m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • 溶連菌やインフルの予防投与に一言

    カテゴリー:臨床ニュース 7月19日

    】 予防投与によって細菌やウイルスが耐性を獲得しなければと、願うばかりです【内科開業医】 薬剤の副作用もあるため、薬剤をむやみに投与しない方がよい【内科開業医】 どうして予防投与などという間違ったこと
  • 高齢多剤服用で検討必要な9薬効群示す

    カテゴリー:臨床ニュース 7月18日

    でより多い傾向があること」や「高齢者の生理的な機能や状態に基づく薬物動態により、増強される作用・副作用があること」「服用薬剤が特に6剤以上に増えることで薬剤関連の有害事象の頻度が高くなる傾向がある」ことなどが追加された。
  • クエチアピン徐放錠承認で留意事項

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

    、厚生労働省医薬・生活衛生局が同日発出した通知をホームページに掲載した。同通知では、高血糖などの副作用が現れるリスクがあるとして、適正使用を呼びかけている。  ビプレッソは徐放性のクエチアピン錠。統合
  • 小児科学会が抗菌薬適正使用で考え公表

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

    割を果たしており、感染症の治癒、患者の予後の改善に寄与している。その一方で、使用に伴う有害事象や副作用、薬剤耐性菌の存在とそれに伴う感染症の増加が、国際社会でも大きな課題の1つに挙げられている。  厚
  • 特定健診「40歳から」は妥当か【時流◆動脈硬化GL改訂】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

    ずスタチンと併用することがPCSK9阻害薬の使用条件とされていますが、例えばスタチンを飲んでいて副作用が続いて非常に困っている人もまれにいます。薬がその人に合っているかどうかは、個人差があるので、個人
  • チャンピックス、添文の【警告】削除

    カテゴリー:臨床ニュース 7月12日

     なお、【警告】は削除されたが、それ以外の同剤の添付文書本文の記載に変更はない。精神神経系に関する注意喚起については、国内副作用の状況等を踏まえ「慎重投与」及び「重要な基本的注意」の項において引き続き記載している。 提供:QLifePro
  • 防風通聖散OTC薬の副作用発現状況発表

    カテゴリー:臨床ニュース 7月12日

    DA)の副作用報告データの分析から、医療用で副作用報告の多い漢方製剤である防風通聖散に関しては、含有量の少ないOTC製剤でも副作用発現状況は医療用と変わりがないことを明らかにし、患者への副作用初期症状
  • 扁桃膿瘍治療後ステロイドで体温改善

    カテゴリー:海外ジャーナル 7月11日

    の試験において、疼痛スコア、開口部、入院期間などの有意な改善が示された。ステロイド投与による有害副作用は報告されなかった。
  • 下部直腸癌全切除の転帰、局所切除と差なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 7月11日

    (GRECCAR 2試験)。補正ITT集団における2年時複合評価項目(死亡、再発、有病状態または副作用)発生率は局所切除群が56%で、全切除群の48%と有意差がなかった(OR1.33、95%CI 0.62
  • 溶連菌で家族予防投与「やり過ぎ」

    カテゴリー:臨床ニュース 7月10日

    外科系勤務医】 外来で1人しか見たことがなく、独居の患者だったから。家族が居たとしても、抗菌薬の副作用や耐性菌リスクを説明した上で、処方しない方針としただろう【外科系勤務医】 抗菌薬は存在している菌を
  • 小児T-ALL関連の融合遺伝子を同定

    カテゴリー:臨床ニュース 7月7日

    のが現状であることから、分子病態に立脚した治療の最適化は、小児T-ALL患者の治癒率改善と重篤な副作用や晩期障害の回避に重要といえる。  今回、研究グループは、次世代シーケンサー技術を用いて、小児T-
  • シアノキット注射用に重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 7月6日

    療薬「ヒドロキソコバラミン」(商品名:シアノキット注射用5gセット)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「急性腎障害」を追記するよう改訂指示を発出した。国内外の症例集積や企業中核データシート(CC
  • フルコナゾールなどに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 7月6日

    カプセル50mgなど)と「ホスフルコナゾール」(同:プロジフ静注液)の使用上の注意に対し、重大な副作用として「薬剤性過敏症症候群」を追記する改訂指示を出した。国内症例の集積や企業中核データシート(CC
  • 造影時のステロイド前投薬に学会提言

    カテゴリー:臨床ニュース 7月6日

     日本医学放射線学会はこのほど、ヨード造影剤やガドリニウム造影剤の投与による急性副作用の危険性を軽減する目的でのステロイド前投薬に関する提言を、学会ホームページに掲載した。抗アレルギー効果を期待してス
  • メトホルミン副作用に特効薬か

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

     九州大学は6月30日、糖尿病治療薬メトホルミンの致死的な副作用である乳酸アシドーシスに対して、低酸素状態に対する生体応答反応(低酸素応答)を活性化する薬剤が治療薬として極めて有効であることを明らかに
  • オプジーボ点滴静注に重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

    合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  改訂内容は、重大な副作用の「肝機能障害、肝炎」の項に硬化性胆管炎を追記する。厚労省では、国内副作用症例の集積を受け、専門医員の意見も踏まえた調査の結果、改訂が適切と判断した。
  • トラマドール、コデインに重要な基本的注意追記(2017/07/06 訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

    の注意に対し、重大な副作用の項で「重篤な呼吸抑制があらわれるおそれがあるので、12歳未満の小児には投与しないこと」などと追記する改訂指示を発出した。国内外で呼吸抑制に関連する副作用症例が集積したことな
  • ロキソプロフェン外用剤に重大副作用新設

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

    パップ100mgなど)の使用上の注意に対し、重大な副作用として「ショック、アナフィラキシー」の新設などを求める改訂指示を出した。直近3年度の国内副作用症例が集積したことなどを受けての措置で、医薬品医療
  • 肝細胞癌追加でスチバーガ適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 7月3日

    いる。同薬投与中の検査については、肝機能や血球算定など、必要な頻度と期間をスケジュール表で提示。副作用の予防や早期発見についても具体的な対処方法や確認事項が記載されている。 関連リンク がん化学療法後
  • 週1投与の抗リウマチ薬、毎日服用で緊急入院

    カテゴリー:臨床ニュース 6月30日

    ため、院外処方としてMTX(6mg)が処方された。  患者は、MTX服用は初めてで、医師は口頭で副作用や週1回服用することなどを説明した。ただし、処方薬剤登録の際にコメントとして「週1回○曜日内服」を記載することを忘れたという。
  • BRVOの黄斑浮腫、ステロイドが副作用に関連

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月27日

    るレベルIのエビデンスが確認された。その一方で、副腎皮質ステロイドが眼圧上昇や白内障などの潜在的副作用の増加と関連することが示唆された。
  • 催眠鎮静薬「高齢者の用法用量」記載約2割

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

    の患者に多施設の受診傾向があること、(3)通常成人の用法用量において、高齢者では注意が必要となる副作用が存在すること、(4)薬剤の種類が多くなることにより、薬剤関連の有害事象の頻度が高くなる傾向がある
  • 関節機能改善剤、米でP2開始

    カテゴリー:臨床ニュース 6月21日

    節腔内に直接投与することから、全身血流への移行が少なく、NSAIDの経口剤や貼付剤投与と比較して副作用が軽減されるものと考えられている。  日本において同剤は、2017年2月より変形性関節症を対象とし
  • 水いぼ摘除の前に考えるべきこと【時流◆学校感染症】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月19日

    とは言えません。局所麻酔薬のテープを貼り付けて摘除する方法もありますが、それも貼る面積によっては副作用に気を付けなければならないし、麻酔が切れればやはり痛いのです。  小児科から皮膚科に紹介されて摘除
  • 学会が新規乾癬治療薬で適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 6月16日

    売元であるセルジーン社が作成したもので、妊娠の有無といった事前の確認事項や、感染症など注意すべき副作用とその対策などを記載し、適正使用を呼びかけている。  アプレミラストは、乾癬治療では初めての経口ホ
  • 春季カタルへのタクロリムスはIFN同等

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月16日

    例が各治療に反応し(P=0.99)、両群とも徴候および症状が有意に軽減した(P=0.0001)。副作用は軽度かつ忍容可能で、両点眼薬の有効性と安全性が示された。
  • 局所麻酔薬中毒への対応でガイド公開

    カテゴリー:臨床ニュース 6月15日

    リングや中毒の兆候・症状について詳述し、治療の項では具体的な対応方法や中毒治療に用いる脂肪乳剤の副作用にも言及している。 関連リンク 局所麻酔薬中毒への対応プラクティカルガイド
  • HER2陰性乳癌の生存期間延長を確認

    カテゴリー:臨床ニュース 6月14日

    1%。全生存率では、カペシタビン群が78.8%に対し、対照群は70.3%という結果となり、予後の改善が認められた。副作用に関しては、カペシタビンに関連する最も頻度の高い有害事象の手足症候群が、73.4%の症例で現れたという。
  • 「深く穿刺しないようにする義務を怠った」裁判所の判断-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 6月12日

     証人らの弁論によれば、リリカは2010年10月に末梢性神経障害性疼痛を効能・効果として承認されたこと、増田、H医師らはリリカの副作用について慎重に考える立場に立っていたこと、被告病院においてはリリカ処方ができたのは2011年5月9
  • オピオイド誘発性便秘薬を新発売

    カテゴリー:臨床ニュース 6月12日

    日に発売したと発表した。  オピオイド鎮痛薬は、がん性疼痛治療の中心的役割を果たしているが、その副作用が治療目標の達成や治療継続の障害となっている。なかでも便秘は、オピオイド鎮痛薬の治療を受けている患
  • 癌細胞を選択的に見分け可能に

    カテゴリー:臨床ニュース 6月7日

    を選択的に導入することが可能。ポリアミンをターゲットとした生体内有機合成反応は今後、がんの診断や副作用の少ない治療法としての利用が期待できる、と同研究グループは述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
20