m3.com トップ>記事検索結果

「女子医大」の検索結果

  • 特定機能病院の病院長選考会議の在り方で議論

    カテゴリー:医療維新 11月2日

    おり、各大学の考えを縛る必要はないのでは」などと説明したが、日本医師会副会長の中川俊男氏は「東京女子医大、群大の問題が見直しのきっかけ。今までとは 変えようということで始まった。現場の実勢だけではだめ
  • GAD(RIA法)低陽性SPIDDMでインスリン分泌低下示唆【JDS 2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月29日

    高木聡氏抗グルタミン酸脱炭酸酵素(GAD)抗体の測定は、2016年1月からRIA法からELISA法に変更されたが、両測定法で結果の乖離が見られることから、実臨床で混乱を来しているとの声もある。東京女子...
  • スパズム治療、新展開へあと一歩【STROKE2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月22日

    えることが分かった」と糟谷氏。  問題はこのニカルジピンペレットをどのように製品化するかだ。東京女子医大では薬剤室でペレットを製作して用いているが、医薬品適性製造基準(GMP)に沿っていないため、製作
  • 移植心筋の拍動に伴う脈圧形成に成功

    カテゴリー:臨床ニュース 4月5日

    東京女子医科大学は3月30日、下大静脈周囲に移植したヒトiPS細胞由来心筋組織が、その拍動に伴い血管内に脈圧を生み出せることを見出し、心筋組織移植の循環補助への応用の可能性を示したと発表した。この研究...
  • 藻類と動物細胞共培養で心筋組織作製

    カテゴリー:臨床ニュース 2月16日

    東京女子医科大学は2月3日、藻類と動物細胞を共培養することにより、厚い立体心筋組織の作製に成功したと発表した。この研究は、同大学先端生命医科学研究所清水達也所長・教授、原口裕次特任講師らの研究グループ...
  • 術後管理を問題視、麻酔科医ら4人を提訴

    カテゴリー:医療維新 2月14日

     小児の人工呼吸器管理時の鎮静には禁忌のプロポフォール投与後、2014年2月に2歳10カ月の男児が死亡した「東京女子医大事件」で、男児の両親は2月14日、女子医大病院の中央集中治療部に当時所属していた麻酔科医3人と看護師1人の計4人に、合
  • 第8次医療法改正案、医療部会が了承

    カテゴリー:医療維新 1月19日

    改正する。  大学病院が大半を占める特定機能病院のガバナンス改革は、群馬大学医学部付属病院と東京女子医大病院が、医療事故に伴い、2015年6月に特定機能病院の承認を取り消されたのがきっかけ。(1)より
  • 元女子医大医師2人を提訴、1億5000万円請求 - 貞友義典・遺族代理人弁護士に聞く

    カテゴリー:医療維新 1月14日

    歳10カ月の男児が死亡した「東京女子医大事件」。同大学病院は、医療安全管理体制などが問題視され、2015年6月から特定機能病院の承認が取り消されたままだ(『「女子医大の特定機能病院の承認取消、通過点にすぎず」』を参照)。
  • 大学病院長の「管理運営権限」、医療法で明文化

    カテゴリー:医療維新 2016年12月8日

    から、手続き的に問題視する意見が相次いだ。委員は改めて論点を整理し、議論をするよう要望した。  女子医大と群馬大の医療事故がきっかけ  医療法の改正は、東京女子医科大学病院と群馬大学医学部附属病院で発
  • 柳原病院事件、電車の“わいせつ事件”と同列に扱うな!

    カテゴリー:医療維新 2016年11月28日

    る」という現状も紹介。  いつき会ハートクリニック(東京都葛飾区)院長の佐藤一樹氏は、自身が東京女子医大事件で業務上過失致死罪に問われた際、無罪に導いた一つが、関係学会の意見書であるとし、専門的な評価
  • 診療科・地域の制限なくして解決なし

    カテゴリー:医療維新 2016年11月2日

    加したことも大きな要因と考えます。医学部を新設するなら、男子医大を作るべきだと思います。東京には女子医大があるのですから、男子医大をつくっても異論はないと思います。【開業医】 ◆患者の受療行動も改善の余地
  • 「医療崩壊を誘発、不当な勾留」、準強制わいせつ罪・起訴医師

    カテゴリー:医療維新 2016年10月14日

     2001年3月の東京女子大事件で、業務上過失致死罪に問われ逮捕・勾留された経験を持つ佐藤氏は(『院内事故調が生んだ“冤罪”、東京女子医大事件』などを参照、東京高裁で無罪確定)、10月12日に、東京拘置所に乳腺外科医の家族とともに接見
  • 「主治医・執刀医を大切にしなければ事故調査できず」 - 安福謙二・大野病院事件弁護人に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年10月8日

    大“事故調”、患者と医師の悲劇』を参照)、東京女子医大事件(『院内事故調が生んだ“冤罪”、東京女子医大事件』、『院内事故報告書は告発書兼鑑定書、女子医大事件』を参照)、神奈川県立がんセンター事件(『神
  • 群馬大学病院事件を考える:認識、想像力、柔軟な発想

    カテゴリー:医療維新 2016年10月2日

    が、社会への対応を優先するために、個人に責任を押し付けてきた。これが二次紛争を招いた(5)。東京女子医大病院事件(6)では、非科学的な実験までして、無理やり個人に責任を負わせた。院内事故調査委員会報告
  • 奈良医大の教授時代、「心臓移植を目指して」◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2016年9月17日

    り、認定されたのが9施設。国立循環器病センター(現国立循環器病研究センター)と阪大の連携組、東京女子医大などと並んで、奈良医大は最後の9番目の施設として何とか認定された。  ただちょうど同じころ、話が
  • 帰国後、日本でも冠動脈バイパス手術を開始◆Vol.11

    カテゴリー:医療維新 2016年9月11日

    歯科大学名誉教授)がそれぞれ相前後して帰国され、冠動脈手術が日本でも盛んになってきた。そのほか、女子医大の先生も始めていた頃で、当時、林久恵教授の下に、私とほぼ年齢が一緒の遠藤真弘君がいた。  関西で
  • 成熟した神経回路維持にmGluR1が必須

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

    東京女子医科大学は8月19日、代謝型グルタミン酸受容体1型(mGluR1)が成熟した神経回路の維持に必須であることを証明したと発表した。この研究は、同大学医学部生理学(第一)講座の鳴島(行本)円准講師...
  • 「間違った鑑定書が冤罪を招く」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年5月8日

     安福氏は、事故調査報告書が刑事捜査の端緒となった例として、2001年3月に起きた東京女子医大事件(『院内事故調が生んだ“冤罪”、東京女子医大事件』などを参照)、2008年4月の神奈川県立がんセンター事件などを挙げ
  • 1位はあの大学の問題、2015年の10大ニュース◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2015年12月27日

    外部調査委員会による事故調査報告書が公表された(『「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委9』を参照)。群馬大と東京女子医大は、6月から特定機能病院の承認を取り消されている。5位は、聖マリアンナ医科大
  • “事故調”、「非識別化」に要注意

    カテゴリー:医療維新 2015年8月24日

    拷問は許されない」とし、東京女子医科大学病院のプロポフォール投与事故(『「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委』を参照)など、最近の医療事故調査では、この原理が守られていない例が見受けられると問題視
  • 医学部・大学病院のみで教育は完遂できず◆慈恵医大Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年7月22日

    当大学が連携校になり、計6大学で進める研究です。  それ以前から女子医大は、WFMEによる外部評価を受けることが決定しており、女子医大は先陣を切って2010年秋に評価を受けました。海外から外部評価者が
  • 「事故の報告対象」「報告書」に質問集中

    カテゴリー:医療維新 2015年7月19日

    それは覚えていない」「記憶にない」「答えられない」と回答した人もいた(『「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委』を参照)。それに対して、調査委員長は厳しい感触を持った。調査の意図を理解できていないのではないか、ということになった。
  • ナンバー科弊害の解消提言、国立病院長会議

    カテゴリー:医療維新 2015年6月24日

    群馬大学医学部付属病院で肝臓の腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題を受けて、国立大学附属病院長会議は6月22日の会見で、大学医局におけるナンバー科の弊害の解消など「診療体制」などの大学病院の在り方...
  • 女子医大と群馬大、6月から特定機能病院を取消

    カテゴリー:医療維新 2015年5月28日

    院については、4月30日の分科会で「特定機能病院の承認取消が相当」とする意見書がまとめられた(『女子医大と群馬大、「取消相当という厳しい判断」』を参照)。意見書を受けて厚労大臣が社会保障審議会に取消を
  • 「新たな被害者を作るな」、事故調査に警鐘

    カテゴリー:医療維新 2015年5月18日

     大磯氏は講演の冒頭で、福島県立大野病院事件(2004年12月に事故発生、2008年の福島地裁判決で医師無罪)や、東京女子医大の人工心肺事件(2001年3月に事故発生、2009年3月の東京高裁判決で医師無罪)で医師が業務上
  • 6月から集中立入検査、特定機能病院

    カテゴリー:医療維新 2015年5月15日

    める意見書について「医療安全管理部門が機能していなかったことに大変危機感を持っている」と説明(『女子医大と群馬大、「取消相当という厳しい判断」』を参照)。  中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也氏
  • 「承認取消は数億円の影響」、群大病院

    カテゴリー:医療維新 2015年5月1日

     厚生労働省社会保障審議会医療分科会は30日、群馬大病院について、特定機能病院の承認取り消しを求める意見書をまとめた(『女子医大と群馬大、「取消相当という厳しい判断」』を参照)。田村病院長は、病院経営について「(更新が保留さ
  • 「女子医大の特定機能病院の承認取消、通過点にすぎず」

    カテゴリー:医療維新 2015年5月1日

     「特定機能病院の承認取消は当然。私たちが考えていたように、女子医大病院はずさんな医療を行っていたことを世の中に知ってもらいたい。これは通過点で、いったい何が行われていたのか、なぜ異常な量のプロポフォ
  • 女子医大と群馬大、「取消相当という厳しい判断」

    カテゴリー:医療維新 2015年4月30日

    塩崎恭久厚労相に提出した。厚労省は今後、所定の手続きを経て、5月中に正式に承認取消の処分を行う。女子医大病院は2002年に続き2回目、群馬大病院は初めての承認取消だ。処分の発効は早ければ6月1日から。
  • 東京女子医大プロポフォール投与事件

    カテゴリー:医療維新 2015年4月29日

    部調査委員会による事故調査報告書を、同病院のホームページ上で公表した(『「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委 』を参照)。  本件は、昨年3月に報道されて以降、大学の内部紛争に発展したり、遺族が院
  • 「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委

    カテゴリー:医療維新 2015年4月27日

    薬剤師の疑義照会が適切に行われなかったなど、チーム医療が機能していなかったことも問題視した。  女子医大病院では、調査報告書とともに、それを踏まえた「総括」を同時に公表。「最大の問題点は、治療に当たっ
  • 千葉県がんセンターの事例も議論、医療分科会

    カテゴリー:医療維新 2015年4月15日

    では、同日に厚労省は千葉県がんセンターに対し、がん診療連携拠点病院の指定を更新しないと公表。東京女子医大病院と群大病院についても、今年度から4年間の指定更新が保留されており、医療分科会の審議の結果を待って判断されるとみられる。
  • 事故調査、「担当医の意見聴取」が必須 - 松原謙二・日医副会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年4月11日

    に産婦が死亡した県立大野病院事件)も、新宿の事故(2001年3月、心臓手術中に女児が死亡した東京女子医大事件)も、結局は院内調査が十分ではなかったために起きた「冤罪」です。これらの事故では、当事者であ
  • 群大病院の報告書作成過程に疑問も、医療分科会

    カテゴリー:医療維新 2015年3月28日

    容が変わる可能性もあるとして、群大病院からの報告を待った上で次回の審議を行うと判断した。  東京女子医大については、被害者連絡会が3月25日に厚労省に渡した資料なども提出された。過去にも特定機能病院の
  • 群馬大学腹腔鏡事件の報告書は小学生レベル

    カテゴリー:医療維新 2015年3月24日

     だが、前提となる報告書に問題がある場合、それを基に糾弾するのは大変危険である。過去に、佐藤一樹氏の東京女子医大事件、加藤克彦氏の福島県立大野病院事件、いずれも病院側が作った報告書が原因で、冤罪事件に巻き込ま
  • “事故調”、「報告書」「相談窓口」に不満

    カテゴリー:医療維新 2015年3月21日

    明」「検討を行った場合、管理者が講じる再発防止策について記載」とされた。勝村氏も同様に、群馬大と女子医大を例に挙げ、医療機関の取り組みに懸念があるとし、医療事故調査制度については、「公布後2年以内に見
  • 群大病院幹部から安全管理体制聴取

    カテゴリー:医療維新 2015年3月10日

    情報を求めていくことになるという。引き続き審議することで意見が一致した。  次回3月27日は東京女子医大病院と群馬大学病院の両大学について、今後の調査の進め方などの方針を決める予定。その後は月2回程度のペースで、審議を進めていくという。
  • 「刑事事件は激減する」、根拠なし

    カテゴリー:医療維新 2015年3月9日

    適用についても、引き続き議論していくことを求めている。  緊急声明は、2014年2月に起きた東京女子医大のプロポフォール投与事故で、医療事故調査報告書を捜査機関に提出したという、今年2月の報道を受けた
  • 「冤罪の教訓から学べ」、政務官と日医会長に要望

    カテゴリー:医療維新 2015年2月24日

     福島県立大野病院事件と東京女子医大事件で業務上過失致死罪に問われたものの無罪になった医師、加藤克彦氏と佐藤一樹氏が2月24日、厚生労働大臣政務官の橋本岳氏に、今年10月からスタートする医療事故調査制
  • 東京女子医大幹部から安全管理体制聴取

    カテゴリー:医療維新 2015年2月24日

    ページに掲載)。  分科会は非公開で行われ、終了後に厚労省医政局総務課が審議内容を説明した。東京女子医大から出席したのは岡田芳和病院長、副院長2人(医療安全対策部門、看護部門)、薬剤部長の計4人。これ
  • 女子医大の医師ら5人、遺族が傷害致死罪で告訴

    カテゴリー:医療維新 2015年2月19日

    遺族は昨年5月に業務上過失致死罪に当たるとして被害届を出していた(『医師ら10人の被害届提出へ、女子医大事故』を参照)。傷害致死罪で告訴したのは、禁忌薬の大量投与は、医療ではなく、医師の「業務外」の行
  • マスコミ報道、「プロじゃないな」 ◆Vol.20

    カテゴリー:医療維新 2015年2月18日

     さらに言えば、実は裁判官も変わらない。その裁判官をどう説得するかが、私たちの仕事。佐藤一樹先生(東京女子医大事件の元被告)の話を聞いて、本当にそうだと思ったのですが、「自分の弁護人を説得できなければ、裁判
  • 「法は不可能を強いてはいけない」◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2015年2月11日

    た。だから全然変わっていないのです。 ――東京女子医大のプロポフォール投与事件も、(2014年の)春から警察が入っています(『禁忌薬の投与事故、女子医大が謝罪会見』を参照)。 安福 「警察が捜査するこ
  • 女子医大と群馬大、特定機能病院取消を審議

    カテゴリー:医療維新 2015年2月4日

    科会では、厚労省が両病院からの提出資料や立ち入り検査の結果、遺族や女子医大被害者連絡会から提出された要望書などについて説明(『女子医大被害者連絡会、「特定機能病院の承認取消を」』参照)。複数の委員から、院内の報告体制
  • 女子医大被害者連絡会、「特定機能病院の承認取消を」

    カテゴリー:医療維新 2015年1月29日

     東京女子医大病院被害者連絡会(会長:東成志氏)は1月29日、塩崎恭久厚生労働大臣宛てに、同病院の特定機能病院の承認取り消し処分を求める要望書を提出した。その理由として、2014年2月のプロポフォール
  • 検察の主張、公判2回目から瓦解◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2015年1月26日

    加藤 あまり覚えていないですね……。 安福 第1回公判で、印象的だったのは、佐藤一樹先生(東京女子医大事件で業務上過失致死罪に問われたものの、無罪になった医師)が、傍聴席から、いきなり柵ごしに、「加
  • いまだ続く「事故調査から捜査」◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2015年1月23日

     ※大野病院事件スペシャル対談のバックナンバーはこちら 安福 事故調査が刑事事件に発展した例は、例えば、(2001年に起きた)東京女子医大事件。(業務上過失致死罪に問われた)佐藤一樹先生が、院内調査が間違っていると問題視している。最近
  • 「医療過誤の呪縛から解放を」事故調シンポ

    カテゴリー:医療維新 2015年1月19日

    置不良による脱血不良が原因とされた(『院内事故調が生んだ“冤罪”、東京女子医大事件』、『院内事故報告書は告発書兼鑑定書、女子医大事件』などを参照)。  高裁判決に基づけば、静脈圧のモニター方法の見直し
  • ノバ社やSTAP研究不正抑えた今年の1番のニュース◆Vol.5-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月24日

    19 世界初のiPS細胞の移植手術実施、理研の高橋政代氏ら(9月) 医師ら10人の被害届提出、女子医大プロポフォール事故(5月) 20 ノバ社、SIGN研究など5件でMRの不適切関与(5月) 世界初
  • 「禁忌の認識、欠如」、女子医大の鎮静剤事故

    カテゴリー:医療維新 2014年12月18日

    可能性は否定できないという内容だ(報告書は、女子医大病院のホームページに掲載)。 記者会見は、今年2月に死亡した、男児に対する謝罪から始まった。  女子医大病院では、2008年1月から2013年12月