m3.com トップ>記事検索結果

「多剤投与」の検索結果

  • 後発薬促進、重複・多剤投与是正等で「0.6兆円」抑制

    カテゴリー:医療維新 2016年10月22日

    (40歳以上の糖尿病1人当たりの医療費の平均を上回る都道府県について、平均との差を半減)、重複・多剤投与(3医療機関以上、15剤以上の薬剤投与を是正)などの取り組みで0.6兆円抑制でき、約29.7兆円に収まると見込んでいる。
  • 「勤務医続けるのが情けない」「専門バカ増えた」◆Vol.15-2

    カテゴリー:医療維新 2016年9月17日

    同種同効薬の制限。【60代以上男性 内科系 開業医】 投薬を減らすべきである。【50代男性 外科系 開業医】 多剤投与の是正。高額医療の検討。【60代以上男性 内科系 開業医】 先発薬の薬価の引き下げが急務である。【50代男性 内科系 開業医】
  • 医師の6割強、「多剤・重複投与の是正」を支持◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2016年8月7日

    費を適正化する余地はない」の選択肢をお選びください。  「多剤投与」と「重複投与」に支持が集まった。勤務医で最も支持が高かったのは「多剤投与」で、63.2%が選択。続いて「重複投与」を62.1%が選ん
  • コアカリ、「総量のスリム化を念頭」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月7日

    問題を概説できる」、「診療の基本」で「薬物治療の基本原理に、高齢者増加などの社会ニーズを鑑みて、多剤投与、禁忌など」を追加するなどの方針が示された。  北村氏の説明に対し、出席者が自由に意見を出した。
  • 抗うつ薬・精神病薬も2剤まで、精神医療

    カテゴリー:医療維新 2016年2月13日

    する一方で、多剤投与 の減算規定や長期の精神科デイ・ケアの要件を厳格化する。地域移行・地域生活支援を含む質の高い精神医療を評価するのが狙いだ(資料は厚生労働省のホームページ)。  多剤投与の減算規定は
  • 支払側意見、「暴言に近い」と日医中川副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    度加算の評価引き上げも提案され、この点について異論は出なかった。 この日の中医協では、長期処方や多剤投与の是正に関する改定案についても議論した(『「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価』を参照)。
  • 「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    状は安定しているが、服薬管理が難しい場合には、分割指示処方せん交付」のいずれかの対応を行う。  多剤投与、残薬・不適切な長期投薬の是正は、2016年度診療報酬改定の重要課題だ(『「不適切な長期投薬」は是正、削減対象は薬』を参照)。
  • 身体合併症の精神患者、受入で加算

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    の精神科継続外来支援・指導料の半減を検討している。現在、年1回の報告が義務付けられている抗精神薬多剤投与に関する報告書については、年1回以上に提出頻度を上げる方針だ。  長期入院の精神疾患患者の地域へ
  • 初再診料の引き上げを要求、診療側

    カテゴリー:医療維新 2015年12月26日

     投薬については、7種類以上の内服薬処方時の処方料、薬剤料、処方せん料の減算の撤廃を要求。高齢者は多数の疾患に罹患していることが多く、多剤投与が必要となるケースも増えていることを理由に挙げた。
  • 「長期投薬の削減」結論出ず、社保審

    カテゴリー:医療維新 2015年12月2日

     基本方針の骨子案では、医療費の効率化・適正化の項目で、「残薬や多剤・重複投薬の削減を推進」と記載していたが、医療部会で診療側から多剤投与はやむを得ないケースもあるとして削除を求める意見や、「長期処方の是正」の追加を求める意見が出る一
  • 「多剤投与にメス」「在宅の暴力対策を」との声も

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    (骨子案と医療保険部会での議論は『「治し、支える医療」に転換、削減のターゲットは薬』を参照)。「多剤投与の適正化」については、医療部会に続いて委員間で意見の対立があったほか、医療従事者の負担軽減につい
  • 「治し、支える医療」に転換、削減のターゲットは薬

    カテゴリー:医療維新 2015年11月19日

    とした。  中川氏は、宮嵜課長の発言に納得せず、長期処方の是正を追加するか、追加しないのであれば多剤投与の是正も削除すべき、と求めた。さらに2014年度診療報酬改定で、地域包括診療料・加算が新設された
  • 「多剤投与の適正化」を評価、認知症患者

    カテゴリー:医療維新 2015年11月18日

    度診療報酬改定に向け、外来医療について議論した。厚生労働省は、地域包括診療料・加算で認知症患者の多剤投与の適正化を評価する方針や、紹介なしの大病院受診時の定額負担で、対象病院を特定機能病院と500床以
  • 分割調剤や残薬調整、診療側と支払側で意見対立

    カテゴリー:医療維新 2015年11月7日

    論した。厚生労働省は、高齢者の多剤投与や残薬の問題への取り組みとして、残薬調整についての医師の指示欄を処方せん様式に設置することや分割調剤の導入などを提案した。多剤投与を減らすための対応も提案され、高
  • 外来医療費の地域差是正、2018年度から

    カテゴリー:医療維新 2015年10月12日

     外来医療費については、2017年度中に、疾病別・年齢別の受療率、1件当たり日数、1日当たり点数、後発医薬品の使用状況、重複投薬・多剤投与の状況などの視点から分析する方針。社会保障制度改革推進本部「医療・介護情報の活用による改革の推進
  • 向精神薬、処方制限改定後も不変か微減

    カテゴリー:医療維新 2015年3月24日

     精神病棟において、2013年と2014年の比較で、薬物療法において使用する向精神薬の使用数は若干減少しているものの、多剤投与の制限を目指した2014年度改定によってもさほど変化はない。精神病床全体の平均在院日数は、2014年10月は410
  • 「IT×医療イノベーション2015」、神戸でフォーラム

    カテゴリー:医療維新 2015年2月11日

     「薬学」の視点も加えた医療のPDCA  狭間氏が最近力を入れているのは、「ポリファーマシー」、つまり多剤投与により生じ得る諸問題の解決だ。 ファルメディコ株式会社(大阪市北区)代表取締役社長で、医師の狭間研至氏。
  • 今改定の3つの特別調査、調査票決定

    カテゴリー:医療維新 2014年10月8日

    医療の調査は10月時点となる。精神医療については、向精神薬の多剤投与制限が今改定で実施されたが、9月末までの経過措置があるためだ(『多剤投与に新たなメス、薬剤料など減算』を参照)。  また各調査は、病
  • 多剤投与に新たなメス、薬剤料など減算

    カテゴリー:医療維新 2014年2月13日

    不安薬、睡眠薬、抗うつ病薬、抗精神病薬に対する多剤投与規制が新設されるのが特徴の一つ。処方料、処方せん料、薬剤料を減算するほか、精神科関連の点数も多剤投与の場合は、8掛けの点数にとどめる(資料は、厚生労働省のホームページに掲載)。
  • 「メリハリの利いた改定」、横倉日医会長

    カテゴリー:医療維新 2014年2月12日

    評価の第一歩」であると説明した。同診療料を届け出ても、患者ごとに算定するか否かを選択できるほか、多剤投与規制も外れるなどの算定要件を検討し、対応していくことを求めた。  さらに、中川氏は、7対1入院基
  • 主治医評価、名称は「地域包括診療料」

    カテゴリー:医療維新 2014年1月29日

    与の減算規定」の対象外になるため、注目度が高い新点数と言える。  包括点数で、算定要件を見ると、多剤投与になりがちな患者の薬剤管理、重複投薬の防止などに主眼が置かれているほか、健康管理や介護保険、在宅
  • 精神科病床にも救急の医師配置手厚く

    カテゴリー:医療維新 2013年12月2日

     全国健康保険協会東京支部長の矢内邦夫氏は、日本が諸外国と比較して多剤投与が多い点を指摘すると、長瀬氏は「医師はなるべく薬を少なく出したい。それでも仕方なく多剤投与をせざるを得ない状況があるため、むやみに使っているわけではない」と理解を求めた。
  • 多剤投与規制、撤廃か存続かで意見対立

    カテゴリー:医療維新 2013年11月30日

     中央社会保険医療協議会総会(会長:森田朗・学習院大学法学部教授)は11月29日の会議で、「多剤投与規制」について議論したが、撤廃を主張する診療側と、継続を求める支払側で意見が対立した(資料は、厚生労働省のホームページに掲載)。
  • 500床以上の病院、長期処方の制限検討

    カテゴリー:医療維新 2013年11月29日

    病院完結型から地域完結型の医療への転換が求められている」と説明。 11月29日の中医協総会では、多剤投与の制限や、精神医療についても議論。  500床以上の外来制限については、11月の中医協総会でも議
  • 500床以上の大病院外来、締め付け強化

    カテゴリー:医療維新 2013年11月1日

    本当に診療と言えるのか」と問題視、今後の検討の有無を質した。厚労省保険局医療課長の宇都宮啓氏は、多剤投与規制(1処方で7種類以上の内服薬を投与した場合の規制)の問題とも合わせ、今後議論すると回答。  
  • 慢性疾患外来の包括化を提案

    カテゴリー:医療維新 2013年6月13日

    診料を(69点から71点へと)元に戻すことに尽きる」(安達氏)などと訴えた。  一方、6剤以上の多剤投与が有害作用を発現する割合が高まるなどと指摘している点については、「高脂血症、高血圧、糖尿病、胃潰
  • 患者全体が分かる医師が必要 - 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2012年10月31日

    薬剤料や処方せん料などの減額措置があります。  ただし、それは1医療機関での話。複数の医療機関で多剤投与された場合にはチェックできません。「かかりつけ医師」「かかりつけ薬剤師」などと言われても、本当の
  • 院内感染対策を強化、加算新設へ

    カテゴリー:医療維新 2012年1月31日

    デイ・ケアの見直し、通院・在宅精神療法の見直し、認知療法・認知行動療法の見直し、向精神薬の多量・多剤投与の適正化)  ◆認知症対策の推進 ・認知症入院医療の評価(認知症治療病棟入院料の30日以内入院の評価、認知症夜間対応加算の新設)
  • 睡眠薬、抗不安薬の「3剤以上の多剤投与」にメス

    カテゴリー:医療維新 2011年11月3日

    大学大学院法学政治学研究科教授)で精神科医療の改定内容について議論、睡眠薬と抗不安薬を3剤以上の多剤投与した場合に、診療報酬上で何らかの制限を加える方針が打ち出された(資料は、厚労省のホームページに掲載)。
  • 「1カ月分丸ごと減点」「患者がDPC病院へ入院、薬剤費が査定」◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2010年11月26日

    、11月、12月分の3カ月のみCa拮抗薬を1カ月分丸ごと減点された。再審査内容は併用投与につき(多剤投与あり)との理由だった。併用投与している患者は600人を越えているが、なぜこの患者だけ減点されたのか不明。
  • 医師の技術料への評価を求める意見が相次ぐ:勤務医負担軽減策

    カテゴリー:医療維新 2009年11月4日

    1箇所もない地域も多い。 ・ 統合失調症患者に対する抗精神病薬投与において、日本では諸外国に比べ多剤投与が多い。 ポイント ・ デイケアの診療報酬上の評価・日数制限の廃止、単剤化・少数薬剤化だけを評価