m3.com トップ>記事検索結果

「医療訴訟」の検索結果

  • 医師不足対策や地域医療体制整備など―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 10月19日

    ます。さらに、防衛医療や超高齢者への過剰な医療給付を適正化するため、医療業務上の刑事責任の限定、医療訴訟における民事賠償の基準額の設定を推進します。 医師資格を持つ立候補者一覧
  • 医療事故調査、“喧嘩”の道具に使うな!

    カテゴリー:医療維新 7月2日

    た時点で、そのエッセンスも周知する。一方、患者側への説明は、担当医もしくは担当診療科等から行い、医療訴訟になった場合、医療事故調査制度の枠を超えているので、別対応となる。
  • この娘との間では余計な会話が増えてしまう【連載小説「朔風」第66回】

    カテゴリー:医療維新 6月16日

     結美が言った。「何だ、そうなんですか。安心しました。わたしはてっきり、杉谷先生を対象にして市議が医療訴訟のようなことを仕掛けてきたのかと思いました」 「どういうことだよ?」  「だって、結果的に医療事
  • 無意識の恐れは実現する【連載小説「朔風」17回】

    カテゴリー:医療維新 2016年12月27日

    彼はそれでも一抹の不安は拭えなかった。ただでさえオーバーワークを意識しているのに、山下の病院での医療訴訟を抱え込み、妻の離婚要求で銃後の守りは手薄。頭の中で潰瘍性大腸炎の手術に集中しなければ、と思えば
  • 教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】

    カテゴリー:医療維新 2016年12月20日

    「そんなに心配しないでくれよ」  健太朗の心持ちを忖度して、山下はいろいろ言い訳を並べた。「きょう日、医療訴訟を抱えない医者なんて珍しいってもんだよ。犬もあるけば棒にあたり、外科医がオペすりゃ訴訟にあたる。
  • 外来1回3円、入院1日12円で無過失補償制度が実現可能

    カテゴリー:医療維新 2016年12月2日

    た。本研究は、1999年4月~2015年3月末までの医療訴訟判決(民事)を基に作成した、浜松医科大学法学教室のデータベースを活用している。医療訴訟頻度のみならず金銭的損害を考慮した医療事故リスクを算出
  • 「へき地勤務、給与2倍に」「市場原理で競争」

    カテゴリー:医療維新 2016年11月6日

    ・診療科偏在対策:侵襲的治療(外科手術、お産など)に対する報酬(行った侵襲的治療件数とその保険点数に応じて)、医療訴訟対策(無過失補償制度、医療訴訟に一定の制限を設けるなど)【勤務医】 ・科の偏在対策として医療行為に伴い生じ得る事
  • 診療科・地域の制限なくして解決なし

    カテゴリー:医療維新 2016年11月2日

    美容整形などに移行するだけで実質は変わりない。【勤務医】 ・片道切符の僻地赴任を選ぶはずがない。医療訴訟の多い診療科にわざわざ行くはずがない。特に今の若い医師は・・・(決してみんなとは言いません。高い
  • 眼科医療訴訟、小児では原告有利

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年9月23日

    米国で小児患者を原告とする眼科関連医療過誤訴訟68件を対象に、原因および結果を調査。陪審裁判で解決した35件のうち、原告有利の評決は17件(48.6%)と、原告有利となる率が成人患者を原告とする裁判(...
  • 北米現地レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年6月16日

    化に伴い、求められる能力と責任も変化しています。  2005年~2010年に起こった1249件の医療訴訟のうち17%が、65歳以上の高齢患者が服用する医薬品に関連した訴訟です。これらの被告側は「医師」
  • 創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判

    カテゴリー:医療維新 2016年5月22日

    カルテ等を医学的観点で原因分析を行った結果、一般的医療からの著しい乖離や、「悪質」なケースは、「医療訴訟に精通した弁護士等」から構成される「調整検討委員会」に諮り、補償請求者(保護者)に通知する。「調
  • 2015年、診療室の波乱万丈エピソード◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2015年12月29日

    ・メーカーさんが提供してくれる勉強会に数多く出席して、多くの知識を得ることができた。【勤務医】 ・民事医療訴訟の被告となったが、訴訟ビジネス集団の弁護士や専門医のもっともらしいデッチ上げの訴えをことごとく論破していること。【開業医】
  • 「サラリーマン医師が増加」「医師に意見を」◆医師調査Vol.12-2

    カテゴリー:医療維新 2015年11月29日

    してほしい。威圧的な態度を改めてほしい。コミュニケーションをうまく取れる医師になってほしい。 ・医療訴訟を懸念してか、トラブルを起こさないためにどうするかを第一優先にする医師は、患者さんに十分な知識が
  • 「医師の強制加入組織」、医療の質保証に必要か

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    視、(3)診療所や病院の開業許可、(4)医師年金の運営、(5)医師の勤務実態の把握と管理、(6)医療訴訟の相談、(7)医療の質・安全の監視――など。 ・ドイツ医師会の傘下に、「Marburger Bu
  • 「医師夫は患者家族の立場で付き添い」、茨城医療過誤訴訟◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年10月31日

     病院の診断ミスが女性(妻)の死亡につながったと訴えるものの、原告の夫が医師であることから4割の過失相殺を認めた水戸地裁の医療訴訟(『家族への診察は医師の責任か、茨城医療過誤訴訟vol.1』、『「敗血症見逃しは医師の過失」と判断、茨城医療過誤訴訟
  • ドクターコールで損害賠償、JALは自社で負担◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年9月7日

    担」  ドクターコールに応じるか否か悩む原因の一つが、問題が起きた時の責任の所在のあいまいさだ。医療訴訟が身近になる中、善意で引き受けたドクターコールでも、その対応に問題があったとして損害賠償請求を受けるではないかとの懸念がある。
  • 「大学が生涯、医師の異動を把握」案提言、医学部新設対案

    カテゴリー:医療維新 2015年8月20日

    育から専門医研修まで、幅広く見通した医師養成システムの一環として提言を位置付け、務医環境の改善や医療訴訟リスクなど、全体を考えながら進める考えを示し、「現時点で最高の考え方を提示した」と述べた。  日
  • 事故調、「責任追及の恐れ、払拭できず」

    カテゴリー:医療維新 2015年6月30日

    医療安全対策に資するものになるよう、研修を重ねていくとした。さらに事故の当事者の人権保護のため、医療訴訟など、医療事故調査制度の本来以外の用途に、調査報告書を用いる可能性がある場合は、院内調査開始時に
  • 「敗血症見逃しは医師の過失」と判断、茨城医療過誤訴訟 vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年3月6日

     病院の診断ミスが死亡につながったと訴えるものの、原告が医師であることから4割の過失相殺を認めた水戸地裁の医療訴訟。本訴訟の争点は、下記の5つで、過失相殺や無呼吸テストでの家族同意に関する判断を詳報した前回に続
  • 福島の産婦人科医数、「いまだボトム」◆Vol.16

    カテゴリー:医療維新 2015年2月9日

    ゃないですか。だから医療者の生活環境に手を入れていかなければいけない。 加藤 そうですね。やはり医療訴訟の問題も大きいと思います。  ※毎週、月、水、金曜日に連載予定。
  • 地域包括ケアは遂行できるか、2015年度の注目出来事◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 2015年1月19日

    が明示。果たしてどうなるか? ・ストレスチェック義務化。予防医学・産業医学分野で新たなトラブル。医療訴訟のネタになる可能性が大きいと思われる。 ・メンタル、特に企業における発達障害に対する対応について状況改善が望まれる。
  • エボラ対応に見る米国地域医療の脆弱さ

    カテゴリー:医療維新 2014年12月15日

    School卒業の53歳。カリフォルニア州で研修後、Presbyterian Dallasに勤務。その後、顎骨感染の見逃しで、医療訴訟に遭う。放射線科用ソフトウエア会社を立ち上げるが、資金難に直面し、再びPresbyterian Dallasに戻ったという。
  • 他人の給与や当直の話で落ち込む◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2014年12月8日

    Communityで好きなテーマや新しく欲しいカテゴリー、思い出などを含む自由意見を広く聞いた。テーマでは、医療訴訟や患者関連、医師の給与などが人気があった。主な自由意見を紹介する。 【思い出や自由意見】 ・大野
  • 暗闇や霧の中でもがく医療界◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2014年12月5日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 「総合診療専門医は不要」は2割◆Vol.16

    カテゴリー:医療維新 2014年12月3日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 米国のような訴訟頻発社会は避けるべき

    カテゴリー:医療維新 2014年12月2日

    ませんでした。  また、前述した通り、アメリカは訴訟大国です。医療者に何らかの支払い責任が生じた医療訴訟の件数は、2013年の1年間だけで1万2141件にも及びます(the National Practitioner
  • 国試合格者の女性割合「4割超」が6割弱◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2014年12月1日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 次のノーベル医学賞受賞「10年以内」が半数弱◆Vol.14

    カテゴリー:医療維新 2014年11月28日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 医師資格持つ厚労相「誕生しない」が8割超◆Vol.13

    カテゴリー:医療維新 2014年11月26日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 「今後10年プラス改定ない」が半数超◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 2014年11月21日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 10年後の年収水準「不変」が半数近く◆Vol.11

    カテゴリー:医療維新 2014年11月19日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 10年後の医学部数「増える」が半数超◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2014年11月17日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 「医師は24時間365日働いて当然」と周囲◆Vol.9-3

    カテゴリー:医療維新 2014年11月14日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 「お任せします」の結果、医療訴訟◆Vol.9-2

    カテゴリー:医療維新 2014年11月12日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 「異常なければ血液返せ」と患者◆Vol.9-1

    カテゴリー:医療維新 2014年11月10日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 出産の度に“解雇”も、声かかる◆Vol.8-3

    カテゴリー:医療維新 2014年11月7日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • “無医村に開業”の夢、45歳で実現◆Vol.8-2

    カテゴリー:医療維新 2014年11月6日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 診療指針が訴訟に与える影響【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年11月5日

     医療訴訟でよく争点の1つとして報じられる問題は、治療行為と診療ガイドライン(指針)の関係である。巷間では法律や条例と同一視する向きもあるが、診療指針は基本的に「推奨」を示したもので、全ての医師に適用
  • 「将来、先生を手伝うからね」と患児◆Vol.8-1

    カテゴリー:医療維新 2014年11月5日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 医師会未加入6割弱、45歳未満の会員◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2014年10月31日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 「不必要な医療あり」が9割超◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2014年10月29日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 治療決定のキーパーソンは誰か【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月28日

    ――医学的な専門知識を持たない患者には、どのような説明をすればいいのでしょうか。  これまでの医療訴訟の判決から考えられることは、司法の場では「患者は基本的に治療に関する医学的な説明を理解し、判断で
  • 「医師の絶対数不足」が4割弱◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2014年10月22日

    、義務年限を超えると、大都市に移る傾向も指摘されている。  「診療科偏在」については、勤務実態や医療訴訟のリスクを考慮した結果、産婦人科や小児科などは、「医師不足が続いている」との声がある。3つの偏在
  • 医療崩壊を耐え忍んだ10年間◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2014年10月20日

    28 18 10 5 衰退 24 14 10 6 疲弊 17 13 4 7 変化 15 7 8 8 医療訴訟 10 4 6 8 低迷 10 8 2 8 萎縮 10 7 3 11 迷走 9 8 1 11 落
  • 医療に理解ある厚労相、舛添氏がトップ◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年10月17日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 医療に理解ある首相「いない」が7割超◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年10月15日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 大野病院・割り箸事件、今も医師の記憶に◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年10月10日

    9-1◆「異常なければ血液返せ」と患者 「患者とのトラブル」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-2◆「お任せします」の結果、医療訴訟 「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験 Vol.9-3◆「医師は24時間365日働いて当然」と周囲
  • 「悪代官・厚労省に十手を渡すな」

    カテゴリー:医療維新 2014年10月6日

    指摘も出た。「医師の志気が低下しているのは、給料・手当が安く、労働時間が長く、そして何かあったら医療訴訟になる」ためであるとし、堤氏は、この現状を改善するために、“トンデモ裁判”やマスコミの過剰な報道
  • 無過失補償制度を全診療科に-藤川謙二・日本医師会常任理事に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年6月2日

     ただ、入院期間が短い大病院における救急患者などは、リスクを多く列挙せざるを得ない状況があります。 ――医療訴訟関連で、今後期待することはありますか。  産科でできた無過失補償制度が、全ての患者に支払いができ