m3.com トップ>記事検索結果

「抗コリン作用」の検索結果

  • 第23回 抗コリン薬で認知症リスクは増えるのか

    カテゴリー:臨床ニュース 2月26日

    大規模リアルワールドデータで抗コリン薬処方と認知症診断の関連を検討  これまでの基礎研究や小規模な観察研究で、抗コリン作用がある薬(抗ヒスタミン薬、抗うつ薬、抗めまい薬/制吐薬、抗パーキンソン病薬、抗精神病薬、膀胱の
  • 日本での風邪診療の「カルチャーショック」

    カテゴリー:医療維新 2019年12月15日

     医療者が良かれと思い風邪に多剤処方をすると、時に「思いがけない副作用」に遭遇することもある。特に高齢患者では、抗ヒスタミン剤の抗コリン作用による急性尿閉や急性閉塞隅角緑内障に気をつけなければいけない。  鎮咳薬として使われているコデ
  • 身体拘束、必要な状況を生じさせない取り組みとは【寄稿◆身体拘束の論点】

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年12月10日

    ス潰瘍予防の目的でH2ブロッカーが投与されていることが少なくありません。H2ブロッカーは、その抗コリン作用やヒスタミン受容体拮抗作用から、せん妄の誘発以外にも、高齢者の認知機能障害を誘発するリスクが近
  • 仏の抗認知症薬の保険適用中止、どう考える?

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年1月29日

     運動をさせようにも元気がない人には、ドネペジルをまず使って、元気を出させてからデイケアに連れて行く。興奮気味のケースには、抗コリン作用のあるメマンチンを試して、少し症状を和らげてからデイケアに連れて行くといったような「変化球」が
  • 抗コリン薬、認知症リスク増加と強い関連

    カテゴリー:海外ジャーナル 2018年6月12日

    露と認知症リスクの関連を症例対照研究で検討した。  その結果、抗コリン作用の認知機能への負荷量を示すACBスコアが3(明確な抗コリン作用あり)の薬剤による認知症発症の調整オッズ比は1.11(95%CI
  • 修学旅行前の夜尿症に抗うつ薬は○? ―日本夜尿症学会前理事長・金子一成氏に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月3日

    された。抗コリン薬については便秘による効果減弱や適応外使用であること、三環系抗うつ薬については抗コリン作用、深刻な副作用として心毒性に関する記載が添えられ、一次・二次治療の段階での使用は行わないこととされた。
  • つるつるの「ドラッグストアでトリアージ」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月27日

    抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩などは、強い抗コリン作用があるので、緑内障や前立腺肥大症には禁忌です。高齢者や抗コリン作用に禁忌なお客様にすすめられるOTC薬として、パブロン50があり
  • DLBの根底には視覚情報処理の異常か

    カテゴリー:医療維新 2015年2月20日

    囲からの客観的観察の間にかい離がある  治療に関しては、アセチルコリン活性低下がみられるため、抗コリン作用の強い薬物の投与は好ましくないと考えられているが、明らかな系統系な研究結果はなく、サン関係抗う
  • 抗コリン薬3年超服用で認知症1.5倍

    カテゴリー:医療維新 2015年1月30日

     今月のJAMA Intern Med誌にウェブ掲載された、非常に良く使用される抗コリン作用のある薬の、認知症発症リスクについての文献です。抗コリン作用と言うのは、副交感神経に代表される、アセチルコリン作動性神経の働