m3.com トップ>記事検索結果

「抗がん剤」の検索結果

  • 癌放射線治療の早期効果判定に有用性

    カテゴリー:臨床ニュース 3月16日

    う。同社は今後、実験を重ねてより詳細なデータを集め、臨床研究に向けた準備を進めていく予定。また、抗がん剤治療、免疫療法、重粒子線治療などの他の治療法への応用や、さまざまな種類のがん細胞への有効性を検討
  • 特定癌で複数遺伝子変異など同時解析

    カテゴリー:臨床ニュース 2月14日

    設計された遺伝子セットのこと。一度の測定で複数の遺伝子の変異や融合・増幅を同時に解析できるので、抗がん剤の選択など患者の治療方針を決める際に参考となる情報を得られることが期待される。  東京大学では、
  • 薬剤追跡「タグ」持つ新化合物を創製

    カテゴリー:臨床ニュース 1月20日

    載されている。  微生物が生産する天然有機化合物は複雑な構造を持ち、それらの中から多くの抗菌薬、抗がん剤、抗寄生虫薬、免疫抑制剤などが発見されている。ポリケチド化合物は、これら有用化合物の骨格を形成し
  • 癌細胞効率よく排除、抗SIRPα抗体で

    カテゴリー:臨床ニュース 1月18日

    制する免疫チェックポイント分子のひとつであるPD-1タンパク質の機能を阻害する抗PD-1抗体が、抗がん剤として有効性を示すことが明らかとなり注目されている。研究グループは今回、マウス大腸がん由来の株化
  • 2016年の10大ニュース、1位はノーベル賞受賞◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年12月29日

    東京工業大大岡山キャンパスで会見をする大隅栄誉教授=2016年10月3日午後8時  2位は適応拡大で市場が拡大した抗がん剤オプジーボの薬価を、緊急的に2017年2月から50%引き下げることを決定したというニュース(『オ
  • 胃癌の発育に神経ストレスが関連

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月21日

    向にあるものの、欧米諸国に比べて日本は依然として圧倒的多数の胃がん症例を有している。進行胃がんは抗がん剤や放射線の治療が効かないことが多く、5年生存率は20%に満たないのが現状。同じ消化管がんでも多く
  • 肺腺癌の発癌・進展に新遺伝子関与

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月15日

    。研究成果は、学術誌「Oncotarget」に掲載されている。  肺腺がんは早期診断、手術方法、抗がん剤治療の進歩により生存率が向上しているが、充分なものとは言えない。最近になって、大腸がんや乳がんな
  • CMT患者由来iPS細胞で副作用評価へ

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月1日

    N2というタンパク質をつくるMFN2遺伝子の変異によって起こると言われている。また、CMT患者に抗がん剤を投与すると、副作用により、神経障害の悪化を来しやすいことが知られていた。  研究グループは、M
  • 抗癌剤由来副作用の軽減新技術を開発

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

     京都府立医科大学は11月25日、がん細胞の中でのみ抗がん剤を放出することで、抗がん剤に由来する副作用を軽減する分子技術を開発したと発表した。この研究は、同大学大学院医学研究科医薬品化学の鈴木孝禎教授
  • 膀胱癌の浸潤制御する新規因子同定

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月28日

    浸潤や転移メカニズムの全貌解明に向けた、重要なステップになると考えられる。  現在用いられている抗がん剤の多くは、がん細胞の増殖を抑えるものであるため、正常な細胞の増殖も抑えてしまう副作用が問題になっ
  • 細胞癌化させる新遺伝子発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月24日

     今後の研究の発展によって、GRWD1発現検査によるがん治療方針のより適切な決定や、GRWD1を標的とする新たな抗がん剤開発につながることが期待されると、研究グループは述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 皮膚血管肉腫に抗PD-1抗体有効か

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月16日

    オンライン版に掲載されている。  血管肉腫は高齢者の頭部などに発症する悪性腫瘍のひとつで、手術や抗がん剤、放射線などでの治療が行われているが、5年生存率は10%程度と難治で、予後の非常に悪い疾患。これ
  • 免疫活性化蛋白TRL7の立体構造解明

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月25日

    ンドを感知することで、インターフェロンなどの産生を促すため、TLR7は、抗ウイルス薬、ワクチン、抗がん剤などのターゲットとして注目されていたが、リガンドを感知する具体的な機構は不明だった。  研究グル
  • 新規3次元細胞培養容器を発売

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月18日

    imeSurface(R)シリーズを開発・販売。幹細胞を使った再生医療の研究や、がん細胞を使った抗がん剤の薬効評価などで広く用いられている。  しかし既存製品は、各ウェルが独立した構造になっているため
  • 進行性結腸直腸癌薬のP3結果を発表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月12日

    ェブサイトで抄録が公表された。  ナパブカシンは、ボストン・バイオメディカル社が創製した開発中の抗がん剤。STAT3をターゲットとし、がん幹細胞の維持に重要な遺伝子を阻害する、新しいメカニズムの低分子
  • 癌転移抑制に風邪薬成分が有効

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月11日

     北海道大学は10月5日、風邪薬の成分である非ステロイド系抗炎症薬のフルフェナム酸が、がんの転移と抗がん剤に対するがんの抵抗力を抑えることを発見したと発表した。この研究は、同大学大学院医学研究科腫瘍病理
  • 群馬大学病院事件を防ぐ:新規診療許可制度私案

    カテゴリー:医療維新 2016年10月9日

    外国で公的医療保険として実施されているかどうかを示す資料を添えて、新規診療審査チームに回付する。抗がん剤などについては、米国では適応疾患が必ずしも固定されていない。当該国の定評ある三次資料の判断に従う
  • 腎細胞癌でレンバチニブのP3開始

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月5日

     エーザイ株式会社は9月30日、同社創製のマルチキナーゼ阻害剤「レンバチニブメシル酸塩」と、抗がん剤「エベロリムス」または抗PD-1抗体「ペムブロリズマブ」との2つの併用療法に関して、進行性腎細胞がん
  • 70歳以上の負担上限見直し、賛否分かれる、医療保険部会

    カテゴリー:医療維新 2016年9月30日

    直しとともに、例えば一般所得者では1万2000円となっている「外来上限特例」についても、「最近は抗がん剤などの外来での処方も増えている」などと指摘し、「外来と入院を併せて見直すのが素直な形」と述べた。
  • 癌細胞の抗癌剤耐性強化にIL-34が関与

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月12日

     北海道大学は9月7日、抗がん剤耐性となったヒト肺がん細胞が、インターロイキン-34(IL-34)を新たに産生するようになることを発見したと発表した。この研究は、同大遺伝子病制御研究所免疫生物分野の清
  • 細胞老化制御する遺伝子を同定

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月8日

         神戸大学は9月5日、肝がん細胞を濃度の異なる抗がん剤で処理することにより、アポトーシス細胞と老化細胞を誘導し、遺伝子の発現レベルを比較することで、細胞老化を制御する遺伝子の同定に成功したと発
  • リンパ節転移治療に新抗癌剤投与法

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月7日

     東北大学は8月31日、従来の画像診断法では検出できないリンパ節の微小転移の治療や予防を可能にする新しい抗がん剤投与法を発表した。この研究は、同大大学院医工学研究科の小玉哲也教授、松木大輔元大学院生、武田航大
  • 大腸癌幹細胞抑制の新規化合物創出

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月31日

    、国際学術誌「Nature Communications」に同日付けで掲載されている。  従来の抗がん剤は腫瘍を縮小することができたが、薬剤が効かないがん幹細胞が残ってしまうことがあった。がん幹細胞は
  • 開業医はよりシビアに評価、高額医薬品◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2016年8月8日

    きではない。C型肝炎治療の薬のように将来の肝がん治療費を抑制できるものは良いが、延命だけの高額な抗がん剤は認めるべきではない。陽子線と同様高度先進医療扱い程度にすべきである。【40代勤務医】 健康保険
  • 腸内細菌叢変化による薬効影響判明

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月29日

    1(Bcrp1)は両方のモデルマウスの肝臓でその量が50%以上減少した。Bcrp1は多くの種類の抗がん剤を運ぶタンパク質だが、抗がん剤はその副作用である骨髄抑制に伴う感染症の治療・予防のために、抗菌薬が併用されること
  • 骨肉腫への抗癌剤治療効果を増強

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月6日

     岡山大学は6月30日、腫瘍融解ウイルス「テロメライシン」が骨肉腫に対する抗がん剤治療の効果を増強させる分子メカニズムを明らかにしたと発表した。  この研究は、同大学病院新医療研究開発センターの田澤大
  • 調剤医療費8.2%の大幅増、C型肝炎新薬が影響

    カテゴリー:医療維新 2016年5月27日

    「一時的には財政の圧迫要因になる。これが1、2年で終わるのか、5年、10年続くのか」と問いかけ、抗がん剤のオプチーボ(一般名ニボルブマブ)など、最近登場した高額薬剤も併せ、年間の使用患者数、今後の薬剤
  • 医師偏在、「規制的手法」も検討へ

    カテゴリー:医療維新 2016年5月19日

    最適化促進」が掲げられたことも、注目点。高額な分子標的薬については、中医協でも問題視されており、抗がん剤のオプジーボ(ニボルブマブ)など、適応拡大された場合の薬価の在り方などが論点になっている(『高額
  • 過剰な延命介入、保険から外すべき◆Vol.11

    カテゴリー:医療維新 2016年4月2日

    ・急性期病床が多すぎるのを減らせばある程度効果が出るが、医療費が増えるのは高齢化で仕方がない。老人の透析や抗がん剤の投与は控えて、ケアを主体にするべきであろう(50代、診療所) ・終末期医療に金をかけ過ぎ。10
  • 【岩手】「コンビニ受診横行」「復興税とるのはおかしい」◆Vol.5-2

    カテゴリー:医療維新 2016年3月8日

    ・当院は比較的被害の軽い内陸で、沿岸の被災地から患者さんが来ました。化学療法をしていますので、抗がん剤治療に関し、情報が少なく苦慮しました。 ・津波被災地から病院周辺に設営された仮設住宅に多くの人々
  • 「南三陸病院」、2015年12月に開設【宮城編◆Vol.1】

    カテゴリー:医療維新 2016年3月1日

    を受け入れることで、震災後、フル稼働を続ける石巻赤十字病院の負担軽減を目指す。化学療法室も備え、抗がん剤のレジメンの確定は石巻赤十字病院で、2クール目以降は南三陸病院という体制を想定。現在は他の地域に
  • 「5%成功の可能性があるなら、手術を」◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2016年2月17日

    の都市に転勤したとのこと。僕はまだムンバイの病院に入院していると思っていたから、驚いた。手術後の抗がん剤治療をやるかどうかの問い合わせだった。 ベルリンのノイハウス教授と実施した超拡大手術。左端が二村氏(提供:二村氏)
  • 名大第一外科教授に就任、「大河ドラマを」◆Vol.16

    カテゴリー:医療維新 2016年2月16日

     その患者は、イタリア南部の出身で、肝臓外科で有名なボローニャ大学で手術は受けたが切除ができないとされ、抗がん剤治療を8カ月くらいやっていた。ヴェローナ大学の教授が、南部出身者ということで、紹介を受けたと聞い
  • 人生の最後 あなたらどう生きる 医療は本当難しい

    カテゴリー:医療維新 2016年2月14日

    人生の最後 あなたらどう生きるをテーマに番組は進みます。  研究者澤昭裕さんの人生の終わらせ方がまず提示されます。抗がん剤治療の副作用や予後の天秤を示しながら、自分で副作用の少ない治療を選び、死ぬ直前までの仕事を選んで
  • 北米現地レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年2月1日

    薬局、ドラッグストアとは少し異なります。 薬局よりも幅広い医薬品の調剤(静脈注射、経静脈栄養剤、抗がん剤 等) 病棟常備薬の補充や在庫管理 自動調剤機などの補充  なお、薬剤師は上記全ての行為および薬