m3.com トップ>記事検索結果

「抗がん剤」の検索結果

  • 前立腺癌細胞の増殖制御蛋白を同定

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    ば、前立腺がん細胞増殖を制御する新しい抗がん剤開発に繋がることが示唆された。  研究グループは、今回同定されたSTAP-2は前立腺がん患者のための新しい抗がん剤開発の重要な標的であり、また、STAP-
  • NSCLCのシスプラチン耐性化抑制に光

    カテゴリー:臨床ニュース 10月16日

    って生成する4-ヒドロキシノネナールなどの反応性アルデヒドを解毒還元することで、がん細胞の生存や抗がん剤耐性化にも関与することが明らかにされている。  今回、新たに創製した化合物「4c」「4e」は、現
  • リゴセルチブ、MDS対象P1で患者登録

    カテゴリー:臨床ニュース 10月13日

     シンバイオ製薬株式会社は10月10日、2017年6月30日に開始した高リスク骨髄異形成症候群(MDS)を対象とした抗がん剤rigosertib(リゴセルチブ経口剤)の単剤の第1相臨床試験において、最初の患者登録を完了したこと発表した。
  • 食道癌進行関連miRNAを「KHSRP」が制御

    カテゴリー:臨床ニュース 9月28日

     食道がんはリンパ節転移を起こしやすく、周囲の臓器に浸潤しやすいため、消化器がんの中で極めて予後が悪い。また、使用できる抗がん剤の種類や効果は限られており、大腸がんや乳がんなどに用いられる分子標的薬の開発が望まれている。  
  • 抗がん剤ミトキサントロン、腎臓病の症状改善

    カテゴリー:臨床ニュース 9月20日

     東北大学は9月14日、抗がん剤「ミトキサントロン」が、転写因子GATA2の活性を阻害することで腎臓病の症状を改善することを、世界で初めて明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科医化
  • 医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」

    カテゴリー:医療維新 9月20日

     さらに小西氏は、米国で医療安全の議論が進んだのは、「ダナ・ファーバー事件」(1994年にあるジャーナリストが抗がん剤の過剰投与で死亡した事件)であったことを挙げ、「残念ながら改革は、不幸な事件をきっかけに進むこと
  • ホスピスの祖、「シシリー・ソンダース」訪問◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 9月18日

    うど、現代医療に限界を感じていた頃だった。「頑張れ、頑張れ」などと、人生の最期を迎える過程でも、抗がん剤の点滴をとことんやらなければいけないという風潮があった。ロンドンの郊外にある、シシリー・ソンダー
  • がん細胞代謝活性の新測定法を確立

    カテゴリー:臨床ニュース 9月11日

    の検討にも応用可能だと述べている。また、これまでに、がん細胞の代謝酵素を標的とした多くの阻害薬が抗がん剤として研究されてきたが、その効果は増殖能などで評価することが多かった。今回確立したシステムは、薬
  • 安全性高い「クルクミン」開発に成功

    カテゴリー:臨床ニュース 9月6日

    を示すこともわかったという。  CMGは、経口吸収性が非常に低いクルクミン原末の問題点を克服し、抗がん剤などとしての実用化が期待される、と研究グループは述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 大腸癌の代謝変化メカニズムを解明

    カテゴリー:臨床ニュース 8月31日

    体分子をつくり出していることが判明。現在は、がんが示す代謝を阻害してがん細胞を死滅させようとする抗がん剤の開発が世界中で行われているが、がん細胞がどのようなメカニズムで代謝を変化させるかについては、よくわかっていなかった。
  • がん分子標的薬の効果、投与前に診断

    カテゴリー:臨床ニュース 8月18日

     今回の研究で得られた方法により、がん分子標的薬の効果を定量的に予測することができ、患者に適した抗がん剤を選択する指標となり得ることから、将来の精密医療(プレシジョン・メディシン)への貢献が期待される、と研究グループは述べている。
  • 抗癌剤の「心筋萎縮機序」を解明

    カテゴリー:臨床ニュース 8月9日

     生理学研究所は8月3日、抗がん剤で心筋が萎縮する機序を解明したと発表した。この研究は、同研究所の西田基宏教授(九州大学教授兼務)が、九州大学、群馬大学、東京大学、京都大学と共同で行ったもの。研究結果は、米医学誌が発行する「JCI
  • 小児RAS関連疾患で抗癌薬評価実施へ

    カテゴリー:臨床ニュース 7月31日

    011年7月にOnconova Therapeutics, Inc.(オンコノバ社)から導入した抗がん剤「rigosertib」(リゴセルチブ)について、主たる対象疾患候補である、小児のRAS関連疾患
  • プロドラッグを抗癌剤に変換可能に

    カテゴリー:臨床ニュース 7月28日

     京都大学は7月25日、物質透過性を持つ糖鎖高分子ベシクルを新たに開発し、がん組織周囲でプロドラッグを抗がん剤へと変換できる酵素封入型ナノデバイス(ナノファクトリー)として機能することを見いだしたと発表した
  • RA等治療薬がアザシチジン薬剤耐性解除

    カテゴリー:臨床ニュース 7月28日

    いる疾患のひとつ。約30%の患者が急性骨髄性白血病へ進展する。現在、症状や予後を改善するために、抗がん剤のアザシチジンが使用されている。しかし、骨髄異形成症候群の患者の約半数は同剤が無効で、有効でも長
  • 「緊急対応宣言」で新患や救急受け入れ制限 - 片柳憲雄・新潟市民病院院長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 7月27日

    ち」が多い診療科に枠を回す、入院料の加算を取れるものはきっちり取るなどの努力もしています。また、抗がん剤など高額な薬の値引き交渉も頑張っています。  医師の負担軽減を図るための人員増も必要ではあります
  • 膠芽腫の抗癌剤耐性関連酵素を同定

    カテゴリー:臨床ニュース 7月21日

     基礎生物学研究所(NIBB)は7月17日、膠芽腫(グリオブラストーマ)が抗がん剤に耐性となる原因とされる「がん幹細胞性」の維持に、チロシンホスファターゼのひとつである「PTPRZ」という酵素が関わる
  • ファンコニ貧血の新原因遺伝子発見

    カテゴリー:臨床ニュース 7月20日

    うち、DNA鎖間架橋(ICL)というタイプの損傷が修復できないために引き起こされる。ICL損傷は抗がん剤のシスプラチンや体内のアルデヒドによって引き起こされるタイプの損傷で、遺伝子の転写やDNA複製を
  • 遺伝性乳癌抑制遺伝子の補助蛋白発見

    カテゴリー:臨床ニュース 7月19日

    に効果的な抗がん剤も作られているが、BRCA1そのものを制御するメカニズムは、未だ未解明な部分が多い。  研究グループは、SCAIの機能を調べるために、BRCA1変異によるがんに効く抗がん剤を用いた実
  • 広大の核酸医薬開発研究がAMEDに採択

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

    医薬品の開発」が採択されたことを発表した。  抗がん剤の課題は、抗がん剤治療に対する効果がないといわれる「がん幹細胞」と抗がん剤治療後に出現する「抗がん剤耐性がん細胞」に対する有効な治療薬がないことだ
  • ナパブカシン、胃癌対象P3の盲検解除

    カテゴリー:臨床ニュース 6月29日

     ナパブカシンは、同社の子会社であるボストン・バイオメディカル社が創製し、開発中のファーストインクラスの抗がん剤。STAT3をターゲットとし、がん幹細胞性に関わる経路を阻害する新しいメカニズムの低分子経口剤で
  • 癌転移関連のEMT制御miRNAを同定

    カテゴリー:臨床ニュース 6月28日

    になった。さらに、これらmiRNAを介して、EMT を抑制することで、膵がん治療で最も使用される抗がん剤のゲムシタビンの効果が上昇することも判明したという。  今回の研究で同定したmiR-509-5p
  • レンチナン静注用1mg、販売終了

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

    とした抗悪性腫瘍薬。1986年の発売から胃がん患者の治療に使用されていたが、がん治療の進歩や新規抗がん剤の登場により年々同剤の役割が低下。需要も減少したため、販売を終了するに至ったという。  同剤は、
  • 胃の修復と再生に必要な幹細胞を発見

    カテゴリー:臨床ニュース 6月20日

    しまうことを示唆している。  今回の研究を発展させることで、胃がんの根本的な治療法および効果的な抗がん剤の開発が期待される、と研究グループは述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 癌抑制遺伝子産物の代謝制御機序解明

    カテゴリー:臨床ニュース 5月25日

    していると考えられる。また、p53-ASS1経路によるAktの活性抑制システムが機能しない場合、抗がん剤のひとつであるアドリアマイシンで細胞を処理すると、アポトーシスによる細胞死が著しく誘導されること
  • 膵癌幹細胞の機能阻害する化合物発見

    カテゴリー:臨床ニュース 5月19日

    再発が挙げられるが、それには、がん幹細胞が重要な役割を担っていると考えられている。がん幹細胞は、抗がん剤に強い耐性を持つ。そのため、既存の治療薬ではこのがん幹細胞が残存してしまい、これが増殖・分化する
  • メラノーマ増殖選択的阻害化合物発見

    カテゴリー:臨床ニュース 5月15日

    てきた。しかし、これらの抗がん剤の長期連用によって、がん細胞の抗がん剤抵抗性獲得や重篤な副作用の出現が問題となっているため、メラノーマに特異的に作用し、副作用の少ない抗がん剤の開発が求められている。
  • 高齢者の適正ながん治療検証結果発表

    カテゴリー:臨床ニュース 5月2日

    受診した肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんの患者のがん登録データを用いて、進行がんにおける抗がん剤治療と緩和治療(放射線治療含む)での生存日数を非高齢者と高齢者で比較。その結果、今回の検討では、
  • 癌放射線治療の早期効果判定に有用性

    カテゴリー:臨床ニュース 3月16日

    う。同社は今後、実験を重ねてより詳細なデータを集め、臨床研究に向けた準備を進めていく予定。また、抗がん剤治療、免疫療法、重粒子線治療などの他の治療法への応用や、さまざまな種類のがん細胞への有効性を検討
  • 特定癌で複数遺伝子変異など同時解析

    カテゴリー:臨床ニュース 2月14日

    設計された遺伝子セットのこと。一度の測定で複数の遺伝子の変異や融合・増幅を同時に解析できるので、抗がん剤の選択など患者の治療方針を決める際に参考となる情報を得られることが期待される。  東京大学では、
  • 薬剤追跡「タグ」持つ新化合物を創製

    カテゴリー:臨床ニュース 1月20日

    載されている。  微生物が生産する天然有機化合物は複雑な構造を持ち、それらの中から多くの抗菌薬、抗がん剤、抗寄生虫薬、免疫抑制剤などが発見されている。ポリケチド化合物は、これら有用化合物の骨格を形成し
  • 癌細胞効率よく排除、抗SIRPα抗体で

    カテゴリー:臨床ニュース 1月18日

    制する免疫チェックポイント分子のひとつであるPD-1タンパク質の機能を阻害する抗PD-1抗体が、抗がん剤として有効性を示すことが明らかとなり注目されている。研究グループは今回、マウス大腸がん由来の株化
  • 2016年の10大ニュース、1位はノーベル賞受賞◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年12月29日

    東京工業大大岡山キャンパスで会見をする大隅栄誉教授=2016年10月3日午後8時  2位は適応拡大で市場が拡大した抗がん剤オプジーボの薬価を、緊急的に2017年2月から50%引き下げることを決定したというニュース(『オ
  • 胃癌の発育に神経ストレスが関連

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月21日

    向にあるものの、欧米諸国に比べて日本は依然として圧倒的多数の胃がん症例を有している。進行胃がんは抗がん剤や放射線の治療が効かないことが多く、5年生存率は20%に満たないのが現状。同じ消化管がんでも多く
  • 肺腺癌の発癌・進展に新遺伝子関与

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月15日

    。研究成果は、学術誌「Oncotarget」に掲載されている。  肺腺がんは早期診断、手術方法、抗がん剤治療の進歩により生存率が向上しているが、充分なものとは言えない。最近になって、大腸がんや乳がんな
  • CMT患者由来iPS細胞で副作用評価へ

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月1日

    N2というタンパク質をつくるMFN2遺伝子の変異によって起こると言われている。また、CMT患者に抗がん剤を投与すると、副作用により、神経障害の悪化を来しやすいことが知られていた。  研究グループは、M
  • 抗癌剤由来副作用の軽減新技術を開発

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

     京都府立医科大学は11月25日、がん細胞の中でのみ抗がん剤を放出することで、抗がん剤に由来する副作用を軽減する分子技術を開発したと発表した。この研究は、同大学大学院医学研究科医薬品化学の鈴木孝禎教授
  • 膀胱癌の浸潤制御する新規因子同定

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月28日

    浸潤や転移メカニズムの全貌解明に向けた、重要なステップになると考えられる。  現在用いられている抗がん剤の多くは、がん細胞の増殖を抑えるものであるため、正常な細胞の増殖も抑えてしまう副作用が問題になっ
  • 細胞癌化させる新遺伝子発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月24日

     今後の研究の発展によって、GRWD1発現検査によるがん治療方針のより適切な決定や、GRWD1を標的とする新たな抗がん剤開発につながることが期待されると、研究グループは述べている。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 皮膚血管肉腫に抗PD-1抗体有効か

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月16日

    オンライン版に掲載されている。  血管肉腫は高齢者の頭部などに発症する悪性腫瘍のひとつで、手術や抗がん剤、放射線などでの治療が行われているが、5年生存率は10%程度と難治で、予後の非常に悪い疾患。これ