m3.com トップ>記事検索結果

「医道審議会」の検索結果

  • マッチングで「地域密着型臨床研修病院」を新設

    カテゴリー:医療維新 11月16日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)は11月15日、初期臨床研修マッチングにおいて地域枠学生を優先的に採用する「地域密着型臨床研修病院(仮称)」を新
  • 自民党で「医師養成・偏在是正議連」が発足

    カテゴリー:医療維新 11月3日

    を大筋合意、議連会長の河村建夫衆院議員に最終的な取りまとめを一任した。11月15日に開催予定の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会で、臨床研修カリキュラムの見直しについて議論する予定であることから、1
  • マッチング、地域枠学生に「0次募集」枠を

    カテゴリー:医療維新 9月28日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が9月27日に開催され、初期臨床研修マッチングにおいて地域枠学生に別枠を設けることなどが提案された。地域枠学生の
  • 千葉大病院元研修医は医業停止3年、医道審議会

    カテゴリー:医療維新 9月21日

     厚生労働省は9月21日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師、歯科医師合わせて21人(医師13人、歯科医師8人)の行政処分を決定した。厚労省からの諮問は計30人で、残る9人は行政指導の「厳重注意」
  • 遺族ら医師の行政処分要望「反省せず自己保身に終始」群大腹腔鏡事故

    カテゴリー:医療維新 9月8日

     医師の行政処分は、医道審議会の意見を基に厚生労働大臣が行う。弁護団によると、医事課長はこれまでに刑事事件とならなかった医療過誤で行政処分が付された事案はないと説明。ただ、医道審議会は2015年9月30
  • 次世代への医療継承に貢献-森本紀彦・島根県医師会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月25日

    グラフインの誤投与事故(『造影剤の誤投与「初歩的、重い過失」、禁錮1年』を参照)。当該医師は、医道審議会で医師免許3カ月の停止となり、個人の責任として扱われましたが、過去に同様の事故は何度も起きています。
  • 臨床研修、必須29症候、25疾病を提案

    カテゴリー:医療維新 6月27日

     2020年度からの導入を目指して議論が進んでおり、前回までで到達目標が定まり、3月に開かれた医道審議会医師分科会医師臨床研修部会で承認された。(『医学教育と臨床研修、シームレス化進む』https://www
  • 看護師特定行為研修は低調、「しっかり対策を」

    カテゴリー:医療維新 6月26日

     厚生労働省の医道審議会保健師助産師看護師分科会の第13回看護師特定行為・研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が6月26日に開かれ、2015年10月に施行された「特定行為に係る看護師の研修制度」についての現状や課題が報告された。
  • 麻酔科学会、元会員の診療報酬詐欺で声明

    カテゴリー:臨床ニュース 5月18日

    017年5月9日付で出された。  問題が発覚したのは2016年3月。同7月には有罪判決を受け、医道審議会でも医業停止3年の行政処分が決まっている。  脇坂氏は既に学会へ退会届を提出し、受理されているが
  • 医師は「自由業」、それを支える医師会 - 横倉義武・日医会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 4月1日

    もあり、そうした関係性が薄れてきました。  ただ、専門職集団として、医師の倫理観は非常に高く、医道審議会で行政処分される事例を見ても、対象となる医師の数は減ってきています。一部で問題が起きると、余計に
  • 「地域枠」義務違反の病院に罰則を検討、臨床研修部会

    カテゴリー:医療維新 3月24日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が3月23日に開催された。地域枠で医学部に入学した研修医が指定地域外の病院で初期臨床研修を行う問題に対応するため
  • 医師4人が医業停止3年、計18人処分、医道審議会

    カテゴリー:医療維新 3月4日

     厚生労働省は3月3日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師、歯科医師合わせて18人(医師12人、歯科医師6人)の行政処分を決定した。厚労省からの諮問は計31人で、残りは「厳重注意」が8人、「保留」
  • 2018年度臨床研修定員、58人減の1万1332人

    カテゴリー:医療維新 2月15日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が2月15日に開催され、2018年度の臨床研修の定員が報告された。全体の定員は1万1332人で2017年度から5
  • 専門医の取得希望92.6%、2016年度研修医調査

    カテゴリー:医療維新 2016年11月26日

     厚生労働省は、11月24日の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)で、「2016年臨床研修修了者アンケート調査結果概要(中間報告)」を公表、臨床研修修了後のキャリ
  • 最多は東北大、臨床研修の協力型病院数

    カテゴリー:医療維新 2016年11月25日

     厚生労働省は、11月24日の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)に、臨床研修病院の「病院群」に関する資料を提示、1030の基幹型の臨床研修病院のうち、8割強は協
  • 101人の不正を認定、精神保健指定医、大学教授も対象

    カテゴリー:医療維新 2016年10月27日

     厚生労働省は10月26日、医道審議会医師分科会精神保健指定医資格審査部会の答申を受けて、精神保健指定医89人の指定を取り消した。内訳は、申請者49人、指導医40人。指定時の所属医療機関は26機関、1
  • 造影剤誤投与で有罪の医師、医業停止3カ月、医道審議会

    カテゴリー:医療維新 2016年10月1日

     厚生労働省は9月30日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師、歯科医師合わせて30人(医師15人、歯科医師15人)の行政処分を決定した。国立国際医療研究センター病院での造影剤誤投与による患者死亡で
  • 群大の被害者弁護団「執刀医への刑事告訴を検討」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月31日

    張している。  また、梶浦弁護士は「執刀医については説明次第で、業務上過失致死罪での刑事告訴、医道審議会などへの行政処分の要求も検討する」方針とし、業務上過失致死罪での刑事告訴については「患者ごとに強
  • 医師13人が医業停止、診療報酬詐欺など

    カテゴリー:医療維新 2016年3月12日

     厚生労働省医道審議会医師分科会は3 月11 日、医師、歯科医師計36 人の行政処分の諮問を受け、19人(医師13人、歯科医師6人)の行政処分を答申、決定した。残り17人は、「厳重注意」14 人、「保留」3人。処分の発行は3月25日。
  • 臨床研修にリサーチマインドは必要か

    カテゴリー:医療維新 2016年2月22日

    医制度の開始、医学部教育の変化などを踏まえ、到達目標や評価方法を2020年度に抜本的に見直す。医道審議会医師分科会・医師臨床研修部会に設置された同ワーキンググループが2016年度までに到達目標案をまとめる予定。
  • 成田医学部の「次元異なる教育」を疑問視

    カテゴリー:医療維新 2016年2月19日

    真医師臨床研修制度を含む医師全体の在り方に関する検討委員会(仮称)」の早急な設置を求めた。  医道審議会臨床研修部会の委員も務める小川氏は、「これまで抜本的な改革をしていなかったが、2020年の臨床研
  • 医学部新設で宮城の研修医募集上限を漸増

    カテゴリー:医療維新 2015年12月25日

    ~17人増やし、計100人増加させる方針が決まった。12月24日に開催された厚生労働省の第2回医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)で決定した。  臨床研修医の募集定員は、全体で研修希望者の1
  • “患者に危害加える研修医”の処遇、課題に

    カテゴリー:医療維新 2015年12月25日

     厚生労働省の第2回医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)が12月24日に開かれ、2020年度の臨床研修制度改革に向けて、「医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り
  • 臨床研修、新評価の骨格案を提示

    カテゴリー:医療維新 2015年12月10日

     2004年度から必修化された臨床研修制度は、5年ごとに見直しがされており、次回見直しに当たる2020年度は、2013年の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会の報告書で「到達評価・目標の在り方について見直しが必要」との指摘を受け
  • 聖マリ資格不正取得の23人医業停止、医道分科会

    カテゴリー:医療維新 2015年10月2日

     厚生労働省は10月1日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師、歯科医師合わせて47人(医師40人、歯科医師7人)の行政処分を決定した。厚労省からの諮問は計56人で残る9人のうち8人は「厳重注意」、
  • 「外科を必修に」「項目を絞って」、臨床研修

    カテゴリー:医療維新 2015年8月20日

    床研修の募集定員、「1.2倍」に制限』を参照)。次回見直しに当たる2020年度は、2013年の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会の報告書で「到達評価・目標の在り方について見直しが必要」との指摘を受け
  • 看護師特定行為14施設で研修実施へ、厚労省部会

    カテゴリー:医療維新 2015年8月5日

     10月から始まる看護師の特定行為研修に向けて、厚生労働省は7月末に医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)を開き、研修施設の指定申請14件を
  • 薬剤師の法律問題SOS

    カテゴリー:医療維新 2015年6月29日

    場合などでも、すべてが処分の対象になるわけではありません。厚生労働省が事件として把握したものを医道審議会にかけ、そこで処分が必要と判断された場合にのみ処分されることになります。したがって、調剤ミスが起
  • 聖マリ「ゆるみきっていた」、指導医3人を追加取消

    カテゴリー:医療維新 2015年6月18日

    らに3人の指導医が不正申請に関わっていたとして指定医の取り消し処分を決定したと発表した。同日の医道審議会医師分科会精神保健指定医資格審査部会の諮問で「取り消しが妥当」との答申が出た。発効は19日。  
  • 聖マリ、20人が指定医取消、精神保健指定医

    カテゴリー:医療維新 2015年4月16日

     聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)の精神保険指定医の申請症例で不正が見つかり、厚生労働省は4月15日、医道審議会医師分科会精神保健指定医資格分科会の答申を受けて、同大学在籍時に症例を申請した11人と指導医9人
  • 「10万人以上養成、看護師への期待の表れ」

    カテゴリー:医療維新 2015年3月27日

    た。岩沢課長は、研修内容が合致している前提で、「適切な内容なのかを判断してほしい」とした上で、医道審議会の審査が通れば、認められる可能性を示唆した。その他、2015年度予算で要求した、カリキュラム作成
  • 「カンファ参加」のみで経験疾患とする例も

    カテゴリー:医療維新 2015年2月17日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会の「第2回医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ」が2月13日開催され、到達目標に関する研究の中間報告が公表された。研修医
  • いまだ続く「事故調査から捜査」◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2015年1月23日

    ードルがある。略式起訴で有罪が確定した場合、いやでも医道審議会にかかって、行政処分を受ける。刑事裁判で無罪判決が確定してもなお、厚労省の医道審議会にかけられそうになった医師もいます。厚労省は、臨床医を
  • 山中氏、横倉氏抑えた医療界の顔は?◆Vol.4-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月19日

    (厚生労働副大臣) 足立信也氏 (元厚生労働大臣政務官、民主党参院議員、医師) 桐野高明氏 (医道審議会看護師特定行為・研修部会長、国立病院機構理事長)   36   里見進氏 (東北大学総長) 高柳元明氏
  • 「看護師の気管挿管」を除外、特定行為を決定

    カテゴリー:医療維新 2014年12月18日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」(部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第6回が12月18日に開かれた
  • 後期研修での大学人気、復活か

    カテゴリー:医療維新 2014年12月1日

     11月28日に開催された、厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会で、「2014年臨床研修修了者アンケート調査結果概要(速報)」が公表され、研修修了後に大学病院に勤務する医師は、全体の54.4%を占め、2013年調査の49
  • 日医が強硬に反対、看護師の気管挿管

    カテゴリー:医療維新 2014年11月28日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」 (部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第5回が11月26日に開かれ
  • 看護師の特定行為巡り、平行線の議論、厚労省検討部会

    カテゴリー:医療維新 2014年11月20日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」(部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第4回が11月20日に開かれた
  • 留年増加考慮して研修医枠設定へ、厚労省

    カテゴリー:医療維新 2014年11月6日

     医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)が11月5日に開かれ、2016年度の研修医の募集定員について議論した。医学部入学定員から算出している現行の研修医の募集定員
  • 「削除」意見のある特定行為、再検討開始

    カテゴリー:医療維新 2014年10月24日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」(部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第3回が10月23日に開かれた
  • 41の特定行為削除せず、21区分で実施へ

    カテゴリー:医療維新 2014年10月3日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」(部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第2回が10月2日に開かれた。
  • 国試に実技導入の案も、全国医学部長病院長会議

    カテゴリー:医療維新 2014年9月19日

    の知識が問われる問題が目立つ結果となった。同会議は、専門的な問題を排除するように、厚生労働省の医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会などに要望を出しているほか、同会議の国家試験改善検討ワーキング
  • “特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで

    カテゴリー:医療維新 2014年9月11日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」が9月10日に始まり、部会長に国立病院機構理事長の桐野高明氏を選んだ(資料は、厚労省のホームページ)。
  • 保険医認定に医師会の関与も-藤川謙二・日本医師会常任理事に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年5月30日

    ――提言の中では、厚労省の体制についても、「一部局の少人数で実施している」としています。  医師免許の行政処分は、厚労省の医道審議会で決まりますが、医療に関連するのは3分の1程度で、医療と関係のないものが多い状況です(編集部注、
  • 「医師処分増やす意図」は誤解-藤川謙二・日本医師会常任理事に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年5月28日

    ただ、行政処分までいかない中にも隠れている事例があるのではないか、という疑問はありました。厚生労働省は、医道審議会を年2回のペースで開いていますが、実際は、診療報酬の不正請求以外は、刑事罰が確定した医師の行政処分を後追いで実施しているだけですので。
  • 外科の「異質な魅力」を伝えたい - 天野篤・順天堂大学心臓血管外科教授に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年3月12日

    人を養成するのに、数千万円から億単位に近い公費がかかっている。それで国試の合格率が低かったり、医道審議会で審議されるような医師が出てくるようなことは、やはりあってはいけない。  また、例えば地方大学の
  • 臨床研修、京都の募集定員だけ「補正」

    カテゴリー:医療維新 2013年11月28日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)が11月28日に開催され、10月末に同部会がまとめた報告書案に対するパブリックコメントの結果が公表された(『東
  • 東京、京都、大阪、福岡で研修医減少へ

    カテゴリー:医療維新 2013年10月24日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)が10月24日開催され、報告書(案)を了承した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。24日に出た意見を踏まえ
  • 臨床研修の募集定員、「1.2倍」に制限

    カテゴリー:医療維新 2013年10月10日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)が10月10日に開催され、2015年4月開始の臨床研修の見直しに関する報告書(素案)と、都道府県別の募集定員の
  • 研修医の募集定員、2015年度から上限設定へ

    カテゴリー:医療維新 2013年9月12日

     厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)は9月12日の会議で、報告書のたたき台について議論した。  今回の見直しは2015年4月開始の臨床研修が対象に