m3.com トップ>記事検索結果

「回復期リハビリテーション病棟」の検索結果

  • 「不都合感じず」「患者の心理的抵抗大」、介護保険への移行困難な理由

    カテゴリー:医療維新 11月12日

    険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で公表された、「回復期リハビリテーション病棟におけるアウトカム評価の導入の影響、維持期リハビリテーションの介護保険への移行状況等を
  • 回復期リハ病棟、アウトカム評価のハードルは妥当か?

    カテゴリー:医療維新 10月26日

     中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は10月25日、回復期リハビリテーション病棟入院料について議論、2016年度診療報酬改定で導入したアウトカム評価について、診療側は
  • 地域医療構想でも病床数は減らない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 10月10日

     私は、1970年代後半~1980年代前半に東京・代々木病院にリハビリテーション医として勤務していました。今でこそ回復期リハビリテーション病棟が増えて、患者の取り合いという様相ですが、当時は一般病院(急性期病院)内にリハビリテー
  • 地域医療構想「正しい理解を」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 10月7日

    (2015年度の場合)が全病棟を「高度急性期」として報告しているほか、「回復期機能は、回復期リハビリテーション病棟入院料を算定している病棟」など、病床機能報告と診療報酬が連動するとの誤解もあり、「正しい理解」が必要だとした。
  • 「地域医療構想、回復期不足は誤解」、武田厚労省医政局長

    カテゴリー:医療維新 10月6日

     地域医療構想をめぐって、特に多いのが回復期機能を担う病床が少ないという誤解。9月29日の事務連絡では、「単に回復期リハビリテーション病棟入院料等を算定している病棟のみを指すものではない」「回復期機能以外の機能が報告された病
  • 「1次審査不合格、大変遺憾」、専門医機構に説明求める

    カテゴリー:医療維新 10月3日

    床数は159床で、一般病棟92床(10対1入院基本料75床、地域包括ケア病床17床)、回復期リハビリテーション病棟42床、緩和ケア病棟25床という体制で運営、救急搬送も受け入れる一方、在宅医療部も持つ、地域密着型の医療を提供する。
  • 7対1、重症度基準「非該当」4割を問題視、支払側

    カテゴリー:医療維新 9月27日

     入院医療等の調査・評価分科会の「中間とりまとめ」は、(1)急性期入院医療、(2)地域包括ケア病棟入院料、(3)回復期リハビリテーション病棟入院料、(4)慢性期入院料、(5)有床診療所入院基本料、(6)横断的事項――という6つ
  • “高齢県”、課題は地域医療構想への対応 - 森本紀彦・島根県医師会会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 8月20日

    区域。ここには益田地域医療センター医師会病院があり、一般病棟のほか、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療・介護療養病棟を持っており、地域の急性期医療の中核となる益田赤十字病院とうまく機
  • 地域包括ケア病棟、「中小病院評価を」

    カテゴリー:医療維新 6月30日

    ると主張。「入院患者90%以上が、本人も家族も満足して帰られている。他にないためだ。回復期(リハビリテーション病棟)が。そういう地域もあるのだということを、考えてほしい」と強調した。
  • 2016年度改定検証、5つの調査票案を承認

    カテゴリー:医療維新 6月29日

    (1)回復期リハビリテーション病棟におけるアウトカム評価の導入の影響、維持期リハビリテーションの介護保険への移行状況等を含むリハビリテーションの実施状況調査 ・回復期リハビリテーション病棟入院料を算
  • 女性医師支援、「ゆったり」「しっかり」 - 勤医協札幌病院◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 6月25日

     時短希望の女性医師2人が入職  勤医協札幌病院は、一般病床105床。一般病床55床(うち地域包括ケア病床20床)、回復期リハビリテーション病棟50床という体制だ。「彩」の導入前は、公的な育児休業と育児時短の制度があるだけだった。
  • 20対1療養病棟の理由、「医療需要あり」42.9%

    カテゴリー:医療維新 6月15日

    設数1829、施設調査票回収数650(回収率35.5%) B:地域包括ケア病棟入院料、回復期リハビリテーション病棟入院料、13対1・15対1一般病棟入院基本料等の届出医療機関―対象施設数1501、施設調査票回収数488(回収率32
  • 地域包括ケア病棟、「急性期の受け皿」が7割

    カテゴリー:医療維新 6月14日

    設数1829、施設調査票回収数650(回収率35.5%) B:地域包括ケア病棟入院料、回復期リハビリテーション病棟入院料、13対1・15対1一般病棟入院基本料等の届出医療機関―対象施設数1501、施設調査票回収数488(回収率32
  • 7対1入院基本料、98.0%は「変更せず」

    カテゴリー:医療維新 6月14日

    設数1829、施設調査票回収数650(回収率35.5%) B:地域包括ケア病棟入院料、回復期リハビリテーション病棟入院料、13対1・15対1一般病棟入院基本料等の届出医療機関―対象施設数1501、施設調査票回収数488(回収率32
  • 地域医療構想「大学の理解不十分」「『回復期不足』も誤解」

    カテゴリー:医療維新 6月3日

    院本院が、80病院中、54病院が全病床を「高度急性期」と報告したり、「回復期機能」は、回復期リハビリテーション病棟入院料や、地域包括ケア病棟入院料の算定病床に限られると誤解するなどの問題が生じている。
  • 地域包括ケア病棟、「大病院の届出、本来の趣旨にあらず」

    カテゴリー:医療維新 5月18日

    酬改定に向けて、「入院医療(その4)」として、地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料と回復期リハビリテーション病棟入院料について議論した(資料は、厚生労働省のホームページ)。  地域包括ケア病棟は、地
  • オプジーボ対応、「緊急的」と次期改定の二段階 - 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年10月17日

    時で、介護保険制度の創設時の同時改定を、医療課課長補佐として担当しました。入院基本料、回復期リハビリテーション病棟入院料などを新設したほか、現行の薬価算定ルールを導入したのも、この時です。  その後、
  • 「医師の目標値」、地域別に医療計画で設定へ

    カテゴリー:医療維新 2016年7月16日

    間の平均在院日数に0.9を乗じる」ことになっている。  相澤氏は、人口10万人当たりの回復期リハビリテーション病棟入院料の病床が最も多い高知県と一番少ない茨城県では約4倍の開きがある上、一般病床の中に
  • 2次医療圏、「構想区域と一致」が基本

    カテゴリー:医療維新 2016年6月15日

    卒中では急性期の治療後、回復期リハビリテーション病棟、さらには療養病棟に移るケースが多い一方、急性心筋梗塞では、療養病棟に移るケースはあるものの、回復期リハビリテーション病棟に行くケースは少ないとし、丁寧な分析と議論を求めた。
  • 後発医薬品の使用状況等、9項目を調査

    カテゴリー:医療維新 2016年5月18日

    (3)重症度や居住形態に応じた評価の影響調査等を含む在宅医療・訪問看護の実施状況調 査※ (4)回復期リハビリテーション病棟におけるアウトカム評価の導入の影響、維持期リハビ リテーションの介護保険への移行状況等を含むリハビリテーションの実施状況調査
  • 熊本から患者111人受け入れ、「地域包括ケア」の発想

    カテゴリー:医療維新 2016年4月18日

     搬送患者のアセスメントは医師4人などで行った。姫野氏は整形外科医。熊本セントラル病院は、一般病床、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟のケアミックスであるため、整形外科関係では、骨折の手術を控えた患者、
  • アウトカム評価、拡大は慎重に - 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2016年4月8日

    ――今回の改定で、新しい考え方として、回復期リハビリテーション病棟のリハビリについては、「実績が一定の水準に達しない場合、疾患別リハビリの出来高算定は6単位まで」という、アウトカム評価が導入されました
  • 地域包括ケア病棟、「急性期」から「慢性期」まで

    カテゴリー:医療維新 2016年3月10日

    行う予定。  (2)では、救命救急入院料や特定集中治療室管理料などは「高度急性期」に、回復期リハビリテーション病棟入院料は「回復期」、療養病棟入院基本料は「慢性期」にそれぞれ該当するなど、一対一対応が
  • リハビリのアウトカム評価、高齢者ら除外

    カテゴリー:医療維新 2016年3月7日

     2016年度診療報酬改定で、回復期リハビリテーション病棟におけるアウトカム評価が導入されるが、80歳以上の患者や認知機能障害がある患者については一定数まで計算対象から除外できる。3月4日に厚生労働省
  • 「診療報酬、4つの医療機能と連動せず」

    カテゴリー:医療維新 2016年2月24日

    を協議していくことが重要」と指摘している。  そのほか、(1)では、「回復期病床」は、回復期リハビリテーション病棟に限定されるのではなく、急性期からの受け入れ、在宅復帰、在宅患者の支援機能を持つ病床群
  • 7対1の要件厳格化、病院団体幹部が危機感

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

     7対1入院基本料以外にも、データを取って見続けなければいけないと考えていることはたくさんある。一つは、回復期リハビリテーション病棟で初めて入るアウトカム評価。もう一つは、療養病棟入院基本料2に、医療区分の要件が入り、
  • 7対1病棟の重症者割合、25%に引き上げ

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    地域包括ケア病棟入院料病棟は10%の据え置きで、対象患者をA項目のみからC項目も追加。回復期リハビリテーション病棟入院料病棟については、10%以上から5%以上に引き下げる。 ◆10対1病棟の看護必要度加算の見直し
  • リハビリ、「アウトカム評価」重視へ

    カテゴリー:医療維新 2015年12月3日

    することを認める――という弾力化を進める方針。  中川氏は、専従規定の緩和は支持し、「回復期リハビリテーション病棟の専従の常勤医師が入院外のリハビリにする」ことは認めたものの、一方で専従者の確保の有無
  • 医師数報告見送り、病床機能報告で、本年度

    カテゴリー:医療維新 2015年8月28日

    長の判断になるが、うっかりミスもあると考えられるため連絡を取る」と述べた。  また、「回復期リハビリテーション病棟だけが該当する」との誤解から、実際の回答数が減ったとみられる「回復期」への注釈や、特定
  • 医師数の報告追加に異議、病床機能報告制度

    カテゴリー:医療維新 2015年7月29日

    らかに間違いと分かる報告については、医療機関に修正を求める。そのほか、回復期機能は、「回復期リハビリテーション病棟だけが該当すると考えていた」医療機関もあり、医療機能についての周知徹底を図る。  特定機能病院の役割、検討求める声も
  • 7対1入院基本料の削減、「到底及ばず」と支払側

    カテゴリー:医療維新 2015年6月10日

     7対1入院基本料については、日医常任理事の鈴木邦彦氏も発言。大病院の中には、7対1入院基本料と、地域包括ケア病棟入院料や回復期リハビリテーション病棟入院料などとのケアミックスにしているケースもあることから、「医療機関間の連携を進める動
  • 7対1入院基本料、改定で4%弱の削減

    カテゴリー:医療維新 2015年3月4日

    り方や、円滑な医療連携を進めるための方策について、さらに検討を進めるべきではないか。 回復期リハビリテーション病棟の実情を踏まえつつ、その機能がいっそう適切に発揮されるための評価のあり方について、検討すべきではないか。
  • 次期改定に向け、入院医療の調査決定

    カテゴリー:医療維新 2014年6月25日

    算2と合わせ、算定状況や診療状況を調べる。  新設の地域包括ケア病棟入院料についても、回復期リハビリテーション病棟入院料など、機能が近い病棟との患者像の違いやどんな病棟から移行したのかなどについて調査。
  • 勤務医は備品にあらず!全医連集会

    カテゴリー:医療維新 2014年6月9日

    払わないというアウトカム評価が導入された」と説明。従来は、7対1入院基本料の病床から、回復期リハビリテーション病棟や在宅などへの患者の流れが進み、医療の在り方が大きく変わり得るとした。  近森病院は5
  • 高度急性期、2次医療圏に1カ所程度 - 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年3月26日

    ――リハビリを包括した理由は何でしょうか。  リハビリにきちんと取り組んでほしいということです。回復期リハビリテーション病棟、療養病棟との役割分担という意味合いもあります。 ――医療法で今後、病床機能報告制度が
  • 今改定は一体改革の「第二歩」- 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年3月19日

    。  一体改革の関連に加えて、私自身が進めたいと考えたのは在宅復帰の促進です。これまで回復期リハビリテーション病棟入院料、亜急性期入院医療管理料にしか入れていなかった在宅復帰の指標を、急性期から長期療
  • 「高度急性期」、2次医療圏に1カ所を想定

    カテゴリー:医療維新 2014年3月5日

    退院した患者(死亡退院・転棟患者・再入院患者を除く)」、分子を「直近6カ月間に、自宅、回復期リハビリテーション病棟入院料、地域包括ケア病棟入院料(入院医療管理料)、療養病棟(在宅復帰機能強化加算の届出
  • 維持期リハ、介護保険への移行期限を延長

    カテゴリー:医療維新 2013年12月4日

    案が厚労省から示された。 早期退院は手厚く  そのほか、早期リハビリテーションの充実や回復期リハビリテーション病棟入院料の見直しなどについても検討。厚労省は、急性期病棟(7対1、10対1入院基本料)に
  • 7対1の「急性期病床」、大幅削減に着手

    カテゴリー:医療維新 2013年11月28日

    養支援病院の届出、(2)在宅復帰率の要件追加、(3)「重症度・看護必要度」の要件追加(回復期リハビリテーション病棟入院医療1と同程度)、(4)1床当たり6.4m2以上、(5)医療内容に関するデータ提出
  • 「高齢者差別、最悪の提案」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2013年11月3日

    いた。  一方、診療報酬では、7対1から15対1の入院基本料、亜急性期入院医療管理料、回復期リハビリテーション病棟入院料、療養病床などに区分される。亜急性期病床の扱いは、医療法と診療報酬上での評価につ
  • 次期改定、入院の「亜急性期」が焦点

    カテゴリー:医療維新 2013年9月25日

    。  「基本的な考え方」でも、「回復期」として、診療報酬上の亜急性期入院医療管理料と、回復期リハビリテーション病棟入院料などの扱いを議論するとしている一方、「他方、病期に応じて報告する病床区分に合わせ
  • 中国、東南アジアなどで海外展開 - 渡邉一夫・一般財団法人脳神経疾患研究所理事長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2013年7月2日

    ――震災の被害を受けた病院を引き受けたとお聞きしています。  従来は療養病床の病院でしたが、本院の隣に移転させ、回復期リハビリテーション病棟を核として再建させます。癌患者に対するリハビリテーションの重要性を鑑み、将来的には「南
  • 「効率的な入院医療」に向け、調査項目固まる

    カテゴリー:医療維新 2012年9月5日

    00施設、療養病棟を有する病院約1800施設、特殊疾患病棟や障害者施設等約800施設、回復期リハビリテーション病棟を有する病院約500施設。調査内容は、施設調査、病棟調査、患者調査から成る。患者調査に
  • 「効率的な入院医療」実現に向け、分科会設置

    カテゴリー:医療維新 2012年8月1日

    状況 ・「亜急性期入院医療管理料2」「回復期リハビリテーション病棟入院料1」の算定患者像の比較調査  「亜急性期入院医療管理料2」「回復期リハビリテーション病棟入院料1」を算定している患者の患者像の比較
  • 全壊の病院、2016年再建を目指す -伊勢秀雄・ 石巻市立病院院長に聞く

    カテゴリー:医療維新 2012年3月13日

    い、残る20床は緩和ケア病棟にする。石巻地区には緩和ケア病棟はないからです。そのほか、回復期リハビリテーション病棟は持ちませんが、リハビリ機能も強化する。在宅療養支援病院となり、在宅医療にも取り組みます。
  • 7対1、「看護師数だけの評価」が反省点- 厚労省保険局医療課長・鈴木康裕氏に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2012年3月2日

    に医療資源は異なり、地域の実情を踏まえ、各医療機関に考えていただきたい。 ――その中で回復期リハビリテーション病棟の位置づけはどうなるのでしょうか。  回復期リハビリは機能を特化しているので、それほど
  • 院内感染対策を強化、加算新設へ

    カテゴリー:医療維新 2012年1月31日

    連携認知症集中治療加算と地域連盟認知症支援加算の新設) ◆リハビリテーションの充実 ・回復期リハビリテーション病棟入院料の見直し(1~3段階の設定にし、点数が高い1と2については「重症患者の3割以上が
  • 7対1は平均在院日数を短縮、看護必要度も引き上げ

    カテゴリー:医療維新 2012年1月28日

    ・亜急性期入院医療管理料を算定している患者のうち、回復期リハビリテーションを要する患者については、回復期リハビリテーション病棟入院料と同等の包括範囲、点数設定に変更。 ◆一般病棟の13対1、15対1入院基本料の見直し
  • 患者のクレーム対応、専門職種の配置を評価

    カテゴリー:医療維新 2011年12月8日

    握、加算として役割を終えたと考えられるものは廃止。 ◆リハビリテーション 課題:(1)回復期リハビリテーション病棟は、重症(日常生活機能評価の得点が高い)の人ほど改善率や在宅復帰率が悪くなる、経鼻経管
  • 1
  • 2