m3.com トップ>記事検索結果

「地域医療ビジョン」の検索結果

  • 「3つの重要課題」、第一は地域医療構想 - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月25日

    は特徴ある構想を策定しました。ネーミングも、地域医療構想ではなくて「京都府地域包括ケア構想(地域医療ビジョン)」です。入院医療だけでなく、これからニーズが増す在宅医療、あるいは地域包括ケアの視点が重要という考えからです。
  • 地域医療構想ガイドライン、1月策定へ

    カテゴリー:医療維新 2014年9月18日

    会」の第1回会議が9月18日に開催され、2015年4月からの各都道府県における地域医療構想(地域医療ビジョン)策定開始に備え、2015年1月をめどに取りまとめる方針が示された(資料は、厚労省のホームペ
  • 日医・横倉会長「新厚労相に期待」

    カテゴリー:医療維新 2014年9月3日

    て、日本医師会の横倉義武会長は、同日の記者会見で、厚生労働大臣に就任した塩崎恭久氏に対して、地域医療ビジョン策定などの政策が進んでいることが踏まえて、「持続可能なシステム確立をできるかが正念場。塩崎氏
  • 医療供給縮小の可能性に言及、厚労省幹部

    カテゴリー:医療維新 2014年8月25日

    し、堺常雄会長が8月25日の会見で内容を説明した。同理事会には、厚生労働省の幹部らが出席し、地域医療ビジョンや医療介護連携の考え方を紹介したが、医療について「マーケット・リサーチ」「サプライ・サイド」
  • 10月開始へ、病床機能情報報告の方針決定

    カテゴリー:医療維新 2014年7月25日

    。病床機能別に、構造設備・人員配置などについても報告を求める。各都道府県による地域医療構想(地域医療ビジョン)の策定、地域医療構想の実現に向けた関係者の議論の場として都道府県が設置する「協議の場」での
  • 日医、東北医学部容認の考え

    カテゴリー:医療維新 2014年7月21日

    と、医療費が膨らむ懸念がある」と述べた。  他にも、医療機関の消費税負担の問題の解決を訴え、地域医療ビジョン策定前の都道府県の医療費目標設定については改めて反対の意思を示し、安倍政権化で進む医療制度の
  • 政府提案の新法人、「全く容認できず」、中川副会長

    カテゴリー:医療維新 2014年6月30日

    特定企業の影響の下にある法人の参加は認めない、(2)統括医療法人がカバーする範囲は、おおむね地域医療ビジョンの構想区域を想定、(3)情報開示の徹底と事後フォロー(財務内容の公告および事業報告書の作成、
  • 横倉日医会長、「三つの方針」で2期目始動

    カテゴリー:医療維新 2014年6月28日

    中川俊男副会長は、「規制改革の攻勢と戦っていく」と強調。  中川副会長は、直近の課題として、「地域医療ビジョン、2025年に向けた医療提供体制の構築、地域包括ケアシステムの確立が第一」と掲げるとともに、
  • 次期改定に向け、入院医療の調査決定

    カテゴリー:医療維新 2014年6月25日

     この発言に異議を呈したのが、日本医師会副会長の中川俊男氏。「病床機能報告制度に基づき報告した内容は、地域医療ビジョンの策定に用いるものであり、それ以外には用いないことが、法律で定められている。整合性と言うが、
  • 医療、「公的保険はブレーキ、保険外はアクセル」

    カテゴリー:医療維新 2014年6月25日

     医療・介護提供体制の適正化については、地域医療ビジョンを策定し、病床数等の目標設定と政策効果の検証を行いつつ、病床の再編を進めるほか、地域包括ケアを推進する必要性を指摘。さらに、地域医療ビジョンと整合的な医療費の水準
  • 「患者申出制度、全面的に賛成できず」、堺日病会長

    カテゴリー:医療維新 2014年6月15日

    の堺常雄氏。  地域医療ビジョン策定、「病院団体も参加を」  堺氏は冒頭のあいさつで、今国会で成立見込みの医療介護総合確保推進法案に盛り込まれている、病床機能報告制度や地域医療ビジョンにも言及した。同
  • 「支出目標」「薬価毎年改定」を問題視、日医

    カテゴリー:医療維新 2014年6月4日

    固実現を求める」とする報告書をまとめたことを受けて、日本医師会の横倉義武会長は6月4日に、「地域医療ビジョン策定より先に支出目標があってはならない」「薬価の毎年改定は、医療機関になどに大きな負担を強い
  • 地域別の「支出目標」設定で、医療費抑制を

    カテゴリー:医療維新 2014年5月31日

    療費支出目標制度(ONDAM)が手本だ。医療費水準の標準的な計算式を策定し、2015年からの地域医療ビジョン策定に間に合うよう、「一連の作業は遅くとも今後1年以内の完了を目途とする」と早急な対応を求めている。
  • DPC、「入院1件当たり」拡大を検討

    カテゴリー:医療維新 2014年5月28日

    念頭に、特定機能病院の承認要件の見直しが行われる上、今年度から病床機能報告制度、来年度以降、地域医療ビジョンの策定が始まることなどを想定して、これらの動きとDPCの医療機関群の見直しも進めるべきだと提
  • 時代の要請に応えるために誕生 - 尾身茂・JCHO理事長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年5月20日

    ージを伝えました。 ――今後、地域包括ケアシステムを構築していく中で、また病床機能報告制度や地域医療ビジョンが始まる中で、その一つのプレイヤーとなるJCHOが本当にいいタイミングで発足したと思います。
  • 総合診療専門医の「見える化」が必要

    カテゴリー:医療維新 2014年5月11日

     さらに北澤氏は、「新専門医機構は、プロフェッショナルオートノミーが基本になるが、今後、各都道府県は地域医療ビジョンを作成し、医師の養成にもかかわっていく。日本専門医機構とは連携を図りながら、総合診療専門医を
  • 新基金のカギ「官民公平」「医師会がまとめ役」

    カテゴリー:医療維新 2014年4月25日

    の判断に委ねられる。  2014年度は、904億円全額が医療に充てられる。「2015年度から地域医療ビジョンを基に、地域医療体制の見直しをするため、それに先立つ2014年度は地域包括ケアの底上げを特に
  • 大病院の外来負担、見直しに向け検討開始

    カテゴリー:医療維新 2014年4月21日

    地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案」や、「地域医療ビジョン」「医療・介護サービスの提供体制改革のための新たな財政支援制度」についても説明された。  「
  • 「大学病院の別法人化検討を」、安倍首相

    カテゴリー:医療維新 2014年4月17日

    )、(3)医薬分業に伴うコスト構造等の検証、(4)病床数の適正化と機能別病床への再編、(5)地域医療ビジョンに関する医療支出目標の導入、(6)国のイニシアティブによる地域横断的な医療介護情報のICT化――も提言している。
  • 「改定と基金の配分、忸怩たる思い」中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2014年3月31日

    疑的――という視点から質問した。 中川俊男日医副会長は、病床機能報告制度と地域医療ビジョンについても説明(『「地域医療ビジョン、医師会主導で」中川日医副会長』を参照)。
  • 「地域医療ビジョン、医師会主導で」中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2014年3月31日

    日医副会長の中川俊男氏は、2014年度から開始する病床機能報告制度、2015年度以降策定する地域医療ビジョンについて、「緩やかな改革でなければいけない」と指摘、地域住民と思いを共有しながら進めていくこ
  • 904億円基金、「1点集中」から「地域の底上げ」

    カテゴリー:医療維新 2014年3月27日

    年度は地域包括ケアシステムの構築に向け、全体的な底上げを狙う。それを基に、2015年度以降の地域医療ビジョンに基づく、もう一段先の医療再編につなげる」(厚労省医政局指導課在宅医療推進室長の佐々木昌弘氏
  • 診療報酬軽視の財務省に異議あり - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年3月4日

    能報告制度」に基づく区分と、どのように整合性が図られるのでしょうか。  医療法上の病床区分、地域医療ビジョンの策定は、これからの最大の課題。来年度から、病床機能報告制度がスタートする。来週から、その具
  • “事故調”、異例の前提で法案提出

    カテゴリー:医療維新 2014年2月20日

     合同部会、十分に議論を尽くせず  関係法律の整備に関する法律案には、医療機能分化を進めるための「病床機能報告制度」や地域医療ビジョン策定をはじめ、実にさまざまな制度改正案が盛り込まれている(『医療法、病床機能分化を柱とする大
  • 外来軽視、地域包括ケア偏重の今改定を糺す

    カテゴリー:医療維新 2014年2月19日

     国会審議予定の医療法・介護保険法改定の一括法案は、民間主体の医療体制を、医療需要データにより再編・淘汰するため、「県」に地域医療ビジョンを策定させ、規制権限を与える。病床機能の報告をさせ必要数に応じ医療機関の機能転換を要請、従わ
  • 「高度急性期」、実績要件が必須に

    カテゴリー:医療維新 2014年2月14日

     次期医療法改正の柱が、医療機能の分化であり、その実現に向け、病床機能報告制度と地域医療ビジョンが創設される。これらが盛り込まれた、「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整
  • 奈良県立医大に「医師ハローワーク」- 荒井正吾・奈良県知事に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年2月4日

    うになる見通し)。 【掲載スケジュール】 Vol.1◆「医療界は自由放任主義でいい」は誤り 地域医療ビジョンによる県の関与が重要 Vol.2◆地域の努力の差が医療提供体制の差に 「病床機能報告制度」は需給把握の有力ツール
  • 地域の努力の差が医療提供体制の差に - 荒井正吾・奈良県知事に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年1月28日

    ――医療部会では、「医療資源の適正配置に対する都道府県知事の動機と道具を明確にしてほしい」と主張されていた。  動機としては、地域医療ビジョンの中にも入ってくると思いますが、地域包括ケアシステムの構築も挙げられます。「キュアからケア」
  • 主治医機能強化は「登録医」導入

    カテゴリー:医療維新 2014年1月24日

     今国会には医療法改定・介護保険法改定の一括法案が審議される。これには県に医療・介護の「絵図面」となる「地域医療ビジョン」策定の義務付けが盛られる。この策定は、地域の高齢化率、疾病状況に応じた「医療需要」にみあう
  • 臨床医の意見通らず「32週以上」、産科補償制度

    カテゴリー:医療維新 2014年1月21日

    基盤強化協議会」の設置、地域医療ビジョン策定に向けた都道府県が医療計画策定にあたり保険者の意見を聴くこととする「医療法改正」についての説明があった。鈴木氏は、地域医療ビジョンにおける保険者の意見聴取の
  • 「医療界は自由放任主義でいい」は誤り - 荒井正吾・奈良県知事に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年1月21日

    後半の議論で、積極的な発言を続けた。  次期医療法改正の最大の柱が、病床機能報告制度の創設と地域医療ビジョン策定。その主体となる都道府県は、医療提供体制の再編に向け、重要な役割を果たす。荒井知事に、社
  • 「早急に改革に着手する必要」、原医政局長

    カテゴリー:医療維新 2013年12月19日

    アシステムに資する在宅医療の進展が一番の柱。そのための病床機能の報告制度の導入、それに基づく地域医療ビジョンの策定、さらにそれを実現するための種々の措置、在宅医療の推進と介護との連携について議論をした
  • 医療法、病床機能分化を柱とする大改正へ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月12日

    会保障・税一体改革で打ち出された医療提供体制を実現するため、「病床機能報告制度」の創設と、「地域医療ビジョン」の策定を通じて、医療機能、特に病床機能の分化と連携を進めていく点にある。  これまで予算事
  • 最大の焦点は医療費、予算編成で財政審

    カテゴリー:医療維新 2013年12月1日

    体系の下では、病床の数をコントロールはできない」とし、次期医療法改正で位置付けられる予定の「地域医療ビジョン」を策定し、地域のニーズに応じた提供体制を構築することが必要だとした。
  • 「協議」と「ペナルティー」で機能分化推進

    カテゴリー:医療維新 2013年11月23日

     社会保障審議会医療部会(部会長:永井良三・自治医科大学学長)は11月22日の会議で、「地域医療ビジョン」を実現するための必要な措置について議論、10月14日の会議では、厚生労働省が提示した2つの案に
  • 包括化による医療の適正化求める意見も

    カテゴリー:医療維新 2013年11月23日

    でも意見を聞いた上で、最終的な調整を行う」と回答するにとどまった。 11月22日の会議では、地域医療ビジョン(『「協議」と「ペナルティー」で機能分化推進』を参照)と、「臨床研究中核病院」(仮称)(『「
  • 「臨床研究中核病院」、名称独占のメリット

    カテゴリー:医療維新 2013年11月22日

    て医療分野の施策を担っていくことになるだろう」との回答。 11月22日の社保審医療部会では、地域医療ビジョン(『「協議」と「ペナルティー」で機能分化推進』を参照)と、次期診療報酬改定の基本方針(『包括
  • 高度急性期、大学以外では10施設強?

    カテゴリー:医療維新 2013年11月14日

     日本医師会副会長の中川俊男氏は、次期医療法改正に盛り込まれる予定の「地域医療ビジョン」との整合性について言及し、「地域医療ビジョンが診療報酬の後追いになると良くない。(地域医療ビジョンを推進する医政局よりも)先に決めると問題があるので配慮が必要」と釘を刺した。
  • 女性医師支援や調剤の評価を求める声

    カテゴリー:医療維新 2013年11月11日

    働環境整備への評価」「調剤の評価充実」などの追加要望は出たが、基本的に了承された。そのほか、地域医療ビジョン実現に向けての保険者の役割などについても議論があった。 女医や精神科医療の評価求める声  基
  • 「病床機能ごとに基準数」に反発相次ぐ、医療部会

    カテゴリー:医療維新 2013年10月14日

    し、医療者の委員からは、「医療機関の自主性を損なう」「硬直的」などと反発が相次いだ。他にも、地域医療ビジョン策定に責任を持つこととなる都道府県の機能を強化する案も示されたが、医療者の委員は、慎重な対応を求めた。
  • 医師確保、都道府県の役割・権限強化へ

    カテゴリー:医療維新 2013年10月6日

    まく行っているのかは疑問」(日本医師会副会長の中川俊男氏)など実効性を疑問視する声のほか、「地域医療ビジョンがあって、初めてどんな医師が不足しているのかが分かる。その把握が必要」(日本病院会副会長の相
  • 次期改定、入院の「亜急性期」が焦点

    カテゴリー:医療維新 2013年9月25日

    高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」の4区分で一応決着したが、いまだ異論が出ている(『地域医療ビジョン策定に慎重さ求める声』を参照)。当初は、在宅患者の急性増悪時に対応する病床として、「急性期」
  • 地域医療ビジョン策定に慎重さ求める声

    カテゴリー:医療維新 2013年9月14日

    )が9月13日に開かれた。社会保障制度改革のプログラム法案上に規定され、検討が加速してきた「地域医療ビジョン」や「病床機能報告制度」などが論点になったが、厚労省の示した今後のスケジュールに対し、医療団
  • 「これで持続可能なのか」、国民会議報告書

    カテゴリー:医療維新 2013年8月27日

    地域、自治体への社会保障運営責任の押し付け  さらに国保保険者の都道府県化と医療提供体制管理のための地域医療ビジョン策定が打ち出されたことで、医療保険の地域保険化への道筋が明瞭になってきた。京都府はすでに後期
  • 「平均在院日数の短縮は限界」との声も

    カテゴリー:医療維新 2013年8月3日

    くということ」と答えるにとどまり、改革を進めていく上では財政的な支援だけでなく、都道府県に「地域医療ビジョン」の策定を求め、実効ある手段についても併せて検討していくとした。  「効率化」に関連して各論
  • 「なぜ急ぐのか」、病床再編時期に疑問の声も

    カテゴリー:医療維新 2013年6月21日

    療機関が報告する病床機能情報を活用することで、都道府県が地域に最適な医療提供体制を計画する「地域医療ビジョン」のほか、特定機能病院の承認要件の見直し、チーム医療の推進、医療事故調査制度の創設など、改正
  • 病床機能の報告制度導入に向け、初会合

    カテゴリー:医療維新 2012年11月20日

    医療機能の現状を把握し、2017年度にバランスの取れた医療機能の分化と連携を推進するための「地域医療ビジョン」の策定を目指す。座長には、学習院大学教授の遠藤久夫氏が選任された。  検討会で議論するのは
  • 全医療機関の「機能報告制度」、創設へ

    カテゴリー:医療維新 2012年6月15日

    たい。報告の結果を冷静に分析して、地域医療の充実を進めてもらいたい」と述べ、了承。その上で、地域医療ビジョンの策定に当たって、国がガイドラインを作成する点について、「都道府県によって、国のガイドライン
  • 急性期病床群、二つの変更迫られる

    カテゴリー:医療維新 2012年5月31日

    医療計画の見直しには間に合わないため、その次々回、つまり2018年の医療計画の見直しの際に、地域医療ビジョンを組み込む方針。 日本医師会副会長の中川俊男氏は、医療機能情報提供制度を活用した「対案」を提示。