m3.com トップ>記事検索結果

「後発医薬品調剤体制加算」の検索結果

  • 「後発品70%以上」、処方料3点加算

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    上60%未満の「加算3」28点。 ◆薬局における後発医薬品の使用を促進(調剤報酬) ・「後発医薬品調剤体制加算」の施設基準の引き上げ  現在は「加算1」(数量ベースで後発医薬品の調剤割合55%以上)1
  • 調剤「一人負けではない」、日薬会長

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

     後発医薬品の評価見直しについては「多くの薬局で厳しい内容だ」と指摘。政府の後発医薬品の普及目標が上がったことで、薬局の「後発医薬品調剤体制加算」の要件が10%ずつ上がったことで、「なお努力が必要だ」とした。  今回の改定では、調剤に
  • 後発薬、診療所の「院内処方」を評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    ジ)。そのほか、入院料の加算である「後発医薬品使用体制加算」では高い評価を設け、薬局の「後発医薬品調剤体制加算」の基準を引き上げる。  政府は「骨太の方針2015」で、後発医薬品使用の数量シェア目標を
  • 「社会保障費増、5000億円弱に抑制」財政審建議

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    件の厳格化や、電話番号の交付といった形式ではなく、対応件数など実績を要件とすべきとした。後発医薬品調剤体制加算では、一層の使用促進のため、加算水準の引き下げや、取組が不十分な薬局に対する減算措置の導入が必要としている。
  • 後発品の「変更不可」、理由も記載?

    カテゴリー:医療維新 2015年11月6日

     日医常任理事の松本純一氏は、院内処方をした場合にも評価すべきとした一方、薬局における「後発医薬品調剤体制加算」は、「基本調剤加算」と“二重取り”であるとして不要であるとした。中川氏は、処方せんにおい
  • 医薬分業、「患者にとって公平な報酬に是正すべき」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月6日

    年度に調剤基本料(加算を含む)は124、調剤料114、薬学管理料は104と上昇している。後発医薬品調剤体制加算では、2008 から2014年までの累計算定金額は3283億円になっている。薬剤服用歴管理指導料では、2014
  • 薬剤師が関わる社会保障費抑制と医薬品政策

    カテゴリー:医療維新 2015年9月11日

    ました。  これに伴い、診療報酬上の措置が採られる見通しです。具体的には、薬局における「後発医薬品調剤体制加算」、医科点数の「後発医薬品使用体制加算」、DPC病院における「後発医薬品指数」などの要件変
  • 「行きすぎた医薬分業、押し戻す」中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2015年6月28日

    方せん料」は68点と格差があるほか、院外処方を受け付ける保険薬局とは異なり、院内処方では後発医薬品調剤体制加算や時間外等加算などを算定できない矛盾があると指摘した。結果として、院外処方の場合、患者自己
  • 後発薬普及するも「変更不可」が増加

    カテゴリー:医療維新 2015年3月20日

    調査」では、前年より保険薬局における後発医薬品調剤体制加算が増えるなど、後発医薬品の使用が増えている状況が示された。  2014年度の改定で、後発医薬品調剤体制加算はそれ以前の1(5点・全医薬品に占め
  • 後発薬、品質保証なくして普及なし

    カテゴリー:医療維新 2014年6月25日

     25日の会議で特に議論になったのが、後発医薬品の使用状況調査。後発医薬品の調剤割合に応じて算定できる「後発医薬品調剤体制加算」を算定する保険薬局は70.9%に上り、前回の2012年度調査の65.6%よりも増加する一
  • 医薬分業とお薬手帳に逆風か?

    カテゴリー:医療維新 2014年1月30日

    た対応と言える。  そのほか、調剤報酬関係では、後発医薬品の使用促進のため、調剤基本料の後発医薬品調剤体制加算の要件が、現行の3段階から2段階になり、後発医薬品の調剤数量割合も現行よりも引き上げる方針。
  • 「高すぎる調剤報酬」、日医委員から批判相次ぐ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月4日

    ているとはいえ、約3分の1の医療機関は院内調剤を実施していることを踏まえ、「保険薬局に、後発医薬品調剤体制加算があるのに、病医院の加算がないのは不合理」と問題視。  入院では、後発医薬品使用体制加算が
  • 後発薬の利用促進、品質不信の払拭を

    カテゴリー:医療維新 2013年11月14日

     調査結果を見ると、保険薬局の後発医薬品調剤体制加算の算定状況は、「後発医薬品調剤体制加算1(5点)」が21.3%(2012年度調査は20.9%)、「後発医薬品調剤体制加算1(15点)」が17.9%(同15
  • 「後発薬6割、目標が低すぎる」、協会けんぽ

    カテゴリー:医療維新 2013年4月10日

    」などとされている。これまでの診療報酬改定では、処方せん様式が変更されたり、保険薬局の「後発医薬品調剤体制加算」で後発医薬品の使用が評価されるなどの対応が行われてきた。  「薬剤師へのインセンティブは
  • 一般名処方で2点加算が可能に

    カテゴリー:医療維新 2012年2月10日

    ・後発医薬品使用体制加算2:28点(後発医薬品の採用品目割合が全体の20%以上)  ◆「後発医薬品調剤体制加算」の見直し ・後発医薬品の調剤数量が22%以上:5点(改定前20%以上:6点) ・後発医薬
  • 中医協診療側、7人の委員は何を語ったか

    カテゴリー:医療維新 2012年2月10日

    。 ◆日本薬剤師会常務理事の三浦洋嗣氏  後発医薬品については、政府の目標達成に向けて、後発医薬品調剤体制加算の見直しが行われた。薬剤師としては今後、後発医薬品の使用促進に向けて積極的な取り組みをして
  • 「後発品のある薬の一般名処方」で加算

    カテゴリー:医療維新 2012年1月30日

    、後発医薬品に関する情報(後発医薬品の有無、価格に関する情報など)の提供が加わるほか、「後発医薬品調剤体制加算」も変更される。  後発医薬品の使用促進策関連の主な改定項目は以下の通り。 2012年度診
  • 後発薬への「変更不可」、個別にチェック

    カテゴリー:医療維新 2011年12月14日

    る一般名処方の推進、入院基本料の後発医薬品使用体制加算の見直しが柱。保険薬局に対しては、後発医薬品調剤体制加算と薬剤情報提供文書の評価により、後発医薬品の使用促進を促す。これらの施策は、これまで議論を
  • 「後発品促進、加算よりも品質保証が重要」、安達委員

    カテゴリー:医療維新 2011年11月9日

    基本料の「後発医薬品使用体制加算」や処方せん様式の見直しなどを提案。保険薬局については、後発医薬品調剤体制加算の見直しのほか、後発医薬品と先発医薬品との差額を提示するなどの促進策を提示した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。
  • 後発医薬品、薬価と品目数に異議あり

    カテゴリー:医療維新 2010年12月15日

    ものは、1成分6品目――という形に分類できる。これらは、2010年4月改定で新設された「後発医薬品調剤体制加算」の算定対象外となっている。 12月15日の中医協は、薬価専門部会、保険医療材料専門部会、
  • 後発医薬品の使用、今改定以降も「頭打ち」

    カテゴリー:医療維新 2010年12月8日

    8%(図表10、厚労省のホームページに掲載している資料番号、以下同じ)。今年4月の診療報酬改定では「後発医薬品調剤体制加算」の体系を見直すなど、後発医薬品の使用促進策が講じられたが、調剤率は「頭打ち」の状態であることが示された。
  • 「規格の異なる後発品変更」支持、医師・薬剤師で倍以上の差◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2010年4月6日

     2010年度診療報酬改定では、後発医薬品の使用促進のため、入院料に対する後発医薬品使用体制加算の新設、保険薬局に対する後発医薬品調剤体制加算の引き上げなど、様々な施策が行われた。さらに、処方せん発行医による「後発医薬品への変更不可
  • 薬価制度改革・医療材料制度改革・後発品使用促進の骨子取りまとめ

    カテゴリー:医療維新 2009年12月25日

     後発医薬品の使用の推進が政府目標を著しく下回っていることから、(1)薬局の調剤基本料における後発医薬品調剤体制加算の見直し、(2) 薬局における含量違いまたは剤形違いの後発医薬品への変更調剤、(3) 医療