m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • RWDでの既存治療評価でネガティブ・スタディ - 康永秀生・東大臨床疫学・経済学教授に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 11月4日

     その他、手術、救急、それから難病など、RCTをやりにくい領域が幾つかあります。あるいはごく稀にしか発生しない副作用については、RCTで調べるのは無理。市販後のリアルワールドデータで検証するしかないです。  例えば
  • 医師の推薦が最も多かったGLとその理由

    カテゴリー:臨床ニュース 10月31日

    域からの情報が集まった。 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン(日本老年医学会)。特に高齢者は薬の副作用が多いから」(内科勤務医) GLで昔からしっかりと基準が作られているのは、成人の喘息治療ガイドラインと感じる(内科開業医)
  • ステップ3 経口第三世代セフェムを使うのは止めよう(後編)

    カテゴリー:臨床ニュース 10月31日

     吸収されない抗菌薬は感染部位には到達できません。感染部位に到達できない抗菌薬は効きません。 2. 第三世代セフェムにも副作用はある  さて、第三世代のセファロスポリンは体内への吸収が非常に悪いことを指摘しました。体に入らな
  • ベンリスタに重大副作用など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 10月31日

    (SLE)治療薬「ベリムマブ(遺伝子組換え)」(販売名:ベンリスタ)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「うつ病、自殺念慮、自殺企図」の追記などを求める改訂指示を出した。専門委員の意見も踏まえた調
  • D-ソルビトールに禁忌を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 10月31日

    される国内静注製剤と同程度のソルビトール吸収量が示唆されることから、改訂が決まった。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク D-ソルビトール(泌尿器科用灌流液)の「使用上の注意」の改訂について
  • タケキャブなどに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 10月31日

    販売名:タケキャブ錠10mg、同錠20mg)およびそれを含有する製剤の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「汎血球減少、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少」の追記を求める改訂指示を出した。国内症例の
  • 「院内薬剤師の評価」で初・再診料の引き上げを

    カテゴリー:医療維新 10月30日

    、結果に基づき当該薬剤の投与量を精密に管理した場合に算定できるが、薬剤や算定回数に制限がある。「副作用や相互作用、中毒などを確認するために血中濃度の測定が必要な場合はたくさんある」(松本氏)ために見直しが必要との考え。
  • 大量の併用薬に輸血、副作用…、高カリウム血症を招く要因【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月28日

    来した60歳代男性患者は、緊急血液透析を含む集中治療で危機を脱した。代謝性アシドーシス、併用薬の副作用、輸血による血液中へのカリウム負荷など、様々な要因の関与が推定された今回の重症高カリウム血症。m3
  • ステップ3 経口第三世代セフェムを使うのは止めよう(前編)

    カテゴリー:臨床ニュース 10月28日

    い群を比較した時、症状の改善には差が見られません。また、成人の場合は抗菌薬を出されたほうが倍以上副作用が出る確率が高かったのです(Cochrane Database SystRev. 2005; CD
  • 局所進行胃がんの胃切除、開腹より腹腔鏡の方が安全

    カテゴリー:海外ジャーナル 10月28日

    008)、術前補助化学療法の完遂が良好で(調整オッズ比4.39、95%CI 1.63-11.80、P=0.003)、副作用による補助化学療法中止率が低かった(22% vs. 42%、P=0.04)。 【訂正】2019年10月28日に以下を訂正しました。
  • 小児用ベッドから患児転落で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 10月24日

    ドからの転落の危険性を説明して注意喚起する」といった取り組みを行っているとしている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク 医療安全情報No.155「小児用ベッドからの転落」
  • 第19回 重症敗血症への赤血球輸血は有益か有害か

    カテゴリー:臨床ニュース 10月23日

    ない、リアルワールドデータを用いた適切な(バイアスの少ない)解析方法で検証し、赤血球輸血と死亡や副作用との関連を示し、新たなエビデンスを構築したところに臨床的な意義があります。 逆確率重み付け法で時間依存性交絡因子を調整
  • 免疫CP阻害薬での肺がん治療「神への挑戦」

    カテゴリー:臨床ニュース 10月21日

    比喩的ではありますが「神」だけでしょう。そのため、複雑な免疫系を制御できない危険性があり、実際、副作用によって亡くなった患者もたくさんおられるわけですよね。  免疫CP阻害薬を用いた治療法は、人間が火
  • 肺がん手術、胸腔鏡と開胸で成績変わらず

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    ――薬物療法の副作用の中で注意すべき点は何でしょうか。  命に関わる副作用で筆頭に上がるのは薬剤性の間質性肺炎と感染症で、何よりも注意が必要です。また、免疫チェックポイント阻害薬の副作用としては、糖尿
  • 国循・小川氏「AFIRE試験で得た経験は別格」

    カテゴリー:臨床ニュース 10月14日

     やはり、血栓症に対して抗血栓薬は両刃の剣です。有効性と安全性の観点からの研究が今後も重要となるでしょう。私の夢は、出血の副作用のない抗血栓薬が出現することです。アイデアは持っています。 (つづく) 発表者の安田聡氏(国立循環
  • デジタル療法、指針と医師の対応が適正使用のカギ

    カテゴリー:医療維新 10月8日

    組みが求められるとの指摘だ。野村氏は、デジタル療法は新しいものであることから、まずは適応、用法、副作用などの提示が必要になるとした。
  • おきて5 使用中の薬は全部チェックしよう、検査は時系列でチェックしよう

    カテゴリー:臨床ニュース 10月3日

     ちなみに、プロベネシドはインフルエンザの治療薬オセルタミビルの血中濃度を高めることも知られており、これが副作用の増加につながる懸念があります。相互作用は常にチェック、チェックです(永井純也. トランスポーターを介した薬物相互作用
  • おきて4 腎機能をチェックしよう

    カテゴリー:臨床ニュース 9月30日

    イコプラニンは比較的腎毒性が強くないと考えられています。  感染症の患者の場合、こうした抗菌薬の副作用だけでなく、いろいろな理由で腎機能は低下します。敗血症(sepsis)では各種臓器障害が起きますが
  • 電子カルテの患者間違いで注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 9月30日

    定の時間で自動的にログオフになる設定にする」といった取り組みを行っているとしている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク 医療安全情報[No.154]「電子カルテ使用時の患者間違い」
  • ラニチジン塩酸塩の新規出荷を停止

    カテゴリー:臨床ニュース 9月27日

    いが、服用継続を希望しない患者に対しては医療従事者に相談するようアナウンスしている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク ラニチジン塩酸塩における発がん物質の検出に対する対応について
  • セニランとセルシンの誤認に警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 9月27日

    名称変更品を十分に流通できるまでの間、調剤時の取り違えに十分注意するよう求めている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク 「セニラン錠2mg/5mg」と「2mg/5mgセルシン錠」の販売名類似による取り違え注意のお願い
  • フルオロキノロンとキノロンに重大な副作用など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月25日

     厚生労働省は9月24日、ニューキノロン系とキノロン系の抗菌薬(経口剤、注射剤)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害」の追記などを求める改訂指示を出した。米国や欧州の添付文書の
  • タグリッソに重大な副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月25日

    メルチニブメシル酸塩」(販売名:タグリッソ錠40mg、同錠80mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)、多形紅斑」の追記を求める改訂指
  • オルミエントに重大な副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月25日

     厚生労働省は9月24日、抗リウマチ薬「バリシチニブ」(販売名:オルミエント錠4mg、同錠2mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「静脈血栓塞栓症」の追記を求める改訂指示を出した。製造販売後に因果関係の否定できない症例が認
  • アクテムラに重大な副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月25日

    クテムラ皮下注162mgシリンジ、同162mgオートインジェクター)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「肝機能障害」の追記を求める改訂指示を出した。国内外の症例が集積したことなどを受けた措置で、
  • おきて2 必要な培養検査を採り、グラム染色を依頼しよう

    カテゴリー:臨床ニュース 9月23日

     たしかに、培養を採らないで抗菌薬を使っても「まぐれで」よくなってしまう人はいるでしょう。  でも、その抗菌薬で例えば副作用が出てしまったとしましょう。では、次に出すべき抗菌薬は何が正しいのでしょうか。  培養検査がなければ、わかりません。
  • カンナビジオール医薬品の早期承認を要望

    カテゴリー:臨床ニュース 9月23日

     要望書によると、CBDは、121種類ある大麻草の独自成分カンナビノイドのうち向精神作用のない成分。陶酔性または衝動性の副作用を生じさせず乱用使用の原因とならないとされ、てんかんの治療効果を有する可能性があると報告されている
  • 患者の口コミ、Webでの掲載は広告に当たるか?

    カテゴリー:医療維新 9月15日

    内容、費用等に関する事項について情報を提供すること、(4)自由診療に係る治療等に係る主なリスク、副作用等に関する事項について情報を提供すること――の4つです。従って、自由診療で行っていない場合は、(1
  • 第5回 PSA検診の行方―ERSPC最新結果を解説

    カテゴリー:臨床ニュース 9月11日

    した総合的な結果として、全生存の改善が得られるのが医療です。平均余命が数カ月の進行がんに対する、副作用の多い抗がん剤など治療薬の有効性の判定に全生存率をアウトカムとすることは妥当ですが、がん検診の主要
1 30