m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • 小児癌患児の口腔内ケア、共同研究へ

    カテゴリー:臨床ニュース 1月17日

    実施すると発表した。  小児がん患児への集約的治療により救命率が大きく向上した一方で、それに伴う副作用によって治療継続が難しくなるケースも少なくない。そのひとつとして、適切な口腔内ケアの欠如による口内
  • 悪性中皮腫の発癌、瀉血療法で予防できる可能性

    カテゴリー:臨床ニュース 1月17日

    唆されたとしている。  瀉血療法は慢性C型肝炎や真性多血症などにおいて保険適応となっている安全で副作用の少ない治療法だ。研究チームは、「まず、アスベスト曝露経験のある高リスク者を対象とした臨床的介入試
  • 軸索再生阻害因子RGMa抑制で視神経脊髄炎の病状を緩和

    カテゴリー:臨床ニュース 1月16日

     NMOの治療としては、急性期におけるステロイドの大量投与や血漿交換療法が有効と考えられているが、高いコストや副作用のリスクがある。またNMOは再発性が高く、症状は徐々に増悪する。再発防止には、年単位にわたる持続的
  • 新規経口抗凝固薬による高い脳梗塞予防効果の裏付けを発表

    カテゴリー:臨床ニュース 1月12日

    は、既存の脳梗塞予防薬のワルファリンと比べて、同等かそれ以上の脳梗塞予防効果を持ち、重篤な出血性副作用を減少させることが示されている。  新規経口抗凝固薬は、いずれも効果が消退するまでの時間が12時間
  • テリボンとフォルテオに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 1月12日

    5μg)と「テリパラチド(遺伝子組換え)」(同:フォルテオ皮下注キット600μg)の使用上の注意に対し、重大な副作用のショックの項に「意識消失」の追記などを求める改訂指示を出した。国内症例の集積や調査結果を受けた措
  • ヤーボイに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 1月12日

    イピリムマブ(遺伝子組換え)」(商品名:ヤーボイ点滴静注液50mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「筋炎」の追記を求める改訂指示を出した。欧米添付文書の記載状況や海外症例の集積などを踏まえた
  • リクシアナに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 1月12日

    錠15mgなど)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「間質性肺疾患」の追記を求める改訂指示を出した。国内症例が集積したことなどを踏まえた措置で、副作用症例として因果関係が否定できない死亡も1例報告
  • レンビマに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 1月12日

     厚生労働省は1月11日、甲状腺癌治療薬「レンバチニブメシル酸塩」(商品名:レンビマカプセル4mgなど)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「急性胆嚢炎」の追記を求める改訂指示を出した。効能、用法などを記載した企業中核データシート(
  • アリピプラゾールに重要な基本的注意追記

    カテゴリー:臨床ニュース 1月12日

    となどを受けた措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  直近3年度の国内副作用症例として、衝動制御障害関連症例がアリピプラゾールで4例報告されているが、因果関係は評価されていない。
  • 2018年は癌免疫療法のさらなる発展に期待【2017-18年末年始特別企画】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月11日

    ります。まず、効く人と効かない人の差が激しいことです。また、高額なことと副作用も問題です。効果を予測できる検査の開発と、副作用の少ない薬剤の登場を期待します。  さまざまな薬剤を組み合わせた免疫療法の
  • PPI副作用は「エビデンスの質」に注意【2017-18年末年始特別企画】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月10日

    関する話題など。また、しばしば大きく報道されがちなプロトンポンプ阻害薬(PPI)の長期使用に伴う副作用の取り扱いに対し、「元の論文のエビデンスの質が低いことに注意が必要」との考えを示す。 ――2017
  • 骨髄腫腎症のhigh-cutoff透析、従来法と差なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 1月10日

    9%、P=0.42)で有意差はなく、透析関連の有害事象発生率はそれぞれ43%、39%だった。また、重篤副作用の発生率はhigh-cutoff透析39%、従来法37%で、12カ月後にそれぞれ9例と10例が死亡した。
  • 2017地方紙ニュース年間ランキング

    カテゴリー:医療維新 1月4日

    群大病院希望定員の3割 臨床研修先の中間報告【上毛新聞】 梅毒感染最多60人 3年前の6倍 20代女性の増加顕著【上毛新聞】 抗がん剤副作用で心筋症 群馬大がメカニズム解明【上毛新聞】 【埼玉県】 診療報酬2877万円損失、主査を停職 県立小児医療センター【埼玉新聞】
  • 統合失調症患者の日常生活技能、経頭蓋直流電気刺激で改善

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月29日

    のスポンジ電極を置き、電極間に微弱な電流を流すことで、脳の神経活動を修飾する。麻酔の必要がなく、副作用のリスクが小さいなどの利点がある。これまで、認知機能や精神病症状の一部におけるtDCSの効果は示さ
  • 腫瘍融解アデノウイルス製剤を開発

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月28日

    療用アデノウイルス製剤「テロメライシン」を開発している。米国で実施した同剤の臨床試験では、重篤な副作用は認められておらず、一部のがん患者では投与部位での腫瘍縮小効果などの有効性が認められているという。
  • タシグナ、小児CML適応追加承認

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月28日

    4%(33例中13例)(95%CI:22.9,57.9)だった。  なお、小児患者で観察された主な副作用は、頭痛(27.6%)、高ビリルビン血症(20.7%)、発疹(20.7%)、悪心(15.5%)、斑状丘疹状皮疹(13
  • 日本初の泡状注腸製剤レクタブル発売

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月11日

    り、投与後に薬剤が漏れにくい。局所作用型ステロイド薬であることから、ステロイドに起因する全身性の副作用の低減が期待できるという。  また、同剤は開発中に「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議
  • 規制色弱まる、医師偏在対策の第2次中間取りまとめ案

    カテゴリー:医療維新 2017年12月10日

    権を得る』という制度になると言われかねない。こうした制度設計は慎重にやってもらいたい。いろいろな副作用が起きかねず、2年程度の地方勤務を義務とすると、多くの医学生は『2年間で、いかに楽に開業権を得るか
  • 大型チェーン、門前・門内薬局に再びメス

    カテゴリー:医療維新 2017年12月9日

    宅医療の中で経験がある。(プロトコールに基づく経口抗癌剤治療管理についての)保険薬局と医療機関の副作用管理の連携は、外来で効率的に実施できる提案だ。 松本純一氏:総論としては提案通りに、進めてもらいた
  • 睡眠薬処方見直し、私の原則【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月6日

    、まずそういった安全性の高い薬剤から始めるようにしてもらっています。  向精神薬については、その副作用で過鎮静になっていたり、嚥下困難が出たり、パーキンソン症候が出たりする場合があるので、そういったケースでは減量、中止を検討します。
  • 高齢心不全「思い切った表現」の背景【時流◆高齢者心不全】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月5日

    ろでしょうか。 ――心不全の症状軽減を目的とする薬物療法では、それぞれに薬効が異なり、ある薬剤の副作用を打ち消すために異なる薬を処方するということもほぼないので、心不全のみの観点では「不適切な処方が起
  • 今季のインフル治療指針を公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月4日

    生後2週未満の新生児は使用経験が得られていないことから、投与の際は、下痢や嘔吐の消化器症状などの副作用症状の発現に注意するよう呼びかけている。  一般診療における治療の項では、2017年3月24日に公
  • 医療広告、「患者体験談」を禁止に、新ガイドライン

    カテゴリー:医療維新 2017年11月30日

    的に審査結果を踏まえて、実効性のある対策を議論すべきだ」などとする意見が出た。 予防接種の広告、副作用情報は?  医療法の広告規制では「広告禁止事項」と「広告可能事項」を定めている。「広告可能事項」に
  • 国内初のガイドライン登場で問われる慢性便秘症の診かた

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月29日

    れる。中島氏は2015年に起きた患者の死亡例についても触れ、「多く使われているが、なかには重篤な副作用を起こす場合もある」と注意を呼びかけた。  上皮機能変容薬では、2012年にルビプロストンが慢性便
  • クロザリルに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月29日

    、重大な副作用の項に「胸膜炎」の追記を求める改訂指示を出した。国内外の症例が集積されたことなどを受けた措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  直近3年度の国内副作用症例として
  • 口腔EBウイルス陽性高悪性度B細胞腫瘍は予後良好

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月28日

    療で自然軽快する症例が報告されており、さまざまな理由で化学療法が行えない、あるいは化学療法による副作用のリスクが高い症例においても、経過観察など患者にとって負担の少ない治療法を選択できる可能性がある。
  • エミシズマブ、インヒビター非保有の血友病A患者にも有効性

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月24日

    おいて、切り替え後の統計学的に有意な出血回数の減少も示されたという。この試験で最も多く確認された副作用は注射部位反応で、これまでの試験と同様だった。また、同試験で血栓塞栓関連の事象は確認されなかったという。
  • DMARD不応の乾癬性関節炎へのトファシチニブP3

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年11月20日

    に50%、61%、33%)。また、生物学的製剤アダリムマブ群は52%だった。治療開始12カ月での副作用発生率は、トファシチニブ5mgで66%、同10mgで71%、アダリムマブで72%、プラセボで69%だった。
  • セカンドオピニオンに至る患者の理由◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2017年11月20日

    ら他院へ行ったらと言われた。【子供の巻き爪。治療が遅れてサッカーできなくなった。】 ・西洋薬では副作用強く、漢方にしたかったから。【潰瘍性大腸炎】 ・母の病状が悪化した際、主治医の治療方針、主治医自身
  • 接遇失敗談「孫かと思ったら息子だった」

    カテゴリー:医療維新 2017年11月18日

    と。(50代女性) ・起こり得るマイナスのことを言い過ぎて心配させてしまった。(60代女性) ・副作用を説明して、過大に心配して、治療を拒否された。(50代男性) 薬剤師 ・お薬が出ている理由がどうし
  • MRによる不適切宣伝、3カ月間で39医薬品等、延べ64件

    カテゴリー:医療維新 2017年11月15日

    1%)などだった(複数回答)。  具体例として厚労省は、以下の4例を挙げた。 ・自社製品に特有な副作用を効能効果としてPRした事例:高リン血症治療薬 ・指定外の初期投与量を推奨、およびデータの比較において強調を行った事例:抗リウマチ薬
  • 減薬後の処方「先祖返り」の訳【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月15日

     認知機能に問題がない患者に対しては入院の間に、薬剤師が日本老年医学会と日本老年薬学会などで作成した「高齢者が気をつけたい薬と副作用」というパンフレットを渡し、薬物有害事象について情報提供を行っています。同時に、患者自身の薬に対す
  • 乾癬治療でのオテズラの位置づけとは

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月13日

    徴も紹介した。  同剤での治療が適する患者として、五十嵐氏は「中等~重症の患者」、「他の内服薬で副作用が出現、または懸念される患者」などを挙げる。患者の体重によって効果に差がないことから「高体重の患者」などにも適していると説明した。
  • DM治療の新膵島移植法を開発

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月13日

    維芽細胞増殖因子(bFGF)を用いた従来の皮下移植手法よりも移植効率が高く、また出血や炎症などの副作用も全く見受けられなかったという。  さらに、このRCPは人工的に産生したリコンビナント製品であるた
22