m3.com トップ>記事検索結果

「喘息」の検索結果

  • ビタミンDのアレルギー予防効果は不明

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月25日

    ンスの確実性(GRADE)は非常に低かったが、妊婦、授乳婦、乳児へのビタミンD補充は皮膚炎、鼻炎、喘息、食物アレルギーなどのアレルギー性疾患のリスクを低下させないことを示唆された。また、小児の一次予防研究は存在しなかった。
  • dupilumab、P3で重度喘息患者に効果

    カテゴリー:臨床ニュース 9月22日

     仏サノフィ社と米Regeneron社は9月11日、コントロール不良の持続型喘息患者を対象とした「dupilumab」(デュピルマブ)のピボタル第3相「LIBERTY ASTHMA QUEST試験」で
  • 過去10年の喘息死亡率、低下傾向が停滞

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月20日

     WHO死亡データベースを基に、46カ国を対象とした1993-2012年の5-34歳の喘息患者死亡率動向を検証。LOESS曲線で推定した10万人あたり喘息死亡率は1993年0.44(90%CI 0.39 - 0.48)、2006年0
  • ベンラリズマブが効く患者予測可能に

    カテゴリー:臨床ニュース 9月19日

    グループ解析の結果により、ベンラリズマブでの治療効果が最も期待できる、コントロール不良の重症気管支喘息患者を予測する主な因子が同定され、ベンラリズマブの高い有効性が確認されたと発表した。同結果は201
  • EPOドーピングRCT、判定は「グレー」?!【時流◆スポーツとEPO関連製剤】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月15日

    る」(南学氏)。実際、WADA(世界反ドーピング機関)の禁止物質に指定されているβ刺激薬に関して「喘息患者はトップアスリートになれないのか」という論文が複数存在するそうで、南学氏は「疾患を抱える選手が
  • 高BMIは喘息と肺機能低下リスク高める

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月12日

     体格指数(BMI)と花粉症や喘息、肺機能との因果関係を、遺伝疫学手法であるメンデル無作為化法で検証。26種類のBMI関連一塩基多型を用いた遺伝的リスクスコア(GRS)は喘息と有意に関連したが(OR 1
  • 「笑い」が慎重投与となるケースは【時流◆笑い処方のススメ】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月29日

    310-319)。 「大声で笑えるか」が喘息コントロールのバロメーターに  また、2005年の米国胸部学会では「笑い」が喘息増悪の引き金となる患者が少なくないとの発表も行われていた。喘息患者235例のうち、56%が
  • 花粉症・果実アレルギー誘因物質同定

    カテゴリー:臨床ニュース 8月28日

    物アレルゲンに共通する抗原分子による交差反応と考えられており、口腔内にかゆみを伴う程度の軽症から、喘息やアナフィラキシーなどの重篤なものまで多くの症状を伴う。シラカンバ花粉症患者のリンゴやモモに対する
  • 食物経口負荷試験で3歳児死亡、学会が周知

    カテゴリー:臨床ニュース 8月24日

    への配慮を促している。 被害者は複数の食物アレルギーと喘息の患児  死亡したのは、米アラバマ州の3歳男児。乳製品を含む複数の食物アレルギーと喘息があった。同州のバーミングハム小児病院で加熱した牛乳を含
  • 持続喘息、アジスロ追加で増悪抑制

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月10日

    支拡張薬併用下でコントロール不良な持続性喘息患者420例を対象に、48週間のアジスロマイシン追加効果を無作為化試験で検証(AMAZES試験)。1人年当たり喘息増悪発生率はアジスロマイシン群1.07、プラセボ群1
  • オマリズマブがアレルギー喘息関連反応を抑制

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月9日

     アレルゲン曝露に著明な反応を示す喘息患者10例を対象に、重症アレルギー性喘息治療薬オマリズマブの効果発現パターンを気管支誘発試験におけるアレルギー反応により検討。FEV1の経時的変化における即時型反
  • ふらつき患者、退院後にリステリア検出!【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月31日

    、腎機能障害はなく、CRP 3.32 mg/dLと炎症反応の軽度上昇を認めました。インフルエンザ、喘息検査は陰性で、尿検査も特記所見はありませんでした。 既往歴 22歳:結核、83歳:慢性硬膜下血腫の
  • 喀痰中の好塩基球が喘息の気道炎症指標に

    カテゴリー:海外ジャーナル 7月27日

     好酸球性喘息患者44例を対象に、喀痰中の好塩基球と好酸球性気道炎症との関係を検証した。患者の喀痰中では活性化した好塩基球数が増加しており、気道および血液中の好酸球と相関を示した。喀痰中の好塩基球が、
  • なぜ抗インフル薬を予防投与するのか

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

    家族が医療従事者や介護関係の職にあり、高齢者に接する機会が多い場合に投与するか検討する【内科勤務医】 リスクが高く死亡するような重症喘息の方などには、予防投与を行わざるを得ない状況はある【内科開業医】 感染力が強く、基礎疾患や年齢によ
  • benralizumabで重症喘息のステロイド減

    カテゴリー:海外ジャーナル 7月3日

     重症の好酸球性喘息患者220例を対象に、抗インターロイキン-5受容体αモノクローナル抗体benralizumabの28週間投与による経口糖質コルチコイド減量効果を無作為化試験で検証(ZONDA試験)
  • 臨床研修、必須29症候、25疾病を提案

    カテゴリー:医療維新 6月27日

    脳梗塞・脳出血、脳動脈瘤・くも膜下出血、認知症、心筋梗塞、心不全、大動脈瘤、高血圧、肺癌、肺炎、急性上気道炎、気管支喘息、COPD、胃癌、消化性潰瘍、胆石症、大腸癌、腎盂腎炎、尿路結石、腎不全、高エネルギー外傷・骨折・
  • マイコへ「延々と抗菌薬」に警鐘【時流◆学校感染症】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

    ミングは、夏の終わりから秋の初め頃です。その時期は台風のシーズンであり、喘息の患児が症状を悪化させやすくなります。このため喘息の患児を診る小児科医は、ピリピリしていますね。  最近は、マイコプラズマ感
  • 顆粒球の関与少ない喘息は「肺機能良好」

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月13日

     安定喘息患者240例を対象に、顆粒球の関与が乏しい喘息(paucigranulocytic喘息)の特性を検証。対象は喀痰分析により、好酸球性喘息(40%)、混合型喘息(6.7%)、好中球性喘息(5.
  • 遺伝子カタログを作成

    カテゴリー:臨床ニュース 6月2日

    る遺伝子カタログや、カタログを生かした解析手法は、関節リウマチなどの自己免疫疾患に加えて、花粉症・喘息・がんといった幅広い疾患に適応可能だという。今後、遺伝的メカニズムに基づいた創薬標的の探索と治療法
  • 表現型に基づく喘息ガイドラインを開発

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月1日

     喘息の臨床的表現型に対応した治療の普及を受け、チェコの呼吸器学会とアレルギー学会が表現型に基づく新たな喘息管理ガイドラインを開発。アレルギーおよび好酸球増加の有無により、好酸球性アレルギー性喘息、好
  • ベンラリズマブ、喘息対象P3結果良好

    カテゴリー:臨床ニュース 5月30日

    イキン-5(IL-5)受容体に対し直接的に作用するヒト化抗IL-5受容体αモノクローナル抗体製剤。喘息では、好酸球とよばれる生物学的エフェクター細胞が炎症と気道過敏性を起こし、症状が重症化する場合があ
  • 難治喘息のリスクスコア作成

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月29日

     「problematic asthma(高度の治療でもコントロールできない難治性の喘息)」患者177例を対象に、5年間の疾患経過から予後不良のリスクスコアを作成。患者の58.5%が低頻度の断続的重度増悪、32
  • 蕁麻疹へのゾレア投与で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 5月24日

     日本皮膚科学会はこのほど、蕁麻疹に対するオマリズマブ(商品名:ゾレア)の使用を当面、皮膚科専門医またはアレルギー専門医が、喘息およびアナフィラキシーに対応できる医療施設で使用するよう呼びかける注意喚起を、学会ホームページに掲
  • ネッタイシマカに3つのアレルゲン検出

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月22日

     蚊に感作性を示す喘息と鼻炎の両方あるいはどちらか1つを有する患者15例の血清試料と、ネッタイシマカの凍結乾燥体を分析し、アレルゲンの同定を試みた。変異体やアイソフォームを含む10個の蛋白質に対応する
  • 吸入薬開発で提携、新技術を活用

    カテゴリー:臨床ニュース 5月18日

    ロール出来ない中等度から重度の喘息の治療薬として開発されている。  Th2系は、多くの喘息患者に重要な役割を果たすことが知られている。IL-4・IL-13はTh2系の喘息に関わる主要サイトカインで、ど
  • 高感受性アレルギーマウスを作製

    カテゴリー:臨床ニュース 5月17日

     次にこれらのマウスに対し、ダニ抗原あるいは卵白抗原を投与。その結果、1~2週間以内に、わずか数回の投与で、気管支喘息やアレルギー性鼻炎に似た重篤なアレルギーを発症。ダニ抗原反応性CD4陽性T細胞由来のクローンマウス
  • 肺炎に「まずキノロン」がマズい理由【時流◆現代の結核】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月16日

    屋弘氏による講演と周辺情報を紹介する。(取材・まとめ:m3.com編集部 坂口 恵) 肺炎や気管支喘息として治療  結核のdoctor's delayに関連する要因として、診療経験の不足の他、免疫不全
  • アレルギー診断のSPT、感度は特異的IgE同等

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月15日

    。SPTとsIgEの一致度を示すカッパ係数最高値は0.44だったが、曲線下面積に有意差はなかった。喘息および花粉症診断における特異度は、カットオフ値を3mmとした場合のSPTがカットオフ値を0.35
  • 予想以上に効いた漢方、外科系編

    カテゴリー:臨床ニュース 5月11日

    ら著効したことがある【開業医】 片頭痛の予防、目まい、慢性の咳痰、起立性調節障害【開業医】 特に咳喘息に効果あり【開業医】 【調査の概要】 ・調査期間:3月8日-14日 ・対象:m3.com医師会員 ・回答者総数:968人
  • ベンラリズマブ追加で喘息増悪頻度減

    カテゴリー:臨床ニュース 4月26日

    試験)のサブ解析を発表した。重症気管支喘息をもつ日本人患者の治療において、標準治療薬にベンラリズマブを追加することにより、喘息増悪頻度を減少し、呼吸機能および喘息症状の改善を示す結果が得られたという。
  • 有名だけれどあてにならない画像所見【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月21日

    内服歴 フェソテロジンフマル酸塩 4mg/日 家族歴 父:脳腫瘍(死亡)、母:サルコイドーシス、鬱病、気管支喘息 生活歴 喫煙:10本/日(1カ月前に禁煙)飲酒:ビール1本/日、アレルギー:花粉症 身体所見 BMI
  • 劇的尿量減!尿崩症を鑑別する【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月19日

    内服歴 フェソテロジンフマル酸塩 4mg/日 家族歴 父:脳腫瘍(死亡)、母:サルコイドーシス、鬱病、気管支喘息 生活歴 喫煙:10本/日(1カ月前に禁煙)飲酒:ビール1本/日、アレルギー:花粉症 身体所見 BMI
  • 多尿、鑑別のポイントを押さえる【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月14日

    内服歴 フェソテロジンフマル酸塩 4mg/日 家族歴 父:脳腫瘍(死亡)、母:サルコイドーシス、鬱病、気管支喘息 生活歴 喫煙:10本/日(1カ月前に禁煙)飲酒:ビール1本/日、アレルギー:花粉症 身体所見 BMI
  • 舌下免疫療法の定着はすぐそこまで【時流◆鼻アレルギー】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月11日

     花粉症に伴う症状が軽かったり、くしゃみなどしかなかったりする場合は要らないと思いますが、スギ花粉が飛散する時期にアトピー性皮膚炎や喘息が悪化してしまうような人では、投薬での対処のみに限界があります。花粉症にとどまらず他にも何らかのア
  • 抗ヒスタミン薬の漫然処方に警鐘【時流◆鼻アレルギー】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月4日

    ン薬の使用割合は圧倒的ですね。  抗ヒスタミン薬はもちろん必須です。ただ必須ではあるけれど、例えば喘息があるような人であれば、抗ロイコトリエン薬(抗LTs薬)が必要になることもあります。また、花粉症で
  • ネズミ感作喘息、病害虫管理で改善せず

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月4日

     ネズミ感作および曝露がある5-17歳の喘息患者334例を対象に、殺鼠剤やワナの設置、アレルゲン防止寝具の使用など専門家による総合的病害虫管理(IPM)介入による喘息症状抑制効果を無作為化臨床試験で検証。
  • アレルギー性疾患研究、多いのは?【Allergy】

    カテゴリー:海外ジャーナル 2月28日

    ューの72.9%が喘息に関するエビデンスで、アトピー性皮膚炎(24.5%)、アレルギー性鼻炎(15.7%)、食物アレルギー(9.0%)がそれに続いた。主に検討されたリスク因子は、喘息では環境汚染と遺伝
  • 成人喘息、3割は再評価で否定

    カテゴリー:臨床ニュース 2月22日

     過去5年以内に医師から喘息と診断された成人患者のうち、3分の1は再評価で喘息が否定されることが、加オタワ大学Shawn D. Aaron氏らの研究で明らかになった。JAMAに報告された調査結果で、喘息と再評価でき
  • 乳幼児の薬剤アナフィラキシー5倍増【米国アレルギー・喘息免疫学会議】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月17日

    2005年から2014年にかけて米国ではアナフィラキシーによる救急部門の受診率が101%増加。これに伴い、全年齢で医薬品に関連したアナフィラキシーによる救急受診が全年齢で増加しており、特に0-4歳児の...