m3.com トップ>記事検索結果

「小児科学会」の検索結果

  • 自民党で「医師養成・偏在是正議連」が発足

    カテゴリー:医療維新 11月3日

    理事の大木隆生氏、日本産婦人科学会理事長の藤井知行氏、日本精神科病院協会副会長の森隆夫氏、日本小児科学会副会長の宮田章子氏が医師養成の現状について説明した。  4学会の代表者は、2010年度から臨床研
  • 遺伝子スクリーニング懸念、10団体に

    カテゴリー:臨床ニュース 9月22日

     日本小児科学会はこのほど、日本遺伝カウンセリング学会、日本遺伝子診療学会らが2017年6月に行った「夫婦遺伝子スクリーニング検査」に対する懸念表明に、学会として賛同したことを発表した。この懸念表明は
  • 「この2年」でムンプス難聴336人

    カテゴリー:臨床ニュース 9月6日

    スワクチンで防ぎ得る合併症。日本を除く先進国では、小児への2回の定期接種が導入されている。日本小児科学会などは小児期の接種を推奨し、国に定期接種化を要望している。しかし、1993年のMMRワクチン接種
  • おんぶで自転車、転倒で重症頭部外傷

    カテゴリー:臨床ニュース 8月16日

     日本小児科学会はこのほど、自転車運転中の母親に背負われた乳児が転倒で子守帯から放出され、重症頭部外傷を負った事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。この乳児はヘル
  • 小児科学会が抗菌薬適正使用で考え公表

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

     日本小児科学会はこのほど、抗菌薬適正使用に関する日本小児科学会の考え方を学会ホームページで公開した。「抗微生物薬適正使用の手引き」や「小児呼吸器感染症診療ガイドライン2017」などを参考に関係者と協
  • 日本脳炎ワクチン不足懸念で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 7月12日

     日本小児科学会はこのほど、日本脳炎ワクチンの供給不足が見込まれることから医療施設での対応を学会ホームページで公開した。地域の患者発生状況やブタの感染状況などを考慮しつつ、2回ないし3回接種している場
  • コデイン使用制限で小児科学会が見解

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

     日本小児科学会はこのほど、コデイン類含有医薬品の鎮咳・鎮痛目的での使用についての見解を学会ホームページで公開した。12歳未満の小児に対するコデイン類含有医薬品の使用は制限すべきとしたうえで、一定の経
  • 「基幹施設は大学のみ」残る課題、7学会にヒアリング

    カテゴリー:医療維新 6月13日

     第3回会議では、残る7つの基本領域について、日本救急医学会、日本外科学会、日本産科婦人科学会、日本小児科学会、日本整形外科学会、日本精神神経学会、日本麻酔科学会へのヒアリングを実施した。  「1県、1基幹
  • ワクチン混合接種問題で学会が見解

    カテゴリー:臨床ニュース 6月7日

     日本小児科学会はこのほど、複数のワクチンを1つに混ぜて接種する混注事例が報告されたことを受け、学会としての見解を公表した。異なるワクチンを1つに混ぜて接種することは、効果や安全性に関するエビデンスが
  • ベッドガードで挟まれ6カ月児窒息

    カテゴリー:臨床ニュース 6月1日

     日本小児科学会はこのほど、ベッドガードとマットレスの隙間に乳児が挟まり窒息した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。生後18カ月未満には絶対に使用しない旨の注意
  • 環状玩具で指ターニケット症候群

    カテゴリー:臨床ニュース 5月29日

     日本小児科学会はこのほど、玩具の筒に指が挟まり抜けなくなる事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。指ターニケット症候群は、環状の異物が指にはまり込み締め付けられた
  • ロフトから5歳児転落で重症頭部外傷

    カテゴリー:臨床ニュース 5月29日

     日本小児科学会はこのほど、ロフトまたは階段から落下したことで重症頭部外傷を起こした事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。受傷の1年9カ月後も意識が回復していないという。
  • 29錠誤飲で2歳児が意識障害

    カテゴリー:臨床ニュース 5月26日

     日本小児科学会はこのほど、29錠の医薬品誤飲によって意識障害とけいれんを来した事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。薬剤によっては少量を誤飲しても重篤な状態になりうるとして、注意を呼びかけている。
  • 蜂蜜での乳児ボツリヌス症で学会提言

    カテゴリー:臨床ニュース 5月2日

     日本小児科学会はこのほど、蜂蜜が原因の乳児ボツリヌス症の発症に関する会員向け提言を学会ホームページに掲載した。乳児ボツリヌス症の予防として、蜂蜜など芽胞汚染の可能性がある食品を避けることや井戸水を使用しないよう呼び掛けている。
  • 漢方「食わず嫌いの医師あまりに多い」

    カテゴリー:臨床ニュース 5月1日

    今は大学で授業もあるようですが 自分が卒業した頃には授業はなく 独学に頼るのみです。一般的な医師会、医学会総会、内科学会、小児科学会などでの補助的講演を望みます【内科開業医】 ある程度の基礎知識を習えば、後は慣れだと感じている。
  • 育児製品関連外傷、減少せず【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月30日

    やベビーベッド、ベビーカーの使用に関連した外傷が多く、全体の80%は転落によるものだった。米国小児科学会(AAP)が3月13日、Pediatrics誌2017年4月号の掲載論文を紹介した。  研究グル
  • 「医師偏在や専門医制対策、日医の組織強化が不可欠」

    カテゴリー:医療維新 3月28日

    で約250人の参加だったが、今回は405人に増えた。日本整形外科学会、日本産科婦人科学会、日本小児科学会の3学会は、シラバスを決めて実施するならいいとして、専門医取得の単位として認めてもらった。医師資
  • 虫垂炎一部は非手術治療でOK?【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    性虫垂炎の場合、手術なしの抗菌薬投与が成人、小児において有効な治療である可能性が示された。米国小児科学会(AAP)が2月17日、Pediatrics2月17日オンライン版の掲載論文を紹介した。  研究
  • 学童期の前十字靱帯断裂が増加【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月15日

     学童期の前十字靭帯(ACL)断裂がこの20年で次第に増えてきていることを示した研究結果が明らかになった。米国小児科学会(AAP)が2月22日、Pediatrics誌3月号の掲載論文を紹介した。  学童期(6-18歳
  • 結節性硬化症、新世代小児医療の使命

    カテゴリー:臨床ニュース 3月9日

    対症療法が中心となる。完治が難しいことから、患者は生涯を病気とともに生きることになる。  日本小児科学会の会長を務める高橋氏は、小児医療の使命とは、「すべての子どもたちが、たとえそれが生まれつきのもの
  • エピネフリン即時使用を呼びかけ【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月7日

     米国小児科学会(AAP)は2月15日、アレルギーへの対応に関するクリニカルレポート“Guidance on Completing a Written Allergy and Anaphylaxis Emergency
  • ペットが「ペッ」とした薬を誤飲【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月28日

     オハイオ州の中毒センターにこの15年間相談が寄せられた小児の動物用薬への接触に関する調査結果が明らかになった。米国小児科学会(AAP)が2月6日、Pediatrics誌3月号の掲載論文を紹介した。  研究グループによると
  • 看護有休取得率はたった14%【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

     米国小児科学会(AAP)は2月7日、Family and Medical Insurance Leave(FAMILY)法の施行直後、Pediatric Policy Council(PPC)と共に
  • 学会「10歳代の接種率改善を」【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月24日

     米国小児科学会は2月6日、2017年の小児予防接種スケジュールの改訂版と10歳代の予防接種率向上を呼びかける2報のクリニカルレポートを同時発表した。  2017年の新たなスケジュールではヒトパピロー
  • 小児の食糧不安発見ツール作成【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月23日

     米国小児科学会(AAP)は2月9日、Food Research & Action Center(FRAC)と共同で、小児期の食糧不安(food insecurity)の特定および対処法に関する包括的
  • 噴水の水で女児が会陰部外傷

    カテゴリー:臨床ニュース 2月16日

     日本小児科学会はこのほど、女児の会陰部外傷が報告されているとして、噴水の水が直撃して流血したケースなど3つの事例をInjury Alert(傷害速報)で公表した。会陰部外傷は将来的に妊孕性へ影響を及
  • コンセントに鍵差し込み手掌電撃傷

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

     日本小児科学会はこのほど、コンセントに鍵を差し込んだことにより手掌に電撃傷を負った事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)で公表した。電撃傷は、体内に電流が流れることで生じる
  • 百日咳追加接種5歳それとも11歳?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    きる体制整備がワクチン導入による効果検証には不可欠」との指摘が複数の委員から出された。  日本小児科学会は2008年から青年・成人での百日咳流行による乳児への院内・家庭内感染を防ぐため、同年齢での追加
  • 鼻形成術ガイドライン発表【米国耳鼻科・頭頚部外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    ウンセリングに関する勧告は、18歳未満での患者の介護者も対象にしている。  ガイドラインは米国小児科学会や米国形成外科学会などの承認を得ている。 関連リンク Clinical Practice Guideline:
  • 若者の中絶に匿名診療の権利を【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月8日

     米国小児科学会(AAP)は1月23日、若者には妊娠中絶を考える際の匿名診療の権利があり、必要時に医療を受けやすくするべきとする声明「The Adolescent’s Right to Confidential
  • 扁摘の中等度感染といびきへの影響【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月7日

    塞性睡眠時無呼吸については扁桃腺摘出術による睡眠関連予後の改善が期待できるとの結果だった。米国小児科学会(AAP)が1月17日、Pediatrics2月号の掲載論文を紹介した。  高度の反復性扁桃炎に
  • 磁石と鉄球の誤飲で小腸穿孔

    カテゴリー:臨床ニュース 2月2日

     日本小児科学会はこのほど、おもちゃ箱に入っていたと思われる磁石と鉄球を誤飲した幼児が、小腸穿孔を起こし緊急開腹手術を行った事例が報告されているとして、Injury Alert(傷害速報)を発表した。
  • 加熱式たばこの誤飲で傷害速報

    カテゴリー:臨床ニュース 2月1日

     日本小児科学会はこのほど、加熱式たばこの誤飲例が報告されているとして、2つの事例をInjury Alert(傷害速報)で公表した。加熱式たばこで使用するスティックは、紙巻きたばこより細かく刻んだタバ
  • 10代の処方薬乱用防止にRPシステム【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月30日

     米国小児科学会(AAP)は1月11日、小児科医などの小児ケア専門家が10歳代の小児と筋肉増強およびパフォーマンス向上を目的とした物質使用についての対話を体験できる無料のロールプレイシステム、「Artificial