加

    カテゴリー:臨床ニュース 9月27日

    (P<0.001)。また、同試験で確認された副作用(発現件数が2件以上)は、下痢、血圧上昇、血中甲状腺刺激ホルモン増加であり、これまでに報告されている副作用と同様の安全性プロファイルだったという。  
  • 15年ぶりの改訂指針「出させた」新薬【時流◆便秘症】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月27日

    する。妊婦には投与禁忌で、嘔気や下痢などの副作用が報告されているが、薬理作用上「酸化マグネシウムの不整脈や刺激性下剤の脱水などのような、長期の連用に伴う副作用のリスクはかなり少ない。根治が難しく、長い
  • 「医療を押しつけないでほしい」、看護師の遺言◆Vol.24

    カテゴリー:医療維新 9月24日

    。  しかし、化学療法を受ければ、何もしないよりは長く生きることができるかもしれないけれど、その副作用で体力が衰えたり、仕事を続けていくわけにはいかなくなる。それではいつまでも生き続ける意味がない。そこまでして、延命したいとは思わない。
  • 週刊誌の「漢方報道」巡り協会がコメント

    カテゴリー:臨床ニュース 9月22日

    製剤等における副作用について」と題したコメント文を同協会公式サイトに掲載した。漢方薬を巡っては最近、一部週刊誌で副作用や普及啓発の在り方を問題視する特集が組まれていたが、協会は、副作用リスクは全ての医
  • 「電解水」を用いた透析システム開発

    カテゴリー:臨床ニュース 9月21日

     東北大学は9月15日、「電解水」を用いて慢性透析患者における透析治療の副作用を改善する新規の透析システムを開発したと発表した。これは、同大大学院医学系研究科附属創成応用医学研究センターの中山昌明特任
21