m3.com トップ>記事検索結果

「急性腹症」の検索結果

  • 臨床研修、「外科」必修化は賛否拮抗

    カテゴリー:医療維新 7月8日

    応などは全当直医が備えるべき点です。これはどの科の当直医でも本来出来なければなりません。一方で、急性腹症などは、外科以外は手術をすべきではないと思うので、正確な診断が命です。それは短い2年間なら内科で
  • 妊婦に出しても安全な薬を押さえる【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

    の激しい腹痛、破水、性器出血についてはすぐに確認し、早急に産婦人科へ相談する必要があります。  急性腹症を呈する代表的疾患としては、子宮外妊娠、卵巣出血、卵巣腫瘍茎捻転・破裂、骨盤内炎症性疾患、変性子
  • 貫壁性腸管虚血で血中SM22が上昇

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月19日

    滑筋組織の損傷の程度と密接に相関していた。貫壁性腸管虚血患者は、粘膜の虚血性損傷のみの患者、他の急性腹症患者および健常者との比較で、いずれも血漿中SM22値が有意に高かった。
  • 院内事故調報告書が裁判資料に、愛知県がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2月11日

     5月31日に画像検査を実施しても、十二指腸球後部潰瘍と消化管穿孔を診断することは非常に困難であり、当日急性腹症の症状と所見が出ていなかったことからも、緊急の外科手術を実施した可能性は非常に低い。  仮に手術
  • 新専門医制、混乱の根源は「画一化」

    カテゴリー:臨床ニュース 1月24日

    臓・肺の疾患、急性腹症の4つ。あとは抗癌剤やインスリンの大量投与を防ぐこと。したがって、脳や心臓の機能を維持するために血液を循環させる、呼吸を維持するために気管切開などを行う、急性腹症を見逃さないなど
  • 「医師1万6000人の実質増員策」、塩崎厚労相に提案

    カテゴリー:医療維新 2016年11月12日

    早く現場に配置できる」としている。その目安として、夜間や救急の現場での「脳、心臓、呼吸器、腹部(急性腹症)」への緊急対応能力を挙げ、臨床研修の修了時ではなく、開始前に身に付ける必要性を強調している。
  • 診断に難渋する管腔臓器破裂診断の極意【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月19日

    裕樹氏が語る。 まとめ:酒井夏子(m3.com編集部) 「名前はよく聞くけどあまりお目にかからない急性腹症の画像診断」 Vol.1 初めて見る疾患、これが診断のヒント Vol.2 造影アレルギー患者にSMA解離疑い、対応は
  • 造影アレルギー患者にSMA解離疑い、対応は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月14日

    を紹介する。 まとめ:酒井夏子(m3.com編集部) 「名前はよく聞くけどあまりお目にかからない急性腹症の画像診断」 Vol.1 初めて見る疾患、これが診断のヒント Vol.2 造影アレルギー患者にSMA解離疑い、対応は
  • 初めて見る疾患、これが診断のヒント【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月12日

    て解説する。 まとめ:酒井夏子(m3.com編集部) 「名前はよく聞くけどあまりお目にかからない急性腹症の画像診断」 Vol.1 初めて見る疾患、これが診断のヒント 大腸に壁肥厚と腹水・・・腸炎? 山
  • 急性腹症の診療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月4日

     日本腹部救急医学会はこのほど、2015年3月に刊行した「急性腹症診療ガイドライン2015」をオンライン公開した。急性腹症には広範な疾患が関与することから各疾患の診断や治療には言及せず、症状からそこに
  • つるつるの「ドラッグストアでトリアージ」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月28日

    。鎮痙剤は効かず、NSAIDsという消炎鎮痛薬(ロキソニンなど)で痛みを和らげることができます。急性腹症として外科手術の適応となることも少なくありません。 ◆関連痛  「関連痛」は、病気のある臓器から
  • 尿路結石症診療指針を無料公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年3月31日

    のある地域では季節変動と疼痛発作に関係があり、外気温の上昇と発生の関係が示唆されると述べている。急性腹症での尿路結石診断に関するCQでは確定診断に単純CTを強く推奨(グレードA)するほか、疼痛管理では
  • 初の急性腹症指針案を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年1月19日

     日本プライマリ・ケア連合学会はこのほど、関連4学会と策定した急性腹症診療ガイドライン案を学会ホームページで公開した。緊急手術を要するケースもまれではない急性腹症において、国内初の診療指針となる。対象は就学時以降
  • キャリア形成、タイミングは「冬」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年7月15日

    修をし、ある程度、外科的な処置ができる状態で日医大に行ったので、多発外傷、広範囲熱傷、急性中毒、急性腹症、脳血管疾患など様々な疾患によって、心肺停止やショック、多臓器不全に至った患者に対して、全身管理
  • 「外科なき初期研修は意味なし」

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年8月30日

    の理由として、初期研修でプライマリ・ケアの基本的な診療能力を身に付けるには、小外傷、局所感染症や急性腹症、術後晩期合併症などの診療経験も必要で、外科研修でしか経験することはできないと説明。また、米国やドイツでも、General
  • 外科医減少の危惧、現実に

    カテゴリー:医療維新 2013年6月6日

     近年、消化器や乳腺の疾患に対して待機手術を行ったり、外傷や急性腹症に対する緊急手術を行ったりする一般外科医の減少が指摘されています。このままでは産科のように社会問題化する懸念すらあります。  この傾