m3.com トップ>記事検索結果

「平均在院日数」の検索結果

  • 超急性期病院、「地域ケア科」設置のわけ◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 1月16日

    。  はい。病床数は550床(一般病床546床、感染病床4床)。一般病床は7対1入院基本料で、平均在院日数は11日強。病床稼働率95~96%くらいなので、突発的に入院が増えたら、100%を超えかねません。
  • 第7次医療計画の基本方針、「意見とりまとめ」案を議論

    カテゴリー:医療維新 2016年11月24日

    算定に用いる平均在院日数の考え方も、明らかになった。基礎となるのは、直近6年間の平均在院日数の変化率で、全国平均は11%。各地方ブロックの平均在院日数の地域差是正が目的のため、平均在院日数が全国平均を
  • 平均在院日数の地域差是正、基準病床数の算定式了承

    カテゴリー:医療維新 2016年11月10日

    が、下限値を上回る場合は、その値を上限値とする。  平均在院日数は、近年の変化を見込み、かつ地域差を是正する観点から設定する。ブロックの平均在院日数が、(1)全国平均を下回っている(短い)場合は、当該
  • 地域医療構想が先、報酬は「下支え」- 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年10月24日

    でしょう。  けれども、診療報酬の設定が先になり、地域の実情を全く勘案せずに、マクロ的に見て、平均在院日数を短縮したり、特定の機能の病床が多いから絞り込むといった話が先行して、地域医療構想が振り回され
  • 医療費増加要因分析調査の結果を発表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月30日

    脳血管死亡率、1人当たり県民所得、特別養護老人ホーム定員数、民生委員訪問回数、病床数、医師数、平均在院日数、保健師数を選別し、1人当たり国保医療費を目的変数とするパネルデータ分析により、1人当たり国保医療費の増加要因を分析した。
  • ICUとCCU「既存病床数」に含めるか否か、結論出ず

    カテゴリー:医療維新 2016年9月24日

    のように別途対応)、(2)一般病床の基準病床数の算定に当たっては、従来通り退院率と平均在院日数を用いるが、平均在院日数には地域差を適切に反映、(3)患者の流出入は都道府県間で調整――などの方針を決めた。
  • 病床過剰地域でも「病床の必要量」の整備可能に

    カテゴリー:医療維新 2016年9月1日

     基準病床数の算定方式、論点は「平均在院日数」  31日の会議では、「病床の必要量」との関係も踏まえた基準病床数の算定方式についても議論。(1)用いる人口の時点(一般・療養病床共通)、(2)退院率、平均在院日数、入院受療率
  • 「医師の目標値」、地域別に医療計画で設定へ

    カテゴリー:医療維新 2016年7月16日

    平均を上回るなど、診療科による相違がある現状も示された。  基準病床数については、その計算式の平均在院日数を、各地域の医療提供体制を踏まえて設定すべきとの意見が出た。急性期病床が多い、あるいは回復期病
  • 「医療費抑制ありき、地域差の画一的縮小認めず」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月28日

    008年度から5年を1期としてスタート。現在は第2期の4年目に当たる。特定健診・特定保健指導、平均在院日数の短縮、後発医薬品の使用促進などを通じて、医療費を抑制するのが狙い。  空知氏は、第2期の最終
  • DPC、次期改定に向けた検討方針固まる

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    しているか」、「介護施設との連携も機能しているか」などの視点からの検証が必要だとした。さらに、平均在院日数、在宅復帰率のほか、「今まで7対1入院基本料の議論に偏っていたが、10対1、13対1、15対1
  • 「医師不足地域の勤務が院長の要件」、日医

    カテゴリー:医療維新 2016年5月27日

    党の福田、麻生政権時代の医療費推計よりも下回っている現状を指摘。その要因として、病床数の減少や平均在院日数の短縮、病床利用率の低下、入院単価や外来単価の抑制などが考えられるとし、日医総研でその精査を進めているという。
  • 医療費の地域差「抑制に使われないよう理解させる努力を」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月4日

    011年には厚労省が急性期病床の削減を目的に急性期病床群を医療法に位置付けると提案、財政当局も平均在院日数の短縮と病床の削減を要求してきた。  こうした流れに対し、日医は財政当局の主張を否定し、医療提
  • 医療費の地域差、「見える化」で適正化

    カテゴリー:医療維新 2016年3月25日

    地域差の見える化」を行い、地域差の削減を推進する方針。また、これまで都道府県の目標としていた「平均在院日数の短縮」は次期目標に含まないとしている(資料は厚労省のホームページ)。  「医療費適正化計画」
  • 「7対1の基準」、見直すべきではなかった - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年3月5日

     入院料に対する加算として「退院支援加算」が新設されました。これは中医協の場でも主張しましたが、平均在院日数の管理が目的ではありません。「患者が、安心・納得して退院し、早期に住み慣れた地域で療養や生活を
  • 全壊した石巻市立病院、9月に新病院【宮城編◆Vol.4】

    カテゴリー:医療維新 2016年3月3日

     石巻市立病院の震災前の病床は206床、DPC病院で7対1入院基本料を算定、病床稼働率は85%前後。平均在院日数は約13日で、石巻赤十字病院と並ぶ急性期医療を担う拠点だった。震災後は、石巻市内最大の仮設住宅
  • 電子処方せん普及率98%、「患者情報」も共有

    カテゴリー:医療維新 2016年2月29日

     これらのICT化の推進により、医療機関の事務では保険証の資格管理がリアルタイムで可能になるほか、地域医療ネットワークでの情報共有、平均在院日数など各種指標の病院間の比較、新薬・医療機器の開発での活用など、さまざまな面での利活用が想定されるとした。
  • 7対1の要件厳格化、病院団体幹部が危機感

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    もたらす」と指摘。支払側は、今回改定された「重症度、医療・看護必要度」と「在宅復帰率」に加え、平均在院日数も含めた、「3点セット」での見直しを求めており、今改定以降の対応を慎重に行わなければ、次回改定
  • 支払側、「全体は評価」、個別に懸念も

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    酬本体の充当に使われたことや、ニコチン依存症管理料で最新の資料が無かった点、7対1入院基本料で平均在院日数の短縮が含まれなかった点について批判した。  7対1入院基本料で、今回見直しをした「重症度、医
  • 初再診料は据え置き、2016年度改定を答申

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    分化、強化と連携という改定の基本方針に沿った内容になった点を評価。7対1入院基本料については、平均在院日数の要件見直しが行われなかったことから、「我々が主張する内容と一部異なる結果となった」と述べたも
  • 7対1見直し、「骨抜き」と支払側が懸念

    カテゴリー:医療維新 2016年2月3日

    論が必要だと指摘(『2016年診療報酬改定、附帯意見案を了承』を参照)。今回見直しをしなかった平均在院日数を含め、在宅復帰率と重症度の3つを総合的に考えて、「質の良い医療」が提供されているのか議論をす
  • 2016年診療報酬改定、附帯意見案を了承

    カテゴリー:医療維新 2016年2月3日

    医療・看護必要度」や在宅復帰率の基準を見直すが、支払側が求めていた平均在院日数の基準は改定しない(『7対1入院基本料、“平均在院日数の短縮”は明記せず』を参照)。健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、
  • 支払側意見、「暴言に近い」と日医中川副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    えている病院が多く、「形骸化している」(幸野氏)として、平均在院日数の短縮を今改定に盛り込むよう改めて求めた(『7対1入院基本料、“平均在院日数の短縮”は明記せず』を参照)。これに対し、中川氏は、「在
  • 「内科系の総合病院、経営困難に」と危機感

    カテゴリー:医療維新 2016年1月23日

    照)を基に、これまでの議論の内容を整理した資料を1月13日の総会で策定(『7対1入院基本料、“平均在院日数の短縮”は明記せず』を参照)。資料に対する意見をパブリックコメントや公聴会で集め、医療現場や患
  • 7対1入院基本料、“平均在院日数の短縮”は明記せず

    カテゴリー:医療維新 2016年1月14日

    、これまでの議論を整理した資料のとりまとめを行った。7対1入院基本料の要件見直しをめぐって、「平均在院日数の短縮」を明記すべきだと主張する支払側と、断固反対する診療側で議論が紛糾。最終的に資料に明記は
  • 初再診料の引き上げを要求、診療側

    カテゴリー:医療維新 2015年12月26日

    ケアシステムの推進の観点から、7対1入院基本料の算定要件について「重症度、医療・看護必要度」「平均在院日数」「在宅復帰率」の3点全ての見直しと入院・外来医療の包括化、分割調剤の実施などを要求。  診療
  • 7対1厳格化に「やり過ぎ」の声も

    カテゴリー:医療維新 2015年12月10日

    科教授)が12月9日に開かれ、7対1入院基本料について議論した。厚生労働省は、算定要件のうち「平均在院日数」「在宅復帰率」「重症度、医療・看護必要度(以下、重症度)」の3点の厳格化を提案した。支払側は
  • 食事療養費、精神病床は一部据置き

    カテゴリー:医療維新 2015年12月3日

    れ、低所得者と難病と小児慢性特定疾病の患者は、引き上げの対象外になっている。精神病床の患者は、平均在院日数が281日で、1年以上の入院患者が全体の約6割を占めるなど、長期入院患者が多い。  日本病院協
  • DPCのアップコーディング防止、一定の成果

    カテゴリー:医療維新 2015年11月21日

     中川氏は、過去の評価についてはそれ以上、追及しなかったものの、「治療形態の変化が、医療にとっていいかどうかは別問題。DPCでは、平均在院日数を短縮して、新規患者を入れるほど収入が上がる。(治療形態の変化は)これを追及してきた結果」と指
  • 地域包括ケア病棟に「急性期対応の報酬を」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月30日

    査結果を疑問視。「不安が軽減したのと『納得して』退院したのとは違う。悪く言えば追い出しになる。平均在院日数の短縮は限界だ。早期退院が善で、そうでないのは悪と言う風潮をいたずらに作るべきではない」と話した。
  • 「かかりつけ機能」「在院日数」の評価がカギ

    カテゴリー:医療維新 2015年10月22日

    、意見の対立が予想されるのが、医療機能の分化・強化や医療の効率化・適正化の観点から、一般病床の平均在院日数をどこまで短縮化するかだ。  健康保険組合連合会理事の本多伸行氏は、「“1億総活躍社会”のため
  • 7対1病院、要件の厳格化?

    カテゴリー:医療維新 2015年10月15日

    られなかった」とまとめた。  健康保険組合連合会副会長の白川修二氏は「全体として(入院患者数や平均在院日数などが)減っているのは事実だが、1日当たりの病院単価や1入院当たりの単価は増えており、医療機関
  • 赤字の慶應病院の黒字化に成功◆Vol.22

    カテゴリー:医療維新 2015年9月22日

    尿器科教授の村井(勝)先生の時代です。病床稼働率93%、平均在院日数15日以下を目指した。いや、大変でしたよ。診療会議で、各診療科の平均在院日数などのデータも、毎回提出してもらいました。ベッドコントロ
  • 「経営悪化」の可能性、大学も例外にあらず

    カテゴリー:医療維新 2015年9月15日

     急性期病院の経営の厳しさは、大学病院も例外ではなく、DPC導入前の2002年度から2014年度までの間で、平均在院日数は3割前後減少したケースも見られ、それをカバーできる入院件数の増加はなく、病床稼働率は総じて低
  • 「病院の品質」から「地域の品質」を見る時代に

    カテゴリー:医療維新 2015年9月14日

    課題を指摘。  (1)の病床数については、2013年データに基づき、人口の高齢化のみを考慮し、平均在院日数短縮の動きなどは考慮されていないため、「過大な数値が推計されている可能性がある」ほか、「不足し
  • 病床は“減反政策”しかない - 高橋泰・国際医療福祉大学教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年8月14日

    分、だぶつくと見ています。高齢の人口が増えても、高機能医療への需要が増えるわけではありません。平均在院日数がさらに減少すると、ダウンサイジングする必要が出てきます。一方で、肺炎や脳卒中などの患者を診る
  • 日医、「公立病院厳しい時代」と見解

    カテゴリー:医療維新 2015年7月9日

    13年の入院受療率を前提として、2025年の医療需要を算出している点に言及し、「入院受療率は、平均在院日数や療養病床の数に左右される」と発言。  70歳以上で、入院受療率が1999年には人口10万人当
  • 平均在院日数の短縮、これ以上は容認できず

    カテゴリー:医療維新 2015年6月29日

     6月28日の日本医師会定例代議員会で、副会長の中川俊男氏は、「平均在院日数の短縮は限界を超えている。これ以上の短縮化は容認できないことを一貫して主張しており、今後もその方針は変わらない」と訴えた。中
  • 医療、適正化も「成長の新エンジン」期待、骨太の方針

    カテゴリー:医療維新 2015年6月23日

    「後発品の使用の原則化」の検討も  具体的な項目も並んでいる。政府が力を入れたのは、病床数や平均在院日数の地域差。地域医療構想の策定とデータ分析をする中で、「見える化」した上で、入院受療率の地域差縮
  • 日医が不快感、“20万床の削減”案や報道に

    カテゴリー:医療維新 2015年6月18日

    医のホームページ。『41道府県で病床削減の試算、患者動態現状通りで』を参照)。また、各論では、平均在院日数のさらなる短縮化が求められている点に対して、「勤務医の疲弊を増すことになる」などとして、問題視した。
  • 7対1入院基本料の削減、「到底及ばず」と支払側

    カテゴリー:医療維新 2015年6月10日

    フトランディングを目指すべきとした」と述べた上で、重症度、医療・看護必要度、在宅復帰率のほか、平均在院日数なども含めて、全般的な算定要件の見直す必要性を強調。医療機関への影響は考慮する必要があるものの
  • 予期せぬ再入院増、DPCとの相関は不明

    カテゴリー:医療維新 2015年5月28日

    所所長)が5月27日に開かれ、次回改定に向けたDPC制度の検討課題を議論した。DPC導入で、「平均在院日数の短縮による治癒率の低下と予期せぬ再入院が増えた」との懸念に対し、厚生労働省は全国のDPCデー
  • 7対1の特定除外制度、廃止効果を調査

    カテゴリー:医療維新 2015年5月14日

    患者のうち、難病など12項目に該当する患者については、点数が低くなる特定入院基本料の算定対象と平均在院日数の対象から除外できる仕組み。廃止に当たっては「特定除外患者の追い出しにつながる可能性がある」と
  • 医療変革の必要性、「医療者は自覚しているのか」

    カテゴリー:医療維新 2015年4月19日

    調整部門の設置不足や退院調整時期の遅れ、(3)退院調整の実効性に係る課題――などがあり、今後、平均在院日数の短縮や自宅退院の促進、在宅医療の推進のためにも、退院調整の機能を強化していく必要があるとした。
  • 向精神薬、処方制限改定後も不変か微減

    カテゴリー:医療維新 2015年3月24日

    いるものの、多剤投与の制限を目指した2014年度改定によってもさほど変化はない。精神病床全体の平均在院日数は、2014年10月は410.9日で、前年同月よりも10.9日減少。  「精神科重症患者早期集
  • 7対1入院基本料、改定で4%弱の削減

    カテゴリー:医療維新 2015年3月4日

    かった。次の改定では、さらに移行を進める方向で見直すべきだろう」と指摘し、医師や看護の配置数、平均在院日数、重症度・看護必要度、在宅復帰率など、全てにわたって、病床機能の転換を促進する議論を行うべきと主張した。
  • 発症後1日半で急死、インフルエンザ脳症

    カテゴリー:医療維新 2015年2月5日

     3人のインフルエンザ患者の入院が発端  松本病院は、許可病床243床(稼働病床200床)で、7対1入院基本料を算定、平均在院日数は約15日、1日の外来患者数は約350人。地域医療支援病院の承認を受けている、地域の基幹病院だ。
  • 過剰な急性期病床、「徹底した合理化を」

    カテゴリー:医療維新 2014年12月26日

    (資料は、(財務省のホームページに掲載)。  改革の具体的施策として、過剰な急性期病床の削減や平均在院日数の短縮などの医療提供体制の改革、診療報酬の抑制や薬価引き下げ、後発医薬品の使用促進などの保険給
  • DPC、「予期せぬ再入院増加」と中川・日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2014年12月3日

    (資料は、厚生労働省のホームページに掲載)。  日本医師会副会長の中川俊男氏は、「診療報酬上で平均在院日数の短縮を誘導した結果、経年的に治癒率が低下して、予期せぬ入院の割合が明らかに上昇している」と問
  • 入院受療率の地域差是正へ、地域医療構想

    カテゴリー:医療維新 2014年10月31日

    DPCデータやNDBのレセプトデータにより、患者の状態や診療の実態を把握、それに高齢化の進展、平均在院日数の短縮や在宅医療・外来等への移行を反映させて推計する。医療需要は、都道府県および構想区域ごとに
  • 「7対1」施設基準の厳格化、影響を調査

    カテゴリー:医療維新 2014年10月23日

    1』を参照)。その影響を探るため、入院期間が90日を超える患者像、「重症度、医療・看護必要度」を満たす患者の割合、平均在院日数、受入先・退院先の状況、平均在院日数の算定から外れる短期滞在手術等基本料3の算定状況などを調べる。  中医協総会