m3.com トップ>記事検索結果

「小児科学会」の検索結果

  • 開業医ならではの地域医療の醍醐味とは【平成の医療史30年◆小児科編】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月18日

     日本外来小児科学会理事長の横田俊一郎氏(神奈川・横田小児科医院院長)にとって、平成の幕開けは「都心の病院の勤務医として経験した病院小児科の相次ぐ閉鎖だった」と振り返る。都市部でも子どもの出生数減少の
  • NIPT新指針案に小児科学会が懸念

    カテゴリー:臨床ニュース 3月15日

     日本小児科学会はこのほど、母体血を用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)の実施施設の要件を大幅に緩和した日本産科婦人科学会の新指針案に対して、懸念を示す文書を公式ホームページに公開した。NIPT実施施
  • 「1.57ショック」少子化進んだ30年【平成の医療史30年◆小児科編】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月13日

    病構造の変化に伴い「入院から外来へ」の流れが本格化した時代でもあった。なお、次回からは日本外来小児科学会会長の横田俊一郎氏に、平成の外来小児科を振り返ってもらう。(m3.com編集部・坂口恵) VPD
  • 腹痛と高熱の6歳児、入学式当日の紹介受診【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月1日

    球は1-4/HPF、亜硝酸塩は陰性と、尿所見には乏しい症例でした。  治療は抗菌薬投与で、米国小児科学会の尿路感染症(UTI)ガイドラインでは「最低2週間、場合によっては3週間の投与が望ましい」と推奨されています。
  • ソリリス改訂指示で学会が周知

    カテゴリー:臨床ニュース 2月22日

    同剤の有効性及び安全性は確立していない(使用経験がない)ことを明確化している。  同学会と日本小児科学会が作成した「非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)診療ガイド2015」によると、同剤の効能又は効果
  • 流行真っ只中の処方動向【時流◆抗インフル薬2018-19】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月8日

    379: 913-923)から除外されている患者層で、小規模な国内のデータしかない。  さらに、日本小児科学会の「2018/2019シーズンのインフルエンザ治療指針」にも「十分なデータを持たず、現時点では検
  • 「できるだけ日中に受診」が最優先、市民のアクション

    カテゴリー:医療維新 1月19日

    医】 軽傷と思われる場合の電話相談利用。【勤務医】 【医療情報を提供して!】 小児科では、日本小児科学会が作った『こどもの救急』というサイトがオススメです。【勤務医】 一般市民が、知りたい医療情報を簡
  • 定期接種化ムリなら任意接種妨げないで【小児感染症学会2018】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月18日

    MJ編集長・吉川学) ムンプス難聴で年間140人に「著しい支障」  細矢主任教授は最初に、日本小児科学会が2011年に示した予防接種スケジュールについて、ロタウイルスとムンプスは取り残されていると指摘
  • カルニチン欠乏症指針2018を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月11日

     日本小児科学会はこのほど、「カルニチン欠乏症の診断・治療指針2018」を学会ホームページに掲載した。同指針は、2016年版を改訂したもの。診断指針では臨床症状・臨床徴候、一般臨床検査所見など、治療指
  • 公開中止の映画『MMRワクチン告発』の「一度限りの上映会」

    カテゴリー:医療維新 2018年11月23日

    DC: Rubella in Japan)。 注:「ワクチンをためらう親たち」については、米国小児科学会(AAP)のサイトを参照されたい。  もともとは自身が特許を持つ単独ワクチンに活路を開く予定であ
  • 今季のインフルエンザ治療指針を公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年11月9日

     日本小児科学会はこのほど、「2018/2019 シーズンのインフルエンザ治療指針」を学会ホームページに掲載した。10歳以上のインフルエンザ罹患後の異常行動について、2018年日本医療研究開発機構(A
  • 女児がネオジウム磁石誤飲で緊急手術

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年10月25日

     日本小児科学会はこのほど、1歳9カ月の女児がパズル玩具のネオジウム磁石を多数誤飲し、小腸瘻、腸閉塞となった事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。異物誤飲による腸
  • 抱っこ紐から転落で5カ月児が後頭骨骨折

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年10月24日

     日本小児科学会はこのほど、生後5カ月の男児が抱っこ紐から転落し、後頭骨骨折となった事例などが報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。右後頭部皮下に帽状腱膜下血腫、その直下の後頭部に骨折を認めたという。
  • 見過ごしがち?小児医療現場での暴力・暴言の内容【第28回日本外来小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年9月11日

     小児診療所での暴言、暴力、セクシュアルハラスメント、嫌がらせの実態に関する初の全国調査の速報値が、第28回日本外来小児科学会年次集会(SAGPJ2018、2018年8月24-26日、東京都、黒木春郎会頭)で報告された。「
  • 小児医療領域での暴力、初の全国調査【第28回日本外来小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年9月4日

    初の全国調査の速報値が第28回日本外来小児科学会年次集会(SAGPJ2018、2018年8月24-26日、東京都、黒木春郎会頭)で報告された。日本外来小児科学会の全会員を対象としており、小児医療の現場
  • 風疹も「インフル接種と同じ企業対応を」【第28回日本外来小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月29日

    第28回日本外来小児科学会年次集会(8月24-26日、東京都)でもブースを設置し、小児科医療関係者に風疹・CRS排除への協力を呼びかけた。  8月21日、国立感染症研究所が東京都や千葉県で30-40歳
  • 20歳未満の腎移植優先度改正で周知

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月23日

     日本小児科学会はこのほど、厚生労働省が発出した「移植希望者(レシピエント)選択基準の一部改正について」の通知を同学会ホームページに掲載した。改正は「腎臓移植希望者(レシピエント)選択基準」に関するも
  • リチウム電池で2歳児が食道粘膜損傷

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月16日

     日本小児科学会はこのほど、2歳5カ月の男児がリチウム電池を誤飲し、食道粘膜損傷が発生した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。男児はリチウム電池を誤飲し、医療機
  • 小児学会が予防接種スケジュールを改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月14日

     日本小児科学会はこのほど、同学会が推奨する予防接種スケジュールを改訂し、ホームページに公開した。2018年1月に3種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風:DPT)の販売が再開されたことを受けて、
  • カルニチン欠乏症指針の改訂案を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月10日

     日本小児科学会は、日本小児医療保健協議会栄養委員会が作成した「カルニチン欠乏症の診断・治療指針2018」(案)を同学会ホームページに公開し、パブリックコメントを募集している。2018年版は、16年の
  • エクリズマブとDPCの見解で学会訂正

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年7月25日

    で使用した場合に多額の赤字になることが明白だったため、同学会と日本血液学会、日本腎臓学会、日本小児科学会は、同剤をDPC適用から外す要望書を厚労省に提出。その結果、2018年度より、発作性夜間ヘモグロ
  • ネキシウム、小児用法・用量の追加を目指す臨床試験開始

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年7月19日

    シウムが「優先的に開発すべき医薬品」とされ、日本小児科学会より同製品の迅速な開発の要望を受けて実施されるもの。  同試験の治験調整医師で、日本小児科学会執行役員ならびに薬事委員会担当理事の順天堂大学大
  • 乳幼児虐待による頭部外傷で合意声明

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月21日

     日本小児科学会はこのほど、乳幼児の虐待による頭部外傷(AHT:Abusive Head Trauma)で死亡・不可逆的な後遺障害を負った子どもの権利擁護のために、米国小児放射線学会(SPR)、欧州小
  • β2刺激薬100回吸入で乳酸アシドーシス

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月19日

     日本小児科学会はこのほど、気管支喘息発作の症状を改善するため、11歳男児がプロカテロール塩酸塩水和物(定量噴霧剤)を100回吸入した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で
  • ウォーターサーバーで10カ月児が熱傷

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月18日

     日本小児科学会はこのほど、10カ月男児がチャイルドロック機能付ウォーターサーバーで熱傷した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。男児自身がチャイルドロックを解除
  • エクリズマブのDPC適用外で周知

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月15日

    日当たり定額報酬算定制度で、2003年度に導入された。同学会、日本血液学会、日本腎臓学会、日本小児科学会は、エクリズマブを入院治療で使用した場合に多額の赤字となることが明らかであるため、同剤をDPC適
  • 「知っておきたいわくちん情報」を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月4日

     日本小児科学会はこのほど、一般向け予防接種の教育ツール「知っておきたいわくちん情報」を作成し、公式サイトに公開した。予防接種に関する基本的な知識と各ワクチンの情報を多くのイラストを交えて、読みやすく
  • ソリリス投与で髄膜炎菌感染症に注意

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月1日

     日本小児科学会はこのほど、ソリリス点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)投与時の髄膜炎菌感染症発症についての注意喚起を行った。死亡例も認められていることから、同剤の投与に際しては、発熱、頭痛、項
  • MRワクチンの接種推奨対象者を示す

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年5月31日

     日本小児科学会の予防接種・感染症対策委員会はこのほど、国内で麻疹の感染報告が相次いでいることから、同学会の公式サイトで、麻疹風疹混合(MR」ワクチンの接種推奨対象者に関する情報を提示した。「第1期定
  • 15歳未満の急性弛緩性麻痺が全数届出に

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年5月24日

     日本小児科学会はこのほど、15歳未満の「急性弛緩性麻痺(AFP)」が2018年5月1日から全数届出疾患になったことを公式サイトで周知した。2015年秋の急性弛緩性脊髄炎(AFM)の大流行後、同様の流
  • 加熱式たばこ2本を1歳児が誤飲

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年4月11日

     日本小児科学会はこのほど、1歳の男児が加熱式たばこを誤飲した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。加熱式たばこは男児が手の届く高さの棚の上に置かれていた。両親が
  • 8カ月児がサイコロ誤嚥で窒息(2018/4/11訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年4月10日

     日本小児科学会はこのほど、8カ月の女児がプラスチックのサイコロを誤飲し窒息した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。リビングで遊んでいる際にサイコロを女児が嘔吐
  • 卓上デザート製造器で深屈筋部分断裂

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年4月6日

     日本小児科学会はこのほど、4歳2カ月の女児が凍らせたフルーツや野菜を加工して作成する卓上デザート製造器の投入口から右手を入れ、右手指掌側挫滅創ならびに深屈筋部分断裂を起こした事例が報告されているとして、Injury
  • 洗剤誤飲で入退院後に食道狭窄

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年4月5日

     日本小児科学会はこのほど、5歳5カ月の女児が空のペットボトルに移し替えられたアルカリ性洗剤を誤飲し、腐食性食道炎ならびに食道狭窄を起こした事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速
  • 6歳児がパワーストーンを誤飲

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年4月4日

     日本小児科学会はこのほど、6歳2カ月の女児がパワーストーンを誤飲した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。女児はパワーストーンを誤って飲み込んで吐き出せなくなり
  • カニューレ緊急時再挿入で厚労省回答

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月27日

     日本小児科学会、日本小児保健協会、日本小児科医会、日本小児期外科系関連学会協議会、日本耳鼻咽喉科学会、日本重症心身障害学会はこのほど、事故抜去などの緊急時における気管カニューレの再挿入について、厚生
  • 新専門医制度の一期生8409人、「東京で研修」は21.7%

    カテゴリー:医療維新 2018年3月16日

    十数パーセントとなる予定だという。「十数パーセントの専攻医は、東京都以外で研修を開始する。日本小児科学会からは、2年、3年目になると、さらに東京都以外に出る専攻医数が増えると聞いている」(松原副理事長)。
  • ビーズ型芳香剤誤飲で10カ月児が気管支閉塞

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月5日

     日本小児科学会はこのほど、10カ月の乳児がビーズ型芳香消臭脱臭剤により気管支閉塞を起こした事例が報告されたとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。誤飲翌日に受診した際、乳児は酸素化不
  • 洗口液誤飲で2歳児が急性アルコール中毒

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月2日

     日本小児科学会はこのほど、2歳1カ月の男児がエタノールを含有する洗口液を誤飲し急性アルコール中毒を起こした事例が報告されたとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。事例発生時、男児は顔
  • 乳児がクーハンから転落し頭頂骨骨折

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年1月15日

     日本小児科学会はこのほど、4カ月未満程度の乳児を乗せて運べる手提げ式かご「クーハン」の両ひもが母親の肩から滑り落ち、生後12日の乳児がコンクリートの地面に転落した事例が報告されているとして、Injury
  • 首浮き輪が外れ、7カ月児が溺水

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年1月17日

     日本小児科学会はこのほど、入浴時に首浮き輪が外れて乳児が溺水した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。事例発生時、浴槽内には首浮き輪を装着した乳児と兄がおり、母