m3.com トップ>記事検索結果

「急性腹症」の検索結果

  • 痛みは第6のバイタルサイン、患者の痛みに共感せよ

    カテゴリー:臨床ニュース 2月4日

    忌となる。  診断のついていない非特異的腹痛では、アセトアミノフェンによる痛み止めが2015年の急性腹症のガイドラインでは推奨されている。アセトアミノフェンは抗炎症作用がないので虫垂炎の痛みは抑えず、
  • イレウス?腸閉塞?混同しやすい急性腹症

    カテゴリー:医療維新 2020年11月1日

     私の勤務先でも、毎年研修医の先生がイレウスと言ってきて、指導医が「それは腸閉塞のことでは」と突っ込んでいます。  「急性腹症診療ガイドライン2015」でも、「従来の機械性イレウスはイレウスとは呼ばず、腸閉塞と定義する」と
  • 腹痛急患、やせた高齢女性の腸閉塞はパンツまで脱がせるべし

    カテゴリー:臨床ニュース 2020年8月27日

    忘れるな! 特に下壁梗塞(II、III、aV F に注目)。 ■ 股関節~鼠径部~臀部の痛みでも急性腹症あり。 高齢のやせた女性の上記主訴は、よく整形外科にコンサルテーションされて、閉鎖孔ヘルニア、大
  • 医療安全管理部長として経験した群大腹腔鏡事故問題

    カテゴリー:医療維新 2019年9月22日

    らは群馬大学病院で皮膚科医として勤務していました。  2006年のある日、当時6歳の自分の子供が急性腹症で群馬大学病院第二外科(当時)に入院しました。診断がつかず痛がる子供を見ながら、しかもその日、緊
  • 急性腹症に痛み止めOKは「10年前から常識」

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年9月6日

     m3.com意識調査で、急性腹症への鎮痛薬投与について会員医師1268人に意見を求めたところ、鎮痛薬を使用する時期やモルヒネの使用などに関するさまざまなコメントが寄せられた。「いかなる状況であろうが
  • 急性腹症に鎮痛薬、20%が「投与しない」

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年9月2日

     2015年に日本腹部救急医学会が公開した『急性腹症診療ガイドライン2015』によると、急性腹症の腹痛に対する疼痛管理として、 (1) 痛みの強さによらずアセトアミノフェン1,000mgの静脈投与が推奨される(推奨度A)。
  • 感染症、川崎病の搬送、注意点とエピソード

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月28日

    2:呼吸器疾患・肺炎に関する紹介・搬送のタイミング Vol.3:脳卒中・心不全に関する紹介・搬送のタイミング Vol.4:急性腹症(虫垂炎、胆嚢炎等)に関する紹介・搬送のタイミング Vol.5:精神疾患に関する紹介・搬送のタイミング
  • がん(悪性腫瘍)の搬送、注意点とエピソード

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月25日

    2:呼吸器疾患・肺炎に関する紹介・搬送のタイミング Vol.3:脳卒中・心不全に関する紹介・搬送のタイミング Vol.4:急性腹症(虫垂炎、胆嚢炎等)に関する紹介・搬送のタイミング Vol.5:精神疾患に関する紹介・搬送のタイミング
  • 精神疾患、専門医への紹介はいつが最適?

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月21日

    2:呼吸器疾患・肺炎に関する紹介・搬送のタイミング Vol.3:脳卒中・心不全に関する紹介・搬送のタイミング Vol.4:急性腹症(虫垂炎、胆嚢炎等)に関する紹介・搬送のタイミング Vol.5:精神疾患に関する紹介・搬送のタイミング
  • 1
  • 2