m3.com トップ>記事検索結果

「地域医療構想策定ガイドライン」の検索結果

  • 病床過剰地域でも「病床の必要量」の整備可能に

    カテゴリー:医療維新 2016年9月1日

    あり、公的医療機関等を必ず優先的に議論すべきという考えではないと説明。  それでも、「地域医療構想策定ガイドラインの中で、『公的医療機関等』という言葉が出てくるのは、不足している医療需要の調整が不調に
  • 第7次医療計画に向けて策定指針を議論、厚労省

    カテゴリー:医療維新 2016年5月22日

    の意見が出されたが、厚労省はWG設置理由を「『地域医療構想』策定は現在進行形であり、『地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会』での積み残しについて集中的な議論が必要。『地域包括ケアシステム』につ
  • 地域包括ケア病棟、「急性期」から「慢性期」まで

    カテゴリー:医療維新 2016年3月10日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)は、3月10日の第14回会議で、2016年度の病床機能報告制度の改善案と、地域医療構想調整会議に
  • 4つの医療機能別、入院料の算定状況提示へ

    カテゴリー:医療維新 2016年2月5日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)は、2月4日の第13回会議で、2016年度の病床機能報告制度の改善案を議論、4つの医療機能と診療
  • 地域医療構想の策定、41県は「2016年度半ば」

    カテゴリー:医療維新 2015年11月26日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)の第12回会議が11月26日に開催され、各都道府県の地域医療構想策定の進捗状況や、2016年度の
  • 東京都、地域医療構想で独自路線

    カテゴリー:医療維新 2015年10月2日

    設定する点だ。 部会長を務める猪口正孝・東京都副会長。  この考え方は、厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン」が想定する「構想区域」とは異なる。同ガイドラインは、「構想区域」について、(1)2次
  • 医師数報告見送り、病床機能報告で、本年度

    カテゴリー:医療維新 2015年8月28日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)が8月27日に開かれた。10月から実施する2回目の病床機能報告における医師数報告は、前回の議論を
  • 医師数の報告追加に異議、病床機能報告制度

    カテゴリー:医療維新 2015年7月29日

    座長の遠藤久夫・学習院大学経済学部教授。  厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)は、7月29日の第10回会議で、2015年度の病床機能
  • 地域医療構想、民間委託の流れに危機感、日医

    カテゴリー:医療維新 2015年4月22日

    んでもない」と述べ、注視していく考えを示した。 区域「原則2次医療圏」  講演者は、「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」で座長を務めた遠藤久夫氏(学習大学経済学部長)、日本医師会副会長の中
  • 地域医療構想と診療報酬のリンクを懸念、堺日病会長

    カテゴリー:医療維新 2015年3月31日

    定的な経営ができるようになると明るい見通しを示す一方、問題点として推計方法を挙げた(『地域医療構想策定ガイドライン、了承』を参照)。堺氏は、病床機能区分の視点について「DPCの診療報酬そのもの。今回の
  • 「過剰病床、削減の仕組みにあらず」

    カテゴリー:医療維新 2015年3月30日

    が可能で、複数の構想区域や都道府県で合同開催する方法もあり得るとした。厚生労働省が示す地域医療構想策定ガイドラインは「参考」にすぎないとし、「地域医療構想は、47都道府県あれば47通りあり、さらに県内
  • 「厚労行政に得心してない」との指摘も

    カテゴリー:医療維新 2015年3月20日

     厚労省からは医政局地域医療計画課長の北波孝氏が出席し、地域医療構想策定のガイドラインの概要を説明した(『地域医療構想策定ガイドライン、了承』を参照)。中川氏は、今回のガイドライン策定に至った経緯を説明した上で、日医とし
  • 地域医療構想策定ガイドライン、了承

    カテゴリー:医療維新 2015年3月18日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)は、3月18日の第9回会議で、この4月からスタートする地域医療構想の策定ガイドライン案を、一部の文
  • 機能別病床数の推計法が決まる、政府・専門調査会

    カテゴリー:医療維新 2015年3月18日

    年に遅らせることができるとする配慮も盛り込まれた(パターンC)。  現在、厚生労働省の地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会で、2015年度より各都道府県が策定するためのガイドライン作りが進めら
  • 「誰が手を挙げるのか」、非営利新型法人に批判

    カテゴリー:医療維新 2015年2月18日

    右)。  医療事故調査制度などの検討状況も説明  厚労省は、18日の医療部会において、地域医療構想策定ガイドラインや、「医療事故調査制度の施行に係る検討会」の検討状況のほか、4月から始まる臨床研究中核
  • 「高度急性期」「急性期」、3000点で区分

    カテゴリー:医療維新 2015年2月13日

     厚生労働省は、2月12日の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)の第8回会議で、2025年の医療需要と4つの医療機能の必要量の推計方法、病床機能報告
  • 地域医療構想、実現方策は3段階

    カテゴリー:医療維新 2015年1月31日

     厚生労働省は、1月29日の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)の第7回会議で、各都道府県が策定する地域医療構想の実現に向け、「医療機関の自主的な取
  • 「高度急性期」「急性期」、今も6年後も6割強

    カテゴリー:医療維新 2014年12月26日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)の12月25日の第6回会議で、10月からスタートした病床機能報告制度の速報値が公表され、今年7月時点では医療機能は、「急性期」が47
  • 急性期の医療ニーズ、DPCデータで推計

    カテゴリー:医療維新 2014年12月14日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)は12月12日の第5回会議で、地域医療構想で定める4つの病床区分の医療需要の推計方法を議論、高度急
  • 名称が決まる、「地域医療構想調整会議」

    カテゴリー:医療維新 2014年11月21日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)は11月21日の第4回会議で、「地域医療構想」の実現に向けた、関係者による「協議の場」の名称を、「
  • 入院受療率の地域差是正へ、地域医療構想

    カテゴリー:医療維新 2014年10月31日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)は10月31日の第3回会議で、地域医療構想に盛り込む2025年の医療需要の推計方法について議論、基
  • 地域医療構想の「区域」、2次医療圏が原則

    カテゴリー:医療維新 2014年10月17日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)の第2回会議が10月17日に開催され、地域医療構想を策定する単位である「構想区域」は、医療計画で用
  • 課税転換要望、不変も「一本化」強調、四病協

    カテゴリー:医療維新 2014年9月24日

    ついては、「分からない。意向も不明」とした。  また、加納氏は、現在検討が進んでいる「地域医療構想策定ガイドライン」と、複数法人が連携可能となる「非営利ホールティングカンパニー制度(仮称)」について、
  • 「5施策で医療計画の実効性向上」、佐々木厚労省室長

    カテゴリー:医療維新 2014年9月21日

    構想の策定自体に「協議の場」がかかわることは想定されていないが、9月18日の厚労省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」で、日本医師会副会長の中川俊男氏が、「協議の場」を前倒して、構想策定
  • 地域医療構想ガイドライン、1月策定へ

    カテゴリー:医療維新 2014年9月18日

     厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」の第1回会議が9月18日に開催され、2015年4月からの各都道府県における地域医療構想(地域医療ビジョン)策定開始に備え、2015年1月を