m3.com トップ>記事検索結果

「後発品」の検索結果

  • “バイオセイム”は”BS”と同価格で開始へ

    カテゴリー:医療維新 3月29日

    観点から後発品の開発促進は国の重要な施策の一つになっている。国内では現在、バイオセイムは市場になく、バイオシミラーが数製品あるのみ。化学合成品の後発品では、先発品メーカーが許諾を与えて後発品として製造
  • 外した骨の感染予防対策でアナフィラキシー

    カテゴリー:臨床ニュース 3月12日

    薬剤委員会でメチルプレドニゾロンを後発品に変更することになり、後発品に変更していざ術中に使用したらショックとなり、投与してすぐに血圧低下が急激に発来したので、後発品によるショックと判断した【脳・神経科勤務医】
  • 消費税引き上げに伴う「薬価・材料価格改定の骨子(案)」を了承

    カテゴリー:医療維新 2018年12月12日

    2月12日中医協総会資料)  新薬創出・適応外薬解消等促進加算については、2018年度改定以降に後発品が収載されるなどした品目を対象外とするが、対象外品目に対して行う累積加算額の控除は、2020 年度
  • どうする今季の抗インフル薬【時流◆抗インフル薬2018-19】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年11月16日

    「ゾフルーザ」(一般名バロキサビルマルボキシル)の販売本格化と、「タミフル」(同オセルタミビル)後発品の登場で、抗インフルエンザウイルス薬の処方動向に大きな変化が起こる可能性が指摘されている。m3.c
  • 後期高齢者窓口負担「2割」で応酬

    カテゴリー:医療維新 2018年11月15日

    い人もいる。患者としては迷うところだ」と問題を提起。日本薬剤師会副会長の森昌平氏は「患者によって後発品は嫌だという人もいる。丁寧に説明し、その後もフォローするようにしたい」と述べ、松原氏は「なぜ医師が
  • 消費増税に伴う薬価改定「あくまで臨時」

    カテゴリー:医療維新 2018年10月31日

    、決まったあとだ。一つ腑に落ちないのは、新薬創出・適応外薬解消等促進加算は15年経ったか、または後発品が出たものは、この改定で乖離率分だけ引き下げるのか」と質問し、田宮薬剤管理官は「そこも含めて部会で
  • 「薬剤専門家としてプライドを」「医師だけで抱え込もうとしないで」◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 2018年10月14日

    会の必要性を理解してほしい。【民間病院】 ・薬剤師をもっと利用してもいいと思います。【薬局】 ・後発品の銘柄指定(変更不可)はやめてほしい。結局患者が困ることになる。【薬局】 ・先生方は忙しい。薬剤師
  • 後発品使用でメディケア支出が大幅削減可、米

    カテゴリー:海外ジャーナル 2018年10月4日

    米国で2011-16年のメディケア・パートD加入者のデータを基に、代替可能なジェネリックではなく先発医薬品配合剤を処方することによるメディケア支出増額分を後ろ向き解析で推算した。ジェネリック薬(同一ま...
  • 第4回 「ゾフルーザ」やっと出た論文を読んでみた!

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年10月3日

    最も安いオセルタミビル先発品は2720円に対し、バロキサビルは4789円です。2018年9月から後発品であるオセルタミビルカプセル「サワイ」も販売開始となり、先発品の半額の1360円に設定されています
  • ユナシン-S後発の欠品や出荷調整で学会周知

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月27日

    ・スルバクタムナトリウム注射用製剤(商品名:ユナシン-S静注用0.75g/1.5g/3g)の一部後発品について、原薬の品質管理上の問題により安定供給に支障を来したことから、関連各社の製剤全般で欠品また
  • 米の後発薬、6割強は国外製造業者あり

    カテゴリー:海外ジャーナル 2018年4月25日

     米国で特許期限が切れ、対応する後発品(ジェネリック薬)が3剤以下の新規処方薬170種(錠剤またはカプセル剤)について、海外からの輸入の可能性を観察研究で検討した。  その結果、109種(64%)は国
  • 薬価制度の抜本改革って何?

    カテゴリー:医療維新 2018年4月11日

    かいルールを設けました。  一方、長期収載品に関しては、後発品の上市後10年経過している場合に薬価を最大で50%引き下げるなど、国が掲げる後発品の数量シェア80%の目標達成(2020年9月)に向けた見直しも行われています。
  • AIから終末期医療、働き方改革……◆Vol.16-1

    カテゴリー:医療維新 2018年3月17日

    5-59歳男性、公的病院) ◆医療制度 ・後発医薬品使用への誘導が過剰すぎる。先発医薬品の薬価を後発品と同等までに引き下げるべき。(55-59歳男性、民間病院) ・自由診療との混合診療。国民の負担を増
  • 1万6432品目、2018年度薬価基準改定告示

    カテゴリー:医療維新 2018年3月6日

    「イノベーションの推進」の両立が狙い。革新的新薬創出の促進のため、新薬創出・適応外薬解消等促進加算を見直す一方、後発品の上市後、10年を経過した長期収載品の薬価の引き下げ、後発医薬品の使用促進などを図った。  オブジ
  • 厚労省「高齢者処方見直し指針」公表へ

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年2月23日

    は「など」として一部薬剤名を省略する表現が用いられた。  薬剤師側の複数の構成員からは「最近では後発品が増えており、一般名で調剤することがほとんど。商品名だけではピンとこないケースもある。ここは一般名
  • 新設の調剤報酬で「医師と薬剤師、相互理解を 」

    カテゴリー:医療維新 2018年2月8日

    定(20%以下で2点減点)を新たに設ける(『後発品「85%以上」、入院、外来、調剤とも高評価』を参照)。  安部氏は、処方医や患者の意向もあって薬局が後発品の使用を決められるわけでないため減算措置は厳
  • 後発品「85%以上」、入院、外来、調剤とも高評価

    カテゴリー:医療維新 2018年2月7日

    2017年6月の閣議決定において、「2020年9月までに、後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、さらなる使用促進策を検討する」と掲げられたのを受け、2018年診療報酬改定で...
  • 医師を押し潰す「処方箋上のポリファーマシー」【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月22日

    を考えるならば良い対策でしょう。  効果については、糖尿病領域ではインスリン製剤を含めて先行品と後発品では事実上、差がありません。 配合剤はポリファーマシー対策になり得るか ――糖尿病治療薬にも配合剤が登場しています。m3
  • 「医療費の地域差半減」、外来に加え、入院でも目標に

    カテゴリー:医療維新 2017年12月21日

    を実施」とされた。  後発品促進については、2018年度改定での対応に加え、後発医薬品の使用割合を2020年9月に80%とする目標に向け、「2018年度実績から保険者ごとの後発品の使用割合を公表」とした。
  • てんかん初回発作でも薬物治療開始の条件【JES 2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月21日

     抗てんかん薬の後発品への切り替えに関するCQでは、発作が抑制されている患者においては、後発薬品は生物活性が先発品の80-120%であるので、服用中の薬剤を切り替えないことを推奨し、先発品と後発品、または後
  • 日薬連「到底、納得できず」、薬価制度の抜本改革

    カテゴリー:医療維新 2017年12月20日

    ている」と問題視。長期収載品のうち、後発品収載から10年経過した品目の薬価を大幅に引き下げることについては、市場から撤退する長期収載品も想定されることから、後発品企業による増産対応、特許切れ医薬品の情
  • 中医協総会、2018年度薬価制度の抜本改革案を了承

    カテゴリー:医療維新 2017年12月20日

    観点から、後発品上市後 10 年を経過した長期収載品の薬価について、後発品の薬価を基準に段階的に引き下げる。 ○ 具体的には、 ① 後発品置換率が 80%以上となった品目は、まず薬価を後発品の薬価の 2
  • 「2018年度改定、ネットでマイナス1.19%」、大臣折衝で決定

    カテゴリー:医療維新 2017年12月18日

    5000億円に抑制するため、通常の薬価改定に加えて、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の見直しと、後発品上市後10年を経過した長期収載品の薬価を段階的に引き下げる『新薬創出等加算、「企業影響等への配慮」
  • 日薬連「新薬創出等加算、企業収益を直撃、再考を」

    カテゴリー:医療維新 2017年11月29日

    らず、新薬開発のイノベーションにも影響する」と危機感を示した(薬価制度改革案は、『長期収載品は「後発品」まで段階的引き下げ、薬価制度改革案』を参照。資料は、厚労省のホームページ)。  米国研究製薬工業
  • 2018年度診療報酬改定の基本方針(骨子案)、ほぼ了承

    カテゴリー:医療維新 2017年11月24日

     「4」の関連の目玉は、11月22日の中医協で厚労省案が提出された、薬価制度の抜本改革だ(『長期収載品は「後発品」まで段階的引き下げ、薬価制度改革案』を参照)。その他、入院医療では機能分化、外来医療では機能分化
  • 長期収載品は「後発品」まで段階的引き下げ、薬価制度改革案

    カテゴリー:医療維新 2017年11月22日

    対象薬を絞り、評価にメリハリを付ける一方、特許が切れ後発品が上市された長期収載品の薬価は段階的な引き下げを実施し、後発品への置き換え率に応じて後発品薬価と同一(1.0倍)、あるいは1.5倍まで下げる。
  • 厚労省の2018年度薬価制度改革案、5つの柱

    カテゴリー:医療維新 2017年11月22日

    大学院経営管理研究科教授)に提示した、薬価制度改革案の主な点は以下の通り(議論は、『長期収載品「後発品と同一」、厚労省が薬価制度改革案を提示』を参照。資料は、厚労省のホームページ)。 1.効能追加等による市場拡大への速やかな対応
  • 「院外処方、なぜ院内の3倍の技術料か」、疑問の声

    カテゴリー:医療維新 2017年11月17日

     これに対しては、厚労省保険局医療課長の迫井正深氏が、院外処方をすることで、薬剤師が後発品への切り替えを推進したことで、後発品の割合が高まっていると強調。「かなりの程度の削減効果がある。単純に技術料だけを見
  • 処方せん、医薬品の「変更不可」は16.5%に減少

    カテゴリー:医療維新 2017年11月11日

    更不可」欄をなくすべきだとの意見も出ており、2018年度診療報酬改定の焦点の一つになりそうだ(『後発品加算の算定要件、「80%」に上限引き上げか』を参照、資料は、厚労省のホームページ)。  保険薬局へ
  • 多剤・重複投薬の適正化、薬剤師から医師への「処方提案」で

    カテゴリー:医療維新 2017年11月2日

    仕組みを作ればいいのではないか」と提案した。さらに「後発医薬品への変更不可」欄の削除も求めた(『後発品加算の算定要件、「80%」に上限引き上げか』を参照)。幸野氏の残薬調整の提案に対し、松本純一氏は、
  • 後発品加算の算定要件、「80%」に上限引き上げか

    カテゴリー:医療維新 2017年11月1日

    入院と外来の各種加算、薬局の調剤報酬など、さまざまな点数で後発医薬品の使用促進策が図られた(『「後発品70%以上」、処方料3点加算』などを参照)。2018年度改定でも目標達成に向け、さらに促進を図る。
  • 看護師「クレームがきっかけで退職を促された」

    カテゴリー:医療維新 2017年10月21日

    ている。(50代男性) ・後発品への変更不可の患者に先発品を処方しましたが、会計の時になって患者の家族から、高過ぎる、会計が間違っていると大声で怒鳴られました。結局、後発品で対応して、何とか納得していただきました。(60代女性)
  • 保湿剤、「一部保険適用外に」、健保連が提言

    カテゴリー:医療維新 2017年10月13日

    い女性の間で、皮膚科等に受診し「乾燥肌(皮脂欠乏症)」等の訴えにより「ヒルドイド」(各種タイプ、後発品含む)を化粧品代わりに処方してもらうことが流行している可能性が高い」と分析。124健保組合における