m3.com トップ>記事検索結果

「医事紛争」の検索結果

  • センター調査の報告書は遺族に交付 - 松原謙二・日医副会長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年4月25日

     都道府県医師会の会長協議会で既にお願いしており、皆さんの了承がおおむね得られています。「支援団体」は、(医師賠償責任保険を担当する)医事紛争委員会とは別の仕組みとして作っていただきたい。 ――「支援団体」は、各医師会に事務局を置き、地域
  • 群馬大学腹腔鏡事件の報告書は小学生レベル

    カテゴリー:医療維新 2015年3月24日

    明を出し(4)、医療従事者は、医療機関設置者・管理者・運営者および院内・院外医療事故調査機関が、医事紛争を可能な限り避けられるような事故報告書を作成し得る能力と見識を有し、信頼に値するか否かを見極めた
  • 「支援団体は医師会の役割」、総力を結集

    カテゴリー:医療維新 2015年3月21日

     なお、日医は、医師賠償責任保険を運営しており、医療事故等が起きた場合の紛争解決や賠償金の支払いなどを行っている。都道府県医師会等の医事紛争委員会が窓口となるが、「支援団体」となった場合の各医師会における運営について、日医副会長の松原謙
  • 「刑事事件は激減する」、根拠なし

    カテゴリー:医療維新 2015年3月9日

    、「事故調査と刑事司法の関係性は全く改善されていない」と指摘、医療者は、院内および第三者機関が、医事紛争を可能な限り避けられるような事故調査報告書を作成し得る能力と見識を有し、信頼に値するか否かを見極
  • 産婦人科事故、過去4年で報告最多

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月21日

     2013年に起きた産婦人科関連の医療事故のうち、医事紛争に発展しかねないと医療機関が判断した偶発事例が470件に上ることが日本産婦人科医会医療安全委員会の調査で分かった。集計開始時期から対象の変更な
  • 医療事故・医療安全に関する文書と裁判上の提出義務◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年1月23日

    (抗告され、裁判例1で覆りました)。 2.国立大学病院から文部省への報告書・病院長への報告および医事紛争対策委員会の資料としての文書  国立大学医学部附属病院(当時)での医療事故の状況等につき大学から
  • 産科補償見直し案に保険者ら反発、医療保険部会

    カテゴリー:医療維新 2013年12月6日

    の動きに即応する形で対応していくのも大事ではないか」と発言。後氏も「もともと産科医療補償制度は、医事紛争を減らすための制度として始まった」と理解を求めた。  制度の枠組みについて指摘する声も出た。岩本
  • 産科補償、「3000万円」は現状維持

    カテゴリー:医療維新 2013年11月5日

    、補償対象となる重度脳性麻痺児の生涯にわたり補償する方式(終身年金方式)を求める意見もあったが、医事紛争を減らすなどの制度設立時の趣旨を超える上、制度設計が困難であることなどから見送る方針。「補償金額
  • 「辞めたい医師は減少しているか?」、勤務医3000人調査へ

    カテゴリー:医療維新 2012年4月16日

    の雇用形態、勤務実態(1日当たりの勤務時間数や時間外勤務時間数、宿日直回数など)、医療の安全性(医事紛争の経験の有無など)、健康状態(疲労度や精神的ストレス、「職場を辞めたい」と思ったか、など)、業務
  • 原因分析と再発防止、1月にも検討部会設置へ◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2011年12月23日

    ◆茨城県医療問題中立処理委員会 (茨城県医師会副会長の小松満氏) ・1964年から、茨城県医師会医事紛争処理委員会を設置。有責無責の結果をみると、決して医療機関寄りではないが、そう見られることあり、さ
  • 医賠責の支払い、年間300億円は妥当な数字か◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2011年10月29日

    ol.2』を参照)、同省は、全国の医賠責保険の支払額は、年間300億円程度との見方を示した。  医事紛争に伴う損賠賠償や示談金などの支払額が不明な中、注目されるデータだったが、この数字に疑問を投げかけ
  • 妊産婦死亡、不毛な訴訟は回避

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年10月28日

    究明を目的とした病理解剖として施行。結果を医療の改善につなげて、本来ならば避けられたはずの不毛な医事紛争の防止につなげようとしている。妊産婦死亡に対する剖検マニュアル委員会(委員長:金山尚裕氏)が作成し、2010年の春に公開した。
  • フランスの無過失補償制度などを検証◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2011年10月1日

     対象は、フランス、スウェーデン、デンマーク、ニュージーランドの4カ国。厚労省大臣官房参事官の木村博承氏は、「総論的には、医事紛争が多発しており、裁判に発展、それが長期化し、何らかの対応が必要という背景から、無過失補償制度の導
  • 「医療ADR経験」は病院の5%、半数は受理、日病協調査

    カテゴリー:医療維新 2011年6月16日

    弁護士会の医療ADRからは、医療機関がADRに応じる率の低さを問題視する指摘もあった。  ADRを経験した感想も、評価が分かれた。「医事紛争の早期解決に役立った」、「患者の抱えている問題が整理されて医療者側に届く」、「証人尋問がなく、関
  • 「医の求めるもの・法の応えるもの」とは?

    カテゴリー:医療維新 2011年3月8日

     フォーラムは、基調講演とパネルディスカッションという形で展開(出席者は文末を参照)。共通していたのは、医事紛争に限らず、遺伝子検査・治療をはじめとする最先端医療、終末期医療や生殖医療など生命倫理が関わる問題
  • 医療安全対策に特効薬なし - 貫戸幸彦・京都府保険医協会副理事長に聞く

    カテゴリー:医療維新 2011年1月5日

    師賠償責任保険を導入、会員からの相談に対応する一方で、医事紛争の統計データを蓄積・分析するなどの取り組みも行い、『医療安全対策の心得』『医事紛争事例集』なども出版している。昨年、「医療安全対策50周年
  • 「大綱案は欠陥品、対話型システムの確立を」◆Vol.39

    カテゴリー:医療維新 2010年5月27日

    。  「これからの未来のある医療を構築するには、信頼と自律が大切。そのためには不可避的に発生する医事紛争への適切な対応が重要であり、法的制度としては、対話重視型・当事者主義的・原因究明追及型・自律的制
  • 医師と弁護士の責任を考える-亀田総合病院・小松氏◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2010年4月28日

    しているが、これ以外にも多くの大学で教壇に立ってきた。  日本を代表する病院側弁護士として多くの医事紛争に関わってきた。厚労省、日本医師会、日本病院会、各種学会の多数の委員会の委員を歴任している。  
  • 医療と司法の信頼回復のためADRを実施 - 医療紛争相談センター長・植木哲氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2010年1月21日

     特定非営利活動法人(NPO法人)医事紛争研究会の「医療紛争相談センター」(千葉市)は2009年12月1日、ADR法(裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律)に基づく、法務大臣の認証を取得した。弁
  • 「第三次試案」「大綱案」は、もはや厚労省案にあらず◆Vol.33

    カテゴリー:医療維新 2009年12月12日

    ば、平易な言葉に直して理解が少しでも高まるように、対話を仲介する人が必要になる。先日、千葉県で、医事紛争研究会が、ADR法(裁判外紛争解決手続きの利用促進法)に基づいた認可を受けた。この流れはやはり対