m3.com トップ>記事検索結果

「副作用」の検索結果

  • デジタル療法、指針と医師の対応が適正使用のカギ

    カテゴリー:医療維新 10月8日

    組みが求められるとの指摘だ。野村氏は、デジタル療法は新しいものであることから、まずは適応、用法、副作用などの提示が必要になるとした。
  • おきて5 使用中の薬は全部チェックしよう、検査は時系列でチェックしよう

    カテゴリー:臨床ニュース 10月3日

     ちなみに、プロベネシドはインフルエンザの治療薬オセルタミビルの血中濃度を高めることも知られており、これが副作用の増加につながる懸念があります。相互作用は常にチェック、チェックです(永井純也. トランスポーターを介した薬物相互作用
  • おきて4 腎機能をチェックしよう

    カテゴリー:臨床ニュース 9月30日

    イコプラニンは比較的腎毒性が強くないと考えられています。  感染症の患者の場合、こうした抗菌薬の副作用だけでなく、いろいろな理由で腎機能は低下します。敗血症(sepsis)では各種臓器障害が起きますが
  • 電子カルテの患者間違いで注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 9月30日

    定の時間で自動的にログオフになる設定にする」といった取り組みを行っているとしている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク 医療安全情報[No.154]「電子カルテ使用時の患者間違い」
  • ラニチジン塩酸塩の新規出荷を停止

    カテゴリー:臨床ニュース 9月27日

    いが、服用継続を希望しない患者に対しては医療従事者に相談するようアナウンスしている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク ラニチジン塩酸塩における発がん物質の検出に対する対応について
  • セニランとセルシンの誤認に警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 9月27日

    名称変更品を十分に流通できるまでの間、調剤時の取り違えに十分注意するよう求めている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク 「セニラン錠2mg/5mg」と「2mg/5mgセルシン錠」の販売名類似による取り違え注意のお願い
  • フルオロキノロンとキノロンに重大な副作用など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月25日

     厚生労働省は9月24日、ニューキノロン系とキノロン系の抗菌薬(経口剤、注射剤)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害」の追記などを求める改訂指示を出した。米国や欧州の添付文書の
  • タグリッソに重大な副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月25日

    メルチニブメシル酸塩」(販売名:タグリッソ錠40mg、同錠80mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)、多形紅斑」の追記を求める改訂指
  • オルミエントに重大な副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月25日

     厚生労働省は9月24日、抗リウマチ薬「バリシチニブ」(販売名:オルミエント錠4mg、同錠2mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「静脈血栓塞栓症」の追記を求める改訂指示を出した。製造販売後に因果関係の否定できない症例が認
  • アクテムラに重大な副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月25日

    クテムラ皮下注162mgシリンジ、同162mgオートインジェクター)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「肝機能障害」の追記を求める改訂指示を出した。国内外の症例が集積したことなどを受けた措置で、
  • おきて2 必要な培養検査を採り、グラム染色を依頼しよう

    カテゴリー:臨床ニュース 9月23日

     たしかに、培養を採らないで抗菌薬を使っても「まぐれで」よくなってしまう人はいるでしょう。  でも、その抗菌薬で例えば副作用が出てしまったとしましょう。では、次に出すべき抗菌薬は何が正しいのでしょうか。  培養検査がなければ、わかりません。
  • カンナビジオール医薬品の早期承認を要望

    カテゴリー:臨床ニュース 9月23日

     要望書によると、CBDは、121種類ある大麻草の独自成分カンナビノイドのうち向精神作用のない成分。陶酔性または衝動性の副作用を生じさせず乱用使用の原因とならないとされ、てんかんの治療効果を有する可能性があると報告されている
  • 患者の口コミ、Webでの掲載は広告に当たるか?

    カテゴリー:医療維新 9月15日

    内容、費用等に関する事項について情報を提供すること、(4)自由診療に係る治療等に係る主なリスク、副作用等に関する事項について情報を提供すること――の4つです。従って、自由診療で行っていない場合は、(1
  • 第5回 PSA検診の行方―ERSPC最新結果を解説

    カテゴリー:臨床ニュース 9月11日

    した総合的な結果として、全生存の改善が得られるのが医療です。平均余命が数カ月の進行がんに対する、副作用の多い抗がん剤など治療薬の有効性の判定に全生存率をアウトカムとすることは妥当ですが、がん検診の主要
  • 難治例へのリツキシマブ、可能性と懸念【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月10日

    使用しないのですか? 蓮沼 本症例では、骨についてのフォローは行っていません。ただ、ステロイドの副作用は懸念されるため、定期的に眼科通院をし、眼圧を測定するなどの指導は行っています。 大河原晋氏(臨床
  • ザファテックに禁忌などで改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 9月10日

     改訂指示ではこのほか、用法・用量の項で高度腎機能障害患者/末期腎不全患者の投与量なども新たに記載した。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク 調査結果報告書
  • イベニティ皮下注に警告など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月10日

    できない症例はなかった。死亡7例の報告もあったが、こちらも因果関係は否定されている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク ロモソズマブ(遺伝子組換え)の「使用上の注意」の改訂について
  • ロンサーフ錠に適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 9月9日

     製造販売元の大鵬薬品工業は、「対象が2レジメン以上の標準化学療法に不応又は不耐な患者であること」「主な副作用は骨髄抑制とそれに起因する感染症であり注意が必要なこと」などの理由から、適切な患者選択と慎重な服薬指導が必要としている。
  • RAの治療経過に歯周病が影響【EULAR2019】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月9日

    RRA」を始め、年2回、患者の同意を得てアンケート調査などを実施。自覚症状、合併症、薬剤の使用、副作用などについての患者の自己申告、医師評価、臨床検査数値について毎回5000人以上からデータを収集し、
  • 「規制、厳格になりすぎ」「前近代的な手法、終止符を」

    カテゴリー:医療維新 9月8日

    に対峙できるために必要な、健全でかつ建設的な関係を透明性高く構築できることを真に望みます。もっと副作用情報に収集や伝達に力を置き、他社品との比較や差別化に終始する体質を根本的に改善してほしい。(開業医)
  • TEC6プラス気化器デスフルランに再注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 9月5日

    が安全な状態を維持できる吸入器と代替えの麻酔手段を考慮してください」と追記している。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク GEヘルスケア・ジャパン社TEC6プラス気化器デスフルランの不良発生について(情報更新)
  • 全身麻酔装置用吸入麻酔薬用気化器で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 9月5日

    を確認し、プラグインアダプター・コネクターを確実に接続するよう注意を呼びかけている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク ドレーゲル社 吸入麻酔薬用気化器の麻酔器への取り付けに関して
  • ガーゼカウント合うも残存で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 9月2日

    線画像でもガーゼが発見できなかった事例が26件あるとして、再び注意喚起を行っている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク 医療安全情報[No.152]「手術時のガーゼの残存(2)-X線画像の確認-」
  • 小児へのピボキシル基含有抗菌薬服用に再注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 8月29日

    誘発リスクに関して、注意喚起を発出しているが、その後も同様の報告があったとしている。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク ピボキシル基含有抗菌薬の服用に関連した低カルニチン血症に係る注意喚起
  • 禁止物質がどうしても治療に必要なとき【東京オリパラ目前◆ドーピング】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月27日

    使用しても、健康を取り戻す以上に競技力を向上させる可能性が極めて低い 他に代わりとなる合理的な治療法が存在しない ドーピングの副作用に対する治療ではない  これらの条件を満たす場合、競技者は担当医に証拠となる書類を作成してもらい、
  • インスリン製剤の誤装着で再注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 8月26日

     日本糖尿病学会は、インスリンのカートリッジ製剤とペン型注入器を間違った組み合わせで使用したことにより、低血糖や高血糖などの副作用が生じた事例が多数報告されているとして、再度、患者への指導を呼びかけている。サノフィと日本イーライ
  • 禁止物質のほぼ全てが臨床で使用する医薬品【東京オリパラ目前◆ドーピング】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

    必要が出てきそうですね。  禁止表で「S0」に分類される「無承認物質」とは、臨床開発中の薬や強い副作用のため開発が中止されたものを指しますが、ブラックマーケットに流れて、実際にドーピングに使用された記
  • 乾燥BCGワクチンに重大副反応など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

     直近3年度の国内症例の集積状況では、結核性髄膜炎が1例報告されており、因果関係は否定できてないという。 シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク 乾燥BCGワクチンの「接種上の注意」の改訂について
  • レンバチニブ、標準治療不応大腸がんP3で好成績【臨床腫瘍学会2019】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

    6-3.7)だった。全生存率の中央値は7.4カ月(同6.4-10.8)だった。  グレード3以上の副作用は、高血圧16例(53%)、血小板減少症3例(10%)、食欲不振2例(7%)、血清AST上昇2例(
  • ゼルヤンツ錠に重大副作用など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

    炎の治療薬「トファシチニブクエン酸塩」(販売名:ゼルヤンツ錠5mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に静脈血栓塞栓症の追記などを求める改訂指示を出した。海外臨床試験の結果などを踏まえた措置で、医
  • ドパミン受容体作動薬に重要な基本的注意など追記

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

    μg、同錠250μg)他 (8)アポモルヒネ塩酸塩水和物(アポカイン皮下注30mg) シリーズ 副作用・有害事象情報 一覧 関連リンク ドパミン受容体作動薬の「使用上の注意」の改訂について
29