m3.com トップ>記事検索結果

「小児科学」の検索結果

  • スピンラザ、脊髄性筋萎縮症の全型で使用可能に

    カテゴリー:臨床ニュース 10月16日

    0000001)と、対照群に比べてスピンラザ群で有意な改善が認められた。  また、同セミナーでは、兵庫医科大学小児科学講座主任教授の竹島泰弘氏がSMA治療について講演した。  SMAは、生後0~6か月で座れないI型
  • 小児C型肝炎、99%以上が母子感染

    カテゴリー:臨床ニュース 6月6日

    究を行い、日本における小児HCV感染の疫学的特徴を明らかにしたと発表した。この研究は、同大医学部小児科学講座の水落建輝助教を中心とする研究グループによるもの。研究成果は「Journal of Gast
  • 予防接種「治療や手術と違う」点とは【時流◆ワクチン液混合】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月23日

    ン液を混ぜ、1つのシリンジで小児に接種する事案が相次いで明らかになった(関連記事)。川崎医科大学小児科学教授の中野貴司氏によると同様の相談は他にもあるとのことだが、予防接種の標準的な方法を逸脱した場合
  • ワクチン勝手に混ぜてはダメな訳【時流◆ワクチン液混合】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月22日

    液を混合し、接種することの何が問題なのか。小児感染症とワクチン、予防接種制度に詳しい川崎医科大学小児科学教授の中野貴司氏に話を聞いた。全2回。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵) ワクチン勝手に混ぜたら「免疫原性低下」の報告も
  • 結節性硬化症、新世代小児医療の使命

    カテゴリー:臨床ニュース 3月9日

    る3回シリーズのメディアセミナー。最終回となる第3回が3月2日に都内で行われ、慶應義塾大学医学部小児科学教室の高橋孝雄主任教授が「新世代の小児医療の使命について-結節性硬化症を例に-」と題して講演した。
  • 「周期性発熱症候群」に治療薬登場

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

    が期待できる新薬の登場、現場で求められる『正しい』診断~」と題し、京都大学大学院医学研究科 発達小児科学の平家俊男教授が講演した。  周期性発熱症候群は、炎症性サイトカインの過剰産生により、慢性的な炎
  • 百日咳追加接種5歳それとも11歳?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    に使用する海外先進国と異なり、DTaPが開発された背景について、参考人の福岡歯科大学総合医学講座小児科学分野教授の岡田賢司氏は、「Tdap導入国では、効果の持続性が良くないとの報告が出ている。今の日本
  • 「将来の小児科医への提言」を公表

    カテゴリー:臨床ニュース 1月11日

     日本小児科学会はこのほど、「将来の小児科医への提言2016」をまとめ、学会ホームページに掲載した。1年半にわたり議論を重ね、小児科学と小児医療・小児保健に対し、これからどのように行動すべきか、グランドデザインに加え、「コミュニテ
  • 2つの新原発性免疫不全症を発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月12日

    野顕宏助教の研究グループが、京都大学大学院医学研究科腫瘍生物学講座、名古屋大学大学院医学系研究科小児科学講座、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターなどと共同で行ったもの。研究成果は国際科学誌「Journal
  • ミトコンドリア病診断Biomarker発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月25日

    画期的な診断バイオマーカー「GDF15」を発見・開発したと発表した。この研究は、久留米大学医学部小児科学講座と東京都健康長寿医療センターの共同研究グループによるもの。研究成果は「Nature Reviews
  • 修学旅行前の夜尿症に抗うつ薬は○? ―日本夜尿症学会前理事長・金子一成氏に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月3日

    どのような指針が示されているのか。抗うつ薬の推奨グレードは。日本夜尿症学会前理事長で関西医科大学小児科学教室主任教授の金子一成氏に改訂のポイントや改訂の意図を解説いただいた。全2回。(聞き手・まとめ:坂口
  • 夜尿症は「治す病気」に―日本夜尿症学会前理事長・金子一成氏に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月1日

    てきている。夜尿症診療を取り巻く状況はどう変化しているのか。日本夜尿症学会前理事長で関西医科大学小児科学教室主任教授の金子一成氏に解説いただいた。金子氏は、夜尿症は「治す病気」へと変わってきていると話す。全2回。(聞き手・まとめ:坂口
  • 免疫不全症発症にPTEN遺伝子変異

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月21日

     この研究は、防衛医科大学校小児科学講座の辻田由喜(研究科学生)、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科茨城県小児周産期地域医療学講座寄附講座の今井耕輔准教授、広島大学大学院医歯薬保健学研究院統合健康科学部門小児科学の岡田
  • 日本専門医機構の新理事候補、来週にも決定か

    カテゴリー:医療維新 2016年6月14日

    四病院団体協議会推薦 山崎学・日本精神科病院協会会長 内科系社員学会推薦 小池和彦・日本内科学会前理事長、井田博幸・東京慈恵会医科大学小児科学講座教授 外科系社員学会推薦 嘉山孝正・日本脳神経外科学会理事長、島田眞路・日本皮膚科学会理事長
  • 小児気道異物事故の調査結果公表【119JPS】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月18日

    今井丈英氏  日本医科大学小児科学教室講師の今井丈英氏は、札幌市で開催された第119回日本小児科学会学術集会(119JPS、5月13-15日)で、日本小児呼吸器学会気道異物予防ワーキンググループ が実
  • 周産期医療の医師不足、「限界に近い」

    カテゴリー:医療維新 2015年12月2日

    救急搬送に関する現状と課題について議論した。  構成員の田村正徳氏(埼玉医科大学総合医療センター小児科学教授)が新生児科医不足を「深刻な状況」と指摘し、新生児専門医の重点的な育成を訴えたほか、宮崎大学
  • 未熟児黄疸を非侵襲測定、児の負担軽く

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年10月13日

     神戸大学小児科学の森岡一朗特命教授、飯島一誠教授らは、1500g未満の極低出生体重児の黄疸を経皮黄疸計で非侵襲にモニタリングする手法を開発したと発表した。「The Journal of Pediat
  • 周産期医療、地域格差解消が課題

    カテゴリー:医療維新 2015年9月1日

    手の女性医師の割合が高くなってきていると紹介した。  これに対して、埼玉医科大学総合医療センター小児科学教授の田村正徳氏は、「小児科医の中でも新生児医療を選ぶ人はほとんど増えていない」と指摘。さらに、
  • カルテ記載など、再発防止策の効果も検証

    カテゴリー:医療維新 2014年5月12日

    クし、20件の中でもどう変わってきているのかを見る形でもいいのではないか」(板橋家頭夫・昭和大学小児科学教授)などの意見のほか、第5回報告書という節目で効果検証を行うべきとの声も上がった。  様々な意
  • クリステレル児頭圧出法はNGか?

    カテゴリー:医療維新 2013年5月27日

    案。また輸血血液の供給体制についても、併せて検討が必要だとした。  埼玉医科大学総合医療センター小児科学教授の田村正徳氏も、「全国的には充実に向かっているが、周産期医療体制については、搬送も含めて地域
  • 自転車「ヘルメット義務化を」 【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年5月14日

    よって義務付けられるべきであるとの見解を紹介した。この所見は、5月6日ワシントンDCで開催の米国小児科学会議(PAS)で発表された。  米国では、毎年約900人が自転車事故で死亡しており、そのうちの4
  • 次世代の肝臓専門医を育成 【米国肝臓病学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年4月23日

     2012年から始まった同プログラムは、次世代の肝臓専門医の育成を目指すものであり、内科学、病理学、放射線学、小児科学の1-3年目のチーフレジデント、および1-5年目の外科レジデントを対象としている。2012年には
  • 新専門医制度、2017年度開始に向け報告書

    カテゴリー:医療維新 2013年3月8日

    は報告書にはなじまない。第三者機関で報告書の趣旨に沿って議論してもらえばいいこと」(自治医科大学小児科学教授の桃井真里子氏)という意見が出たためだ。  今後、次のようなスケジュールが想定されている。ま
  • 移行時期で対立、総合診療医の養成数は明記せず

    カテゴリー:医療維新 2013年2月7日

     「医師のキャリア支援の視点欠如」との指摘も  報告書(素案)で打ち出された新専門医制度について、自治医科大学小児科学教授の桃井真里子氏からは、「国民の視点が再三打ち出されている。国民は365日24時間アクセスの良
  • 新しい専門医制度、2017年度から開始予定

    カテゴリー:医療維新 2013年1月19日

    財政基盤にもよるとした。  第三者機関について意見が分かれたのは、国の関与の在り方。自治医科大学小児科学教授の桃井真里子氏は、専門医に関するデータベース構築をはじめ、事業は大規模になることが想定される
  • 日本小児研究「1位から転落へ」

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年12月28日

    文数がアジアで最も多くなる見通し。  ワーキンググループは、「日本の小児科学の臨床を、世界に負けない充実したものにするには、小児科学の研究を活性化することが不可欠」と強調。今後、セミナー開催などを通じて研究活性化を図りたいとしている。
  • 専門医は「スーパードクター」にあらず

    カテゴリー:医療維新 2012年5月19日

    門医を確保しなければいけない時代に来ているのではないか。その極端な例が病理だろう」(自治医科大学小児科学教授の桃井真里子氏)などの意見も上がった。
  • 重度脳性麻痺、3割弱は原因特定できず

    カテゴリー:医療維新 2012年5月14日

    た。  さらに分析候補として要望が上がったのが、「診療体制」だ。埼玉医科大学総合診療医療センター小児科学教授の田村正徳氏は、「再発防止の観点から、診療体制まで踏み込んで調査すべき。労働環境が厳しい中で
  • 小児用肺炎球菌・ヒブワクチン、4月から接種再開が決定

    カテゴリー:医療維新 2011年3月25日

    に比べて高い傾向が見られた。一方、鹿児島大学が今年1月までに実施した調査(詳細は鹿児島大学医学部小児科学ホームページ参照)では、同時接種と単独接種の副反応発現率に有意差はなかった。また、欧米においては
  • 小児科学会の「ポリオワクチン声明」に異議あり - たからぎ医院院長・宝樹真理氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2010年9月2日

     私どもは学会員として、日本小児科学会への働きかけをしていきます。今週末くらいには「趣旨賛同者」をいったん取りまとめて、日本小児科学会長、同学会予防接種感染対策委員会委員長宛に、提出したいと考えています。また、医学的には「不活化
  • 「防げる事故は絶対に防止する」、産科医療補償制度・再発防止委員会

    カテゴリー:医療維新 2010年7月6日

      医療関係者側からも積極的な取り組みを求める声が相次いだ。  田村正徳・埼玉医科大学総合医療センター小児科学教授は、「アカデミックでもまだ判断がつかない部分については、研究班で研究していくことが必要。一方
  • 来シーズンはA/H1N1(新型)混合の3価ワクチン◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2010年3月16日

    (ワクチンの研究開発や生産基盤の方策) ヒアリング対象の候補 ・ 予防接種に関する専門部会 (小児科学、感染症学・免疫学、ウイルス・細菌学、公衆衛生学の各専門学会など) ・ 予防接種を受ける立場の方
  • 2009年、医療界のキーパーソンは誰?◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2009年12月25日

    岡井崇氏(昭和医大産婦人科教授) 41 小池晃氏(共産党議員) 41 野田佳彦氏(財務副大臣) 41 横田俊平氏(日本小児科学会長) 【今後の掲載予定】 Vol.1◆医療を取り巻く環境「来年は良くなる」は1割にとどまる Vol
  • 「女性医師自身も自らのキャリアプラン設計を」

    カテゴリー:医療維新 2009年6月3日

    女性のみが負担する社会慣行を変容させ、夫の参加を促すことが重要であると指摘した。  自治医科大学小児科学主任教授・桃井真理子氏は、女性医師の勤務の現状や勤務支援のために実施すべき対策を紹介した上で、「
  • 「最も役に立つ本」は『今日の治療指針』◆vol.2

    カテゴリー:医療維新 2008年9月2日

    Journal of Medicine 5 医事新報 4 内科レジデントマニュアル 4 ネルソン小児科学 3 医事新報 3 内科学会雑誌 4 今日の診断指針 4 内科学会雑誌 4 ワシントンマニュアル