m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • 院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き

    カテゴリー:医療維新 3月29日

    ーンに財源が集中し、莫大な内部留保があることを問題視。「薬局の特徴ごとの機能」の資料についても、副作用のフォローアップをはじめ、より適切にできるのは院外処方より院内処方であると指摘。  さらに中川氏は
  • オラパリブ、卵巣癌でOD指定

    カテゴリー:臨床ニュース 3月29日

    ばらくすると再発することが多く、再び化学療法を実施することになる。白金製剤を含む化学療法は、主な副作用として悪心・嘔吐、好中球減少症・血小板減少症・貧血などの骨髄毒性、脱毛、しびれといった神経毒性など
  • 過量服薬で入院の6割にBZD歴

    カテゴリー:臨床ニュース 3月24日

    は、若年層に対しては過量服薬の危険性を注意深く評価すること、高齢層に対しては服薬アドヒアランスや副作用を定期的に確認し、必要に応じて用量調整をすること、また循環器薬が処方されている高齢層へは、血中濃度
  • BZD系薬などに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    (BZD)系薬などの催眠鎮静薬、抗不安薬、抗てんかん薬、精神神経用薬の使用上の注意に対し、重大な副作用の項などに薬物依存に関する記載を追記するよう改訂指示を発した。医薬品医療機器総合機構(PMDA)に
  • ジオン注に重大副作用など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    ン注無痛化剤付、同注生食液付)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「直腸腟瘻」の追記などを求める改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例として直腸腟瘻が2例報告されたことなどを受けた措置で、医
  • アベルマブ、尿路上皮癌で米優先指定

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    同開発し、製品化する戦略的提携の締結を発表。同剤の副作用として、疲労、筋骨格痛、下痢、吐き気、末梢性浮腫、食欲不振、皮膚障害がみられ、免疫性の副作用も報告されている。FDAは2016年11月に、転移性
  • 上腕への無痛電気刺激が片頭痛の軽減に役立つ

    カテゴリー:臨床ニュース 3月20日

    エキサイティングな知見である。片頭痛患者は非薬物療法を模索している。この新装置は簡便に使用でき、副作用もなく、職場や社会生活の場での使用に便利である」と、Yarnitsky氏は述べている。  Yarn
  • 50歳超の大腿骨近位部骨折でまず選ぶ骨粗薬

    カテゴリー:臨床ニュース 3月17日

    骨折の既往がある方はビスでスタート【外科系開業医】 大骨折を伴うし、閉経前なので【外科系勤務医】 有効性、安全性が高く、副作用が少ない。経済的で高齢者でも飲みやすい。他剤との併用も問題ない【循環器科開業医】 程度にもよるが、
  • 癌放射線治療の早期効果判定に有用性

    カテゴリー:臨床ニュース 3月16日

    。  今回の研究成果により、現在がんの種類ごとに決められている標準的な照射量では効きすぎる場合の副作用を軽減できる一方で、十分な治療効果がない場合には他の治療法へ変更するなど、治療開始の早い段階でその
  • 眼内注射後ゲル化、人工硝子体開発

    カテゴリー:臨床ニュース 3月15日

    ハイドロゲルによる網膜剥離の長期にわたる治療を世界で初めて実現。人工硝子体として1年以上、なんら副作用をおこすことなく使用可能であることが確認できたという。  ハイドロゲルは高分子と水からなる材料だが
  • 癌組織の温度に応答し薬剤分子集積

    カテゴリー:臨床ニュース 3月13日

    よるもの。研究成果は「Nano Letters」オンライン版に3月7日付けで掲載されている。  副作用を起こさずにがん治療を行うことは、多くのがん患者や家族の願いだが、そのためにはがん細胞やがん組織へ
  • 花粉症に舌下免疫療法、実践か様子見か

    カテゴリー:臨床ニュース 3月10日

    設備の整った施設で行うのが妥当と考えるから【内科開業医】 よく説明すると、患者は希望しないことが多い【内科勤務医】 効果や副作用、説明に時間がかかるなど、メリットが感じられない【耳鼻咽喉科開業医】 説明をしたところ、2-3年治
  • 市販後調査で医薬品の安全監視改善せず【BMJ】

    カテゴリー:海外ジャーナル 3月10日

    これらの調査が薬事法で規定された目的を果たしているかを検証。大半はサンプルサイズが小さすぎて稀な副作用を検出できず、薬剤の安全性監視は改善されていないと結論された。著者らは「調査での高額な報酬および厳
  • EGFRiの皮膚障害で治療手引き公開

    カテゴリー:臨床ニュース 3月6日

    基剤も記載されている。治療の基本として、正しいスキンケアの重要性を強調するとともに、ステロイドの副作用に留意すべきとしている。 関連リンク EGFR 阻害薬に起因する皮膚障害の治療手引き
  • 紹介前の「念のため」ステロイドはNG【時流◆SJS/TEN】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月3日

    早期鑑別が重要となる。ステロイドの開始時期についてGLでは発症早期(7日前後)が「治療効果および副作用抑制の観点から望ましい」としているが「なるべく、より早い時期からのステロイド開始が基本」と話す。
  • 言わせて、花粉症に伴う鼻症状治療

    カテゴリー:臨床ニュース 3月1日

    開業医】 抗ヒスタミン薬の全身投与が効果もあり、今後も新薬の情報を提供してほしい【内科開業医】 副作用の少ない一般内科でも処方可能な薬剤でコントロールが困難な症例は、速やかに耳鼻科もしくはアレルギー専
  • 「周期性発熱症候群」に治療薬登場

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

    おり、MKDは4家系6名の報告があるのみだ。遺伝性の疾患であるため長期にわたる治療が必要となり、副作用の少ない疾患特異的な治療が求められていた。  今回、イラリスの適応追加となった疾患のひとつ、FMF
  • 小児花粉症の軽度くしゃみ・鼻漏、処方どうする

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

    もある【小児科勤務医】 最も使い慣れていて、副作用も少ないと思うからです【小児科勤務医】 「遊離抑制薬」 軽いなら、これでいい【耳鼻咽喉科開業医】 副作用の少ないものから選びたいため【眼科勤務医】 「抗LTs薬」
  • 重症薬疹、診断・受診遅れも【時流◆SJS/TEN】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

    2人。2009年から2012年に企業から報告されたSJSおよびTENの報告数は1505例で、同時期に報告された全副作用件数8万2261例の1.8%だ。  全SJSおよびTENのうち、医療用医薬品が被疑薬とされているのは1410例(93
  • 重症小児アトピー性皮膚炎への処方はさまざま

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

    4%)が最も多く、第三選択薬としてはアザチオプリンが最も多かった。全身適用薬の使用をためらう主な要因は、副作用プロファイル(82.6%)および既知の長期毒性リスク(81.7%)であった。  「小児ADに対して
  • 小児花粉症「軽度鼻閉」の処方傾向

    カテゴリー:臨床ニュース 2月24日

    有効性、安全性が高く、副作用が少ない。経済的で高齢者でも飲みやすい。他剤との併用も問題ない【循環器科開業医】 迅速な効果が期待できるから【内科勤務医】 最も使い慣れていて、副作用も少ないと思うからです【小児科勤務医】
  • 疣贅には凍結療法より免疫療法がよい

    カテゴリー:臨床ニュース 2月23日

    17±0.65)が、群間での統計的有意差はみられなかった(P=0.051)。免疫療法は、最も多い副作用として注射時の疼痛が認められた以外には、忍容性は良好であった。  「病巣内免疫療法は疣贅に有効な治
  • 一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査

    カテゴリー:医療維新 2月22日

    位は「後発医薬品の品質に疑問があるから」であり、患者が後発医薬品を希望しない理由として「効き目や副作用に不安があるから」がトップであるなど、いまだ後発医薬品の品質への不安が根強いことも示されている。特
  • 成人花粉症の軽度くしゃみ・鼻漏、処方は?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月22日

    いる【耳鼻咽喉科開業医】 のどの痒みなどにも効くから【耳鼻咽喉科開業医】 有効性、安全性が高く、副作用が少ない。経済的で高齢者でも飲みやすい。他剤との併用も問題ない。【循環器科開業医】 最も実績を積んでいるから【内科勤務医】
  • 成人喘息、3割は再評価で否定

    カテゴリー:臨床ニュース 2月22日

    管支軟化症が含まれた。  寛解した喘息への過剰治療、あるいは誤診に基づく喘息治療は、患者に不要な副作用リスクを与え、治療コストを強いることになる。著者らは「『現在の喘息なし』とされた患者の35%は喘息
  • 抗うつ薬3剤の添付文書改訂に込められた「目標」

    カテゴリー:臨床ニュース 2月21日

    日本精神神経学会理事長の武田雅俊氏 ◇Vol.3「認知診断激増!? 道交法施行へ学会準備着々」はこちら◇ 副作用の羅列では実臨床の役に立たない ――同じ自動車運転に関するトピックになりますが、2016年11月末
  • 成人花粉症の軽度鼻閉、何処方する?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月20日

    使い慣れているから【脳・神経科開業医】 軽症のため、鼻閉は屯用の点鼻剤を使用できるから【内科開業医】 使用経験が多く、副作用を知っている【内科開業医】 このレベルでは最も使い勝手が良いから【内科勤務医】 経口薬を希望する患
  • ヒドロキシジンに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

     厚生労働省は2月14日、抗アレルギー性緩和精神安定剤「ヒドロキシジン」の使用上の注意に対し、重大な副作用として「急性汎発性発疹性膿疱症」の追記を求める改訂指示を発した。国内外の症例集積と、海外で添付文書
  • ゼルボラフ錠に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    品名:ゼルボラフ錠240mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「急性腎障害」の追記などを求める改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例として急性腎障害関連症例が2例報告されたことなどを受け
  • ベーチェット病の遺伝要因など解明

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    感受性遺伝子や発症メカニズムが解明されただけでなく、将来的には個人の遺伝情報に基づいた、効果的で副作用の少ない新たな治療薬の開発が期待されると、研究グループは述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 神経突起の伸長機序を解明

    カテゴリー:臨床ニュース 2月14日

    善することが知られているが、移植したドパミン神経細胞の軸索と線条体神経細胞の相互作用が不十分だと副作用を示す。研究グループは今回、中脳ドパミン神経細胞の軸索が線条体神経細胞と相互作用し伸展する仕組みに
  • 未破裂の脳動脈瘤、治療法開発へ

    カテゴリー:臨床ニュース 2月13日

    報告されていることから、EP2阻害薬の開発により、それらの疾患に対する新規治療薬としての応用や、副作用の少ない治療薬候補としても期待できる。同研究グループは今後、他疾患への応用も念頭に置きつつ、脳動脈
  • ガイドライン作成業務が増え続ける訳

    カテゴリー:臨床ニュース 2月9日

     特に増加が著しいのは、新しい治療法、あるいは薬が出たときの適正使用や運用に関するGLです。高い効果が期待されるけれど副作用も強い薬剤には、適正使用の道筋を示すGLの作成が社会的に要求されますし、われわれも眼科診療のquality
  • 多剤過敏症例の医療処置は高難度!!

    カテゴリー:臨床ニュース 2月8日

    は専門医以外の人が知る機会は少ない。最終回は複数の抗菌薬や局所麻酔薬によるアナフィラキシーなどの副作用の既往があるために、適切な医療処置を受けられなくなってしまった、帝京大学内科学講座呼吸器・アレルギ
  • 脱感作、減感作、負荷試験の違いは?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月6日

    「脱感作」、数週間、数カ月かけて免疫寛容を誘導するのが「減感作」。山口氏によると、即時型ではない副作用を生じる原因薬の脱感作を行う場合は1日ではなく、もっとゆっくり数日をかけることが普通で、「脱感作の
  • 乾癬へのMTX、5年継続は15%【Br J Dermatol】

    カテゴリー:海外ジャーナル 2月6日

    1%、5年時15.1%で経時的に低下していた。治療中止理由は副作用(34.5%)が最も多く、次いで無効(25.5%)、副作用+無効(12.7%)だった。副作用としては消化管症状の報告頻度が最も高かった。
  • 医療情報は“宝の山”、有効活用するカギは?

    カテゴリー:医療維新 1月30日

    ではないのか。一定のフォーマットに基づき、患者の臨床データを時系列的に取得すれば、薬の効果判定や副作用のデータを効率的に収集でき、有効な患者集団の特定につながるはず」。  「アウトカム」と「観察項目」で所見記載
  • パニック障害が抗うつ薬副作用を増大

    カテゴリー:臨床ニュース 1月27日

     慢性うつ病患者にパニック障害が併存している場合、治療中に抗うつ薬による副作用の生じる可能性が高まることが「Journal of Clinical Psychiatry」オンライン版で1月3日報告された。
  • 薬剤誘発性致死性不整脈を予測へ

    カテゴリー:臨床ニュース 1月26日

    and Toxicological Methods」に掲載予定。  医薬品にとって心毒性は重大な副作用のひとつ。なかでも、薬物がQT間隔を延長させ、致死性不整脈のtorsade de pointes(
  • キイトルーダ「最適使用推進ガイドライン」案

    カテゴリー:医療維新 1月25日

    ずれかを満たした上で、5年以上のがん治療の臨床研修を行っている医師等を配置、医薬品情報管理体制や副作用への対応体制の整備等が求められる。またオプジーボと異なり、キイトルーダは、ファーストラインから使用
18