m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • 週刊誌の「漢方報道」巡り協会がコメント

    カテゴリー:臨床ニュース 9月22日

    製剤等における副作用について」と題したコメント文を同協会公式サイトに掲載した。漢方薬を巡っては最近、一部週刊誌で副作用や普及啓発の在り方を問題視する特集が組まれていたが、協会は、副作用リスクは全ての医
  • 「電解水」を用いた透析システム開発

    カテゴリー:臨床ニュース 9月21日

     東北大学は9月15日、「電解水」を用いて慢性透析患者における透析治療の副作用を改善する新規の透析システムを開発したと発表した。これは、同大大学院医学系研究科附属創成応用医学研究センターの中山昌明特任
  • シナジス筋注液に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月13日

    、重大な副作用の項に「血小板減少」の追記を求める改訂指示を出した。国内症例が集積したことなどを受けての措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  直近3年度の国内副作用症例として
  • プラザキサに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月13日

    重大な副作用の項に「急性肝不全」などの追記を求める改訂指示を発した。国内症例が集積したことなどを踏まえた措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  改訂内容は、重大な副作用の項に
  • オマリズマブが肥満細胞症に効果

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月8日

    、症状が完全にコントロールできた症例は5例、著効は3例、部分奏効は3例だった。初回投与時の主観的副作用のため、2例が投与中止となった。オマリズマブはアナフィラキシー予防および皮膚症状に効果が高く、消化
  • カナリア、2型DM治療で相加効果とは

    カテゴリー:臨床ニュース 9月7日

    2阻害剤が)効きにくさを解除する」点を挙げた。  副作用については、とくにシックデイの対応について解説。SGLT2阻害剤は、「脱水などさまざまな副作用がおこる可能性がある」(門脇氏)ため、シックデイの
  • 服薬管理のコツ「合剤の活用」が最多

    カテゴリー:臨床ニュース 9月7日

    再診時に残薬を聞くようにしている【小児科勤務医】 できるだけ密にコミュニケーションを取っています【外科系勤務医】 副作用の有無を中心に問診して、その対策となる薬剤の処方を減らす【外科系勤務医】 面倒臭くないか聞く【外科系勤務医】
  • スタチン、副作用後も継続がメリット

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月4日

     スタチンの副作用が推定された患者を対象に、副作用発現後のスタチン治療の継続と臨床転帰の関連を後ろ向きコホート研究で検討。対象者2万8266例中、1万9989例(70.7%)がスタチン治療を継続してい
  • レボレードとネオーラル、AA適応追加

    カテゴリー:臨床ニュース 8月30日

    本人AA患者に対するレボレードの安全性プロファイルにおいて、新たなリスクは特定されなかった。主な副作用は、筋肉痛、血中アルカリフォスファターゼ増加、血中ビリルビン増加、悪心、肝機能異常、高ビリルビン血症、発疹などだった。
  • 「“カマグ”は安全」認識改める時代に?【時流◆便秘症】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月30日

    度重なる注意喚起も死亡例で改訂「高齢者には慎重投与」  酸化マグネシウムは日本で広く使用されており、「副作用の少ない安全な薬」とのイメージだ。しかし、これまでに腎機能低下例や高齢者で高マグネシウム血症による
  • 処方しない派「常識」「将来に大変なツケを回す」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月28日

    社会的には害悪にしかならないから【外科系勤務医】 処方する医者は気が狂っているから【内科勤務医】 ウイルス感染には無効であり、副作用のリスクもある【呼吸器科勤務医】 理由を聞くレベルの話ではない【外科系勤務医】 「あまり処方しない」の回答理由
  • 多剤併用対策は「ヒエラルキー改革とコミュ改善」【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月24日

    師からきちんと説明されていないケースがあるのです。 ――医師一人ひとりが心がけるべきことは?  副作用が出たら全て報告・共有することです。製薬会社に伝えれば厚生労働省に報告が行きますし、院内や地域の医
  • 抗菌薬の適正使用「医師と患者の“悪徳”が邪魔」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月18日

    必要ないと判断した患者さんから処方を強く求められることがあるので、もっと抗菌薬を適正に使用しなかったときの副作用などの弊害を、政府が率先して国民に広報してほしい【脳・神経科勤務医】 最終的に抗菌薬投与が医師個人
  • 5剤未満でもポリファーマシー【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月17日

     私自身がポリファーマシーの問題に直面したのは、20年前のことでした、当時は総合内科や救急診療に携わっており、薬の副作用で入院してくる患者が多かったのです。そうした患者はたいてい10-20種類の薬剤を服用しており、内訳
  • 「2025年問題」後の“引き戦”も視野に - 鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月16日

     例えば、癌のゲノム医療については、承認範囲や実施施設を限定して比較的早期に承認、ただし結果については副作用も含めてきちんと報告してもらう。そして一定程度、知見が蓄積されたら、他の医療機関でも使える承認にす
  • 医師偏在対策は、地域への愛着-福田寛・東北医科薬科大学医学部長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月15日

    ろん医学部にもありますので、両方をうまく統合するカリキュラムは、実はなかなか難しい。一つは、薬の副作用や薬物動態など、薬学寄りの講義は、全員薬学教員による一単位があります。学生は別ですが、より専門的な
  • 免疫CP薬大腸炎にレミケード償還要請

    カテゴリー:臨床ニュース 8月15日

     免疫チェックポイント阻害剤である両剤は、間質性肺炎、大腸炎など免疫関連の副作用を発症すると報告されている。これらの副作用に対して、既存の保険償還対象の医薬品では対処できない場合、関節リウマチなどの
  • 抗凝固薬により血栓形成速度に違い

    カテゴリー:臨床ニュース 8月14日

    Reports」オンライン版に掲載された。  心房細動患者は、脳梗塞のリスクが高いことから抗凝固薬の服用が推奨されているが、副作用の出血性合併症が問題となっている。また、近年普及している直接経口抗凝固薬は、従来のワルファリンに比
  • 「広域薬は温存」など、医師会員による抗菌薬適正使用の工夫集

    カテゴリー:臨床ニュース 8月14日

    る」「どちらかと言えばある」と答えた先生に伺います。工夫・努力の具体的な内容を教えてください。 副作用と耐性菌の問題を、具体的例を挙げながら説明する【呼吸器科勤務医】 抗菌剤に限らず、病態や医療方針に
  • 抗癌剤の「心筋萎縮機序」を解明

    カテゴリー:臨床ニュース 8月9日

    JCI insight」で掲載されている。  抗がん剤は、疲労感・倦怠感や筋肉痛、心筋症といった副作用を起こすことが問題視されている。原因は、心筋や骨格筋などの萎縮だが、抗がん剤が筋萎縮を起こす機構は明らかにされていなかった。
  • 不要な処方望む患者への説明例

    カテゴリー:臨床ニュース 8月7日

    「抗菌薬を投与する際には、抗菌性が十分発揮する対象がなければならず、適切な投与を行わずに安易に行った場合には、副作用が出た場合にとても損な事態を招いてしまう」【循環器科開業医】 「ウイルス感染症に対しては抗生剤が無
  • アデムパスの重要な基本的注意に改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 8月4日

    となどから、改訂が適切と判断した。なお、直近3年度に特発性間質性肺炎に伴う症候性肺高血圧症患者で副作用が認められたのは1例で、因果関係については評価していないという。 関連リンク リオシグアトの「使用上の注意」の改訂について
  • アジスロマイシンに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 8月4日

     厚生労働省は8月3日、マクロライド系経口抗菌薬「アジスロマイシン水和物」(商品名:ジスロマック他)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に重篤な皮膚症状などを伴う「急性汎発性発疹性膿疱症」を追記するよう改訂指示を出した。国内外の症
  • イナビルに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 8月4日

    ビルオクタン酸エステル水和物」(商品名:イナビル吸入粉末剤20mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「気管支攣縮、呼吸困難」の追記などを求める改訂指示を出した。国内症例の集積などを受けた措置で
  • ワルファリンに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 8月3日

     厚生労働省は8月3日、抗凝固薬「ワルファリンカリウム」(商品名:ワーファリン他)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に難治性の皮膚潰瘍を来す「カルシフィラキシス」の追記を求める改訂指示を発した。国内や海外症例が
  • 不要抗菌薬の処方は「正常血圧に降圧薬」と同じ

    カテゴリー:臨床ニュース 8月3日

    ます【循環器科開業医】 メリットよりも耐性菌発現のデメリットの方が大きいから【内科勤務医】 薬剤副作用や耐性菌の発生を懸念するため【内科勤務医】 医療費抑制のため【整形外科勤務医】 エビデンスがない、菌交代、有害事象【整形外科開業医】
  • PPI死亡・認知症論文で混乱収拾図る【時流◆PPI適正使用】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月31日

    必要最小限の用量と期間での使用にとどめるとの考えを示した。 さらに患者には、医師に対し「PPIの副作用は何ですか」ではなく、「本当にPPIを服用すべき疾患ですか」と、処方のベネフィット・リスクを尋ねる
  • プロドラッグを抗癌剤に変換可能に

    カテゴリー:臨床ニュース 7月28日

    待される。また、薬剤を患部に選択的に送達することで副作用を低減しながら治療効果を高めるドラッグデリバリーシステムが抱えていた、がん組織以外への副作用を解決し、より優れた治療効果をもたらす新たながん治療
  • C肝薬リバビリン、脂質生合成抑制

    カテゴリー:臨床ニュース 7月27日

    ンの脂質生合成抑制に関わる宿主因子が明らかになったことから、そのような因子に作用する、貧血などの副作用の少ない肝発がん予防薬の開発など今後の展開も期待される、と研究グループは述べている。 提供:QLifePro
  • 新規抗インフル薬、P3で主要目標達成

    カテゴリー:臨床ニュース 7月27日

     安全性に関しては、S-033188の忍容性はきわめて良好で、薬剤との関係性が疑われる副作用の発現率はプラセボと同等で、オセルタミビルリン酸塩と比較して有意に低い副作用発現率を示したとのこと。  同試験の結果をもとに、国内では2
  • 高齢者「降圧薬中止」の基準示す【時流◆高齢者高血圧診療GL発行】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月25日

    の中止も積極的に検討する(推奨グレードB)」との勧告や、「降圧による臓器虚血症状が出現した場合や副作用が出現した場合に降圧薬の減量や中止、変更を考慮する(推奨グレードA)」など、降圧薬の中止に関する具体的な内容も盛り込まれた。
  • 骨粗薬クロドロン酸が慢性疼痛を改善

    カテゴリー:臨床ニュース 7月24日

    粗鬆症治療効果が弱いため、副作用も少ない。一方、第二、三世代は骨粗鬆症治療効果が強いため、副作用が問題になることがあった。東北大学の研究グループによる先行研究の結果も、副作用の少ない第一世代の同剤に鎮
  • 溶連菌やインフルの予防投与に一言

    カテゴリー:臨床ニュース 7月19日

    】 予防投与によって細菌やウイルスが耐性を獲得しなければと、願うばかりです【内科開業医】 薬剤の副作用もあるため、薬剤をむやみに投与しない方がよい【内科開業医】 どうして予防投与などという間違ったこと
  • 高齢多剤服用で検討必要な9薬効群示す

    カテゴリー:臨床ニュース 7月18日

    でより多い傾向があること」や「高齢者の生理的な機能や状態に基づく薬物動態により、増強される作用・副作用があること」「服用薬剤が特に6剤以上に増えることで薬剤関連の有害事象の頻度が高くなる傾向がある」ことなどが追加された。
20