m3.com トップ>記事検索結果

「地域医療構想調整会議」の検索結果

  • 「調整会議」の運営指針、年内にも取りまとめ

    カテゴリー:医療維新 11月20日

    してまとめられる「地域医療構想の進め方に関する議論の整理(案)」は、(1)地域医療構想調整会議の進め方(地域医療構想調整会議の協議事項、調整会議での個別の医療機関の取組状況の共有、調整会議の運営)、(
  • 「公私、医療機関の扱いは原則平等」、医療部会で確認

    カテゴリー:医療維新 11月10日

     地域医療構想を実現していく上では、公立病院は「新公立改革プラン」、公的病院は「公的医療機関等2025プラン」をそれぞれ策定し、地域医療構想調整会議において策定プランを議論することになっている。この点について、「公立・公的優先」と捉える向
  • 病床機能報告の基準に「在院期間」、中川日医副会長が反対

    カテゴリー:医療維新 10月26日

    、精緻化は必要」と指摘。  調整会議、4-6月の開催は136構想区域  26日の会議では、地域医療構想調整会議における議論の進捗状況も報告された。各都道府県とも2016年度中に地域医療構想の策定を終え
  • 地域医療構想「問題は調整の人材不足」-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 9月19日

    、コミュニケーションがうまい連中が多いです(笑)。 竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く 地域医療構想調整会議の『調整』を、千葉大病院の取り組み◆Vol.1 病院間の「調整」、具体的やりとりは水面下◆Vol
  • 地域医療構想調整会議の『調整』を、千葉大病院の取り組み-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 8月31日

     地域医療構想調整会議を『調整』する――。千葉大学医学部附属病院地域医療連携部は千葉県からの依頼を受けて、千葉県内9つの調整会議にファシリテーターとして参加している。特任准教授の竹内公一氏は「厚労省が
  • 病院間の「調整」、具体的やりとりは水面下-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 9月6日

    ――2017年度はどのような関わり方をしているのでしょうか。  これまでの実績も踏まえ、2017年度は「地域医療構想調整会議開催支援事業業務委託」として県と大学が契約を交わすことになりました。  具体的にどのような
  • 日医と協力、皆保険維持に努める責務 - 菊岡正和・神奈川県医師会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 7月28日

    応していきます。  最後に病床再編における都道府県の権限強化ですが、先にもお話しましたが、地域医療構想調整会議には、データを提示し、必要に応じて県議会の力も借りながら議論していきます。  私は日医の社
  • 日病独自の「病院総合医」、2018年4月から育成

    カテゴリー:医療維新 7月25日

    、病院内で尊敬され、将来的には幹部職員になっていけるような人たちを作りたい」と述べた。 地域医療構想、調整会議や協議会に積極参加を  日病会長の相澤孝夫氏は、7月19日の常任理事会で会員病院に対し、地
  • 外科系の高度急性期・急性期、7%は「1カ月の手術ゼロ」

    カテゴリー:医療維新 7月19日

     厚労省は、医療機能別に「具体的な医療の内容」に関する項目を複数選択し、それらに全て「該当しない」(実績が0件)の場合、地域医療構想調整会議で確認することを求める方針。 (2017年7月19日の「地域医療構想に関するワーキンググループ」資料)
  • 公的医療機関に対し、「改革プラン」策定を要請

    カテゴリー:医療維新 7月19日

    提案、了承を得た。近く関連通知を出す予定(資料は、厚労省のホームページ)。  各都道府県の地域医療構想調整会議での活用を想定しており、公的病院が果たす役割と、各構想区域全体の医療提供体制との整合性を図
  • 「急性期指標、地域医療を混乱に陥れる」、中川副会長

    カテゴリー:医療維新 6月25日

    療機関相互の協議を通じて、病床機能を収れんさせていくことが目的であると改めて理解を促した。地域医療構想調整会議では、各医療機関の実情に関する丁寧で慎重な議論が求められるとした。  調整会議での検討に役
  • 「新規開設・増床」、許可前に調整会議で確認

    カテゴリー:医療維新 6月23日

    (座長:尾形裕也・東京大学政策ビジョン研究センター特任教授)は、6月22日の第6回会議で、地域医療構想調整会議の議論の進め方について議論、病院の新規開設や増床等の計画が判明した場合は、開設等の許可を待
  • 地域医療構想「大学病院は別枠で」

    カテゴリー:医療維新 6月20日

    広範囲の地域の住民を対象として、専門性の高い医療を提供していることから、その実情を踏まえ、地域医療構想調整会議において、その担うべき役割について十分に議論すること。 3.大学病院本院が所在している構想
  • 「護送船団方式」の医療は終焉 - 相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 6月10日

    」で対応していた時代から、「線」になり、今は「面」、つまり地域で対応するための議論の場が、地域医療構想調整会議です。 ――大学病院であっても、地域によって果たすべき役割が違う。  全然違います。だから
  • 地域医療構想「大学の理解不十分」「『回復期不足』も誤解」

    カテゴリー:医療維新 6月3日

    )4つの医療機能と入院基本料との組み合わせを提示し、これらと異なる機能を選択する場合には、地域医療構想調整会議で確認、(3)回復期機能については、リハビリテーションを提供していなくても、「急性期を経過
  • 「急性期指標」、「見える化」の第一歩だが、注意必要

    カテゴリー:医療維新 5月10日

    終えた。これらのデータ等を基に今後、2025年の医療提供体制構築を目指し、各構想区域での「地域医療構想調整会議」が本格化する。病床機能報告制度の報告基準は定性的であり、「急性期指標」や「診療実績」は、
  • 地域医療構想、「調整会議」の運営に注文

    カテゴリー:医療維新 4月21日

     地域医療構想は、2016年度中に全都道府県で策定を終え、2025年の医療提供体制構築に向けて2017年度からは地域医療構想調整会議での議論が本格化する。  その進め方のイメージとして、厚労省は毎年秋には「機能ごとに具体的
  • 一般病棟の退院患者「外来対応が基本」

    カテゴリー:医療維新 3月8日

    かった。厚労省は追加資料を用意し、関係者の理解を得る構えだ。  2017年度から本格化する地域医療構想調整会議について、四半期ごとに取り組むべき課題を挙げた、年間の進め方案についても議論。今秋には、「
  • 2017年度下期には「具体的な医療機関名を」、地域医療構想調整会議

    カテゴリー:医療維新 2月20日

    討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)は2月17日の第9回会議で、2017年度の地域医療構想調整会議の進め方について、3カ月に1度のペースとする案が示された(資料は、厚労省のホームページ)。
  • 「病院の在宅医療にガイドラインを」、日病協

    カテゴリー:医療維新 1月28日

    医療法人協会副会長)は1月26日、同会議後の会見で、病院が在宅医療に乗り出すことについて、地域医療構想調整会議で議論する際に用いる「在宅をやる病院はこうあるべしという、何らかのガイドラインが必要ということで一致した
  • 平均在院日数の地域差是正、基準病床数の算定式了承

    カテゴリー:医療維新 2016年11月10日

     医療機器のうち、放射線治療装置などの高額機器については、共同利用の状況や新規導入に向けた方針を、地域医療構想調整会議で協議し、適正配置や連携などにつなげる方針も盛り込む。病院とは異なり、医療監視を定期的に受
  • 「医師不足地域での勤務」、保険医療機関の責任者の条件

    カテゴリー:医療維新 2016年10月24日

    入、複数医療機関のネットワーク化による受け入れなども想定されるが、都道府県地域医療構想圏の地域医療構想調整会議が、都道府県の地域医療協議会と連携して、責任を持って行う。  「一種登録証」「二種登録証」
  • ICUとCCU「既存病床数」に含めるか否か、結論出ず

    カテゴリー:医療維新 2016年9月24日

    、医療計画における「基準病床数」と、地域医療構想の「病床の必要量」の関係や、各地域における地域医療構想調整会議の議論の進め方を整理した、ワーキンググループとしての案を了承した。2018年度からの第7次
  • 病床過剰地域でも「病床の必要量」の整備可能に

    カテゴリー:医療維新 2016年9月1日

     前述の(3)のパターンで、既存病床数が最も多い場合については、やや意見が分かれた。中川氏は、都道府県の地域医療構想調整会議での話し合い、各医療機関の自主的な取り組みを通じて、既存病床数が「病床の必要量」に自然と収
  • 「病床報告制度と実態は一致しない」中川副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年4月4日

     3月27日の第136回日本医師会臨時代議員会で、副会長の中川俊男氏は地域医療構想に関連し、「病床機能報告制度と実態は一致しない。地域医療構想調整会議で相談するのが今の仕組み。ぜひご理解いただきたい」と説明した。  奈良県代議員の大澤英一氏
  • 2025年の医療需要「冷静に受け止めなくてはいけない」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月4日

    の機能に移行させられることや、過度な在宅偏重にならないよう議論に臨んでいく」と答えた。  地域医療構想調整会議の議長は郡市区医師会の役員であり、地域包括ケアシステムも郡市区医師会が中心となって進んでい
  • 地域包括ケア病棟、「急性期」から「慢性期」まで

    カテゴリー:医療維新 2016年3月10日

    学経済学部教授)は、3月10日の第14回会議で、2016年度の病床機能報告制度の改善案と、地域医療構想調整会議における議論の進め方案を了承した(資料は、厚労省のホームページ)。いずれも前回の第13回会
  • 「病院の品質」から「地域の品質」を見る時代に

    カテゴリー:医療維新 2015年9月14日

    減らすインセンティブはない。供給過剰のままなのか、目標数に収束するのか。収束する場合でも、地域医療構想調整会議主導で共存的調整が進むのか、あるいはマーケットを主体的に取りにいく法人によるM&Aの形で進
  • 「机上の構想」、池上慶應大名誉教授が指摘

    カテゴリー:医療維新 2015年9月12日

    示されているが、「目安にすぎない」と指摘。増床時とは異なり、病院の既得権となっているため、地域医療構想調整会議において、各区分の変更を求める根拠は乏しいとした。(2)に関しては、地域医療構想は「提供さ
  • 5疾病ごとに医療需要推計へ、厚労省

    カテゴリー:医療維新 2015年7月7日

     さらに佐々木氏は、医療機関から「強制的な病床機能の転換が起きるのでは」と危惧の声が根強い、都道府県知事の権限についても言及。地域医療構想調整会議でまとまらず、自主的な機能分化・連携が進まない場合についての都道府県知事の権限について、「
  • 地域医療構想、民間委託の流れに危機感、日医

    カテゴリー:医療維新 2015年4月22日

    は、岡山県医師会の担当者。地域医療構想の中で、外来は明確に位置付けられていない。中川氏は、地域医療構想調整会議の地域包括ケアシステムとの整合性も検討するため、調整会議の場面などで俎上に上るとの考えを示
  • 「過剰病床、削減の仕組みにあらず」

    カテゴリー:医療維新 2015年3月30日

    療構想も地域に応じて柔軟に策定していくべきとの考えを示した。地域医療構想を実現するための「地域医療構想調整会議」についても、柔軟な運用が可能で、複数の構想区域や都道府県で合同開催する方法もあり得るとし
  • 「厚労行政に得心してない」との指摘も

    カテゴリー:医療維新 2015年3月20日

    の制度があくまで不足する機能の解消に向けたものである点を紹介した。構想区域ごとに設置される地域医療構想調整会議についても、「隣の区域と合同や、全県で1つも可能」として、医療機関の自由度が担保された制度である点を一貫して強調した。
  • 地域医療構想策定ガイドライン、了承

    カテゴリー:医療維新 2015年3月18日

    医療提供体制の在るべき姿を示す重要な課題。(各構想区域に設置する、関係者の協議の場である)地域医療構想調整会議も、構想ができてからではなく、早期に設置をして、議論を行うことが適当であるとされている。(
  • 「高度急性期」「急性期」、3000点で区分

    カテゴリー:医療維新 2015年2月13日

    含めて、患者の受け皿をどう整備していくかは、その次の段階で考えていくべき課題とした。  「地域医療構想調整会議」、複数の病院団体の参加を  「地域医療構想策定ガイドライン(案)」については、さまざまな
  • 地域医療構想、実現方策は3段階

    カテゴリー:医療維新 2015年1月31日

    給バランスのギャップなどを鑑み、自院の体制を検討する。並行して、地域の医療関係者から成る「地域医療構想調整会議」で話し合いを進める。各都道府県はこうした医療者の自主的な取り組みによる病床調整の状況を踏
  • 名称が決まる、「地域医療構想調整会議」

    カテゴリー:医療維新 2014年11月21日

    21日の第4回会議で、「地域医療構想」の実現に向けた、関係者による「協議の場」の名称を、「地域医療構想調整会議」とすることを決定した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。同会議は、2025年の医療提